断罪者。(『20: 審判』)

クロス・マリアン(=マリアの十字架)という名の人物、
主人公を「救世主」とした場合 彼の役どころは 実際二人分の「マリア」だったろうと思います。
 ○ 復活の預言を信じ、それを最初に見届けた“マグダラのマリア” ←ネアに対して。
 ○ (エクソシストとして生きるよう促し成長させた)産みの母“聖母マリア” ←アレン・ウォーカーに対して。

今日はこの人のイノセンスに付けられた名前=Judgement(ジャッジメント/断罪者)から。


タロット中にも「JUDGEMENT」というカードがあります。 20番目の 『審判』


審判
(左:Miniature Rider Waite Tarot Deck/Arthur E Waite, Pamela C Smith/United States Games Systems; Gmc Crds版)
(右:Shadowscapes Tarot/Stephanie Pui-mun Law, Barbara Moore/Llewellyn Pubns; Tcr Crds/B版)


左のはライダーウェイトの伝統柄で、右はかなり作者さんのアレンジが効いてますが意味は同じ。お花が素敵でしょ(笑)

大意は ≪魂の復活≫

描かれているのは、キリスト教の「最後の審判」の様子です。
この日は 生者だけでなく死者も残らず灰の中から蘇り 共に裁きを受けるのだとか。

アニメ版D.Gray-manでは、マテーラのララの唄に この預言を綴るレクイエム(一部)が当てられていましたね。

涙の日 (Lacrimosa)
Lacrimosa dies illa,           涙の日、その日は
qua resurget ex favilla         罪ある者が裁きを受けるために
judicandus homo reus:         灰の中からよみがえる日です。
Huic ergo parce Deus.         神よ、この者をお許しください。
pie Jesu Domine,            慈悲深き主、イエスよ
[Wikipedia「レクイエム」より引用]

「灰」とか「鎮魂」とか・・・ Dグレのこういう統一感が好きv 「アレンの楽譜」の子守唄の歌詞にも繋がるイメージです。


イノセンスの呼称が「ジャッジメント」となった理由を考えていますが、
「断罪」で思い出すのが 千年伯爵のあれですね。

「さぁさァ アルマ=カルマちゃんに断罪の朝!!!♥」 (19巻N188)

「朝」。 この時のアルマもまた 「長い眠りから呼び覚まされた死者」的状況でしたから、「断罪(=審判)」はうまい例えです。
もっともアルマの場合、裁きを受ける方ではなくて 下す側に仕立てられたのでしたが。

もしかしたら 「ジャッジメント」の名付け親にも、これと似た発想があったのかも知れませんよ。
(AKUMA化したアルマと違ってこちらの主体はイノセンスですから、断罪されるのはノア側ということで)


クロス・マリアンがイノセンス適合者となったいきさつもその時期も不明ですが、彼が行方不明になる直前映像…
アポクリフォスがクロスの適合権をあっさり切ってしまい銃口を向けている様や、クロスの騙し討ちに遭ったような苦笑いを見るに、
「ジャッジメント」をクロスが得た時点からもう アポクリフォスの意志が働いていたんじゃないかと想像しています。 

ネアが復活してくる目印となる名前「アレン」。
あの場面のクロスの会話のニュアンスでは、これはクロス・ネア間だけでなく アポクリフォスも熟知していた情報のようでした。

誰がこの「長い計画」(N214)を立案し、主導権を握っていたのか。



このカードを見ていると、イノセンスの「断罪者」は最初から「アレン」を護るために用意されたもののような気がして。



番号の“20”はローマ数字の“XX”。 “X”がまたクロス(十字架)を連想させて、双子の墓標のようでもありますね…



関連記事

まだですよ。(定例報告『ジャンプSQ.4月号』)

そろそろ 数カ月先を目途に予告ぐらいは出ないか… とそわそわしていますが、

残念ながら Dグレ再開の告知は今回もなしです。 まあ仕方ない(苦笑)

SQ.本誌は相変わらず 春アニメが始まる「終わりのセラフ」と「血界戦線」の猛プッシュですね。

4/4(土)発売の次号は両作品のダブル表紙だそうで。 「終わりのセラフ」の4月始まりカレンダーが付いて特別定価590円。



ところで。

ツイッターで一昨日のことですが またまた「Dグレのアニメ新シリーズ」の誤報が流れまして。
一時はトレンド入りするほどの勢いで拡散されました。


でも連載がやむなく中断して久しいD.Gray-manの現状を知ってる方なら、これがどれだけ有り得ない話だか分かりますよね。

たま~に思い出したようにこういう変な噂が流れてきますが、あまり踊らされませんように。
それっぽい画像が添付されていても 話の大元はちゃんと確認してからの拡散をして下さい。

 
今回は特に 星野先生の所までこの話を持って行った人がいて残念でした。 
(あのアカウントは 先生から直に近況を伺ったりメッセージが拝見できる貴重な場になっております 大事にしましょう)

アニメ化企画がもしあったとしても、正式な発表前に作家さんの立場からリークするわけにはいかないでしょう。
あそこで軽々に話題にできるような内容でもありません。
プロの世界は厳しいものですから ここはファンとしての行動をわきまえましょうね。

星野先生のインスタも慣れあいになってきたのか、困った質問をする人もちらほら。 ほんと…(汗) 気を付けましょうお互い。



次に何かあるとしたら… エイプリルフールでしょうか(^^;  

去年秋ごろは、「Dグレ25巻←が 2015年5月発売!」とかいうのもありましたし・・・
何ごとだろうと確認に行けば 話の大元はアプリで、“書籍等の発売日をメールでお知らせします”というやつなんですね。
出版社も発表してないその「発売日」の根拠ですが、コミックスの最新刊(現在Dグレなら24巻)とその一つ前の巻(23巻)との発売日の間隔をそのまま次回分に適用して単純計算で出したというね。もう~~何をか。


まあ いちいちこんなネタに乗ってしまう心境も分かりますけどねー (´;ω;`)

またやって来るかもしれませんのでどうぞお気をつけて。
現在 25巻に載せられる原作のストックは1話もありません。(最新話は24巻収録済み第218夜)


ではまた。




関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
61位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ