「アレン ・ お前を ・ 愛してるぞ」。

クロスがアレンに初めて“14番目”の具体的な話を語った時の内容。(17巻第167夜「アンジ」)

       1. 14番目は、あのマナが必死で探し続けていた実の弟だった事。
       2. 14番目のメモリーが既にアレンに移植されていて、自我が飲まれるのは時間の問題という事。


普通ならまずは2.の方=“自分消失”への恐怖が先立つと思いますが、アレンの反応は違いました。

ガックリうなだれた彼が呟いたのは。
「そういうこと・・・」「なんだ それ・・・」  「マナが 愛してるっていったのは」「僕か それとも どっちに・・・」

彼が自分の運命もそっちのけで最もショックを受けていたのは、自分が本当にマナに愛されていたのかという事への疑惑。
台詞の「愛してるっていったのは」のところ、具体的にはマナをAKUMAにしてしまったあの晩の事件を指しているんですよね。

マナの魂がアレンに向けた最期の言葉。
「アレン・・・  お前を・・・  愛してるぞ・・・」  「壊してくれ」   (1巻第3夜)


もう肉体のしがらみからは解き放たれて 魂だけが壊れかけた魔導式ボディに留まっていた状況のマナ。
だから彼にはあの時 自分の過去の記憶も戻り、アレンの身体が内包するものすべての正体が見通せたはずと思います。
ことに「アレン」と名指しした以上、それは目の前の少年に言ったものに違いないと思うんですが。
アレンはこの時どうして あれは自分への言葉ではなかったかもという疑いを持ったんでしょう。

(“14番目”と呼ばれるようになったマナの弟の本名こそ「アレン」だったんじゃないか?)
(自分の中にいる本物の「アレン」に向けて、マナは「愛している」と言ったんじゃないか?)
(出会った時はもう記憶が定かでなかったマナが、愛犬に付けていた名前が「アレン」。
弟を誰より愛していたマナは その名だけは覚えていたって事じゃないか?)

こんな感じでしょうか。
でもその後“14番目”の本名は「ネア」だという事をアレンも知ったので、この疑問は解消したんですよね。


ひとつ、ずっと引っ掛かっていた事がありました。
マナはネアと一緒の昔からずっと話し言葉はデスマス調だったようなのに(「ネア 僕が憎くないんですか」第212夜)、
何故ここではそうじゃなかったのか。

最近出した結論ですが、これはマナが弟(ネア)ではなく息子(アレン)に向けて言いたかった言葉だからじゃないかと。
父と子として共に過ごした日々の締めくくりに、アレンをちゃんと愛していたことを伝えたかったのだと思います。

赤腕少年と出逢ったマナは、確かに彼を愛していた。



マナが愛犬に「アレン」の名を付けていた理由は今も謎です。
それはネアが「アレン」に転生する計画があった事を かつてマナも聞かされて知っていたからではないでしょうか。
その名の意味するところの記憶が、アポクリフォスの手で封じられたのか弟の死のショックで壊れてしまったのかは不明ですが
記憶障害に陥ってもその名だけは手放さなかったのは、それだけ強い兄弟愛で結ばれていたことの証ではないかと。



ところで、あの会見の時のクロス・マリアン。

改めてアレンの受けた心の傷の深さを思い、柄にもなく彼を抱き寄せてしまったりしていましたが、
マナの弟の本名は「ネア」だったと教えてやればその場でアレンは救われたかも知れないのに、決してその名を出しませんでした。
色々と情報開示が中途半端だったのは、おそらくここが中央庁監視の下に行われた会見だから。
(だからこそのサブタイトル「アンジ=暗示」。彼のあの時の台詞はなかなか鵜呑みに出来ないと思います)

結局劇中でクロスは マザーにしか「ネア」の名を出してない。
いかにも裏がありそうなルベリエに密約で「すべてを話した」なんて、きっと本当の事じゃないでしょう。

ロードにしても アレンと二人きりになってからやっと「ナイショ」の話でネアの名を口にしていました。


どうして「ネア」という名がここまで伏せられているのか・・・大変気になるところです。






関連記事

「そばに居たい」。

「神田とアレンが似たもの同士」から アレンの本体はネアであるという仮定を進めて行くと。

神田にとってのアルマは アレンにとってはマナ である、

という話に行き着きます。

分かりにくいので年表にして並べました。
(「○年前」の数字は、北米支部ノア襲撃からアレン・ウォーカー教団離脱に至る数日間を基準点0とした大雑把なものです)

blog_import_507b8256e9c67.jpeg

まず上の神田。

①本体は“あの人”と「恋人」同士の関係。⇒②共にエクソシストとして人生を終える。⇒③二十年後、互いの正体を知らぬままセカンド被験体のユウとアルマとして邂逅。⇒④「友人」関係。過酷な実験に晒されながらも仲間がいる幸せをかみしめる日々。⇒⑤辛い断絶。ユウがやむなくアルマを斬殺。⇒⑥再会するが関係はエクソシストvs.AKUMAとして再度戦う。⇒⑦嵐の果てようやく全貌が明らかになる。⇒⑧変わらない絆を確かめつつも死別。


下のアレン。※あくまで仮定ですが

①本体(ネア)はマナと「兄弟」。⇒②ネアがノア覚醒。運命に抗いノアファミリーと戦うが敗れ兄弟死別。⇒③二十数年後、蘇った“アレン”と歳をとったマナ。互いの正体を知らぬまま邂逅。⇒④「親子」として旅の生活。幸福な時間。⇒⑤辛い断絶。アレンがAKUMAにしたマナを破壊。⇒⑥再会するが関係はエクソシストvs.千年伯爵。再度戦い。⑦“千年伯爵”は“アレン”の中の14番目メモリーに気付きつけ狙い始める。全貌はまだ・・・


ざっとこんな感じ。アルマがまだ人間である被験体時代(9年前)ユウに斬られた事を自分で「破壊」と表現していたのに違和感があったんですが、アレンのケースと比較させるためのヒント・・・と思っては穿ちすぎでしょうか。


ネアが復活して“アレン”となり マナの傍に行く所までは仕組まれていたとはいえ、やはり神田本体とあの人との関係のように無意識にも惹かれあう運命的なものを強く感じます。
実際 アレンは自分とマナとの関係を知らぬまま、その意志で彼との同行を決めたので。

魂のパートナーと再会を果たして共に暮らせた短い日々
それが、世間一般の「幸福」の尺度からは大きく外れたものであっても 
今なおアレンと神田にとって、最も大切な記憶になっているんですよねぇ


ただ ここは強調しておきたいですが。現在の神田ユウが本体とは全く別人格であることが間違っていないのと同様、
アレンもまた、今の人生の主役として 自分の人格をたやすくネアには譲らないでもらいたいですね。

それは一旦崩壊寸前の危機を経て、エクソシストにしてくれた師匠の導きと自身の血の滲むような努力で 復活させ育ててきたものですから。



関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
61位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ