聖杯のスートとペンタクルの2枚。(「適応力」&「新章開始」)   

お知らせ。本日(11/24)午後8時からNHK総合テレビでアントワープ特集番組放映です。
・・・なんて案内をしましたが(※第208夜ラストの舞台は駅舎や建物のシルエットからアントワープがモデルっぽいので期待しちゃってwww)
残念ながらほぼダイヤモンド街の話に終始。 観光名所の方ではなかったですね。 ごめんなさい(汗)



え~では気を取り直してタロットの話の続きを。
アルマ編を念頭に神田の「剣」のスートを辿ってみたのと同様 今回はリナリーの「聖杯」スートで。 
リナリーは 誕生日(2/20)⇒星占いの星座(うお座)に当たるためスートは「聖杯」になります。その10枚を並べますと。



上段左から順に1~5。下段も同様6~10。
『聖杯1』は性質を“水”に喩(たと)えられます。心から湧き出す感性の象徴。
自分を見つめ理解し、人からも共感される暗示。

『聖杯2』で、特定の人と心が深く結び付きます
同じ境遇を分かち合うことにもなります。
黒の教団に連れて来られ 精神が危機的状況にあったリナリーの元に、コムイが現れた辺りですかね。
愛情とバランスを意味する構図です。

『聖杯3』は、友情のカード。(ジョニーの誕生日カードでも紹介済みですね)
リナリーならば 教団(ホーム)で心を許せる仲間に囲まれ、自分の才能を発揮して活躍を続けているところ。
ピークはエシ戦まででしょうか。

『聖杯4』。頑張りすぎた果てに一休み。心を閉ざして引きこもる
リナリーとしてはまだ仲間と戦いたい気持が一杯で、シンクロ率の落ちたイノセンスにしきりに呼びかけ続けていた辺りか。 
これは彼女自身よりも イノセンスの方の状況ですよね。
2度も結晶体化し 適合者の彼女を「閉じ込め」て守った事を指しているかも知れません。

『聖杯5』。 ノア本部襲撃の際 彼女に扉越しに嘆願していたコムイの姿に似ています。
喪失の悲嘆にくれ残った希望には目が向かない
状況。
しかしリナリーは将来(=まだ倒れていないカップ)に賭けて一歩踏み出します。

『聖杯6』。 調和。祝福
かがみ込んで少女に花を捧げる赤いフードの人。 ここはダークブーツの結晶化シーン。

『聖杯7』。リナリーは今現在この辺りではないか?と思います。
象徴化された物達が入ったカップがずらり並んでいます。“選択肢”のカード。
解説によればその中身は、勝利・富や成功・嫉妬心・異性への興味あるいは己を知ること・美徳の精神などなど。
当人は候補の多さに戸惑い、どれを取ったらいいのか決めかねています。
第207夜でリナリーがマリに “自分はアレンくんより教団を取った”と訴えていた場面を思い出しますよね。
そこでマリに、そんな狭い二択に捉われる必要がないことを優しく諭してもらいますが。

『聖杯8』。一番の焦点はここでしょうか。リナリーの誕生日、2月20日の運命のカードでもあります。
空にかかる三日月(・・らしい)は達成の断念を示します。
赤い衣装の人物は、せっかく積み上げたカップ(=これまでの価値観)も置き捨て自己実現の旅に出ます
リナリーなら、遂に教団を離脱することになるのか・・・ 多分そこに至るには、よほど決定的な何かが起きないと。
教団がそっくりそのまま自分の世界と言っている人ですからね。

その先は、
『聖杯9』“満足”のカードやら 『聖杯10』“平和”のカードなんですけど、さあどうなるでしょうか?
そう簡単には行きませんよね(^_^;)


因みに聖杯のスートには コートカードと呼ぶ「ペイジ」「ナイト」「クイーン」「キング」も含みます。
ご参考まで そのうちの『聖杯“クイーン”』。 
感受性が高すぎて傷付きやすく引きこもりがち。 
自分の夢より愛する人に尽くすことを優先。
直観力に優れるため予言は当たる。 
調和を愛し周囲の人たちを癒す存在。


ハートのイノセンスの性質も、こんな穏やかなものだったらいいんですが。
長い長い旅の果てでも、人とイノセンスとが真の理解に至れるのなら。



さて。
アレンの「ペンタクル」やラビの「棒」のカードについては、まだまだこれを元に神田やリナリーのような流れで辿るのは無理っぽいですね。
彼ら個々の物語が本格的に始まるのはこれからという事でしょうか。

でも アレンの(名前の)誕生日カードが『ペンタクル2』というのには納得しています。
優雅に振舞いながら現実的。 変化にはすぐ順応。 あちらもこちらも立てようとする。 巡り続ける・・・
最後のは、彼がマナと何度も巡りあう運命のことかなぁ・・・なんて勝手にしんみりしてw

ちなみに12月29日生まれのリンクも同じ『ペンタクル2』です。
彼の場合、あちら(ルベリエ)を立てればこちら(アレン)が立たず、になりそうですが どうか頑張ってください。




実は、その他1枚 非常に気になってる絵柄のカードがあります。 こちら。

blog_import_507b85e6b097d.jpeg

『ペンタクル10』

このカードの意味は 一般に“富”ですが。
人生のすべてを順調にこなし功成り名を遂げた老人が、穏やかに座って町の景色を眺めている図。
そんな解釈は置いといて、どうも第208夜の幻がちらつくんですよね。 
この記事冒頭で述べました あそこ。

高い塔がそびえる町。
立ち話中の2人の大人の陰から こちらをそっとうかがう水色の服の子供。
視線の先には白髪の人物。 まとわりつく白い犬達がアレンのイノセンスみたいな…

うーん(^_^;) 

このカードに気になる解釈がひとつあったんですね。
「ある段階から一歩進んだ上の段階への移行をも意味します」と。 

すると今後は
“教団を飛び出したアレンが新しい仲間を恵る” とか? 
“アレンのイノセンスがもう一段ランクアップ” とか?(笑)

あ、そういえばアントワープ!(←注:本編で地名は言ってません) 
ダイヤモンド取引の世界的中心地じゃないですか。
“ダイヤ”(=トランプ)がすなわち“ペンタクル”(=タロット)ですからね。←←←
やっぱりただの景勝地描写ではないでしょうこれは。


本日はまとまりませんがこんな感じです。 どうもお粗末。







<使用カード詳細>
“Miniature Rider Waite Tarot Deck” / Arthur Edward Waite
 United States Games Systems:Crds版(1985/06)。

参考:『タロット教科書』(マルシア・マシーノ著)




※追記
この「アントワープ(笑)」の次の回・第209夜から、副題に「アレン・ウォーカーをたずねて」の付くシリーズが始まりました。
『ペンタクル10』の暗示はやはり 「新章開始」の狼煙(のろし)だったかなーという解釈に落ち着いております。
関連記事

コメント

Secre

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
61位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ