ヴァルヴレイヴ情報現況。

以前記事で紹介したACE(アニメコンテンツエキスポ)が、昨日・今日2日間の日程で幕張メッセで開催されています。
もちろん気になっていたのは「ヴァルヴレイヴ」オンリーなんですが(笑)

早くも 昨年暮のジャンプフェスタレポートを書いてらした霄さん(ブログ「はちろく」)が現場体験記をUPされました。
http://00086s.blog.fc2.com/blog-entry-472.html

昨日の会場では豪華声優陣が出演したヴァルヴレイヴステージもあってバンダイチャンネルで生中継されておりました。
(福山さんとか宮野さんとか今をときめく人気声優なのに 未だに李桂やチャオジーのイメージが離れなくて私は←←←)
再配信が 4/6(土) 22:00 から予定されていますから御興味のある方はこちらもどうぞ。


ここで追加発表のあった新情報ですが 漏れなくヴァルヴレイヴの公式HPに出ておりますので行けなかった方も御安心下さい。
最新版のプロモーションビデオ(PV ver.3)では、やっとアニメOPの一部が聴けるようになりました。

※追記3 4/12
OP「Preserved Roses」の着うた(R)配信がスタートしました!(レコチョク提供)
http://recochoku.jp/artist/30264440/


HPのニュース欄には新たに気になる小説プロジェクト&漫画プロジェクト 始動!のアオリが。

連載小説は『電撃ホビーマガジン』7月号(5/25発売)から。

また漫画は3誌上で企画という。

連載漫画は『シルフ』。8月号からですね。
自分知らないと思ったら月刊の少女漫画誌でしたか・・!^_^;
ここの(作画:漣一弥)という書き方がちょっと気になる。
絵こそ描かれなくても星野先生、ここら辺の内容に関ってこられたり? うーんでも少女漫画は無いかな~・・

漫画誌は他に『電撃大王』も入ってますが具体的発表はまだ。

そして『SQ7月号』。こっちもヴァルヴレイヴの漫画が掲載されるそうですよ!(漫画:土屋彼某)
連載とは書いてないのでこれは単発企画か。


アニメ放映開始はMBS(大阪系列)が最も早く4月11日25:35より。
首都圏は翌日、TBSで4月12日25:55より。


※追記1 4/12
4/11のヴァルヴレイヴツイッターアカウントの発表
によりますと、第1回の放映開始時刻がだいぶ変更になっています。公式HPのトップページの表記(4/12 00:10現在)と食い違う部分がありますのでご注意下さい!
 「革命機ヴァルヴレイヴ」第1話OA:MBS‥11日(木)25:35~、TBS‥12日(金)26:20~、
 CBC‥12日(金)26:55~、RKB‥13日(土)27:00~、HBC‥13日(土)26:15~、BS-TBS‥13日(土)24:00~


※追記2 4/12
『革命機ヴァヴレイヴ』の放映はとりあえず2クール分が決定されていますが、間をはさみ2クール目は10月開始になるそうです。

※追記4 4/12
「革命機ヴァルヴレイヴ」 プロデューサーが語る作品誕生・企画の秘密 池谷浩臣(サンライズ)×丸山博雄(MBS)
http://animeanime.jp/article/2013/04/11/13652.html
2ページ目に星野先生関連の話題。必見です。


いよいよ楽しみになって来ました。

しかしヴァルヴレイヴ界隈がどんどん賑やかになるのと対照的に D.Gray-manの方はずっと静かなままで。一体どうなるかなあ。
今はひたすら24巻情報が欲しいです(T_T) 切に。


関連記事

どうか悪い方に行きませんように・・・ ⇒ 残念でしたorz

ちょっと大変なことに気付きました。

何かの間違いか、小さな変更の為の一時的措置であって欲しい・・・!

関連告知記事にも追記して参りましたが・・・

集英社マンガネットの5月2日の発刊予定表から、本日(3/18)午後5時現在、Dグレ24巻が消えています。

まだ「先日まで出ていた5月2日発刊情報が間違い」と結論付けるのは早いのでしばらく様子見です。

それではまた。


※追記(5/7)

結局朗報は復活しませんでした。
5月2日の発売はおろか、5月7日午後7時の時点で未だDグレの新刊情報はありません。

次のお知らせは、また変化があり次第。


関連記事

よろしくおねがいします。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、最近うちのブログリンク先がどっと増えました。
ほとんどが以前からネットで交流のあった方々ですが この際だーどんどん繋げちゃえと(笑)

初めはメンバーも 先輩格のDグレ専考察系のみでした。
しかし最近は 幅広く漫画作品を扱われる方や、イラスト・小説といった二次創作系のサイトさんも急増。
だんだん何でもありな感じになって来ましたね^_^;

そこでお願いがあります。 主にイラスト画像のこと

ツイッターを始めてから特に目にする機会が多くなりましたが、ここで紹介しているような個人サイトやpixiv等で見かけたお気に入りのイラストを 作者に無断で取り込み、自分のアイコンにしてしまう人が少なからずいます。
(ツイッターの場合ですと 自分のプロフィールページの背景やヘッダーに勝手に使用するのも問題は同じこと)
これは絶対にしてはいけません。

自作発言など論外ですが 本人許可も得ずにもらった、拾ってきた、という類の言い訳を付けていてもダメなものはダメです。
もしもここをご覧になっている方の中に既に間違った使用をしている人がいたら、そっと外しておいて下さいね。
私もツイッターアイコンは滅茶苦茶無理して「ティム」をマウスで描いたんですよぉー・・ ここは顔写真同様ですから。
(結果ボロボロですがねwww ちなみにヘッダーの方は、リンクのしゅみ仔さんのイラストの借用許可を頂きました)

人気のある絵師さんの中には、勝手に持ち出された絵が粗末に扱われたり誤解を招くような加工を施されたりして その後の創作活動に影響を及ぼすほど心底参ってしまっている人もいます。
御本人がネットでの無断使用先を探そうと思えば、今は簡単に検索できますからね。



イラストの無断転載が関連法に抵触する違法行為であるのは確かです。
でも、これをやっちゃいけない理由としては そんな規定があるなしとは関係なく、まず心を込めて絵を描いた人の気持ちを考えて欲しいですね。

『D.Gray-man』に惹かれファンになる程の感覚の持ち主なら、そこは分かって頂けると信じてここにもリンク先を掲示しています。

皆様 どうかよろしくお願いします。


関連記事

『SQ4月号』の休載告知と青年誌『ミラクルジャンプ』のこと。

D.Gray-manの休載が分かってるので寂しいですが、『SQ4月号』を買って参りました。


■ スクエア4月号

目次ページにはいつもの一行告知。「※D.Gray-manは作者急病のため、休載いたします。」

それと今回は、休載に関しての告知ページも設けてあります。(P678) 以下の通り。



D.Gray-man一時休載のお知らせ

今月号に掲載を予定しておりました『D.Gray-man』は星野桂先生の病気療養のため、休載をさせていただくこととなりました。楽しみにしてくださっている読者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません。

連載の再開については、今のところ未定です。再開の予定が立ちましたら、誌面にてお知らせしますので、しばらくお待ちください。

また、星野先生が昨年中に温めていた企画が、4月下旬発売の週刊ヤングジャンプ増刊ミラクルジャンプにて発表予定となっております。どうぞご期待ください。

今後とも『D.Gray-man』を応援いただきますよう、何卒お願い申し上げます。

ジャンプSQ編集部



一時休載と再開未定。理由は病気療養。

こういう説明は初めてです。これまでは休載を告げられても来月こそは、という希望が持てたのに。 
この表現では少なくとも数ヶ月はお預けという事でしょうから、本当に残念。

でも昨年6月号の告知では休載の理由を「急病」としておきながら次号には掲載を予定としていたのに比べれば、こちらの説明の方が理にかなっていますね。
先生の持病の状況が一時しのぎでは済まなくなったため本腰を入れて治療に専念されるということなら ファンとしてはむしろ歓迎しなくてはならないでしょう。

最後の一行には感激しました。(--- 今後もDグレを応援してください ---)
ネットでは噂ばかり先行し、最悪の打ち切りなんて単語まで出ていました。
しかしここの文章を素直に取るなら 編集部にはそのつもりはないということですね。
百聞は一見にしかず。


さて。内容は休載だけに留まりませんでした。

この間記事で紹介した通り 次の『ミラクルジャンプNo.14』の表紙絵を星野桂先生が担当されます。
今までこれ以上の予告は無かったですが、今回はそれに加え誌面でも星野先生の新企画の発表があるとのこと。

ご本人が病気療養で本業が再開未定と言っているのに新企画の内容を明らかにするということは、星野先生ご自身が絵を描かれるお仕事ではないかも知れませんね。 原作の構想のみで他の方が作画担当の漫画作品とか?
まあ、先走った妄想は禁物ですので 4月下旬の誌上発表を待つことにしましょう。



スクエア4月号には、また『革命機ヴァルヴレイヴ』の告知も出ていますが、公式HPで読める内容以上の事はなく。
そちらをご覧になるのがお勧めです。http://www.valvrave.com/
各キャラクターの案内に行くと、星野先生の描かれた線画のキャラにも出会えますよ。




■ ミラクルジャンプのこと

えーさて。
“青年誌”『ミラクルジャンプ』というものが結構気になり始めましたので、Amazonに発注しました。
『No.13』が今日届きました。この号は先月2月26日が発売日だったのですが。 
一緒に本日発売の『週刊少年ジャンプ』と『ジャンプSQ4月号』も並べて外見を比較。

紙質はSQが一番。“Supreme Quality”を自称するだけのことはあります。「ミラクル」はWJとの中間くらい。

それより目立つのが製本ですね。WJやSQが糊付けできっちり固めた無線綴じ方式なのに比べホチキス止めの中綴じ。
おじさん達がよく読む週刊誌の体裁です。
まあ、なんだかんだでスクエアが優遇されているのは良く分かりました。1冊550円なんて高いもん。
ミラクルジャンプは450円です。


三誌比較ナナメ

そもそも「青年誌」という括(くく)りが良く分からなかったのでwikiの検索。

『青年漫画』
青年漫画(せいねんまんが)は、日本の漫画の分類の一つ。主に少年漫画・少女漫画より年齢の高い読者層が想定されている漫画作品のことを指す。
かつては主に18歳以上、特に20代・30代の男性を対象としていたが、現在では中高生や女性の読者も増え、少年漫画・少女漫画との境界も薄れつつある。幅広い作風の作品を取り扱う事により広範な読者を獲得し、漫画業界においては掲載雑誌数および対象読者層の観点から最も市場の大きなジャンルでもある。(以下略)

イメージがだいぶ一昔前とは変わってきたようですね。
未発表の新企画の内容は分かりませんが、この辺の層にも「星野桂」をアピールしたいという判断があるのでしょう。

表紙絵が描けるならスクエアを飾って欲しいところですが、あえてここにした「企画」の内容を早く知りたいです。


以下『ミラクルジャンプ』の宣伝文の一部。
SF×ファンタジー=ミラクル!!
少年誌・青年誌、女性向け・男性向け、世代性別のジャンル分けなんて意味が無い。
テーマはSF&ファンタジー。
無限の想像力を武器に既存のマンガの常識を打ち破り、新たなる夢幻の世界を切り拓く---



いつになるかわからない連載再開を待つのは辛いですから、24巻発売前にこういうお楽しみがあるのは助かります(笑)
そして新刊コミックスですが、収録内容は今回の休載に入る前の第218夜までになることはほぼ確実でしょう。
よってこれで本誌派・コミックス派が同じレベルで話ができる条件が揃うことになります。
今後は Dグレファンがより結束を強めて応援を続けていきたいものですね。



それではこれで。
関連記事

※ 告知は最新記事へどうぞ!これは古い情報です!!  『D.Gray-man』24巻はまだ発売日未定です。

集英社マンガネットの新刊予定発表です。

5月2日(木)のラインナップにようやく『D.Gray-man 24』が登場しました。 4月分の下です。
http://www.s-manga.net/newcomic/future/

24巻については以前「11月刊」という誤報がありましたが、状況的に見て今度こそ信用しても大丈夫でしょう。
良かったですね!

それではまた。


※追記(3/18)

昨日おとといは個人的に忙しく、ついチェックを怠ってしまいましたが・・・
事件発生です。 5月2日発売予定としていたラインナップから『D.Gray-man』24巻が消えていることについ先程気付きました。(2013.3.18 17:00現在)
Sマンガネット、またやらかしたか?!

申し訳ありません! 事と次第がハッキリするまでここの観察は続けます。 続報はまた変化があり次第。


※追記(5/7)

後日(4/18)訂正記事 http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-387.html を入れておりますが、ここの記事が紛らわしいため再度の念押しです。
結局5月2日に新刊発売はありませんでした。
そして5月7日午後6時50分の現在も状況は変わらず。D.Gray-man 24巻の発売日は未定のままです。

また新しい情報が出て参りましたらお知らせいたします。 それではまた。
関連記事

4月号休載。

このところ Dグレでは期待を裏切るお知らせばかり。 残念の一言です。
今日から3月ですが、『SQ4月号』に関してはまたD.Gray-manが休載という情報が入りました
確定のようです。

理由については今のところ不明です。 いつもの「急病」という決まり文句だけでは素直に信じ難い状況ですけれど。
もっと詳しい情報が入りましたらまたお知らせします。

早く24巻発売予定の朗報を聞きたいですね・・・!
それでは一応これで。


※追記 (3/3 00:10)

もう既に早売りを読んだ方々から盛んに伝わっております。今回からDグレが「一時休載」になるという話。
いちおう4月号の発売日に、現物を見てから新しい記事でお伝えしようと思っていますので今しばらくお待ち下さい。
関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
345位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
73位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ