つないだ手。

原作、まだまだ掘り下げ足りないような(笑) 



◎ 「アレンの楽譜」の唄。(N135)


「つないだ手」で 真っ先に浮かぶのは キャンベル家の少年二人が手をつないだあの後ろ姿(N166)。

灰の中に息衝く ふたつの炎。

審判の日に蘇るという魂たち。


つないだ手にキスを…

双子のに祝福を。


その祈りから 生まれおちた「輝く坊や」がアレンか。

愛が狂い憎悪が連鎖する世界で。


・・・・・・ 祈っているのは誰だろう。



◎ 「マナ=D=キャンベル  すべてオマエのせいデスヨ」(N218)


千年伯爵の浴びせた罵声。  

これが、マナの心の奥底深く澱となり ついにはあんな悲鳴になったかと思います。

「僕が憎くないんですか?  ネア」(N212)

地獄の逃避行に疲れきった兄は 弟を道連れにしたくなくて、いったんはその手を振りほどこうとしたんでしょう。


その時のネアの返事がこれだったかな。  

「無理すんなよ… オレはさ 何があっても味方だから(N187)


この一言で 苦しむマナの魂がどれだけ救われたことか。

今もなお これを力に「千年伯爵」の呪縛と戦い続けていられるほどには。





二人の心の手はまだつながれている気がします。







関連記事

「ティムのしっぽ」は こんなブログです。 どうぞよろしくv

◆ 「ティムのしっぽ」にようこそ ◆


こちらは、『ジャンプSQ.CROWN(スクエア クラウン).』連載中の漫画「D.Gray-man」のファンブログです。
(管理人=キャンピーは好きが昂じてブログを始めただけの、どこにでもいる一般読者です。作者さんや出版社との関係は一切ありません)


この謎が多いと言われる原作ストーリーの 考察話を主にしています。
※ そのため、掲載誌や単行本の発売日以降は 必要範囲でのネタバレもあります。

どこまでも個人的趣味による解釈ですので、「解説」のつもりはないです。
思い付くまま好き勝手に語ってますので、御賛同でもツッコミでも気軽にコメントをお寄せ頂ければ幸いです。



ほかに作品や作者さん関連の情報も、都度お伝えしております。

※ 星野先生は2014年秋よりインスタグラム(画像投稿サイト)の個人アカウントを公開されていまして、こちらから日々投稿される素敵なイラストや近況報告が伺えます。
     ➔ インスタグラムアカウント @hoshino1000
ここは作者さんとファンとの距離を一気に縮めてくれた貴重な場です。 ファンとしてのマナーを守って創作活動のお邪魔はしないように気を付けたいですね。


さて。 D.Gray-manも今年5月末に連載11周年を迎えましたが、星野先生の御体調等の理由で 2013年1月発売SQ.2月号の第218夜を最後に「再開未定の一時休載」に入っていました。

そして今年、2015年7月17日発売の新増刊誌『ジャンプSQ. CROWN(クラウン)』に場を移し ようやく連載が再開されました。

第219夜からはこちらで。 発売は年4回の季刊誌になります よろしくお願いします。





以下には、これまでの考察のまとめを置いておきます。 

私は第218夜まで 大体こんな感じの捉え方をしておりました。
考察記事もほぼこれ前提で話が進んでいますので、初めての方は一度お目通し下さい。 
(コミックス1巻カバーの謎かけ絵より。 おもに主人公とその周辺のみ)
記事の投稿は2014年9月9日。 後に第219夜の内容を踏まえ一部訂正・加筆しました('15.10.2)。


追記分は、この下の“「続きを読む」表示”からどうぞ。

   

続きを読む

今月も空振り。(『ジャンプSQ10月号』)

私が夏に弱いのは恒例ですが、特に今年はろくな更新もできず残念でした。 
うかうかしているうちに今月のSQ発売日となりまして。
(そういえばFC2に最近やたら“お金が儲かる話”的スパムコメントが入ってきますよ。 イヤですね(-"-)
もちろん非承認で削除対象ですが、万一よそ様のサイトにあっても決して興味本位でリンク先に飛んだりしませんように!)

さて もう本誌のD.Gray-man第218夜(最後の掲載)から1年8か月経ちます。
が、やはりというか、今月のSQにも関連情報は見つかりませんでした。;;
相変わらず誌面は別作品のアニメ化・DVD化等々の情報で大賑わいですが。 

来月は「新テニスの王子様」の某キャラが「SQをジャック」されるそうですな。 どうなるんだろ・・・


アンケートハガキも Dグレと絡めて答えようがないものばかりで。
新人作家さん3名の読切作品をエントリーして競わせる投票とか、面白い企画とは思います。

あと他に目を引いたのは、
Q3「あなたはジャンプSQ.をいつから買っていますか」
Q4「あなたが初めて買ったジャンプSQ.と今号、どちらが面白かったですか」

私に限るならSQ.を買い始めた理由はDグレの連載がここで始まったからですし、今月号にはそれ載ってませんので 
勝負は言わずもがな(苦笑)
あの頃って「青の祓魔師」も始まったばかりで勢いが凄かったですね 色々と懐かしいなー・・
年末のジャンプフェスタには星野先生がいらっしゃって(行けなかったけど)サイン会もされてましたよね。
当時のSQの掲載作品はどれもこれも面白くて残さず全部読んでました。 
5年という月日の長さを感じてしんみり。

※ちょっと訂正
おっととw 星野先生がジャンプフェスタ会場にいらっしゃったのは「ジャンプフェスタ'11(=2010年末の開催)」でしたから、DグレがSQ.に移籍した(=2009年)翌年ですね。 間違えました!どうも済みませんm(__)m


というわけでまだ期間未定の休載は続きますが、過度な期待も落胆もせずに Dグレの帰還を待ち続けようと思います。

(ちょっとティムのしっぽでもトップページとか作ろうかしらなんて←いまさら 考えてます。別に大したもんじゃないですが)

それではまた。


関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
82位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ