再考。(2. とんでもなく「苦い」)

ツイッターで少し前にしていた会話に 最近別の方からリプライを頂きました。

元の話の内容は
“クロウリーがアレンの血を吸った時は苦く感じたのに、ラビの時問題なかったのは何故か”
ってことだったんですが 当時私が放置したまま終えてて ←

機会を頂いたので一度真面目に考えてみますね。 (前回話で既にオチが見えてきそうですが一応^^;)


問題のシーンは以下のとおり。 上がアレンで 下はラビ。
   ↓ 

(アレンの発動した左手がクロウリーを捉えるが 逆に噛まれる)
[ コミックス4巻 第32夜 ]

(AKUMAの攻撃で被弾したラビを救うため クロウリーが毒を吸い出す)
70l.jpg [ コミックス8巻 第70夜 ]



とりあえず 現在考えられる答として3つほど挙げます。


▽ 味の差にはイノセンスが関わっているのではないか。

今回お寄せいただいた御意見はこのようなものでした。
「寄生型エクソシストは細胞レベルで体に変化が起きていますがラビは装備型なので、体は普通の人間です。その違いから味の差がでたのかなと」


そもそもこの話が口をついて出たのは、あのクロウリーのオーバーなリアクションがずっと心に引っ掛っていたからなんですね。
劇中では 孤城の重苦しい雰囲気を一瞬吹き飛ばしてくれるコミカルな所ですが。
ここまでくると、どうも単に「味の差」だけでは片付けられない何かがある気がします。

本来 “口にしたものの味を不快に感じる”のは「それ以上食べてはならない」と体が発する警告です。
危機感。 
アレンの血を吸った時のクロウリーに、なぜそれが湧いたのか。


“クロウリーに噛まれ仲間”としてラビを比較対象にしてますが、彼とて普通人かと言われると かなり…怪しいですよね。
ラビはラビで、イノセンス装備のない素の状態でも ブックマン独自の特殊能力(超視力・記憶力)の持ち主ですし。
今もって判然としないところはありますが 「“ブックマン”と呼ばれる“相”の者」は イノセンス側にもノア側にも必要に応じてスイッチ可能な特殊体質らしいですから、彼を“装備型代表”と見るのは向かないかもしれません。

それを言うなら、始めからノアとイノセンスが体内に同居していたアレンも “100%寄生型イノセンス味”とは言い難いでしょうが。
初めて彼のイノセンスが発動しマナのAKUMAを壊した晩 アレン自身も危篤状態に陥りましたが、あれは 元々ノアを秘めた体内にイノセンスが巡り出したことへの拒絶反応だったように思います。


さて ちょっと脱線しましたが、何れにしてもあの事件当時2人の置かれた状況には相当差があります。 
アレンの時はクロウリーも攻撃意欲満々でしたが、ラビの時は逆に彼を助けるため血中のAKUMAオイルを吸い出しに行っていて ラビの血まで少し飲んでしまったのは言わばオマケ。 
    
でもここから1つ目の答候補が出そうですね。 (味の差=状況の違い)


A1 “苦い味”とはクロウリーのイノセンスが発した「仲間を守れ」という警告。 ◆イノセンスvs.イノセンス

クロウリーがアレンを襲った時は、彼は自分自身も周囲の事についても何も把握していませんでした。
アレンは彼にとってイノセンス適合者という意味で同じ立場の味方だったわけですが、それを知らぬまま殺しかねない状況で。 
苦い味覚という形でそれを邪魔したのは、クロウリーの中のイノセンスの意志が働いたからではないのかと。

後述ラビのケースでそれが起きなかったのは、むしろ推奨されるべき味方を救う行為だったからでは?


こう言った直後からなんですが どうも何か足りない気がするんですよねー( ´・ω・`)
あの 何もかも放り出して家に逃げ帰るほどの派手な反応とは、少々不釣り合いな気がいたしまして。

あれで連想したのはどちらかというと、有り得ない味の取り合わせの激マズ料理を食べた時っぽくてwww
確かにアレンの体内に白と黒が同居している事を思えば・・・ 
いいえさすがにこれは冗談が過ぎるので答になりませんが。

それに大きな矛盾があります。 この血を吸った場面なんて序の口で、クロウリーはこの後も懲りるどころかむちゃくちゃアレン達を攻撃してますからねw



A2 “苦い味”とは クロウリーのイノセンスが発した「こいつは危険すぎる」という警告。 ◆イノセンスvs.ノア

今度は彼の自衛本能の話。 
視界を遮られてもジャス&デビの存在を感じ取れたほど クロウリーのノアへの探知能力は群を抜いていますから、覚醒前のアレンの中に潜む不吉な兆候も 舌で感じ取っていたかも知れません…と。

う~ん  
アレンだけに起きた反応の理由としては、これも悪くなさそうですが。 
この後 クロウリーはアレン達と和解して仲間入りする展開なんですよね。 彼自身はもうアレンに対し警戒心を抱くどころかかなりな好感度で接しているのも分かります。 しまいには命懸けで守ろうとすらしてますから・・・

クロウリーも寄生型適合者。 これほど体内のイノセンスからの警報を無視してるというのはどんなものでしょう。

ということで、こちらも矛盾が大きすぎてペケ。



A3 “苦い味”とは アレンのイノセンスがクロウリーの舌に加えた反撃。

長々書いてきましたが、結局これが 私には最も納得のいく答ですね。

アレンの意志とは無関係に 彼が命の危機に瀕するたびイノセンスが勝手に動いて彼を守ってきた事例が何度もあったことは説明済みですが、アレンを敵とみなして血を吸い始めたクロウリーへの撃退方法が「超苦い味」だったように思います。




まだまだ矛盾点等ございましたら 御遠慮なくツッコミよろしくお願いします^^

では一旦これで。




関連記事

今年も。



星 野 桂 先 生 、 お 誕 生 日 お め で と う ご ざ い ま す !




もうすぐ 『D.Gray-man』 も 連載開始から11年を迎えますね。


初めに想像していたより休載期間は長いものでしたが、今は星野先生から届くSNSのメッセージが何よりの励みです。

おかげさまで 安心して朗報を待つことができるようになりました。

SQ.での再開がいつになるかは分かりませんが、ファン一同 いつまでも変わらぬ熱意で待ち続けます。


どうか 決して御無理のないように…    

良いことが一杯の素晴らしい一年間になりますよう お祈りいたします。




 [ 画像提供: photoAC]


関連記事

今月もザンネンでした。(定例報告『ジャンプSQ.5月号』)

本日発売のSQ.も、Dグレ関連情報は見つかりませんでした。


作者の星野先生がインスタで「続きは描いてます」と仰って下さって、将来的不安こそなくなりましたが
本誌発売日はやっぱり、こんなつまらん「定例報告」じゃなくて新展開の話がしたいですよ~!! 
いつになるやら (-_-;)ハア

今でも毎月4日が近づくたび あの続きの展開がひたすら楽しみな気持ちと、場合によっちゃ考察が全部引っくり返ることになるかも知れない怖さ← が一緒になった変なテンションを思い出しましてww
なんかもう色々懐かしいですね。

いえ決して過去完了のお話ではないですから、もちろん今後も全力待機ですよ。 





今月号、早い地域では今夜からアニメが始まる『血界戦線』の連載が、『SQ.19(エスキュー・イチキュー)』から再び『SQ(スクエア).』lに戻ってきました。
好きな漫画がまたSQ.で読めるようになって個人的都合としては有難いですが、これもイチキューが今年2月のvol.18で刊行終了になってしまったからでして・・・
新しい増刊誌は今年7月に刊行される予定です。 まだ誌名等々の詳しいことは未発表。


スクエア増刊誌のエスキューイチキューといえば3年前(2012年)。
季刊発行だったのが隔月刊化するというので スクエア連載陣が全員参加で応援漫画を描く企画とかありましたねー!(´Д`)
(もちろん星野先生も参加されてました)


スクエアの増刊誌では、2010年夏創刊の『LaB(ラボ)』というのもありましたっけ。
スクエアがアレンだった表紙と対で こちらは神田が表紙になって、星野先生の読切の『カイテン!!』が掲載されまして。
アレンが表紙のスクエアの方は、「マリアの視線」(N206)が載ってました。

しかし結局ラボも、同年冬に次号が発行されて以降は、音沙汰なしですね。


紙媒体の漫画雑誌は近年苦戦続きのようです。

ウィキペディアの「ジャンプスクエア」の記載によれば、「発行部数(社団法人日本雑誌協会 発表)」では一昨年辺りから下降の一途。 去年はとうとう30万部を割りました。
連載漫画にとって掲載誌は命綱ですから… 高いんですけど… どうか皆様、余裕があれば本誌もよろしく。 



次の『ジャンプSQ.』6月号は、連休の為5月2日(土)の発売になります。 税込定価570円。

関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
74位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ