今年もお世話になりました。

もうすぐ2015年も終わりますね。

この一年の間に『D.Gray-man』の長い休載がようやく明けました。
『SQ.CROWN』の連載も順調ですし次の第221夜がひたすら楽しみですが、来年はこの季刊連載に週アニメまで加わるとは
そんな供給ペースについて行けるものか本当に自信がないですよ… 
(何もなかった頃からしたら贅沢な悩みですよねw)

ともあれ、無事再開おめでとうございました!!!  良かったです。


(ジャンプフェスタ2016とコミックマーケット89で配布のクリアホルダー)
真ん中の「TVアニメ新シリーズ放送決定!!」の字がしみじみ嬉しい(´∀`゚q)


というわけで、今後気になるアニメ情報の方も 公式を頼るのが一番ですね。
アレンとリンク役以外のCV発表(第二弾)は、3月以降になるようですので 楽しみにゆっくり待ちましょう。

⇒ TVアニメ公式サイト
⇒ TVアニメ ツイッター公式アカウント
⇒ アニメジャパン2016 (Dグレはグリーンステージ) 


さて 最後になりましたが、こんな怪しい“自称考察ブログ”に毎日来て下さって、本当に何とお礼を申したらよいやら。

Dグレの連載が終わらない限り需要がなくても(笑)続けるつもりですが、やっぱり味方がいてくれた方が百倍幸せです。

この一年間、どうもありがとうございました。

来年の目標は もうちょっと読み易さに配慮することと 明るい雰囲気かな… 言うのはたやすいですね← 精進します 



それでは皆様良いお年をお迎えください。


 
関連記事

リンクおたおめ2015

新作アニメの企画発表以来、「昔好きだった」という人も戻ってきてツイッターやPixivは大賑わいですね。
全キャラ中でも「ハワード・リンク監査官」がこんなに人気者でしたとは(#^.^#)  うれしいなー!!


しかし彼につきましては第220夜の感想記事で語りきってしまって他のネタが思いつかず←

(「お近付きの」ならぬ)誕生お祝いの印に、あのお菓子でもお供えしておきますね・・・



ハワード・リンクさま お誕生日おめでとうございます。
来年も ますますの御活躍をお祈りしてます。


アレンとネアをどうかよろしく!m(__)m


え~あの、「似てない」とか 「本人作のお菓子をプレゼントって変ですよね?」とか 細かいツッコミは無しでどうか~~ (´Д`;)



※ [パンプキンパイ 材料] 冷凍パイシート・南瓜(種と皮除く)・砂糖・バター・卵黄・ラム酒・生クリーム・シナモン・ナツメグ・超細プレッツェル・アーモンドスライス・クルミ(ハワード種)

このあとスタッフでおいしく戴きます^^


※ 後記
アニメ絵画像が流れて来たのを見たら上に散らしてあるのが緑色でした (゚д゚)!←(行き当たりばったりはこれだから)
ピスタチオ?  ・・・やや パンプキンシードですよね多分。  
次はちゃんと種も使いますねv(笑)
関連記事

今年のアレンの誕生日。

今年の「アレンの誕生日」は、ツイッターもPixivもいつも以上の大盛況… 嬉しいですね。
休載の長いトンネルを抜け連載再開が叶ったばかりか 来年には再アニメ化とは  いやぁ めでたい♪ヽ(@´з`@)ノ
ツイッターで“#アレン・ウォーカー生誕祭2015”のタグ検索をすると凄いですよ!! ファンアート&レイヤーさんの美麗画像が続々
アレンさん愛されてるよねー///


HAPPY BIRTHDAY ALLEN WALKER!

20151215cocktail50.jpg (私はやっぱりアレンさん冬薔薇のイメージなんですよねぇ…)   

あなたの想いがきっと叶いますように。  




今『SQ.CROWN』で展開している“ネアマナ誕生物語”は、アレンの過去に直結する話と思います。

そこに登場したカテリーナの存在も、“車輪”が象徴の聖女「アレクサンドリアのカタリナ」に重ねていいのではと。

千年伯爵が道を踏み外した元凶として、ノアから忌み嫌われていたらしい彼女。

きっとこの“カテリーナ”を起点として 物語の「運命の輪」が回り始めたんでしょう。


クロス・マリアンが連れ歩いていた「屍のマリア」も その正体は彼女だったと想像します。

彼女の声帯に宿っていたイノセンスは、そのうちあの杖に姿を変えて アレンに寄り添うようになるんじゃないかなーなんて夢想をしていますが この先どうなりますやらw


※ 補足
コメント欄でイノセンスと適合者のシンクロの話をしていて思い出しましたが、ここで設定確認を少々。
[大元帥] 「イノセンスは ひとつにつきひとりの使徒を選ぶ それすなわち「適合者」」(第7夜)

一個のイノセンスが選ぶ人間は一人だけという解説ですが、一人の人間が複数のイノセンスから“選ばれる”ことを否定してはいないですよね。
その前提で 将来的にアレンがそうなる可能性があるのでは…という話でした。

bookcoverprezent2010.jpg(SQ.付録20巻替えカバー。第194夜扉絵より)
      ↑
※ 彼のこの未来像的姿がずっと気になってましたが、恐らくモデルは 断罪の証の剣を手に悪魔(または竜)を踏みつける大天使ミカエルなんですね。
そういえば14番目の「節制」カードの 赤い翼の天使も「ミカエル」らしいです。 さて。


来年が楽しみ過ぎて 色々暴走してますが今日だけはお許しを。

それではまた。


関連記事

D.Gray-man、新シリーズアニメ化が決定しました。

昨日のジャンプフェスタ2016のDグレステージ、開始直前まで出演者も内容もなにもかも伏せられていた理由はこれでした。

実際現場にいて出演者の会話やその時の状況を詳しく書いて下さった モロンさんと霄さんの記事がこちら。

⇒ 『The Parallel(モロンさん)』「ジャンプSQ.ステージレポ他」

⇒ 『はちろく(霄さん)』「ジャンプフェスタ2016、2日目」 

※ また1件報告記事がUPされましたのでリンク追加です。 るきとさんのレポ。コスプレイヤーさんの写真もv(12/24) 
⇒ 『Rukito-memomo-(るきとさん)』「ジャンプフェスタ」



「シークレットゲスト」とされていた出演メンバーは、集英社から担当「K」さんこと小菅さん・アニメプロデューサーの片桐さん・声優でアレン役の村瀬歩さん・同じくリンク役の立花慎之介さん だったそうです。



(司会)高橋さん 「ところで今回はセカンドシーズンでなく新シリーズなんですが、どういうD.Gray-manになるんですか?」
(プロデューサー)片桐さん 「主人公のアレンと、アレンと人気を二分している神田と、PVにも出てきたアルマ、この神田の過去を描くアルマ編をまず1つの大きな山として作っているところです。」
[『はちろく』「ジャンプフェスタ2016、2日目」('15.12.20)より引用]

そして午後2時丁度には、アニメ公式サイト と ツイッターアカウント も始動しました。

PVも素敵ですねぇ。 


今回はスタッフもキャストも一新、作画についても星野先生の熱心な監修の下 原作沿いにこだわったハイクォリティ―な作品になるとのこと。
今度アニメ化するなら… とこれまでファンが夢見てきたことがいよいよ現実化するのですから期待は膨らむ一方ですが、Dグレの連載を季刊誌に移したといえ やはり星野先生にとってはかなりなハードスケジュールになるのでしょうね。
どうかくれぐれも御自愛を、と願ってやみません。

星野先生のインスタグラムにもメッセージが寄せられています。 

「本日はDグレステージに来てくださりありがとうございました。
発表されました通り新シリーズのアニメ化が決まりました。
作り手が一新されるので、物語は続編ですが全く新しいDグレアニメになると思います。
どうか応援していただけると嬉しいです
🌼

担当K氏がDグレステージでこのインスタを紹介されたそうなのですが(笑)、こちらはあくまで私個人のゆるい私的アカウントですので、公式な告知などはほとんど発信しませんのでよろしくお願い致します。

公式の発信はSQジャンプまたはDグレアニメ公式サイトをご覧ください
🍡🍡🍡


新作アニメに関する開始時期その他の情報はこれから順次解禁になりますので、気になる方は(なりますよね!w)サイトのチェックをお忘れなく。

このアニメにつきましては 次号『ジャンプSQ.2月号』(1/4発売)や『SQ.CROWN』冬号(1/22発売)にも掲載されるほか、月刊誌『アニメディア』でも1月9日発売の2月号より毎月特集が組まれるそうです。

この間お伝えしたアニメ・ジャパン2016(グリーンステージ)のDグレ回も盛り上りそうですね! 
⇒ https://www.anime-japan.jp/ 
あちらの観覧は抽選制ですので必ず観られる保証はないですが、チケット販売はもう始まっています。
観覧申し込みをしたい方は期限を逃さないようお気をつけて。


これまでひっそり応援してきたD.Gray-manも とうとうメジャージャンルに復帰ですか(なかなかに感無量ですね)

今後 根っからスローペースの私が毎週投下される供給にどこまで付いて行けるかは問題ですが、なるたけ食らい付いていきたい所存です。

アニメ発表関連は一応ここまで。
何か忘れてましたらまた来ます~(・ω・)ノ

関連記事

霄さん、ジャンプフェスタ2016情報ありがとうございましたm(__)m

今年のジャンプフェスタは、Dグレステージ(12/20 13:30-14:00)が見たくて2日目の今日を予定している方が多いと思いますが、霄さんのブログ「はちろく」には早くも初日のレポート記事が上がっていました。
たいへん参考になりますので御一読を。

⇒ はちろく 「ジャンプフェスタ2016、1日目」


現地に行ってみなければ分からないお役立ち情報が満載です。
「SQ.ブース」で配布される「ミニ色紙」(=何が当たるかは開けてのお楽しみ)は「全16種類」とのことでしたが、D.Gray-manはちゃんと2日目の組に入っているそうです。
確率は8分の1。当たるといいですね!

あと、個人的には展示ゾーン入ってすぐ「原画ワールド」の「原画紙展示コーナー」の展示内容が気になっていたんですが、やはりあのネアの「やあ千年公」シーンあったそうな・・・(↑ω↑)
はぁ~ 私も現物が見たかったです。


初日のツイッター公式情報では グッズ販売に並ぶ列が「○時間待ち」とか・・・
結局今年のオリジナルグッズに期待していたDグレ商品はなくて、強いていえばアレンと伯爵の表紙・扉絵が小さく載った「SQ.シールブック」のみですので(これは例年通りですと売切れはないと思います)、やはり展示・催事の方優先ですね。


今日も相当な混雑が予想されます。朝晩の防寒対策も忘れずに。
参戦の方々、くれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ。




※ 追記 ('15.12.22)

いやはや 結局ジャンフェス2016のDグレステージは大変なことになりましたね(笑) 来年が楽しみ♡

今年も幕張には息子達だけで行ってまして、私にはこんなお土産を。 
(記録用にこちらへUPしときますw)
jumfes2016a.jpg

ミラクルジャンプ系の無料配布で卓上カレンダーとかなかなか豪華ですねヽ(´・∀・`)ノ
私ゲームはやらないですがRWBY大好きで… など言ってる場合じゃなかったwww

ミニ色紙当ててもらいました…っ/// 
SQ.プレゼント企画の例の色紙のミニチュア版ですね。  あーりがとぅ

これ資料的にも貴重なのでじっくり見れて嬉しい!!! 絵のモチーフは、画集『Noche』裏表紙絵のラビとブックマンですね。
jumfes2016b.jpg hikaku.jpg
(画像 左:ジャンプフェスタ2016で配布のミニ複製サイン色紙)&右:『Noche』裏表紙 部分引用)

そしたら上腕から手の甲までびっしり覆っている模様は入れ墨じゃなくてアームカバーなのね… 何となくほっと(^^;)
でも眼帯を外してチョイ悪顔のラビは気になる… 本編も先が見たくて見たくて。 
そろそろ彼もフラッと現れそうですねv  SQ.CROWNも期待してます。 

それでは。

関連記事

来春開催アニメ・ジャパン2016のこと。

もうジャンプフェスタ直前なので 多少紛らわしいかも知れませんが一応。 
来春開催される別の催事のお話です。

昨夜のツイッターに突然 「アニメ・ジャパン2016に D.Gray-manが参加するらしい」という情報が流れて来ました。
どうも アニメ・ジャパン主催側によるプレゼン(於:アニメイト池袋本店)があったのでその発表内容を受けてということらしく。

例によって寝耳に水の私、取り急ぎアニメ・ジャパンのHPまで確認に行きました。
D.Gray-manのタイトルは、3/26(土)「GREENステージ」17:00-17:40(6段目)の枠で確かにあります。 
でもその内容(アニメの新作発表 or トーク or ライブ)についてまでは、全く触れてなくて。(12/17 20:00現在) 

開催日までまだ間がありますし 過度の期待はせず様子見でいましょうかね。

以下は昨夜のツイート。



そういえばD.Gray-manのアニメが一期・二期連続で103話まで(!)放映されたのは2006~2008年のことですので、もう来年アニメ化10周年を迎えるわけですね! いやいやw
気が早いですがおめでとうございます。


ニュースがやはり気になるもので、当時のアニメ制作元の トムス・エンタテインメントまで様子伺いに行きましたところ・・・

こちらね ⇒ トムス・エンタテインメント公式ブログ
カテゴリー「D.Gray-man」の関連記事は、2009年の“本日発売赤マルジャンプに掲載”という所で止まってました(苦笑) 

「アニメの祭典にDグレの名が!」ということで 呟きはどうしても「新作アニメ」を期待する向きが多いのですが、ギリギリまで発表を控える作戦だとしても ここまできれいさっぱり何もないと… 慎重にならざるを得ません。


TMSブログの中では、昨年50周年記念企画として制作された「TMSアニメ50年のDNA」という番組が、衛星放送協会の2015大賞を受賞したという記事が気になりますね。 ⇒ こちら。
12月26日24:00から、この(特別版)の再放映がアニマックスで予定されています。 Dグレ出てるかしら…(私は視れませんが^^;)


アニメ・ジャパンの参加企業にはもちろんトムス・エンタテインメントも名を連ねているわけですが、ここ最近の印象では 今年TVアニメも劇場版も大ヒットした「弱虫ペダル」の第三期に向けて大忙しのような。
私は観ていませんが この作品も、Dグレアニメを手掛けた脚本家の吉田玲子氏が携わっておられますよね。


こうしたバラバラの情報から今のところ、(私見で信憑性ないですが←)「D.Gray-man」は トムス・エンタテインメント制作の過去作品中から記念碑的作品の一つとして紹介されるのではないかなーと想像するのですが。


もちろんダークホースの別会社が現れて新シリーズ発表という可能性だって無くはないんですよ。
あの「革命機ヴァルヴレイヴ」の発表の時も、全然予想もしなかった方向からいきなりでしたから。


ただ、旧作TVアニメのような形では、今の原作の進行具合や 長期休載からようやく新増刊誌での連載がスタートしたばかりという状況まで含めて考えますと考えにくいですね~・・・ (繰り返しますがこれは私見です)  ゴメンネ

でももしそういうお話があった時は、もちろん全力で応援させて頂きます!


さて。
お祭り気分に水を差すような話をしてしまいましたが、 最大規模のアニメの祭典は 理屈抜きで楽しいでしょうね。
その中に堂々とD.Gray-manがラインナップされているなんて本当に夢のようです。

ステージ40分間ということですが、ゲストにどなたがいらっしゃるのか。 観に行けた方、レポお願いしますね!!

あ、GREENステージですが、まず先行販売のチケットを入手しまして、その後実施される抽選に期日内に申し込みを済ませた方のうち 当選した方のみ観覧可能です。

チケット販売は今日から始まっています。
詳しくは冒頭でお伝えしたアニメ・ジャパンのHPまでどうぞ。



※ 追記 (12/19 14:20)

先程「ToLOVEる-ダークネス」の方で 連載10周年を記念してOVAの新作制作決定!という告知がありました。
第一弾は内容が決定済みですが、2作目についてはファン投票でどのエピソードになるかが決まるという… (煽りますねぇ^^;)

「D.Gray-man」も 現状でTVアニメは難しいと思いますが、これと同様の企画でOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)化されるというなら実現可能性はもっとあるでしょうね。
原作に忠実なアニメを期待する層にとっても、その方がむしろ有難いです。

いやいや・・・ 何の具体的発表もない段階でデマを飛ばしてはいけませんから、まだここだけの話にして下さいね。 

明日のジャンプフェスタのDグレステージ等で、今後何か情報が入りましたらまたお伝えしたいと思います。
それではこれで。


※ 追記2 (12/21 9:41)

訂正とおわびになりますか💦 慎重に慎重を重ねたつもりでしたが予想を外してしまいました。 すみません。
でも良い方に転んでますのでお許しを。

12/20のジャンフェス2016 Dグレステージ上で、「新シリーズのD.Gray-manアニメを鋭意制作中」との重大発表がありました。
詳しくはこちらの記事まで。 ⇒ 「D.Gray-man、新シリーズアニメ化が決定しました。」



関連記事

ちょっと仕様変更など。

そう大したことではないのですが…^^;

去年9月からブログ「TOP」として ここのブログの案内記事がいつも一番上の表示になるように設定しておりましたが、もう御存知の方にはスクロールの無駄手間を取らせてしまうため やはりそちらは投稿時の日付=“2014年9月9日”に戻すことにしました。

内容確認の際は 『カテゴリ』表記、最上段にある「初めての方へ(御案内&考察概要)」から飛べます。
どうぞよろしくお願いします。
関連記事

ジャンプフェスタのSQ.ステージ2日目12/2(日)にDグレがラインナップ!(『ジャンプSQ.2016年1月号』より)

本日も『ジャンプSQ.』の発売日ですので買ってまいりました。
その中のDグレ関連情報だけ、ざっと御報告。

ジャンプフェスタが今年も12/19-12/20の日程で開催されますが、
その2日目12/20日曜日の13:30-14:00枠で SQ.ブースのSQ.ステージにD.Gray-manが予定されています。
(『SQ.1月号15ページより』)
※会場は幕張メッセです… 抜けてました失礼。


「シークレットゲストあり!!」だそうで。 星野先生の担当さんでしょうかね… どなたにせよお話が楽しみです。

MCには川本成さん&高橋広樹さんを予定。
その他 このSQ.ステージ関連の細かい注意事項が本誌209ページに掲載されていますので、観覧予定の方は必読ですよ。


それとは別に、SQ.ブースにはSQ.コスプレフォトコーナーというのもありまして、
「キャラに扮したコスプレイヤーと記念撮影」という企画です。
D.Gray-manからは アレン・ウォーカー役でNaGiさん、ラビ役でKANAME☆さんが参加の御予定です。


さらに SQ.ブース来場者を対象にミニ複製サイン色紙(全16種類)を配布
「12/19, 12/20の各日、8種類ずつランダムに配布予定」だそうですので、どの漫画の色紙が当たるかは運次第ですw


以上、ジャンプフェスタ関連はこれからどんどん新情報が更新される専用HPをご覧になるのが最も確実ですので どうぞそちらへ。

今年はDグレのオリジナルグッズも期待できそうですよね!(*^-^*)


あ、それから。
次の『SQ.CROWN』冬号の発売日は来年1月22日(金)になりました。
お値段はそのまま690円(税込)です。


他にも追記事項がありましたらまた来ますのでよろしく~~~!(・ω・)ノ



       

・・・ということでお約束通り参りました。 「Dグレ関連情報」ではありませんが、星野先生関連でひとつ追加。



※ 追記。 (2015.12.6)

「第35回クラウン新人漫画賞」の審査員を星野先生が務められるそうです。

応募の〆切期限は2016年1月4日(当日消印有効)とのこと。
“応募のきまり”詳細については、『SQ.1月号』658ページをご覧ください。
今号は「第32回」の結果発表ですので、
気になる「第35回」分の掲載は 『SQ.4月号』(2016年3月4日発売)誌上ですね。

普段こういう企画は私もスルーしがちですが、星野先生評が拝見できるなら話は別です。
審査担当の作家さんが常日頃大事にしている“作品へのこだわり”が伺える 貴重な機会ですから…

懐かしくなったので 前回星野先生が新人賞の審査員を担当された当時の記事を掘り出してきました。

これは新人賞のタイトルが「クラウン新人漫画賞」になる前、「Supreme Comic 大賞 season II」とされていた時期の最終回。
星野先生の講評部分だけ抜き書きしてあります。
こちらの後半から。 ⇒ 『ジャンプSQ5月号』を買ってきました。(2013.4.4)


季刊『SQ.CROWN』の次号待機期間中も こういうお楽しみがあるのは嬉しいですね!
それではまた。
関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
64位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ