「ワタシは祈り続ける」。

◇ ワタシはだれでしょう。

第213夜では本当に子守唄として登場した方舟の唄
あの歌詞を見ると、やはりアレンが秘密部屋のピアノで蘇らせた白い町の姿が浮かんで来ます。

しかし初め見た時から、「“ワタシ”は・・・」とする一人称に 何とも不思議な気がしていました。
Dグレ本編でこう言っているのはアポクリフォスだけですし※追記1

※追記1: ごめんなさい!ここは訂正です。ワイズリーも「ワタシ」派でしたね^^;)


当時は「何この悪い冗談」で終わっていましたが、たまたま偶然という事はないよねと思い直しまして。
ひょっとして、イノセンスに喋らせたら全員 一人称がこの「ワタシ」になるのかも。


「ノアの方舟」という呼称。

あの白い方舟。 実際ノアの一族と呼ばれる彼らが占有して その中で人類やAKUMAを作る活動をしていたんですが、
建造当初はイノセンス側にあったのでは?という思いが強くなっています。

イノセンスが強い力を放出している時にたてる特有の音《イイイイイ・・・ 》が、
方舟が復元される場面のコマにも入っていた疑問もありますし。

「方舟はマイトラ(“能”=第13使徒)が作っているんです」という種明かしが星野先生からありましたが、
ノアという集団が元々イノセンスの同属であって中途から離反した者らであるという話なら矛盾は生じませんね。




◇ サイコロふたつ。

どう見てもそっくりな外形の、白い方舟と 7000年の昔一度は千年伯爵を倒したとされるヘブラスカの石箱(キューブ)。
千年伯爵が新しく建造させた黒い方舟(6×6×6)と違い、4×4×4 の小キューブの集合体である所まで似ています。
六幻結晶化の時にバクさんが「イノセンスの原型=キューブ(正六面体)」と言ってましたが、ヘブラスカの適合しているそれは原型のままではなく、文字が刻まれたりして明らかに人の手が加わっていますよね。

「石箱」イノセンスを加工した者が意図してあの方舟の姿に似せたのか、逆に方舟が「石箱」を模って造られたのか。
このイノセンスについては謎が多すぎます。
一体どういう力を発揮して千年伯爵を倒したんだか。


英語では「ノアの方舟」は“Noah's Ark”(または単に“The Ark”)ですが、
この“Ark”という単語には聖書由来の2つの意味があって
1. ノアが建造・使用した方舟。
2. 契約の箱。

後者は、モーゼの十戒(神との契約)を記す石版を収めた木箱で「聖櫃(せいひつ)」と呼ばれます。
Dグレファンならお馴染みのファンブックタイトル『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』はこっちですね。

あの白い町並みを擁したノアの拠点だった方舟が1.の方で、きっとヘブラスカの「石箱」が2.の方。

どっちも伝説の姿と大分異なりますが。
ひょっとして、この2つは 同時に造られたワンセットだったとか。

あの 玩具のルービックキューブみたいな形状もいかにも怪しいですよね。 
組み替えると全く別の文言が出てくるんじゃないですか(笑)



◇ ギリシャ・ギリシャ・ギリシャ。

白い旧方舟は、星野先生によると
「一番好きな場所、ギリシャのサントリーニ島がモデルです」(『マンガ脳の鍛え方』P121)
とのことでした。
海外旅行ではもはや定番、紀行文を寄せたサイトも山ほどありますが とりあえずこんな感じ
http://4travel.jp/traveler/liondor206blue/album/10610073/

あの辺りは、海底に沈んだとされるアトランティス大陸の伝説の発祥地ではないか?という話もあり。
元が火山島ですからね。
過去には確かに火山礫や火砕流、またカルデラ陥没の後に来た津波にも襲われた歴史があるとかで、
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Europe/greece.html
その難を逃れた部分にあの美しい白い町が築かれたとすれば、洪水から逃れた方舟の比喩もピッタリです。



さてイノセンスの話ですが。

リナリーのイノセンスが本部襲撃の切羽詰った状況下で結晶化を果たした場面。
初めて読んだ時は、彼女のダークブーツ特有の形状かと思っていました。 あの紅い“首なし天使”。
どうしても、ルーブル美術館の目玉「サモトラケのニケ」像を彷彿とさせる姿ですよね。

「ニケ」はギリシャ神話の天空を翔ける勝利の女神。 英語読みでは「ナイキ」。 あの商標名でもあります。
彼女のイノセンスの性質と これほど合致するものはないと思って感動してたのに、
アルマ編で 良く似た姿がズラズラ出て来た時はちょっと唖然(笑)


「サモトラケのニケ」は、発掘された時既に首のない状態の遺跡だったというだけで、
ギリシャ神話に登場するニケが首無しという事ではもちろんありません。ちゃんとした姿のニケ像も多数あります。
しかし 結晶化するイノセンスの姿にも“ギリシャ”イメージが付いてくるというお話。



“ギリシャ”関連はもう1つありましたね。

アポクリフォス。 ギリシャ語で“隠されたもの”。 
この人? も嫌わずに取り合ってあげないといけないでしょう。

彼が ひいては「ハートの御方」が、「アレン」に執着する理由。
やはり A.W だけが手に届く所にいるノアの方舟奏者であるという事の意味が大きいと思います。
欲しいのは “アレン”が体内に持つ「14番目」メモリーの存在なわけで。

よってその表出を押さえ込んで、能力だけを都合よく活用したいという腹でしょうね。

それができることは、ネアが“殺された”後も方舟の江戸接続が切れなかったという事情からも裏付けられますし。

「“アレン”争奪戦」。 

方舟の存在が この戦争の中でも要になるということではないでしょうか。



※追記2('14.6.28): もはやこの記事自体懐かしいですが、ギリシャ関連ということで追加。
マナ・ネア双子兄弟の関係はカストルとポルックスのふたご座伝説(ギリシャ神話)にピッタリじゃなかった?という思い付きもスルーできなくなりましたので。 ⇒「ふたご座のこと。」 1巻表紙絵の謎かけ回答。



とりあえず今はここまで。
関連記事

“ORIGIN”(ペンタクルのテーマ)   

第213夜ラスト。

「そして坊やは・・・」で始まる方舟の唄が、

[アレン]「これって子守唄だよな ティム」 (第135夜)

と言われた通りの姿で登場しましたね。

それと共に蘇ったイメージは、夕日の麦畑

----- 豊穣の黄金色に染まる大地 -----

こういう描写が ごく自然な形で現れるところがいいですよねえ・・・



この情景は 以前から話題にしているアレンの所属スートの象徴です。

“ペンタクル”=(地)ですから。  { 因みに神田(“剣”=風), リナリー(“聖杯”=水), ラビ(“棒”=火)}

※以下「ペンタクル」Wikipediaの説明
 「タロットの4スートのひとつ。現代のタロット・デッキでは、伝統的にはコインと呼ばれるスートに ペンタクルまたはディスクという名称が
  付けられているものが多い。
  ウェイト版タロットのペンタクルは円盤に五芒星があしらわれている。円盤に六芒星をあしらったもの、薔薇十字をあしらったものなど
  もある。」


ペンタクルスート(=地)の象徴に金貨やダイヤが出てくる理由は、“金”も“ダイヤモンド”も大地が産む鉱物だからです。

いつもアレンの周囲を飛び回る“金のゴーレム”もまた、象徴的ですね。


ということで、本日テーマのカード。 

左がマルセイユ版、右はウェイト版。 同じ『ペンタクル1』を示します。



夢の中 鮮やかに蘇った景色。 

アレンの知らなかったこの場所こそ、彼の起源=本当のふるさとであることを暗示しているようで。

彼にとってはやっと、自分という存在の何たるかを見極める旅が始まったのかな・・・と思います。

それはネアという人物の記憶を辿ることから。


「A.W(アレン・ウォーカー)をたずね」る旅は、こっから本番だよ~と。 (長い長い前置きでしたなあ^_^;)

第208夜ラストにアントワープ(ダイヤ街)を暗示する町並が出て、「ペンタクル10」のカードを思わせる構図が出てきたのも、

アレンが主役で新章突入のノロシと見て良かったようですね。

その直後から「A.Wをたずねて」シリーズが始まったわけですから。




番外編「マリアの視線」冒頭。

アレンがマナの仮面を付け旅立った所は“仮そめのスタート”だった、という事なのかも知れません。

当時大地を覆っていたのは、麦の穂波とは似て非なる いちめん黄色の“菜の花”。  

金色の“実り”とは程遠く。





<使用カード詳細>

左 “Old English Tarot” / Maggie Kneen
United States Games Systems: Crds版 (1997/07)

右 “Tarot of the Magical Forest/Tarot del Bosque Magico” / Hsu Chin Chun (著), Leo Tang (イラスト)
Lo Scarabeo; Crds Blg版 (2008/07)


関連記事

「独裁者」の影。

第213夜の感想記事に埋もれてしまい、重要人物の話を忘れていました。 
マルコム=C=ルベリエ と ハワード・リンク


まずはルベリエ。
彼はルベリエ家の当主になる事を期待され、幼少から帝王教育を受けていたような雰囲気ですが
それ相応に、俗物根性とは無縁の信念の人であるだろうと想像します。

戦争に犠牲を捧げてきたルベリエ家の歴史を背負い、世界平和を心から望むがため その実現の為にはどんな犠牲もいとわず。 
私利私欲に走り他人を犠牲にして 自分だけ旨い汁を吸うつもりはきっとないでしょう。 
自分が犠牲になって解決する事なら、おそらくそれすらも可。
しかしもっと利用価値の高い若い人材が豊富に揃っているのだから、これを使わない手はないということで。

“他人を使う”ということに何の躊躇も無いのは育った環境によるのかな。
他人を使っても自分が使われることは一切無かったでしょうから。


そしてリンク。
で、そんなルベリエに間近で仕える彼にとって、ルベリエはずっと尊敬と憧れの対象だったと思います。
一点の曇りも無い理想の人物として。
傍目からはルベリエのしている事は冷酷無比と見えても そうするだけの深い理由は理解しているから。
ルベリエに心酔している彼は、機会があれば自分も(犠牲になって)役に立とうと考えていたようで。

でも形だけでも中央庁という組織の枠外に出され これから本当の意味で様々な人間と関るうちに、自然と彼の心境にも大きな変化が訪れるのではないでしょうか。



[ここから先は、第213夜のネタバレ感想より] (「独裁者」。この回の表紙絵とルベリエから 風船の地球儀を弄ぶ映画のシーンを連想しましてね^^;)

ビリヤード台のコマを見た時 ちょっと違和感がありましてね。 
こんな大邸宅ならば トラベルセットを広げる場所はあるでしょうに、何だってわざわざココ?って。

そんなわけで いつも通り “違和感=ヒント” と強引に看做しまして、以下考察。


下のコマ絵左。リンクの為に用意された旅の一式の向こうに、ビリヤードのキュー(玉突き棒)と並べた球が一部見えます。
配置は右のコマの方が分かり易いですね。キューの傍に小さめの玉が1つ。あと、菱形に並べた球が9つ。

 213B.jpg

さて、ビリヤードとは。

最初に番号付のカラーボールが9つ 菱形に固めてセットしてあるのは“ナインボール”という遊び方らしく。
“キュー”と呼ぶスティックで 白い玉(“手玉”てだま)を衝き、カラーボール(“的球”まとだま)の若い番号順に当てて それらを台の際に設けた6つの穴(ポケット)に落とし込んで行きます。 
最終目標は9番ボール。
手玉を直接当てなくても、コンビネーション(手球を当てた別の的球が更に9番球を動かす)で、9番ボールがポケットに落とせたら勝者です。


このゲームになぞらえてみた ルベリエの野望。

例えで言うなら、ビリヤードのプレイヤーがルベリエ長官、手玉がリンクかなあと。
リンクには、14番目の宿主 アレン・ウォーカー少年がすっかり懐いている。 
ルベリエにとって“14番目”を操っていくためにどうしても必要な、現在唯一の人材がリンクということでは。

その先の目標としては 
「コンビネーション」よろしく14番目の力を以って9番ボールの伯爵を落とし込む事なんでしょうが
「我々人間が世界の命運を握る」宣言をする以上、

ルベリエにとって ノアの一族はもちろんイノセンスまでもが一掃された
人間だけの世界こそ理想なはず。


イノセンス全ては、ハートさえ消せれば片が付きますもんね。
イメージとしては、14番目の力を擁するウォーカーを持ち上げながら 
ノアもハートのイノセンスも14番目も、全てが相討ちでポケットに消え去る形を狙っているのかな。

どれか一つでも残った日には厄介なことになりますから。


サード達も失敗で千年伯爵に奪われてしまったのではなく、最初から敵陣に送り込むトロイの木馬として造られたって事なのかも。
それを肝心のトクサ達が知らされてなかった事が気になりますが、敵を欺くにはまず味方から。
通常のAKUMAとは違って、彼らも状況次第ではアルマ同様に 伯爵に逆らう自由意志を働かす余地はありそうです。

そう簡単に行くとも思えませんが、彼らをルベリエの都合に合わせた方向にさしむける手段として、
こっちも(彼らにとって身内同然の)リンクが必要」になるのでは。

その気になったサードの開闢孔にかかれば、しぶといノアメモリーでも無事ではいられないでしょうしね。

やはり「リンク」はルベリエにとって、狙った目標と自分を“Link”=繋ぐもの。という意味がありそうだなあ。


ルベリエは、リンクから逐一報告を受けつつ その時々の情勢を睨んで、次のショットをどう運ぶか練り直す腹なんでしょうね。
何でそこまでリンクを信用しているのかって? きっと“そのように育てた自信があるから”では。
始めからその心積もりで孤児らと接するうち、もしかしたら本物の愛情も芽生えているかも知れませんが、
ルベリエという人間は それすら不要と判断した時、バッサリ切り捨てることができるのではと思います。

大義名分の為なら「それはそれ」



「あれ(=14番目)はわたしのものだ。 だからウォーカーを追い詰め・・・」
この台詞には 無力な1人の少年の存在を尊重するような雰囲気は 微塵もありません。
餌として吊るしておいたウォーカーを狙ってアポクリフォスとノアが現れ、とにかく14番目は思惑通り教団を離れた。
その いよいよリンクに期待した大仕事が始まるという肝心な時に、彼は瀕死の重傷で見つかった。
ルベリエにとって正に晴天の霹靂。 青くなったのは当然。 必要なら土下座だってするでしょう。

結局ズゥの助けを得て、リンクはさらにパワーアップして復帰を遂げるおまけまで付き、
彼はあの時の問題を深く掘り下げることを 忘れてしまったようですね。  

破綻の予兆。

リンクが私情から、自分の許可も得ずにウォーカーに会いに行くという行動に出ていたこと。



ルベリエの秘めていた本当の計画を知ることになって、リンクの心境はどうだったのか。

ルベリエをどこまでも信じ、いつでも命を投げ出せるという覚悟は もう骨の髄まで浸透しているはずですが、
やはり寂しかったでしょうね。
それについて不満を抱いたりしてはいけない、と心の中で一生懸命打ち消しても。

長官にとっては理想世界の実現が最大目標で、その為には中央庁や教団すら道具に過ぎなかった。
自分は“AKUMAプラントのカケラ”が何に使われるのかも教えられず持ち出した。
聖戦の役に立てる誉を信じダークマター移植手術を受けた仲間達。
皆を助けようと一人奮闘したにもかかわらずウォーカーは投獄の憂き目にあったが、それも計画の内だったと。

・・・大きな潮流の中、首尾よく事は進んでいるのかもしれないが 何かが違う。



私はアレンの台詞の中でもこれが一番好きなんですが。
「僕はちっぽけな人間だから 大きい世界より目の前のものに心が向く。 切り捨てられません」
ほんとうに、ルベリエとは対極にある人間なんですよね。 「14番目の宿主」は。

人同士の計算づくとは無縁のさえ 踏みにじる形で利用しようとしているルベリエ。
「“14番目”の協力者に成り済まし 密かに奴の信頼を得て監視するのです」



人の“心”を甘く見過ぎていると 必ず痛い目に遭いますよ。 ルベリエさん。



<引用画像>
ジャンプSQ 2012年5月号『D.Gray-man』第213夜より。




関連記事

オレンジな理由。 (『19:太陽』 ウェイトver.)   

23巻の表紙デザインも遂に判明しましたし それについて思い付いた事を少々。
(例によってネタバレ容赦無いです^^; あしからず。)




神田が、誌面で復活を果たした場面の恰好のまま登場です。

構図上は「カバーデザインリニューアル」を謳(うた)った21巻以来の形式を踏まえています。
まずは代表キャラクターを1人前面に配置。
内容に関連するもの(アレンが夢で座らされていた椅子とか、消えていく方舟ゲートとか)が背景に来ます。

今回もそこは納得。 神田が中央、バックには彼がジョニーと連れ立ってアレンを探し歩いた欧州の町並みがぐるっと。

ですがカラーが気になりました。 やや唐突な感じもするオレンジって何でしょうか。
神田のイメージを訊かれた時の回答の「紺色っぽい青」でもない。
昨今紫ベースの寒色系寄りが多かったので、これを機にイメチェンと捉えても良かったんですけどね。



そこでまたタロットカードが1つ浮かびます。

『太陽』 但しウェイト版の方の。 

そういう目で眺めれば、バックに配した町並みもまた 太陽の形に見えてくるっていうね(笑)

blog_import_507b83482c3ed.jpeg

以前 第199夜で神田とアルマが抱き合うシーンに、マルセイユ版の方のカードの絵と解釈を充てました
そして今回のが『太陽』PARTⅡです。


こちらの『太陽』では 燦燦と輝く太陽の下、裸の赤子が1人。
オレンジ色の大きな旗を握って 白馬(グレーに見えるけど!)に乗っています。
塀際には黄色いヒマワリ。

困難に打ち勝ち より高い次元に生まれ変わった魂が、
祝福を受け再出発する姿を表現しています。


23巻“復活神田祭”の内容とも合いそうですね。



星野先生、これと同じ構図は無理としても シンボルカラーは盛り込みたかったのではないかと思います。

ウェイト版タロットカードでは、使われる色も重要なファクターですから。

旗のオレンジ ⇒ オーバーコート。 そしてタイトルまで。
馬の白 ⇒ マフラー。
ヒマワリと太陽の黄色 ⇒ ティムキャンピー。 ジョニーもちょっと?

(他にも ベストが派手な空色でしたり(^^) ・・・ このカードに使われた色でまとめたかった感じですね。 
そして六幻はオレンジとは全く異なるマゼンタぽい色調の赤ですが、タロットの子供の頭に付いている赤い羽根! 
その反り気味の姿といい 十分意識してるかな??)



以上をもって“23巻の表紙がオレンジな理由”と致します、が。(う~むなかなか期待通りの色が出ないなー 説得力orz)



でもね、これで本編の神田さんには『太陽』のカードが2枚とも付いていたことになりまして。

アルマと共に一旦マテールに去る時はマルセイユ版、還って来た時はウェイト版。

復活した神田が初めて姿を現した場所にも太陽のシンボル・オベリスクがそびえていました。

きっと 偶然ということはありませんね(笑)






追記:第207夜「歩みだすもの」の感想と一緒にヤフブロに置いて来てましたが、こっちにもリンク付けましょう。
   神田が「おかえりじゃねーのかよ」とのたまいました あの現場写真ございます(笑)

<南仏・プロヴァンス地方 アルル庁舎前のレピュブリック広場>
 マリとリナリーが座っていたベンチの角度的にはこれね。右側の写真。{A}
 噴水口の画像もある英語版ウィキペディアはこちらです。{B}








参考:『タロット教科書』☆第1巻/タロット・ワークブック☆(マルシア・マシーノ著)

<引用掲載画像>
『D.Gray-man23巻』表紙。

<使用カード詳細>
“Miniature Rider Waite Tarot Deck” / Arthur Edward Waite
 United States Games Systems: Crds版(1985/06)


関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
74位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ