そういえば。

10月からまた、TVアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』の2クール目が始まるんでしたね。
なんかもうすっかり意識がD.Gray-manの方に吸い取られて戻りづらくなっておりますが^^;
(Dグレは11月新刊が出る前におさらい記事も出したいですし・・・)


とりあえず可能な範囲でやって行きたいと思います。 まだ1クール目の最終回分も放ったらかしでした・・!


さてVVV、1クール分の復習ができるよう 公式が総集編動画を配信中です
10月18日まで!
各エディションとも4話分を1時間ちょっとにまとめた特別編集です。

『革命機ヴァルヴレイヴ スペシャルエディション」EDITEDⅠ』(第1話~第4話)

『革命機ヴァルヴレイヴ スペシャルエディション」EDITEDⅡ』(第5話~第8話)

『革命機ヴァルヴレイヴ スペシャルエディション」EDITEDⅢ』(第9話~第12話)



・・・で。
残念ながらニコニコ動画、投稿されたコメントで画面が非常に見づらいですので消して御覧になることをお勧めします。
下の説明画像は都合により旧バージョンの“ニコニコ動画(原宿)”の方。

上部の「コメント」をクリック。
vvvコメント削除A



出てきた表示の最上段、「コメントを表示」のチェック(=□)を外します。
vvvコメント削除B


これだけでだいぶ快適になります。



VVV関連情報、まずは公式HPを御覧ください。

放送開始日時は地域によって変わります。 首都圏TBSはTBS・10月11日(金)深夜25時55分からです
失礼しました。 TBSは2nd.season初回第13話が 通常より25分遅れの(金)深夜26時20分からになっています!



では取り急ぎ 本日はこれで。

関連記事

Dグレ新刊、ちゃんと出ますよ!! (;´д`)ゞ ※10/2追加情報有り

待ちに待ったD.Gray-man24がやっと出る!というニュースで昨日は大喜びしまして ツイッターの告知でも大勢の方に拡散していただきました。

ところが深夜にまた書籍案内サイトに確認に行ったところ 11月分の一覧表が丸ごと消えていて青くなった・・・
というところまでを、前回記事でお話ししましたね。


結局は 単なる表示上の不具合だったのか真相は分かりませんが、今は問題なく全表示が復活しております。
大変御心配をおかけしました。



Sマンガネット・11月の新刊一覧
Sマ2013年11月予定ー赤丸
※す・すみません・・この画像横長すぎて右端の日付が切れちゃったwww



Sマンガネット・書籍検索
SマD-80



Sブックナビ・書籍検索
SブックナビD24



万一この先も“予定取り下げ”等の事態が生じましたら めげずに告知記事は出すつもりですが・・・

もうそろそろ Dグレ新刊11月発売は“確定”として喜んでもいいですよね!(*゚v゚*)

今度の件でツイッターから情報提供で協力していただいた方、最初のツイートから拡散して下さった大勢の方々も、

本当にありがとうございました m(__)m





※追記 ('13 10/1)

さらに念押しで。 集英社ブックナビの一覧も出てまいりましたので・・・・・

Sブックナビ・11月の新刊一覧
ブックナビ11月分

丸で囲んでませんが一番上ね(笑)



※追記 ('13 10/2)

さらに、アニメイト(店舗)で11月2日発売の『ジャンプSQ12月号』を購入した人には Dグレ別ver.コミックスカバーがプレゼントされるそうです。(拍手コメントで情報を頂きました)

アニメイト11月特典情報
アニメイトSQ12月号購入特典

店舗一覧・問い合わせ先など、こちらの詳細はアニメイトHPからどうぞ。
http://www.animate.co.jp/original/book/






関連記事

呟きから(4)※【Dグレ24巻続報】

※追記 9/19 15:50 : こちらの問題、やっと解決いたしました。次の記事で報告いたします!




まさかあるまいと思っていましたが、公式の「新たに何か変化」というのが冗談ではなくなってしまいました。

「D.Gray-man24発売予定」の話の続きです。



少々気力を削がれているため、状況説明は今朝のツイートのコピペで失礼します。


7:51 【告知】D.Gray-man24の発売日を11/1決定とお伝えしましたが、昨夜確認に行った所Sマンガネットの11月分予定表が丸ごと消えておりました(初のケース)。
この一件だけでDグレの11月新刊発売が取り消しになったとも言えないため、現在は(9/19 7:50)状況待ちです。
[キャンピー @ripvansf]


以下返答。

9:26 @☆☆☆ どうも今日は。 昨夜消えた11月予定表とはSマンガネットの方です。
Sブックナビは元々“来月分”=10月の予定表までしか出ないので。
その慎重派?のナビが今回先にDグレ11月情報を出してきて未だ表示中とは全く謎です。 

9:29 @☆☆☆ >「初のケース」(笑)
これまで何度もDグレ新刊予定が取り下げられるのを見てきましたが、そのどれも一覧表からD.Gray-manだけがひっそり消えているというパターンでした。
表が丸ごとなくなっちゃうというのは何ですかね。

9:32 @☆☆☆ コミックスの新刊予定表というのはDグレの為だけにあるものでもないですし…
今回表示が消えたのが何らかの不具合とか別の理由であって欲しいと。
こういう甘い見通しも捨てきれないので皆様に御迷惑をおかけしております。済みません!

9:47 @★ もう暫くお待ちくださいね。結論の出るのがあと数時間で済むか数日かかるか分かりませんが・・・
少なくとも9月末にはナビの方が11月予定表を出しますから、そこではっきりすると思います。



只今9月19日午前11時を回りましたが、状況に変化はありません。

引き続き見守っていきたいと思います。 それでは。




記録の為この記事は削除しませんが、9/19午後 解決いたしました。

新刊24巻の発売予定は最初の通り 11月1日で変更ありません。
関連記事

Dグレ24巻やっと出ることになりました!…て言っちゃうぞもう。

お待たせしました。

「D.Gray-man24」の発売が11月1日(金)に本決まりした模様です。


情報ソースは 集英社ブックナビ、及び集英社マンガネット


これで公式発表は3度目です。

初回は明らかな誤報。まだ原作のストックが足りない時期の昨年8月に、11/2発売の報を出してすぐ取り下げ。

2度目は今年3月2日。 5/2発売なら今度こそ大丈夫と喜んだにもかかわらず、その月半ばに新刊予定表から消えていました。

そして今度の3度目。 分量的な問題がない事は先月おさらいしましたよね。

3月の取り下げ騒動の頃と比較しましても あの時は月初め2日に出した「再来月発売」の予定を17日か18日(ここはイベントの最中だったためどちらか確認できませんでした)に取り下げています。
今はちょうどその時期に当たるわけなので・・・期日は残すところ一月半足らず。
もうこれ以上の変更はないものと判断しました。


この新刊発表を去年からずっと追ってきてもう一年過ぎましたね。 長かったですね(苦笑)

今はただ 1年7ヶ月ぶりの新刊を手に取る日を楽しみに・・・素直に喜びたいと思います。


新たに何か変化がありましたら(www正直もうやめて欲しいですが) またお知らせします。


それでは。


関連記事

もうすこし待ってて下さいね。

さあて どうしようかと(笑)

『D.Gray-man 24』の行方について。


昨夜、先日の台風のように「Dグレ新刊が11月に出る!」という噂が駆け抜けました。

私はかなり初動が遅れ、話の出所から探すことになりましたが結局こういうことでした。

集英社ブックナビ。http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-870539-2
スクエア公式HPのDグレ案内の中のコミックス紹介欄経由でも飛べます。

再来月の11月1日に発売予定という。

ただこの集英社ブックナビというサイト、新刊一覧表は来月分のものまでしか出していないんですよね。

そしていつも紹介している集英社マンガネットの方は 今の所(9/18 6:20現在)全く動きなし。

そんなわけで ちょっとあのページだけを頼りに「とうとう新刊が出ます!」と告知するのは自信がなく。

せめてマンガネットの方で11月分の一覧が出てくるまでは粘ろうと思います。


本日中に決着はつくでしょう。



ということでもうちょっとの間お待ちくださいね。 ではまた。


関連記事

『ジャンプSQ10月号』も収穫はありませんでした。

「収穫なし」は あくまでD.Gray-man関連ですが、本日発売のスクエア本誌にも連載再開のお知らせはありませんでした。
(10月からの再開も無理ということに・・・)

頼みの綱のアンケート葉書に 今回もDグレのアピールができる設問はないか探しましたがやはり無駄でした。
こうなると手も足も出ないですね!!(;´д`)


ちなみに今回のアンケート葉書はこんなかんじ。
(表面)
poscaA.jpg

(裏面)


暫く前まで 読者が自由に要望・意見を書き込める欄があったんですが、見ての通り今はそんな余地は全くなくなっています。
余白に 設問とは関連ない言葉を書き添えても、編集部の担当者に読んでもらえるかははなはだ疑問です。




せっかく葉書を出されるなら星野先生宛のファンレターにしませんか。
これだけはすべて御本人の元へ届けられ 目を通されるそうなので。

宛先
〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋 2-5-10 集英社 ジャンプSQ.編集部 星野桂先生


どうか宜しくお願いします。
※公式には「病気療養の為の休載」とされていますから、なるべく先生が読んで元気の出るようなものにして下さいね!


SQ4月号に出ていた 編集部からの休載告知の中の言葉、
「今後とも『D.Gray-man』を応援いただきますよう、何卒お願い申し上げます」
というのはもちろん信じてます。信じたいですが・・・これだけ何も無いとさすがに心配ですよね(苦笑)


それでは次回の新刊案内に希望を繋ぎまして。ここまでにします。



関連記事

祝っていただきました(*゚ー゚)>

8月は誕生月でした。
深夜12時、日付が変わったとたん ツイッターの友人からお祝いの言葉やイラストなどを山ほど贈っていただきまして。 

こんな体験初めてですが、今回は格別パロ動画関連などで盛り上がっていたせいでしょうか・・・(私は関ってないのですけども)
いつも大したことはしていないのに優しい方ばかり 本当にありがたいことです。


手の掛かった作品を秘密にしておくのもしのびなく、こちらにも置いておくことにしました。
皆さんが気を使って下さったため 登場キャラは見事にかたよってます(笑)


あ?そういえば誕生日非公開でしたよ(^_^;)  日付がお目に入ったらきっと気のせいです 忘れて下さい←


並びは、到着順で。

<注> 恒例ですが、画像の他への転載や加工は不可です。 ルール厳守、何卒よろしくお願いします。


▽ イラスト



亥樫(いかし)あるんさん
1arun ikashi to2013bd60



しゅみ仔さん
2syumiko to2013bd



愁風(しゅうふう)さん
3shufu to2013bd80



杜若夕(かきつばたゆう)さん
4kakitsubatayuu to2013bd



七虹(ななこ)さん
5nanako to2013bd60



日向(ひゅうが)さん
6hyuuga to2013bd



南都(なんと)かなるさん
7canal to 2013bd20
郵送のカードのデジカメ撮影なので微妙に色味が違っています……左頬の傷やペンタクルが消えちゃった!\(^o^)/ゴメンナサイ



こけこさん
8kokeko to 2013bd



樹菜(きな)さん
9kina to2013bd



斑鳩花(いかるがはな)さん
10ikaruga to2013bd




▽ 絵茶

愁風さん主催で 寄せ書きの為の12時間絵茶まで開いていただきました。
開催時間中、私はわずかしか在席できず再入場できなくなるトラブルまであり残念でした。
ここへ載せるのも画像がずいぶん小さくなってしまい・・・でもこんな沢山の方からの描き込み、本当に有難うございました。

◇描き込んで下さった方◇
亥樫あるんさん 南都かなるさん 斑鳩花さん ちまさん 愁風さん ヲトヲトさん Fさん 銀pyonさん 雨林さん こけこさん いしころさん 藤世(ふじよ)さん スガシオさん 心alone=紫陽花さん
15BDechalog40.png



▽ フラッシュ動画

Fさん(あの「不完全燃焼」パロの動画師さんですよ)、御自身がリアルで本当に大変なところでしたのに・・・
楽しいプレゼントをありがとうございました!
時間は43秒間、BGMの選曲理由は謎です。 音量注意

使用イラストは大半がしゅみ仔さんの作、素材の「ロードの扉」作者は愁風さんです。

こちら。





本当に Dグレを愛し共に応援できる仲間がいるって最高ですね。

これからも宜しくお願いします。









関連記事

ネア・キャンベルでもアレン・ウォーカーでもなく。

第166夜(「正体」)と第206夜(「マリアの視線」)に登場し ノベル版3巻(「Lost Fragment of Snow」)にはもう少し詳しく語られている、アレンがアレン・ウォーカーになる前の様子ですが。

本当の名も過去の記憶も持たず周囲から「赤腕」と呼ばれていた頃に、少年が無意識に選んだ一人称は“オレ”でした。
それは ネア・キャンベルが使っていたのと同じ。
(こんな使い分けに着目できるのも日本語ならではですが、謎解き用のヒントに見えてしまいますね)

この小説版のエピソードの数々は、主人公が元々どんなキャラなのかを描いた大切な所と思います。
ネア・キャンベル以降、アレン・ウォーカー以前の 素のままの彼。

周囲に味方は皆無で常に気を張り身を守らねばならなかった環境が、荒んだ雰囲気という鎧をまとわせてはいましたが。



(17巻第166夜)主人公とマナが初めて出会う場面。


念の為書き添えますがこの話は“アレンが実はセカンズの神田らと同様の状況で、脳移植前の本体に当たるネア・キャンベルとは同一人物”という考察を前提にしています。
加えて第215夜で瀕死のネアに「“わたし”を使え」と発言していた人物は今のアレンではないという最初の見解(*)は まだ大きく変えていません。

(*)参照記事:「すみません まだ頭の中はこんな感じ。」('12.7.18)




小説に登場する「赤腕」少年、設定わずか7歳というには 自分や周囲の状況を冷静に客観視していたモノローグにたいへん違和感がありましたが、これもただの「子供」ではなかったことを示す演出だったのでしょうか…

とにかくこの頃にしてもう彼は (後のアレン・ウォーカーにも共通する)弱い立場の者を思いやる優しさ、どれほど虐げられても悪にはへつらわない自尊心、自身の罪から逃げず結果を真正面から受け止めようとする強さ、というものをちゃんと備えていました。


こんな所に、まだ判然としないネアという人物への妄想を逞しくしてしまうんですよね。





さて、ではどこからが現在のアレン・ウォーカーへの転換点だったのだろうというと・・・


206b.jpg
(23巻第206夜)マナと暮らしていた頃は、身なりこそ整いましたが言動は赤腕時代と大差ありませんね。


206c.jpg
(23巻第206夜)やはりここ。
AKUMAのマナを壊し心身に深手を負った少年は、かろうじて廃人化を免れたものの 全く別人のようになってしまいます。


206d.jpg
(23巻第206夜)一人称はマナのコピーの“僕”へ。
ともかくも覚束ない足取りで人生再出発の日。 クロス・マリアンの弟子として、アレン・ウォーカーの旅が始まります。



こうした大きな波は経験しましたが、彼の人格の本質的部分は 外見と関らず終始そのままだと思うんですよね。

でも 彼が「アレン・ウォーカー」として復活する時、思い出の中のマナに 自分の存在意義の全てを委ねるという危険を背負い込んでしまいました。 

ここが今とても怖いんです・・・・(参照記事:「渇き。」

第218夜では、狂った様子でアレンを追い回す千年伯爵の皮が一部裂けてマナの素顔が覗いてしまいましたが、アレンがそれを目撃する危機だけは運良く免れました。

今の自信喪失して精神状態も不安定な彼には、絶対「千年伯爵」の正体を見せたくない・・・

本当にこれからどうなるでしょうね。


ああ 休載長いわ(苦笑)


それではまた。



関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
42位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ