おわび。 (記事があげられませんm(__)m)

あーもう 滞りまくっております!ごめんなさい。

コミックス書きたいことがまだまだありますが どうにもままならず VVVも完全放置になってるし・・・

今度は身内に病人が出たと連絡が入り;; この週末はどうにも無理っぽいです。

戻ってこれたら頑張りますので!

いよいよ冬も本格的になってきます・・・皆様もどうぞ御自愛ください。 それではまた。
関連記事

『D.Gray-man24』コミックス感想 その3・第214夜。

ネアの幼少期の描写で始まるこの回。
彼と母親との会話から断片的に当時の様子が垣間見えます。
そして“アレン”から初めて出てきた本物の“ネア”。
ここで真面目に考察しなければいつやるんだというところですね^^;

この先のストーリーまで読んで本誌掲載時からだいぶ時間も経過して、第214夜の考察も旧ブログで書いていた頃と細部の結論がかなり違ってきております。
もう一度頭の中はリセットしてお願いします。



▽ 第214夜「A.Wをたずねて・目覚め」



☆ サブタイトル

「目覚め」という単語がこの回に冠せられたことの意味は重いですね。

体のノア化が極限まで進み昏睡状態に陥ったアレンでしたが、
ようやく意識を取り戻したと見えた時 実際に目を覚ましたのは彼の中にずっと眠っていたネアの方でした。

これが、新しい体で復活したネアの 35年ぶり初の目覚めだったことは、その後の言動からも見て取れます。
(自分=“アレン”の白髪や顔の傷を見て驚いている。これまで自身や彼の周囲で起きていた事を何も知らない)

では、これまでアレンの夢の中で彼に話しかけ腕を掴んだり(第59夜)自分を「ネア」だと名乗ったり(第198夜)、現実に浮上してきて千年伯爵に目覚めの挨拶(第182夜)や宣戦布告(第189夜)をしていたのは誰なんでしょうか。
私はネアより先に出てきた“14番目ノアメモリー”単独の意志表示であったと思います)


ノアメモリーが転生した場合。

(1) 先代の宿主の記憶は持たない
(第187夜・202夜⇒転生したノア達は 特殊能力のワイズリー以外、かつては仲間だった14番目の事を何も知らない)

(2) 新しい宿主の記憶は、覚醒前のものも保持している
(第96夜⇒スキン・ボリックは覚醒後、自分が働いていた造船所の人間の皆殺しを神父に命じている)

この二大原則があったはずですが、“アレン”から出てきたネアの場合はこのどちらとも矛盾しています。

ここから導き出される結論は(笑) “ネア ≠ 14番目メモリー” だと思うんですが。

そうだとしたら、アレンが故人とされるネアの記憶を持つ(第166夜 [クロス]「それは奴の記憶だ」)理由とは?
ここはやはり アレンとネアが同一人物=神田やアルマ達のような脳移植があった可能性は高くなると)



☆ ネアの生家(夢の中の映像からの情報抜粋)

・ 広大な麦の畑に囲まれた屋敷。傍に枯れた大樹が一本。 ネアはそこに登って定位置にしている様子。
・ 彼の母はその樹に“コーネリア”と名付け馴れ親しんでいる。
・ 一家の姓はキャンベル。 ウォーカーではない。
・ 父親の話は出てこない。 家督はネアの母の弟(ネアの叔父)が次ぐことになっている。
・ 叔父の名はサイラス。 怪しげな錬金術にでも凝っているのか遠景で煙を上げているのが見える。
・ ネアと双子の兄のマナは 断続的に昏睡状態に陥る病気(?)に苛まれている。



☆ 肌が白く戻る。

この回最大のミステリー(笑)

3161615.jpg
(『D.Gray-man』24巻第214夜より引用)


幼少時の回想を夢見ながらネアが目覚めた時、アレンがあれほど苦しんでいた肌の黒化が止み 両目の瞳孔が猫のような縦長(でおそらく虹彩は金色)だったのも元通りになっています。
次の第215夜でアレンと意識が交代した後も イノセンスの発動が再び可能になっていましたから、アポクリフォスの力を借りずともノアメモリーの侵蝕が抑えられたということなんですよね。

・・・言いたいことがお分かりでしょうか^^; 

ネアは、かつて14番目のノアメモリーの宿主とされながらも それに抵抗し ある程度成功していたということだと思います。


星野先生がコミックス収録の際に敢えて描き直された このコマの表情が気になってるんで。

00315trim.jpg
(『D.Gray-man』24巻 および 『ジャンプSQ』2012年7月号 に掲載の 本編第214夜より)

上がコミックスで修正後、下が修正前の掲載本誌。

こんな笑顔を浮かべて警戒をすっかり解いた直後に 彼はジョニーを襲ったんですよね。

修正後の方が 目の光を消し、眉と口角を微かに下げ、頬をちょっと染める表現もやめている。 暗めになりました。

その後の彼の台詞(第215夜)からも、この修正には納得しています。
「迷いも心もすべてあの日に置いてきた オレはためらわない 何があろうと必ずこの手で遂げてみせる」
本当にためらいもなく酷い事が出来る人間なら こんな宣言はしません。
あそこは敵を安心させる演技の筈ですが、それを嬉々として演じきれる 芯から冷酷なキャラにはしたくなかったんじゃないかなーと・・・


スキン・ボリックやワイズリーの例を見る限り、ノアを発症した宿主は何食わぬ顔で周囲の人間を瞬殺していますね。
ティキ・ミックなど、人間を殺すことにAKUMAそっくりに快感を覚えている描写もあります。

でもネアの場合、他人(ひと)を襲ったのは 相手が自分の敵側の人間だと認識した後でした。
ノア勢相手に死ぬか生きるかの極限を戦った逃亡生活は 彼の中でまだ終わっていませんからね。
一般人を襲うのも 下手な情は身を滅ぼすということを嫌というほど体験してきた故(ゆえ)でしょう。

この寂しそうな笑顔は、それでも彼の心がまだノアメモリーに染まってはいないことの暗示に見えて仕方ないんですわ。



ええ・・さて。今日の引用画像で上の方、“左目”がまた大いに気になりますねw
あまり深い話にならないと思いますが、思い出したことをまとめて次の記事に致します。 では。







関連記事

『D.Gray-man24』コミックス感想 その2・第213夜。

コミックス感想記事、思ったより長くなりそうです。
「A.Wをたずねて」編も正念場。つかみどころの無かったネアという人物の輪郭も見えてきてますね。
考察的にも大事な所ばかりで、ざっと流すわけには行きませんので、今回は1話ずつ行きます。



▽ 第213夜 「A.Wをたずねて・秘める者」



☆ サブタイトル

密命・秘術・ひそかな想い・・・リンク中心に語られる回だからでしょう。
でもこの巻のタイトルにもなったくらい 登場人物全員に当てはまりますよね 「秘める者」とは。



☆ 扉絵

センターカラー。
アレンは全身青・紫系統でまとめた服装。頭にバンダナ、マフラー、ショートコート、ブーツというスタイル。
黄色い鴉の呪符を手にしたリンクが彼を後ろから見つめています。
アレンの右腕にとまったティムキャンピー。
2人を取り巻くように白い大きな癒闇蛇(アトゥーダ)が浮遊。
足元には黒い地球儀。
(演説をぶっているルベリエがチャップリンの「独裁者」を彷彿とさせます。やっぱあれのパロに見えてしまうなあ地球儀って)


アレンは掲載当時(2012年4月)の頃の他誌への寄稿作品にもこの扉絵と同じ服装で登場していました。
『SQ19』隔月刊化記念企画でSQ連載陣全員参加の読切。(4/19)
『テガミバチ14巻・特装版』浅田先生画業25周年記念の小冊子にメッセージイラスト。(5/2)

同時期コミックス『D.Gray-man23』(4/4)も発刊していたことを思うと、水面下でVVVも動いていたろうし 計画的な休載を二度はさんでも去年はお仕事が混み過ぎましたかね…(-_-;)

さて次!



☆ マルコム=C=ルベリエという人物


リンクは教団の独房でアポクリフォスに襲われたアレンを必死で外に逃がしますが、後に瀕死の重傷で倒れている所を発見されます、(第205夜)。
第213夜冒頭は、現場で何が起きていたかの再現。

私は アポクリフォスには元々リンクに殺意などなく(記憶を奪えば済むんですから)、これはリンクが派手に抵抗したための事故だろうとか想像していましたが半分しか当たりませんでしたね。
わざわざ当てられに行ったリンクの自殺未遂とは。

互いを警戒し合いながら出方を伺っているアポクリフォスとルベリエの構図・・・面白いです。

リンクは死の瀬戸際、ズゥ・メイ・チャンから譲られた癒闇蛇の力を得て復活しました。
大切な持ち駒のリンクを失うかもしれないと知った時のルベリエの、「14番目のため」という本音を吐き土下座も辞さない動転ぶりは印象的でしたね。
そのピンチをチャンスに変え 表向き死んだことにされたリンクは 中央庁の管理下を離れ完全にルベリエの意のままに動くことになりました。
魔導術の超能力まで付加して。
ルベリエは自分同様14番目を利用目的に狙う何者かが中央庁の中に潜んでいることを嗅ぎつけていましたから、その方が絶対好都合なわけです。


マルコム=C=ルベリエの初登場は アレン達がノアの方舟とともに帰還した直後。
中央庁の意志を代表するものとして、監査官のリンクを従え黒の教団に乗り込んできたのでした。
以後謎の行動ばかりだった彼の真の目的が、極秘任務でアレンの元へ送り出す直前リンクだけに明かされます。

「聖戦という大きな手に操られるだけだった我々人間が 世界の命運をこの手で握る存在となるのです!!」

人間が世界の主役・・・つまりは、ノアもイノセンスもこの世からなくなれということだと思います。

聖戦の名の下イノセンスの犠牲にされ続けた歴史を持つルベリエ家の出である彼は、
敵である千年伯爵側以下のノアだけでなく イノセンスにも恨みを抱いていた。
目指すところはノアもイノセンスも排除した「人間」だけの理想世界。
方舟も操るノアの強大な力を持ちながら味方を裏切り離脱した14番目の出現は またとない好機だということ。

リンクの旅支度一式がビリヤード台の上に載っていましたが、これは劇中のヒントに見えました。
ビリヤードゲームでいうならリンクが白い手玉。
それをプレーヤーのルベリエが撞(つ)いて 盤上から狙った玉を次々ポケットに落としていく。


14番目の器としてのA.W(アレン・ウォーカー)は絶大な利用価値がある。だが、教団内にいられると様々な邪魔が入って扱えない。

ルベリエはとにかくアレンを教団から切り離す作戦に出たのだと思います。
そのあいだ年齢が近いリンクを監視と称して張り付かせ、共に暮らす中で2人に親近感が芽生えるのも最初から計算済み。

方舟編。
アレンが臨界点も突破する死闘で方舟とAKUMAプラントを持って凱旋し・・・条件的にはそのまま元帥に昇格できる所 ルベリエがそれに待ったをかけるように14番目の話を持ち出して、彼を異端審問にかけると言い出しました。 
以後は徹底したイメージダウン作戦。

結局異端審問をする暇もなく本部襲撃編。
決定打はリナリーのイノセンス結晶化イベントでしたが、それに至るまでアレンが孤軍奮闘しなければ教団は持たなかったはず。
しかしここでも教団移転が落ち着いた所でクロスとアレン師弟の会見をさせ、彼にとって更に不利な証言を引き出させています。
アレンは自分から「ノア化したら殺してくれ」と宣言させられた格好に。

北米編。
結界で援軍を封じられたまま再びアレンは仲間の為に独りで戦わざるを得なくなる。
アレンは途中ノア化しかけ、神田は離脱、千年伯爵らにサードエクソシストを根こそぎさらわれるなど戦力的に大きな痛手を被るがとりあえずルベリエ・レニー・バクら幹部クラスは生還。
そこでもアレンはいきなり監獄行きという最悪の処遇。

ここはどう見てもノアがアレンを迎えに来ることを承知でやっていたと思います。
アレンを手なずけたリンクを使えばまだ奪還可能と思ったのかな・・・


ルベリエが固執していたサードエクソシスト計画。

これも彼が描く作戦には必須だったからとの推測は成り立ちます。
サード最大の武器である開闢孔
アレンがパリ戦の後、飲まれたAKUMA内蔵の魂がどうなるか心配していましたが、ヨルダンの戦いで これに飲まれた人の魂は助からない・・という描写がはっきり出てきました。
ここ大事な所なんですね。

ノアは転生する、という情報は既にルベリエも得ている。
たとえイノセンスで打ち勝って宿主の身体を滅してもまた他人に乗り換えて出てくるのではいたちごっこ。
それに止めを刺すのが開闢孔ということではと。

北米襲撃編でアレンがトクサを必死で助けようとしていましたが、それを邪魔したがっているとしか思えないルベリエの言動がとても不思議で不自然でした。
でも、初めからトロイの木馬のように敵に持っていかせる作戦だったとしたら辻褄が合います。
ここでも必要なのはリンク。サードらと幼馴染で同期の彼を使えば、まだ情を利用して動かせると踏んだか。


この遠隔操作、かなり難しそうですがリンクに状況を逐次報告させて駒を進めていくつもりなんでしょう。
一番問題があるとしたら、連絡手段を「書簡」にしたことでしょうね(笑)
いろいろ手遅れになりそうな。


☆ 運命から打ち勝つことができるのなら

リンクはかなりテワクに心を寄せていたんですね。お互い鴉である以上恋愛云々はあきらめているにしろ。
彼の“ルベリエ長官の為にはいつでも死んでお役に立ちたい”という意志は今も変わらないでしょう。
でも、心のどこかでは この運命に抗えないのかと疼くものがあるんじゃないでしょうか。

ここのくだりの神田の表情・・・自分も密かに抱いていた想いを言い当てられたような感じにみえました。

しかし、神田の発言「おまえらは神の為なら…」と十把一からげな所を見ると、彼は ルベリエが中央庁すら裏切る覚悟でリンクを放った所までは気付いていないようですね。
無理もないでしょうが。


☆ そして坊やは

あの方舟を動かした唄をうたう謎の女性・・・マナとネアの母親でした。唄はこの家に代々伝わるものなのか。
生まれたての双子の赤ん坊。
一面に金の穂をなびかせる麦畑。季節は初夏。

笑顔で左手を差し出す男の子は 第187夜の「オレはさ 何があっても味方だから…」と言う人の構図にあえて似せたようですね。いい演出。
う~~~ん でもともかくここ! 金色の瞳には見えないですよ(苦笑) いつからそうなったのか。
“白い肌で金色の瞳”描写はつくづく難題です(;´д`)

マナ・ネア兄妹は 外見上は普通に見える家庭に生まれ育った人間のようで。
少なくとも最初からノアではなさそう。
楽譜についていた例の紋章がキャンベル家の紋章でしたらまたいろいろありそうですが。




第213夜はここまでにして。

談話室6回分は、後ほどまとめて振り返ります。
関連記事

『SQ12月号』Dグレ関連はあいかわらず。※ちょっと追記

どうも御報告が遅れまして・・・
今月号も、Dグレ関連の確認だけ。


連載再開の告知はまだありませんでした!

ということは、12月発売の『SQ1月号』でも新刊の続きはお目にかかれないということで。
やはり今年中は無理でしたね。
次に希望を託したいと思います。

新刊24巻につきましては、(さすがに前日発売になっておりますので)センターカラーの「この音とまれ!」と「γ(ガンマ)」の扉絵裏、カラーで同時発売組と共に告知されております。 
比較的大きな扱いにちょっと溜飲下がる^^;

そうですよ いつだって「ファン待望」なんです!(普段からもうちょっとプッシュおねがい)←


あと他には収穫なかったですね。

恒例「SQ☆周年記念 連載陣直筆サイン色紙プレゼント」にもとうとう不参加となりました。 

それからいつものアンケート葉書。
12gatugou.jpg

こんなかんじ。入る隙がございません・・・ 
(休載中だと番号がないからアニメ化希望とか書きたくてもね)

Dグレアピール的に意味があるのは辛うじて4番の②「書店ポスター」くらいですかね あのアニメイト特典の。
でも具体的に何に反応したって所までは書けないし、何ていうか・・・
効果的な宣伝媒体を探すのもいいですが、情報源として読者が最も当てにしてるのはSQ本誌や公式HPなので、
もう少しそちらを充実かつ間違いのないようにして欲しいです!
公式HPというのに今月新刊の発売日を半月のあいだ間違えて表示してたり(○11/1→×11/2)
24巻発売からもう3日目なのにDグレコーナーでは未だに画像が23巻のまま差替えられてなかったりで(11/3 8:20現在)
本編を長い間待ち続けているファン心理としてはかなり微妙です。



ああなんか嬉しい新刊祭の最中ですのにグチってしまった すみません
別記事の続きも頑張ります。

あと、VVVも面白いよね!!!(笑)


それでは。



※ 追記(11/3 12:20)

アニメイトの特典・新刊用替カバー、知人に頼んで送ってもらったので我家にも届きました。
文句のつけようがない美麗イラストですねー やっぱり全員プレゼントにすべきと思いますよ(^_^;)

既に紹介済みですが、表が14番目ネア。 そして折返しの挨拶文の上にはアレンのイラストも。

カバーA
カバーB’


アレンの方、なんだろう この違和感(笑)
 
絵柄の心配までしてしまいましたが(だいたい少年漫画の主人公が読者にハートマークってなぁ)、
おそらくこれ営業スマイルネタなんですよね?・・・というところで落ち着いております(^_^;)ハハ

ネアの新刊カバーが上出来過ぎて アレンも危機感から本気勝負に出たところ?
コミックスカバー下漫画の余波か、こちらも「負けられない戦い」に見えてしまいますwww


12月号を買うともらえるアニメイトの替カバープレゼントは、品物がなくなり次第終了です。




[ この記事にトラックバック戴きました。 リンクサイトの『シロクロライン』さんブログ記事より ] 


関連記事

『D.Gray-man24』コミックス感想 その1。

前回から1年7ヶ月ぶりの刊行、「D.Gray-man」24巻です。 副題:「キミの傍に」

第213夜から第218夜まで6話分の収録、総頁数188となっていますが、分量的には既刊コミックスの中で最薄の2巻(184頁)と同じになりました(口絵含めず)。 
 WJ掲載時代の18巻までは表紙の表裏4頁分を含まない表示になっています。

それでも内容はみっしり。
巻末の「コムイの実験室・奇怪画コーナー」は健在ですし さりげなく細かな設定解説をしてくれる「コムイの談話室コーナー」が各話の後に計6回分入りました。

次巻の予告はなし。


▽ 表紙カバー・表側

イラスト主役は 鴉の呪符を手にしたハワード・リンク。 背後にやや離れて枢機卿姿のアポクリフォスの後姿。
詳細はSブックナビ・拡大画像の方で。
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-870539-2

リンクは横顔を見せてますが、厳しい視線を後ろに走らせている・・・

アニメイト限定プレゼント替えカバーの「14番目」が これと顔の向き・視線をそっくりにしてあって、対比が面白いですね。
こっちは逆に薄い笑いを浮かべているところですが。
http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/6th/

14番目カバーの方にも、SQHP紹介のこの画像では切れてしまっていますが人物の横(右側)にリンク横のと同じ十字架が配置になっています。
・・・なんでこちらも全員プレゼントにしてくれないんでしょうか^^;


▽ 表紙カバー・裏側

上の方から覆い被さるように ティムキャンピーを襲った人の手型の侵蝕と謎の木片。

その下一番大きく この巻初お目見えの幼少時代のネア・横顔。 前方を見据える瞳は金色に描かれています。
でもアニメイトカバーの人物のような黒い肌じゃない・・・
モノクロページ本編の彼と双子の兄のマナはというと 白い肌に黒い瞳としか見えない描かれ方ですが、さあどう解釈したものか(笑)
(これ、肌は黒くなくて金の瞳をしていたという赤腕少年と出会った頃のマナ(小説版)の描写と併せ、興味深い所ですね!)

そこから下は全員コミカルなタッチで

走るティエドール元帥&付いていく通信ゴーレム達。
同じく走るデビット&コケるジャスデロ。
神田の頭上二段重ねのティムと神田ゴーレム。
並んで座るジョニーとアレンの腕には科学班の逃亡防止手錠・・・でアレンは御機嫌ななめ。


▽ カバー折り返し

画像は机上の手帳、筆記用具類と眼鏡、赤いコーヒーカップ。

星野桂先生コメント。
「今回久しぶりに談話室をやってみました。 いっぱい喋ってるので お菓子食べながら 頑張って読んでみてください。」


▽ カバー下漫画

こういう所を事細かに説明しては台無しです(笑) タイトル「ゆけゆけマスコット」 ネタ満載ですよ。
主役は、この巻悲劇だったティムキャンピー。 星野先生の優しさが沁みますv

あくまでティム目線の解説が付いておりまして。ライバルはことごとく「あざとい」の「なまず野郎」のと・・
リンクでさえ「ハイスペックパティシエ」、アポクリフォスに至っては・・・(もうやめときます)
やっぱり実際に読まないとね。


▽ 口絵イラスト

仏紙を広げるクロス・マリアンの背中にもたれて居眠りの幼少アレン。
師匠のフキダシ「・・・・・」
アレンの膝の上には特大ぬいぐるみサイズのティム。 彼に両手を突っ込まれたままで口が閉じられない様子。
前には文字びっしりの分厚い本が広げてある・・・勉強中だったか。

枠の外に「Near you …」
巻の副題「キミの傍に」と同じ意味です。


▽ コミックス扉絵

目を閉じて気持ちよさげに風に吹かれている幼少ネア。

こちらは枠の中「On the side of you」
これも「キミの傍に」と訳せますが、双方でニュアンスを出したかったのかまで不明。



第213夜の頃、広大な麦畑は「豊饒の大地」を示すもので、12月25日をA.W(アレン・ウォーカー)誕生の日とするなら山羊座の「地」の象に当たる話をしてましたが。

その回、実った麦の穂と共に生まれたての双子の赤ん坊が描かれています。 その時期の生まれとするならふたご座あたり。
ネアは「風」の象ということになります。

ずっと各話のサブタイトルに付いてきた「A.W(アレンウォーカー)をたずねて」の中で辿り着く、風と大地の溶け合う原風景。

アレンとネアが同一人物という事の暗示ではないか・・・という妄想いまだ健在です。


とりあえず今回はここで切りまして。

本編については次回から。 それでは。








関連記事

Dグレ新刊無事手に入りました!

こんばんは。

いろいろなものがやるやる詐欺になっていますね・・・

とりあえず、これからの予定を。

1) 待望の24巻も出たことですし、先にこちらの感想を上げていきます。(本誌掲載時と比較もできたら)

2) 途中、明日発売の『SQ12月号』についても、一応内容の御報告を。(あまり収穫は期待できないですが)

3) ヴァルヴレイヴはその後。(先週と今週放映分をまとめて1回にしてしまうかも…)

4) 新刊前は無理でした・・・1巻からのおさらい記事をなるべく早く。


こんなところです それでは。



関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
64位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ