『灰色ノ記録 (グレイログ)』① 表紙とカラーペーシ゛

 とうとう御目文字かないました…

「D.Gray-man」を全然知らなくても本屋さんでこの表紙を見たら思わず手に取りたくなるかもしれません。 美麗♡
アレンの左目が赤いのは「AKUMAと対峙した時だけ」(p13)とか。 するとこの表情はAKUMAに向けられたものなんですね。
これまであやふやだった部分にも納得の説明があったりして、今度のファンブックの情報は本当に貴重です。

アレンが着ているのは、星野先生がインスタグラムに上げられていたアレンの新衣装ぽいですね。
あのデザイン画の初見はアカウントが公開されたばかりの時でしたっけ… ちゃんとカラーで収録(p232)されていて嬉しい。

一連のカラー頁では他にも 
・ 2010年同時発売されたコミック21巻と小説版3巻の初版特典チラシ掲載 『ローズクロスジャーナル(号外)』のオマケ漫画2点(p231)

・ D.Gray-man HALLOW(アニメ)のAKUMA化アルマ色設定(p233)
デザインはインドの神様をイメージしたと。 肌は人形のように白く、髪色は「神田が青系・アルマがむらさき系」と書いてありますが ここら辺はアニメ表現上の注意書きかも。 
ただし「セカンドエクソシストの特徴として、アルマも神田も 瞳の色が冴えた空のようなブルー」とあるのは見過ごせませんね。 ここは文字通りの意味に取るしかなく。 
えーそうだったんです?(困惑)

「超裏LOG」のページには[第二エクソシストの造り方](p91)解説まであって、彼らは完全に一から「造られた人形」であったことが強調されています。
①回復能力を備えた「器(肉体)」を造る!
②戦死したエクソシストの脳を「器(肉体)」に移植
③目覚めたら該当するイノセンスを同調させる
④完成!

神田とアルマの胎中室での目覚めに20年もかかった理由は、この人造体の研究開発に費やされた日数も含むのか… きっと時間も資金も可能な限り投入されたプロジェクトだったんでしょう。

他にもプロフィールに人造使徒の肉体は東洋人をベースに形成される」とか、神田がABとかアルマがBとか言っていた血液型も本当はどの型とも一致しないとか アルマの休日予定のこぼれ話でセカンドは男性体しかないとか… もう少し早く教えてほしかったですね(^^; 

・ <装備・武器設定> (p234-235 ここはモノクロですが) 
[アレイスター・クロウリー三世] 
科学班特製AKUMAの血の小ビン(栄養ドリンクサイズ9本)と、今ではお守りにしている ちょめ助の血が入っていた水筒の最後の一本。当時の死闘を物語る傷まみれの缶ですが、添えられた説明文には「ジャスデビ戦での悔しさを忘れないよう」にと…

対戦相手のジャスデロ&デビットらも、被った傷の痛みでクロウリーへの憎しみに燃えているそうですが(『キャラグレ』解説から)、クロウリーの戦いの原動力が 自分の受けたダメージよりも仲間の応援・更にはそれに応えきれなかった無念の思いである所がいかにも彼らしいですね。

双方相打ちの方舟戦の後も、クロウリーとジャスデロ&デビットはロシア任務で再会していますが、同行したキレドリがAKUMA化しその事態に狼狽して何もできずにいた自分を高みの見物のジャスデビから小馬鹿にされたことは きっと彼の心に深い傷跡を残したでしょう。
戦場にちょめ助の形見の品を持ちこむようになったのは、この後からだったかも… 情けない自分を叱咤する為にとか。
そして実用品とはいえ 科学班特製ドリンクもまた、ホームの仲間達からの真心の結晶ですものね。
沢山の人達に関わり支えられて 今の彼があるのだな~と

(簡単に流すつもりが 星野先生の描き下ろし絵の迫力に妄想が止まりませんよ…(^^;) 

ほか [ハワード・リンク]
第213夜でビリヤード台の上に並べられていたバッグやポーチが別角度から。 どのように使うかの説明が少し。

[アレンと伯爵の大剣比較]
[クロスの断罪者]

この辺はさらっと。

[神田ユウの歴代「六幻」]
全部で4振。 脇に抜かれた鞘や、分かりやすいよう別に鍔だけを描いたものも添えてあります。
鍔無しだった『灰色の聖櫃』当時のモデルはここにありませんので、最低でも5種類? そんなにあったっけ(。´・ω・)? ←
神田のイノセンスも結晶化を果たし、もう教団の刀工のお世話にならなくてもベストの状態を維持できるようになりましたが、まだ今後も必要に応じてデザインが変化していく可能性はありそうですね。


今回ここまで。 この後も、順番とかはあまり気にせず サクサク行きます!



※ 追記 (8/8 18:10)

もうこれ昨日のお知らせですが、上の画像で本と一緒に帯も一緒に撮影してましたので… 
(「灰色ノ贈物」キャンペーン関連 by 小菅氏)






プレゼントの複製原画に部分修正入れるっていったい何事…(初耳) 
コミックが出た後でも、納得が行かない部分に修正をいれるという星野先生らしいエピソードですが。
こうなると余計に欲しくなりますね~www どこがどれほど違うのか、A4版を前後並べて精査してみたいわ。  
当たらないかな~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡


『ジャンプSQ.2017年9月号』のDグレ関連。(+ 定期購読のこと)

▽ 684ページに 今日発売の『灰色ノ記録(グレイログ)』のカラー全面広告。
題して
 D.Gray-man裏歴史満載の最新ファンブック
「灰色ノ記録」本日発売!!

ようやく夢が実現しました。

本の帯の応募券1枚で参加できるようになった「灰色ノ贈物」キャンペーンの告知も下に出ています。
賞品は 直筆サインの入った高級複製原画や可愛いデフォルメキャラのラバーストラップなど。 失くさないうちに出してしまいましょうね! 〆切は10月4日まで。
25巻の帯の応募券も有効です。 


『灰色ノ記録』につきましては 内容が盛り沢山過ぎてとてもまとめきれそうにないので、これから順を追ってちょこちょこ感想を上げていこうと思います。

ざっと見こんな印象でした。




ファンブックとしてはこれ以上文句のつけようもない内容ですが、惜しいのは電子版が出ていないこと。
データ集として活用するならこれはぜひとも… いずれよろしくお願いしますv


その他
▽ 858-859ページに 先月刊行『SQ.CROWN SUMMER』の広告。
付録のしおり、素敵でしたよ。 まだの方はこちらの本誌もよろしくお願いします。


また、ここには
▽ “電子版の『ジャンプSQ.』を3ヶ月分1,500円で定期購読すると、期間内に発行される『SQ.CROWN(電子版)』も無料で読める!”という 大変ありがたい情報が載っていました。
支払方法はクレジットカードだけのようですが。
需要と環境の合いそうな方は雑誌掲載QRコードのリンク先(もしくはサイト「ジャンプBOOKストア!」)で詳細を覗いてみて下さい。



それではいったんこれで。 定例報告でした。

第225夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)2」②

ところで『SQ.CROWN』のAmazon配達予定日も早2日目に突入ですが、いまだ家に届きません。 まだ出荷準備中の表示が… 
電子版とかどうじゃろーと半信半疑で頼みましたが、このたびは予想以上の大活躍となりまして感謝です。(^^;



★ イノセンスを使おうとするネア
そんなことはあるまいと高をくくっていただけに心臓に悪い… 何だってそんな暴挙に出ますかねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) 
この人元々そういう性格だったのかしら    >大雑把

彼は教団サイドの人ではないし、過去映像でアレンがイノセンスで戦う所は見ていたとしても、適合者でない者がそれを扱おうとした時の危険までは考えが及ばなかったのでしょうか。 
アレンに代わりネアが戦う時は、きっと35年前のように伯爵似の黒い大剣を出してくるものとばかり思っていましたが、それをしないということはつまり 今の彼には無理ということ? 理由が聞きたいですね。

ここでリンクが咎落ちの心配をしたことは当たっていると思います

咎落ち発生要件につき教団の説明はうさん臭さ満点ですが、これまで物語の中に出てきた犠牲者は寄生型のスーマンと 適合者でもないのに無理やりシンクロテストに参加させられた一般人(発生率100%)くらいなもの。
咎落ちはイノセンスの暴走とも言われていますし、そうだとしたらイノセンスが意図して不敬を働いた人間に罰を当てているなどというものではないでしょう。

今回のネア… これはむしろシンクロテストの一般人の状況に近いですか。 
リンクが危惧するように 彼はアレンと肉体こそ共有していても、心がクラウン・クラウンと共鳴し合った間柄ではないんですから。
ひー無理はやめてくれ💧  今回は未遂に終わって良かったですよね。 中断してくれてありがとうジョニー。

ネアのこんな無軌道ぶりを見ていると、この人には絶対有能な補佐役(という名のストッパー)が必要だよなあ… いやそんな所が可愛いんだけどねw


★ 「ともだちだから」
ジョニーがどこまでもアレンを助けに行きたいという気概は買いますが、普通に後追い心中になりかねない案件。
何の特殊能力も持たない彼が、転落するアレンを追って屋上から死のダイブですよ(゚Д゚;) ほぇえ

でも色々無茶はしながらも、ジョニーはリーバー班長も認めた科学者の端くれです。 
アレンと感激の再会に臨んでも密かに発信器を仕込むようなタマですから、全く勝算のないことで 無駄に命を捨てるような真似はしてないでしょう。
自分が気絶している間に再びアレンがノアに乗っ取られていることを知り、ジョニーも一度はショックを受けましたが その体中から「アレン」がジョニーに救いを求めていることも すぐ分かったんですね。
[アレン] 「ジョニー   ぼくを よん で くれて…   (ありがとう)」

そのまま落ちていくアレン
あと一押しなんだ、傍まで行って強く呼びかければ彼はきっと戻って来てくれるんだ、と信じて。

210th-10.jpg (第210夜より)  137px-RWS_Tarot_00_Fool.jpg(タロットカード0「愚者」)

この酒場巡りの時のジョニーのポーズが 愚者カードを連想させますね、という話もしましたっけ。
夢を追った危なっかしい足取りの青年が、よもや自らの意志で崖下に飛び込むことになるとは…
暗示がいい方に転んでくれて、心からほっとした一瞬でした。


★ 翼
出たよ出たよ(´∀`゚q) こういう胸熱展開を待ってたのよね 完全形の翼ぁぁ
その雄大な美しさに感動しつつページをめくったところ、今度は全力でツッコミたくなりましたわ(笑)
飛ばんのかい?!!   いや。。ここまで来たら普通羽ばたこうとするでしょ? 

… 突き刺すんだ_ (:3」∠)_

寄生型イノセンスが新型にコンバートしたら、適合者が困らないよう 使い方を脳に直接教えてくれるはずでしたが。
何故こうなったのかちょっと考えてみました。

アレンが気を失いかけてビル屋上から転落。  
⇒ アレンの身を守るべく、彼のイノセンスが自発的に翼型に変形した。 
⇒ アレンはすぐにジョニーの声に反応して意識を取り戻す。
⇒ アレンは落下を必死で食い止めようと、(自分のイノセンスが翼型になっていることに気付かぬまま)「クラウンベルト」として発動させた

こんな感じですか? 

もしもアレンがもう少し長く気を失ったままだったら、「翼」は勝手に羽ばたいて軟着陸してくれたかも知れないですね。
ただしアレン以外の人間には一切目もくれず。

白い大きな翼といい、ビル壁に突き刺さるイノセンスの帯といい、どうしてもこれにそっくりの姿のアポさんを思い出してしまってなぁ~~(;´-`) 
もし叶いますなら、アレンの翼はこんな赤いのもいいかなー… なんて。   ※深い意味はないです

180313RWS_Tarot_14_Temperance_PD_20170714141825bee.jpg (タロットカード14「節制」)


★ その他
アレンとジョニーが幸せそうに抱き合うシーンがまた良かったですね。
正直ジョニーにはもう帰れる場所もなくなっていて、教団からも指名手配で追われているし、さりとて邪魔な存在には容赦ないネアやリンクの傍にいるのも新たな心配材料になりそうで。 アレンが戻って来てくれて本当に安心しました。

アレンとジョニーはこれからキャンベル邸へ向かうのかな。
リンクは… ドサクサの中 ジョニーにバッチリ姿を見られてしまって、この先一体どうしましょうかね(^^;
また以前のように物陰から 二人の傍を付かず離れず追っていく感じになりますか。
現在街の中はアレンを殺人犯として追っているファインダーだらけですので。 二人が無事逃れられるようにお手伝いをよろしく。

ネアは再びアレンの中へ   これからの出方が気になります。

ティキとフィードラはもう居残る理由もなくなって彼らのアジトにお戻りですよね。
(ところで捕まえたアポクリフォスって、彼らはどうするつもりでしょうか)

それとまだあの街中に居ると思われる神田やティエドール元帥は…
神田さん、アレンに何か言い残していくとしたら今のうちですよ! 
あとアレンにティムの残骸渡してあげて… (アレン泣くだろうな);;

今日は一応ここまでで。

第225夜はここで終わります。
それではまたv






第225夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)2」①

第225夜は沢山読める、と楽しみにしていたのに いざ読みだしたらあっという間に終わってしまいまして、しばしボー然。 
ちょっと信じられなくて念のためページ数を確認してみたり。(間違いなく34ページでした)
自覚はさほどなかったんですが、この呆れるほどのがっつきぶりは相当飢えてたんですかね(苦笑) 
 
今回はお話の流れもよく どのコマも見とれるほど美しくて、本当に楽しい一時でした。




★ “CALL”
屋上から「マナ」と叫んだネアに向かい、今度はマナがネアの名を…     
彼の発した声は文字で書かれていませんが、ゲートで去りゆく伯爵の口元が確かに「Ne」「a」と動いているのが分かります。 
運命に引き裂かれる二人(´;ω;`)

以前第212夜で 神田がジョニーに頭を下げる場面でも、彼がちゃんとソファから立ち上がった様子が バストショットの団服の襟の動きだけで表現されていて「やっぱり星野先生はすごい」と感嘆したものですが、今回も負けず劣らず。 
いいなあ…!(=´Д`=)  


★ ブックマンの安否が!
「マナ」とか「ティキ」とか にわかにポリネシアンブーム到来の気配 (…ごめんなさい真面目にやります。ちょっと辛すぎてさ;;)

[ティキ] 「帰ったら“マナ”?が何のことか教えろよ  言ってたろ さっき」

ティキ・ミックのこの言い方からして、彼の頭の中ではまだ「マナ」という単語が千年公と結びついていないようですね。 それが人名かどうかすらも。
ティキの心に引っかかった「マナ」という言葉。 方舟戦で覚醒・暴走したティキに向かいアレンが叫んだ「マナとの約束だ」をおぼろげながらも覚えていたんでは?と思っていましたが、ここまで綺麗さっぱりだと 実のところどうなんでしょう(^^; 

[ティキ] 「おまえのせいで あの時結局ブックマンから何も聞き出せなかったんだからさ」

やだやだこれひょっとしてワイズリーの“頭パーン”発動? ひぇぇ ブックマンはもはや御存命ではないの?!! 
ティキさん、もう終わっちゃったみたいな言い方やめて下さいよ ><。  
ブックマンがラビを盾に脅されて ワイズリーがロードとともに隠し通してきた「14番目と千年公の秘密」(というか過去の千年伯爵の分裂事件からマナネアの一族への裏切り行為等々、今の千年公に至る一切合切)を仲間の前でばらしそうになり、彼が慌てて口封じに走ったとしたら… 
いざとなれば北米支部襲撃の時も、ほぼ無表情で「慈悲など無い」と言い放っていたようなお人ですしね・・・ やだぁ勘弁してほしいなあ;;
もしもそんなことになっていたら、ルシアちゃんのいう「ブックマンさま」はやはり跡を継いだラビということになるのか…
でもでも考えすぎでありますように。 ワイズリーがあからさまにそんな行動に出たら逆に皆から怪しまれるでしょ?
ブックマンさん、とにかくどこでもいいから無事でいて下さい!


★ 知らぬは宿主ばかりなり
ティキ・ミックが過去のネアの姿と「生き写し」の件も、やっと進展を見せそうですね。
彼が以前アレンに投げたセリフ、「自分がなんなのか知らず弁えもしない」や、今回もネアに言った「お前が一体“何”なのか」も 今後は切実に彼自身に降りかかって来るんでしょうか。 

ここまで余裕綽々でネアに挑発的な態度を取っていたティキですが、反対にネアから出た意味深なセリフ「転生したおまえのその姿… 笑えて~」をきっかけにガラッと様子が変わります。 
言われた言葉の意味も分からぬまま底知れない恐怖の予感に立ちすくむ彼の表情とともに、顔半分が14番目への憎悪に牙を剥くジョイドメモリーのそれになっている所が凄い迫力ですよねー 怖いほど。

そのジョイト゛メモリーに睨まれている“伯爵メモリーの片割れ”の動きに、ティキの肉体がシンクロしているように見えてならないのですが… (「ネオギプス」の回、深夜の14番目浮上とティキの体がうずく描写など)
ティキが何かとアレンを意識してしまうのはこのせいではないですかねー  しかしそれが何を意味するのかは不明です。 

古ネタですが 奏者の資格に関連すると思しき紋章がティキの靴底やベルトのバックルに付いていたこと等もまだ引っかかっていますし。
ネアと双子のマナの身長188cmがティキ・ミックとも合致することも
アレンの記憶が9-10年前辺りから始まっていることや、ネアが「死んだ」のが17歳の時で、それにプラス10歳が現在のティキ・ミックの年齢=27に近いことや
それにティキの誕生日が明かされていないこと
マナネアの誕生日も分からないこと   等々

今度の『灰色ノ記録』から、もう少し情報が増えますように。


「生き写し」問題では 私はやはり19巻の表紙絵のイメージで ロードが鍵を握っているのではと思っていますが…どうなんだろ。
vol19.jpg 
ティキとアレンと片方ずつ腕を組み、彼女が二人を繋ぐような体勢で 「ナイショ」とでも言いたげに舌を出した表情のロード。


一旦ここで切ります。 続きはまた。


第224夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)1」

溜めておいた宿題をようやく出します。 1月発売『SQ.CROWN WINTER』の第224夜感想ですw
この冬号の予告通りなら、来月の春号で続き(第225夜)が拝めるはずですが… 来週の『SQ.』掲載広告が楽しみですね(^^;




▽ 副題・扉・アオリ

サブタイトルが今回「CALL 1」 なので、次回が「2」ですね。
“CALL=呼び声”
マナの名を呼んでも もう振り返ってもらえないネアの 悲痛な叫び…

扉絵は本編の続き込みで。 
マナが行ってしまう気配に思わず駆け寄って息を切らしているネアと、それを冷たい目で捉えるティキ・ミックのアップ2コマ。

アオリ文、頭は 「“鍵”は この二人の手の中に ------」
わかりません~!! (^▽^;)

末尾は 「ティキとの邂逅に“14番目”は果たして…」
次回はこの二人のまま一波乱あるんでしょうか?



▽ 雑感


★ 約束

今回(7ページ)中最も印象的だったのは、ネアが 方舟に消えていくマナを見送る表情でした。 
自分に怯えるばかりになってしまったマナが仲間に囲まれて立ち去る姿を、空しく見送る彼の気持ちを思うともうね… ><。 

ネアのマナへのはなむけの言葉は「おまえを破壊(ころ)しに行くよ」 。 
物騒な台詞を吐く口元には皮肉な笑いすら浮かんでますが、目元から上は泣きたいのをこらえるかのように弱々しく苦しげで…
これより大分前 北米支部で、「今度コソ オマエヲ殺ス」と同じ相手に言い放ったアイツとは 顔つきから全くの別人でしょう?

こんな宣言をして、ネアは自分の中の最後の未練も断ち切ろうとしていたのかも知れません。

故郷のキャンベル家で共有した幸せの記憶を持ち出しても、ネアには“マナ”を呼び戻すことはできませんでした。 
代りにマナが“人を喰う化物”に為りきった姿をまざまざと見せつけられて、ネアももう これを止めさせる手段は他にないと諦めたのでしょう。
ネアはすでに昨晩、不在にしていた35年間の事実を知り 「マナとの約束」「遂げてみせる」と言っていましたからね。


未だ劇中で明らかになっていない ネアが交わした「マナとの約束」の中身ですが。 
やはり、逃亡生活中のマナがネアに“千年伯爵”に自分が囚われてしまって戻れなくなったら殺してくれと頼んでいたのでは?ということ以外思いつかないです。 

ネアもマナからそんな話をされたら、一応は受け入れつつ 「自分が絶対そんなことにはさせない」と、きっと励ましていたでしょう。
千年公を悩ます記憶の中で ネアが「無理すんなよ… 何があっても味方だから」と手を差し伸べていたのは多分このへんじゃないかと思います。 
今なおしつこく千年公の脳裏に浮かんでくるのは、マナにとってこの記憶が どん底の闇の中で一番まぶしく輝いていたから…


こんな事を考えていると、あのアレンも教団仲間に「僕を殺して下さい」と言っていたシーンを思い出しますよね。 
彼の場合はそれに終わらず、即座に「そんなことにはならない」「僕が止めてみせる」と意地を見せていましたけど。
どうもA.Wって人の中には マナとネア両方の気質が見え隠れしていて… ^^ 面白いというと語弊がありますけど、好きです(笑) 



★ あの時の言葉

この流れでちょっと思い付いたこと。
師弟会見でのクロスの台詞「14番目に為ったら お前は大事な人間を殺さなきゃならなくなる」 に関してですが。

まずこの「大事な人間」とは、アレンにとってもネアにとっても「マナ」であることはもう異論がないと思います。
(まだ千年公の素顔を知らないアレンには、マナが今の「千年伯爵」となっている事すら想定外でしょうが) 

しかし「ならなくなる」という言い方がかなり抵抗あります… 
愛弟子が負わされた運命には逆らえないと クロス自ら負けを認めてしまっているようで、どうもしっくりきませんね。 あの人らしくない気がして。
クロスがアレンをエクソシストにし、アポの襲撃で姿を消す直前まで、その成長ぶりを一番喜んでいたのにですよ。

で、これは もしかして逆のことを意味していたのかなと考えました。
「14番目(ネア)に為ったら…」というのなら そうならなければいい、つまり 「ノアのネア」には不可能でも 彼が「エクソシストのアレン・ウォーカー」のままでいられるなら、マナ(=大事な人間)を「殺」さず 救済できると言いたいのかも。

ネアの今回の台詞には「破壊」の文字が当てられています。 でもそれが成功したとしてイノセンスによる破壊以外にはダークマター(千年伯爵メモリー)に囚われた魂の救済方法がないのですから、マナの魂も消滅は免れないでしょう。
宿で「これが最後の旅」なんて台詞も出ていましたので、ネアとしては 現状が打破できるならノア同士相打ちで二人ともこの世から消え去ってもいいという位の覚悟かも知れませんが。
 
ともかくネアとマナを誕生から姉と共に見てきたクロスが、ノアに取り憑かれた悲劇から彼らを救うため唯一見出した答が、「エクソシストのアレン・ウォーカー」だったんじゃないかなーと思った次第。 
でもそこまで彼らに尽くしながらアレンの心情も思いやり、最後は自分で道を選べと言っているのがカッコイイですねw



★ 二人の「生き写し」 と ロードの「ナイショ(隠蔽)」

「千年公」を庇い一緒に方舟の中に消えていこうとするワイズリーと 彼らを守るように立ち塞がるティキ・ミックの、 「裏切り者」に向ける視線が痛いこと。
彼ら(というか、ワイズリー&ジョイド)も、35年前にネアと戦った時はどんな姿かたちだったんでしょうか。 


視界に入ったティキ・ミックとの初めての遭遇で 目を見張るネア。

この構図というのがなんとも・・・ 運命を感じさせて皮肉ですね。
ネアから見て、マナの命を狙う敵に立ち向かおうとしているティキの姿は “過去の自分”そのものじゃないですか。

このことで、たとえ17歳で終わった自分よりティキが10歳老けて←いても 身長が11cmも高くても、「過去の自分そっくり」と気付くには十分だったと思います。
でもネアだってその理由までは見当もつかず、さぞ驚いたことでしょうね。


(既出案件ですが)19巻のカバー絵が この辺の謎かけっぽかったですよね。
背中合わせに立ち、一見何の関係もなさそうなティキとアレン。
その二人を繋ぐ形に腕を絡め、まるで「教えないよ」とでもいうように舌を出すロード。
この絵のティキ・ミックは例の“左目強調ウィンク”で、ネアの存在を暗示しているようです。 
つまり、ネアティキ「生き写し」の理由を知っている・あるいはその原因を造り出した本人がロードではなかったかという解釈です。今のところ。

ティキがその服飾品(靴底やベルトのバックル)に、マナやロードと同じ“奏者の資格”の印とおぼしき紋章を当然のように身に付けていたのも方舟編で印象的でした。

ノアの一族は「神に捧げられる大事な子羊」だがティッキー(ティキ・ミック)は… と意味深発言をしていたのもロード。

しかしワイズリーの魔眼にカンニングを許している脳内情報だって、彼女は多分都合の悪い所は隠していますよね。
ティキとネアの「生き写し」にワイズリーが早速気付いた時も、その理由は教えないまま他言しないよう言いくるめていましたし。


・ 「14番目」情報に関しては、苛立ったシェリルが真相を知ろうとブックマンを誘拐するくらい彼らは何も知らされていなくて。
・ 千年公は、第218夜の大暴走で初めて「ネア」の名を口にしますが、それまではずっと「14番目」呼びに徹していました。
・ 前回第223夜で、ティキが「マナ」という名に“どこかで聞いた”というくらいな反応しかできなかったのも・・・ 一族には「マナ」の名とそれにつながる今の「千年公」の素性すら秘密にされていたということですよね。

これらを総合すれば、ロードが今の代のノアファミリーに隠したがっている事実とは 過去にノアを率いるべき立場である千年伯爵が分裂してマナとネアになり 一族を裏切って殺し合いを繰り広げながら逃げようとしたこと全部でしょう。
千年伯爵は7000年前から変わらず不可侵な存在であり、「突然湧いた14番目」に全ての元凶になってもらうために。

でしたら、それらが明るみに出るとっかかりになりかねないネアとマナの情報は 可能な限り隠蔽しないといけません。
千年公がマナだとか、ティキがかつてのネアそっくりだとかは 秘密にされるのも当たり前。
第219夜冒頭のモノローグの様子では、元の伯爵の分裂でマナとネアが発生したことすら、ワイズリーは知らされていないのかも。



さて。ネアだけが“自分のそっくりさん”に驚いた表情ですが、ティキは先代が生きていた35年前のことなど知る由もなく…
このへんの互いの認識のズレがどう生きてくるのか 
ネアを通じてそんな事を知らされたら、ティキはシェリルさながら 事実を暴くまでいても立っても居られなくなるでしょうね。



たった7ページで妄想全開でしたがww 今回はこの辺で。
次回はもっと沢山読めますように。






 

 


「救い主」が生まれた日。

マナ……
オレが壊してしまった人。


(小説版「D.Gray-man」3巻「Lost Fragment of Snow」174頁より)



先日「集英社 JUMP j BOOKS」を扱った特集記事を読みましたが、あの D.Gray-man の小説版刊行に携わった方々にはどんな思いがあったかなども伺え面白かったです。


そんなこんなで、また小説版3巻のことを思い出していたんですが、
物語終盤・12月25日朝のシーンで マナと再会した「赤腕」少年の受けた衝撃、そこからの悲壮な決意は何度見ても辛いです。

劣悪環境とはいえ彼の唯一の居場所だったサーカスが消えてしまい、マナについて行く決心をした時 引き留めるものは何もなかったにしろ・・・
最大の恩人に取り返しのつかないことをしてしまったことへの深い後悔と、
その抱えきれないほど重い罪を、すべて背負って行こうとする勇気。
なかなかここまでできる人はいませんよね。

アレンはこれほどの体験を この7歳の時と 3年後の(マナをAKUMAにした)10歳の時と 同じ「マナ」をめぐり二度も味わっていたことになるわけで…  古傷をさらにえぐるような傷を。

初めの7歳の体験の時すでに彼はマナへの償いを --- オレの生きる意味 --- と言っていますが、二度目はそれを決定的にしたんでしょう。
アレンのエクソシストとして生きる決意は、最初から「マナ」抜きでは有りえなくて。

第185夜で マリがアレンの“共感されない戦い方”に心配していましたが、その時のアレンの
--- やめるにはマナを忘れなくちゃならない。 それはできないんだ --- 
という想いも当然だったんですね。



そんな様子のアレンを見て、マリはため息とともにあの台詞を吐きます。
「お前と神田が衝突する理由がわかった…  似た者同士だからだ」

視力を持たないこの人(マリ)は どこまで人の心を見透かせるのか・・・ 凄いですよね!
二人は彼が言うように、生きる理由(=償い)までそっくりだったんですから。

この時点での神田の「理由」は、アルマへの償いでした。 
「ユウ」としての自分には理解不能な(あの人に会いたい)衝動にかられ 彼を一人で逝かせてしまった罪への…
せめて過去の自分の想い人だったという「あの人」の素性を知るまでは、裏切ったアルマにあの世で顔向けできない。

その後も「似た者同士」の因果は続き、神田もまた(真実を知らぬまま) 再会したアルマ相手に罪を重ねようとします。
それを 我が身も立場も犠牲にして阻止したのがアレンでした。
そうすることで神田の分の罪まで負わされ、荒野に放たれるヤギよろしく ノアとして教団を追われるように離脱したアレン。


もちろん神田は帰ってきました。 
今度は償う相手をアレンに代えて… 共に救われた友達の分の想いも乗せて。

アレンは頑なに自分の道を突き進んでいきますが、その道すがらもこうして幾つもの人生を変えていく所が素敵ですよね♡

「情けは人の為ならず」とか年寄りじみたことを敢えて言いますが(笑) 実際そうなんだもんww
神田が戻って来なければ、マテールで抱き合う“二人きりの世界”で終わっていたところ さらに救いの輪が広がっていきます。

実際神田はこれまでも、アレンの大切な友達・ジョニーの命を 何度も助けてきていますし。
神田の“第二の人生”も、元帥として教団の闇を暴くところまで行くでしょう。
それこそアルマが最期まで無念を口にしていたことへの敵討ちであり、本当の意味で彼への償いになる筈ですから…




悲劇を扱っている筈なのに、読めば読むほど幸せに浸れる「D.Gray-man」が大好きです。
これからも宜しくね。



あと 続きが楽しみなのはもちろんですけど、飛ばして素敵なエピソードが削られてしまうのは一つでも惜しいですから…
星野先生、決して御無理はなさらないで。 のんびりとお待ちしておりますよ。

それではまた。


第223夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・To my way(トゥ マイ ウェイ)」

『SQ.CROWN』が発売日に買えないという初の事態に陥りまして(←注文手続が完了してなかったという凡ミス(^^;)、第223夜が気になるので初めて電子書籍版を買いました。
こういうのも一度体験しておくと勉強になりますね。
こちらは小冊子・ピンナップ等の付録や、応募券が要る懸賞への応募資格はありません。 
(それにしては紙媒体との価格差がさほどないです[690円 ↔ 600円] 極力雑誌を買って欲しいということですよね)

あと、これを機に 雑誌情報の告知記事は本編の感想と分けて上げることにしました。(雑誌クラウンも買いますので後ほど)


ということで、以下より第223夜本編。
今回は扉絵なしの21ページでした。



▽ 副題「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・To my way (トゥ マイ ウェイ)」

タイトルはなるべくスッキリしたのが好きなんですが、この「A.Wをたずねて」が延々と続きますよねぇ
“アレンのルーツを探る旅”という意味なら、まだまだ道半ばなので仕方ないというのも何度目かww

To my way ------ 自分本来の居場所を目指して(⇒ 帰ろう)



▽ 魂の絆

前回の感想文(「アレン・ウォーカー」の章後半)で言及した 「(ホームの仲間と)繋がっている」話がもう来ましたv
やや漠然としたイメージの「絆」が こうも強い影響力を持つものとして描かれると、すごい安心感がありますね。 
アレンもこの様子なら、消えてしまう心配は無用でしょう。
ひたすら目標に向かって進む横顔の美しいこと。

以前インタビューで「(この先アレンは)決して一人にはなりません」と言われていたのは こういった意味も含んでいたようで。


でもそういうことですとあらためて “もとは一つ”の存在から分かれた魂の絆がどれほど強烈か思い知らされますね・・・

マナが昏睡状態から戻らなかった時のネアの「渇き」とか
35年ぶりに発見した“弟(ネア)”の前で、囚われの状況をも吹き飛ばす爆発的な暴走を見せたマナの想いとか

私は ネアとアレンの人格は一つの魂から発生したものと捉えているので、そう悲観的にならずに済んでいるのですが。

“たまたま出会っただけ”だったはずの「捨て子とピエロ」時代の思い出が、未だアレンの核となって生き続けているのも多分そういうことでしょう?
対する「義父のマナ」も 最期は父親口調で「愛しているぞ」とアレンに告げたのですから、アレンとマナとの関係もまた 一方通行ではなかったと信じたいです。

どうかネアとアレン「二人」の力でマナを救ってあげられますように…!



▽ 人間不信

[ネア] 「オレは人間がこの世で一番大嫌いなんでね」
「この世で」「一番」「大(嫌い)」 と、ありったけ強調・・ 逃亡生活の最中、よほど裏切られ傷付けられ続けた体験からでしょうか。

ネアとマナ 
かつてはノアの運命に抗い 誰よりも人間であろうと頑張った人達だったと想像しますが、今では化物を自認するようなネアの物言いが悲しいですね。
でも彼の言動、だいぶ誇張を含んだ印象を受けますが。
得体の知れない相手(リンク)になめられまいと 精一杯虚勢を張っている感じと言ったらいいか。

ここで「地雷」発言。 彼が本来残虐非道でない証拠ですよね。
リンクのセリフ中何が気に障ったのか考えると、“自分が他の誰かを犠牲にして復活した”ことへの罪悪感なのでは?
ノアだったらそんなこと気にも留めないでしょうが。



▽ 「ティムさえあれば

彼が大事なティムキャンピーを完全に“物”扱いした言い方が引っかかります。
まあ“敵”相手にむやみに自分の弱点をさらしたくないんでしょうが。
ゆうべ宿屋で「一緒に行こうティムキャンピー」と言っていたのとギャップがあり過ぎですよ。
アポクリフォスが「孤独に耐えるアレンの精神衛生の助け」と言っていたのも、おそらくネアの前例を見ていたからでしょうしね。

もちろんティムが実用面でネアの助けになる事は確実でしょう。
何たって守護役のゴーレムですし、まだ他にも未公開の機能が隠されていそうだし、 あとナビ役?
ネアがアレンと同じ脳を共有するなら、ひどい方向音痴も一緒かも知れないと思ってるんですが… どうかしら(^^;



▽ マルチタスク


前回、千年伯爵の動きを封じる大技を披露したハワード・リンクですが、それを続けたまま 派手な逃亡劇から癒闇蛇を使う治療までこなしていて凄いの一言ですよね。
ついでに連れてきたジョニーが目を覚まさないよう額に札を貼ってましたが あれもまだ発動中のはず。 いやいや💧

相変わらず無表情のまま ネアに冷静なツッコミを入れていく この二人の会話が面白いな~ ずっと見ていたいくらい(笑)

とはいえ今まさにアレンが全力で戻ろうとしている所ですので、この先リンクがどう対応するのかも見ものですよね。
あ、まずは元気なリンクに会った時のアレンの反応の方ですが!!



▽ ぶぅ

いや今回大活躍(笑)で 考察しがいがありそうなお姿ですが、直視するのも辛い(↑ω↑)

お腹のあたりに口とか… アルマ細胞が暴走した時のサード達のようですが、フィードラにとってこれが常態なんですよね。
どうして彼一人がこんなキテレツな姿なのかな~ わからない。
あ、 でも 方舟戦で覚醒したスキン・ボリックやティキ・ミックも それまでの姿とは打って変わった異形を見せていましたっけ。

とにかく 彼の働きで千年公は救出されました。



▽ 「マナ…? どこかで聞いた」

ティキ・ミックのこの記憶は あの方舟戦の最中にアレンが叫んだ
「命が尽きるまで戦ってやる…っ   マナとの約束だ…っ!!」(N127)
以外ないのではと思います。 
聞いた当時は暴走の最中で頭が朦朧としていたでしょうが、かすかに耳には残っていたのか。

これから先、ティキの謎も明らかになっていくのが楽しみですね。
(1)彼が奏者の資格のシンボルと思われる紋章を、千年公・ロードと共に身に付けていること(靴底・ベルトのバックル)
(2)覚醒後に彼だけに現れた喉仏[(英:Adam's apple)=「原罪」の意]の聖痕

これはどちらも 彼に生き写しの「ネア」由来のものではないかと疑っているのですが・・・ まだ何がどうなっているのか全貌が掴めません。



▽ アポクリフォスは

「ジャスデビ・デザイアス・マーシーマが連行中」だったんですよね。 もう千年公らより一足先に黒い方舟の中でしょうか。
“7千年生きた自立型イノセンス”といえど弱点はあるでしょう。 
このまま破壊されてしまう可能性もゼロではないと思うのですが。
万一アポが壊れてしまった場合は、術をかけられていたリンクの元の記憶も戻りそうですね。
ひょっとしたら、アレンの“サーカス前”の記憶までも…?



第223夜の感想は一応ここで終わります。 追記があればまた。


再考。(7. ティムの尻尾とおまじない )

コミック25巻の感想続きをやると言いつつまたちょっと道草を。  (;´▽`A`` 
アニメ開始までに見直しておきたい所でしたので。




▽ 炎


まずは 素朴な疑問。
ティムが巨大化した時尻尾の形状が変わるじゃないですか(渦巻型 ⇒ 炎型)。

これに一体どういう意味が込められているのか…  時々思い出してはみるものの 答はなかなか出ませんでした。 

DG21_197pluscut.jpg
           これが ↑  ↓ こうなると。
DG21_198.jpg
[画像:(上)コミックス21巻第197夜後のおまけページイラスト (下)同21巻第198夜 より]



ところがこの間 ツイッターでこんな呟きを拝見しまして。

17巻の師弟面会、弟子の頭に手を置いたときクロスが魔術かなんかかけてますね。
絶体絶命のピンチで自動的に発動する守護的なやつ....
自分がいなくなっても守ってあげられるように....」


   該当シーンは↓ここ。   

DG17_167.jpg
[コミックス17巻第167夜より]


クロスはアレンの頭を胸元まで引き寄せ(何かを心で念じ?)てから、火のついたタバコ(呪術用アイテム??)をティムの中へ。


アレンの師匠のクロス・マリアンが 中央庁監視下という危ない橋を渡りながら、
ティムキャンピーに アレンを護る秘密のおまじないを託していた可能性ですか…

十分あると思います。 見た目上 “尻尾”と“タバコ”の「炎」の形が似ているという単純思考ですが。

ティムがアレンを護るために巨大化した時 尻尾の形も変わる…
その理由は、この時クロスがかけた魔術のせいだとしたらスッキリなんじゃないかと。

ティムの尻尾が炎型の時は、術が発動中のサインというわけで。

元々「ゴーレム」といったら主(あるじ)の為に働くのが当然のものではありますが、それにしてもティムがアレンを護るために巨大化するなど目立つ行動をとるようになったのは “師弟面会からクロス失踪事件”以降なんですよね。

「ピンチ」でしたらもっと以前 アレンはティキ・ミックに殺されかけていますが、当時はそんな事は起きませんでした。

巨大化したあとなかなか元に戻らないティムに、アレンが「小っちゃくなれないか」と一声掛けたらとたんに元通りだったのも、いかにも“術が解けた”風でしたしね。





▽ ここから推測できること


(1) 演技

クロスがあらかじめ あの一連の動作の中に“術の仕込み”を織り込むことを計画していたのなら。
傍目には“不憫な弟子を思わず抱き寄せてしまった”ようなあのハグすら、彼の演じた「お芝居」だったことになりますね。

「宿主なんざ もっとくだらない奴がなってりゃよかったのに」 
「ティエドールの事も笑えんな」

大体クロスがこんな台詞をわざわざ口に出して周囲に聞かせているのも変じゃないですか。 
きっと アレンを抱き寄せても不審に思われないようにするための方便なんでは?

しかしこれも、弟子への愛がなければわざわざやる必要のない バレたら無事では済まないトリックなわけで。
この嘘と本音が入り混じる駆け引きがたまりませんよね♡(^^;) 

そういえば 感動の再会シーンでアレンの頭に通信機を取り付けていたジョニーもお仲間というべきか。
冷静沈着かつ心は熱い・・・ こういう人達、大好きですよv


(2) クロスはアレンを積極的に護ろうとしていた。

アレンのピンチに“師匠のおまじない”が発動してティムが巨大化・臨戦態勢に入ったと見られるシーンは 本編で2度ありました。

(1) 最初は北米支部襲撃事件。 六幻に刺されてノアの侵蝕に飲まれそうになったアレンの左目を結界破壊で復活させた時。

(2) 次は「ジョニーの修理屋さん」にアポクリフォスがやって来て ティムの方から先制攻撃を仕掛けた時。

ここは共通して アレン・ウォーカーの“生命”ならぬ“人格存続の危機”だったことに着目すべきでは?と。

護られたのは 「14番目の器」としてのアレンの肉体じゃなかった。
(1)はノアメモリーの侵蝕から。 (2)ではアポクリフォスの合体から。 
ティムは アレン・ウォーカーの人格が 他者に乗っ取られるのを防いだんですよ。

※ そういえば独房にいるアレンの元に初めて枢機卿姿のアポクリフォスが訪れた時も(ティムは呪符で拘束されて動けない状態でしたが) ノアの侵蝕を「治してあげるから」と言いアポクリフォスが施術を開始した時は静かだったのに、次に彼がアレンの頭部を抱えて記憶に介入し始めたらとたんに大騒ぎを始めたんですよね。 
こうしてみるとティムの行動は常に、アレンの意志を守ることに集中しているようです。 

総括して。 ティムにまつわるあれこれが 師匠の仕掛けた術のせいだったとしたら、それは彼の意志であったという事です。
そんなわけで 第222夜に登場した“師匠”の 「できるなら今ここで消えてもらいたかった」発言はやっぱり私には信じられません。



術をかける場面に、こんなクロスのモノローグが入ってましたね。

------ 結局 何かを守るためには 何かが犠牲になるってことか ------

これも取りようによってはアレンを14番目の為に犠牲にするような意味に取れてしまう台詞ですが、 それと真逆の行為の最中にそれはないでしょう。 
なぜならここは、誰に聞かせる必要もない 彼の本心が現れた部分ですから。

ノアの嫌疑で危険にさらされているアレンを中央庁から守るため、クロスは自分に疑惑を集中させることを考えていたんじゃないですかね… アレン本人にすら見捨てられる覚悟で。





今回は ここまでで。

「D.Gray-man HALLOW」、楽しみですね。 いよいよ今日は特別先行上映会の日。

ここのシーン、初回にバッチリ入ってくるんじゃないかなあ💛(〃'∇'〃)  
出てくれたら録画で何度でも穴のあくほど観たいと思います(笑)

それでは。


『D.Gray-man 25』 コミックス感想 その1。

あらためまして 「D.Gray-man」2年7か月ぶりの新刊発売、おめでとうございます♡
もう来月には続きの第223夜が出ますし アニメも始まるし…なので、25巻感想記事はなるべく今月中に終えたいですね。

今回の収録は、連載が季刊誌『SQ.CROWN』で再開した第219夜から第222夜まで・4話分です。
副題:「彼は愛を忘れている」



▽ 表紙カバー・表側

大鏡のこちら側にマナ、向こう側にネア。 
向き合う二人の表情には生気が感じられず、マナよりうつろな瞳をしているネアがとても気になります。 
これは、第220夜でマナが、「ああ…ネア  そこにいたんですね  鏡の中に…」 と言う時に見ていた 弟の虚像かも知れません。

もしこのネアとマナを隔てているものが鏡じゃなくてガラス板だとしたら、どうしても直に触れ合うことができない呪いにかかったもどかしさの表現でしょうか。



▽ 表紙カバー・裏側

横顔・金目のアレンの中身が実はネアだと暗示するように、前巻(24)で同じ位置には幼少期のネアの横顔がありますよね。 
結局今回、25巻のカバーに出ているキャラは 表・裏ともノアばかりというwww 

一番奥には古木のコーネリア、着ぐるみ伯爵、ワイズリー・ティキ・フィードラ それにロード。
ロードはぼんやり光る金平糖のような姿で浮いていますが、周囲に散らばる星の一カケラにも似て・・・

この絵から アレンの楽譜の子守唄が流れてくるようですが、あれもロードが作ったような気がしてならないんですよね… 。



▽ カバー折り返し

星野先生が以前インスタ投稿でも触れられていた、御友人に宛てた 感謝のメッセージ。 届きますように。



▽ カバー下漫画

23巻巻末番外編(ティモシーとコムイ)のその後。 コムキャンピー、何でこんなに可愛くないの(笑)



▽ 口絵イラスト

最新話第222夜が掲載された『SQ.CROWN SPRING』号の表紙と同じ。 カラフルで楽しいイラストです。

タイトル文字に隠れてしまって謎だった部分も良く分かりますv 
アレンの頭に載ったクラウン・クラウンの仮面には、上部にフールスキャップ風の角が3本付いていました。
彼のピエロ服の袖と同柄(白黒横縞)の布地で。
ティムの翼は、仮面と繋がっていた訳ではなかったですね。


 
▽ コミックス扉絵

目を閉じて風に吹かれ 何かを思い出しかけているような表情の、千年公ことマナ。
こちらも 前巻(24)扉絵の 風に吹かれるネアとは対のような絵です。 
試しに二人を並べてみましたが 切ないこと・・・  



▽ D.Gray-man CHARACTERS/STORY

この狭いスペースにあらすじを詰込むのは大変だと思いますが、その中に「アレンのネア化」と「アレンのノア化」という2つの表現がありまして~~~、区別の基準が今一わかりません。
(単に誤植の可能性もあり?(^^;)

<STORY>
「世界の終焉を目論む千年伯爵らノアの一族と戦い続けてきた黒の教団。 この教団に属しAKUMAを破る唯一の力を持つ戦士こそエクソシストである。
戦士の一人・アレンは養父のマナをAKUMAにした過去を持ち、千年伯爵を裏切ったノア「14番目・ネア」の宿主であった。
伯爵らとの数々の戦いの中、アレンのネア化が進行し、教団はアレンを隔離。そこに自立型イノセンス・アポクリフォスが現れ、アレンを融合しようとし戦闘に。教団はアレンをノアと識別、アレンは教団を去った…。
アレンを案じるジョニーは教団を退団、神田も加わりアレンを探し出す。しかしアレンのノア化は止まらない。そこにアポクリフォス、ノアらが次々に現れ、遂には伯爵までも登場し…!!」


アポクリフォスの言う「合体」はやはり「融合」だったんですね。


次から本編です。


第222夜(4)「A.W をたずねて・Hypokrisis」/アレン・ウォーカー

本編はずっとネアの人格が“表”の状況が続いていますが、ここで アレンの意識の方も後から目覚めて表の会話を聞いていたら一体どうなるのか… 実はずっと心配していましたが、どうやらそれは杞憂に終わったようです。本当に良かった。
(アレンに心の準備がないまま「千年公がマナ」だとか「リンクが14番目の協力者」だなんて話を聞かされてはショックが大きすぎますからね…!!)

アレンは ネアの昔の記憶を見ているところでした。
彼は現在の姿のまま、全くなじみのない風景の中に立っている… 

さてこの状況、ノアの侵蝕というよりは、アルマ編で“あの人”と語らう本体の記憶を垣間見た時のユウにより近いと思うのですが。 
アレンも今、何らかの事情で封印されたため自分のものと認識できないでいる過去の記憶と向き合っている所なのでは?
ただしユウのケースと大きく異なる点。 
クロス・マリアンが唐突に出現し アレンに直接話しかけてきた所ですね。
最後は御親切なことに“新情報”まで置いていってくれるとか。

この師匠の正体は、ロードが夢世界で作り出し アレンの元に送り込んだもの… と解釈しています。
ロード自身の、「アレンとぼくのゆめせかいをつなげる~」というセリフがありますしね。



▽ 原点回帰

「ここが終着地だよと言われたからって… はいそうですかと受け入れる僕だと思いますか…?」
「この右手は 人を守る為に使うんです… 屈服はしない 僕は“14番目”になるワケにはいかない」

------ 僕は進む それで僕を失うとしても この誓いを失うよりはいい ------

「いつか僕の歩いた道が誰かの糧となって この戦争が終わる日へと続いていくかもしれない」
「だから僕は僕のすべてを懸けて立ち止まりません」

いちめん麦畑の中で アレンにあらためてこの意志表明をさせた演出が憎いですね。

ネアの過去編から頻繁に目立つようになった麦畑のシーン。 
出始めの頃 タロットカードのイメージが重なって
「アレンの誕生日・やぎ座のスートは「コイン(ペンタクル)」で “稔りの大地”がその象徴」
「だからこの風景は、アレンのルーツにそのまま繋がるという暗示なのでは?」
なんて話をしてましたっけね(^^; 懐かしいです。

ただそれだけでなく アレン(およびネア)周辺には 救世主(=キリスト)フラグが幾つも出ている事も見過ごせませんよね。
「麦」というと 新約聖書の「一粒の麦もし死なずば…」の説話や 最後の晩餐でキリストがパンを私の肉としたエピソードなど、
キリストの象徴そのものです。

つまり、アレンの進むこの道が きっとこの戦争を終わらせ、世界を救うことになるという暗示ではないでしょうか。


それにしてもこの台詞、言い回しは多少違えど 師匠が最後に残したメッセージ(ボイスメモ)内容そのままじゃないですか… ><。 
クロスが託した精神はそのままアレンへ引き継がれ、もうすっかり彼の血肉となっているんですね。  

10PEN.jpg
<出典>
左 “Old English Tarot” / Maggie Kneen United States Games Systems: Crds版 (1997)
右 “Tarot of the Magical Forest/Tarot del Bosque Magico” / Hsu Chin Chun , Leo Tang Lo Scarabeo; Crds Blg版 (2008)



今度の夢は、あの「ネオギプス(N184)」回の夢とシチュエーションが似ています。
(あれこそ 不安な心の状態が作り出した幻だったと思いますが)

▼ たった一人、見慣れぬ風景の中にいると ずっと会いたかった人物が現れ念願の再会を果たす。  
あの時はピエロ装束のマナでした。
ほっとしたのも束の間、マナはアレン自身の右手を握ってくれず(差し出した右の代わりマナがつないだのはイノセンスの左)、
アレンを呼ぶ名もどんどん怪しくなっていき、夢は アレンが必死で愛を乞うところで終わっていました。

▼ でも今回は、何度会いたいと願ったかわからない師匠の手を 自分の意志ではねつけたんですよ・・・ 
頼れるもの全てから切り離され 真実がどこにあるのかすら何もかも怪しくなったこの状況下で。 
成長しましたね。

彼にとってマナとの思い出はもう縋るための支えではなく、本当に自立して歩くだけの精神力が備わったんだなあ (↑ω↑)



▽ 「どんなに離れても我々は繋がっている」 ※第207夜から

一度は自滅に誘う甘い“師匠”の言葉に揺らぎかけたアレンでしたが、リナリーの声で正気に返ります。
(この師匠がロードの意志であるなら、それを打破したリナリーの声という状況は・・・ちょっと想像力をかき立てますね!)

ふと思い付いたんですが。 
キャラグレインタビューで「リナリーは蹴飛ばしまくりますよ」と仰っていた意味は ひょっとしてこういうことではないですかね。 
弱気に陥った時のアレンに活を入れるという意味で… 穿ち過ぎかしら(笑) 

彼女の「何度だって助けてやるんだから!」(N30)という名ゼリフも 今となっては伏線に思えたり。 
だって実際 今回だけでなく、ネオギプス回の夢でも彼女は 危ない所のアレンを呼び戻す助けになっていましたから。


[クロス] 「教団にきてそう悪いことばかりでもなかったようだな」(N168)

アレンの人生が、より現実味を帯びて 確かな自信に繋がっていったのは、ホームの仲間との共同生活の賜物ですよね。
幾度も訪れた絶体絶命のピンチに アレンが必ず思い出していた仲間たちの顔々…

ネアがマナと共に生きた「17年間」にこだわっていたのと同じ理由で、
教団生活はアレンが「自分として確かに生きた」記憶として、普通以上に重い意味を持つものなんだと思います。

いずれ本格的に訪れるであろう “自我を脅かす危機”との戦いのためにも。




第222夜分感想記事はあと1回ですね。
もう新刊発売日直前ですが その前に何とか ………




※ 追記 (6/3)

結局続きは間に合いませんでした。 今の段階では 記事一本にまとめるほど内容が思いつかず。
今日から25巻の感想記事に入りますので、旧キャンベル邸のくだりはその中で触れさせていただきます。

ウルキャンピーねぇ…(^^;  
造形がティムキャンピーにそっくりということは、あれもクロス製になるのかな。




最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
61位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ