第221夜(2)「A.Wをたずねて・道化の戯れ言」

今日SQ.の発売日なんですが、色んな意味で空気読まない投稿失礼しますwww
SQ.報告も今日中に上げますね。 お待ちください。



▽ ちょっと流れをおさらいしてみて


連載が再開した第219夜以降、場面はあまり動かなくて(私としては)やりやすかったんですが、今回どこから手を付けたものか少々悩みまして。
状況整理に簡単な時間経過表を作ろうとしたんですが、結局メンバー各人バラけて動いている間の正確な進行表を作るのは難しいと判断、単なる事件の列挙で終わりました(不覚)
画像にした意味すらないですが、ざっと以下のような流れで。

始まりはAパート。 (アレン・神田・ジョニー)の三人揃った 露天修理屋開店シーンから
最新号掲載の第221夜ラストまで。

0chiten.jpg(「D.Gray-man 24」第215夜より)

Aパート・・・ 神田中心
Bパート・・・ アレン中心
Cパート・・・ アポクリフォスとノア
Dパート・・・ ファインダー達


Apart90.png

Bpart90.png

CDpart90.png


○ くだんの「応援要請」

そういえば、第217夜でティエドール元帥と一緒のファインダー達に来た応援要請の内容がおかしくないかと訝っていましたが。
“ジョニーとアレンが一緒に駅へ向かっている”←ジョニーの身を案じて離れた筈のアレンが、彼を連れて汽車で逃げるとか)
情報源はあの第220夜の市民からの聞き込み調査だったんですね。
男の子の指さした「あっち」がたまたま駅方面。
結果的にジョニーはアレンに追いつき、今も一緒なわけですし。

上からの指示に従って「アレン・ウォーカーとギル」を見つけたファインダー二人組は、ただ目標捕獲で頭が一杯。
これでは、傍にもっと怖い敵がいる可能性まで気が回らなかったことでしょう。


○ 今から何ですがそろそろ

こうなりますと次回あたりはいよいよ 千年公を見つけたティキ達を相手に 神田の大立ち回りが見れるかもしれませんね。
中央庁がよこした大量のファインダーが見守る中、黒の団服をまとった彼が臨界点突破の勢いで敵を蹴散らしたとあっては、
ティエ師の出した条件の、中央庁にキミの忠誠心を見せること」も難なくクリアです。

そちらにファインダーの関心が集中すれば、リンク達もここから脱出しやすくなりますよ。
ただし、これでアレンが無事教団に戻れる可能性はほぼなくなります。 
千年伯爵が襲ったファインダー達の犠牲も またアレンのやったこととして片付けられるんでしょうから。 (´;ω;`)


○ サポートの脇役達が有能すぎる件

あのタイミングでティエドール師匠が救いに来てくれていなければ 神田は路地裏でぼーっとしている所を、情け容赦ない中央庁寄りのファインダー達に捕まっていたかも知れないんですよね。
呑気に人通りの多い道端で店を開いていたアレン達の周囲が 既にあれほど物騒なことになっていたとは。
ティエドール元帥の連れてきたファインダー達だけが 神田とは古なじみのようで、連絡が通じた時の喜びように和みました。
どんな端役でも人それぞれの事情を背景に生き生きと動き回っているDグレは、本当に面白くて大好きです。

ハワード・リンクさんについてはもう凄すぎて。
第213夜で上半身を披露された時は「あれ?意外にヒョロい?」とか思っちゃいましたが済みません。 もう服の上からでも当時よりだいぶ逞しくなった感じがしますよね。
あの時は、瀕死の重傷と戦いつつ絶食状態が20日間続いた直後でしたし・・・
長官の命を受けてそこから3カ月、彼のことですから 筋トレ等もちろん 手持ちの技と武器の威力をいつでも最大限に発揮できるよう、連日研鑽を積んでいたに違いありません。

ターゲットの「14番目」を中心に据え、あの町全体の動きを監視しながら必要な時だけ現れる手際がもう~「一人旅団」
この先も頼もしい限りです。


○ 改良型

これまで割と見逃していた ファインダーと鴉の装備について。

☆結界装置(タリズマン) 科学班の汗と涙の結晶ですよね

・ マテーラの頃使われていたサーチライト型。 アニタさんも持っていましたし、本部襲撃の時に即席で作成したのもこれ。
教団側結界装置のバリアの肝は、特殊な“光の照射”ってことかな。
千年伯爵サイドの結界は“闇に閉じ込める”感じでしたが・・・ それをティムが怪光線で壊してましたし。
しかしこのタイプ、「レベル2以上のアクマには効果が薄い」とファンブック『灰色ノ聖櫃』にはあって もはや時代遅れですか。

・ 本部襲撃の時最も活躍していたのが、機動隊が扱うような窓付き大型長方形のライオットシールド型

・ 現在は円形盾型。 携帯に便利ですね。 戦闘時には実際の盾としても使えるし、動きを邪魔せぬ適度な大きさの優れもの。
本編ではMr.マーチンのイノセンスの時チャオジーの先輩のキエとマオサが持ってたのが初出か… バッテリー切れでしたが(笑)
今もこつこつマイナーチェンジが進んでいるんでしょうね。

☆式針(しきばり)

呪符と共に、鴉の基本装備です。
こちらも「9年前」と比較すると隔世の感ですね。 
まずはこの、亜細亜第六研究所の鴉が 逃走するアルマとユウに放ったやつ。↓テント張り用のペグみたいなシンプル形状。

shikibari1.jpg shikibari2.jpg
(左、右とも「D.Gray-man 20」第191夜より)

こちら↓は今回リンクが使った(おそらく)最新型。

shikibari3.jpg(『SQ.CROWN winter号』掲載第221夜)

針の軸棒にもネジが切ってあって、飛び道具としての威力が増しています。 こわい

この式針も先程の結界装置の盾同様、十字マークが目を引きますね “神の軍団”を標榜する中央庁のアピールでしょうか。
装備品が昔より機能的でデザインも美しくなったのは確かですが、こんな隅々にまで権威主義が及んできたようで何だか落ち着きません。
やはりあの教団移転に伴う大規模な組織替えが転機だったかな。
いや 元々教団とはそういう組織で、コムイが着任してからの6,7年こそが異例だったということですか。
近々教団に戻るであろう神田もふくめ、教団残留組には頑張ってほしいですね。





次は今回の登場人物に踏み込む(予定)で。





関連記事

コメント

Re: フクロゥさんへ。

こんばんは。いえいえ(#^.^#)


> 私はてっきり、「アレンとジョニーが駅に向かっている」というのは221夜以降に逃げる際目撃されたのだと思っていました。でもよく考えてみればリンクの目撃情報ないですし、聞き込み調査なら筋が通りますね笑

「アレンとジョニーが駅に」という目撃情報は、彼らがほぼ同時に印刷屋を飛び出した時のものとみた方が自然でしょうね。

後になって「目標(アレン)を発見」というイームズからの追加報告と、その場所を特定した新しい応援要請が入るんですから。
最新話終了時点ではリンクも言った通り、アレンと伯爵がいた場所目がけファインダーが続々と集結し出しています。

あのファインダー三人組が神田の所に来たのは、アポがジャスデビに捕まったのと入れ違いくらいの時間帯でしょう。
(激しい戦闘の跡地を通過しながら町の人間の様子が普通と言ってるので)
それは同時に 伯爵との追いかけっこが終わったアレン(意識はネア)の腕が、アポの影響から解放されて元通りになった頃です。そこからネアの昔語りが始まるんですね。

で、そのころやっと、聞き込み調査の情報をつかんだ本部から彼らにあの応援要請が入るというわけ。

2年半の休載を挟んだので第215夜からだいぶ長かったですが、これ 全部同じ日の日中に起きた出来事ですので…
ごちゃごちゃするのも当然ですね。

また折につけこういう整理はやっていこうと思いました。 どこか変なところがありましたら教えてください。
コメントどうもありがとうございました! それではまた~

No title

わかりやすく状況を整理してくださってありがとうございます!頭の中でよく分からなくなっていたので助かりました。

私はてっきり、「アレンとジョニーが駅に向かっている」というのは221夜以降に逃げる際目撃されたのだと思っていました。でもよく考えてみればリンクの目撃情報ないですし、聞き込み調査なら筋が通りますね笑
Secre

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
47位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ