FC2ブログ

『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の書影が公開されました。

日付を跨いでしまいましたが、今晩ようやく次号SQ.RISEの表紙及びその他情報が 公式HPにアップされました。



掲載誌でDグレの表紙絵なんて、一昨年(2016年)の夏号以来なので久しぶりですねー(*´▽`*)  手放しで嬉しいです。
                           ↑
(訂正) …とか、のっけからマヌケ発言でしたが 誌名が「SQ.CROWN」から「SQ.RISE」に衣替えした前々回も、アレンさんが表紙でしたよね!←←  最近ボケが激しくてごめんなさい。m(__)m

付録のクリアファイルもD.Gray-manらしいですが、こちらは表紙に画像が出ていないので買うまでのお楽しみかな?


幼少時代の自分を優しい眼差しで見つめるアレン。
夏のジャンプ展vol.3に展示されていた絵にも 時間差の本人が並んでいましたが(最近のブームですか)、今度の表紙絵の雰囲気的にはこちらを思い出しますよね…
       ↓

IMG_20181015_234538645_10.jpg [画像は『Noche』27頁に再録・小説版1巻のポスター絵]

この絵で泣いている小さいアレンは、時期的にはマナを亡くした直後でしょう。まだ伯爵に出会う前の。
この世でたった一人の大事な人を失って…
そしてそれを慰めるように下から見つめる大きくなった彼。 といってもこちらのアレンもまだ入団前後の雰囲気ですよね。
黒の教団のエクソシストとして、一番希望に燃えていた輝かしい時代。 実際“ホーム”で多くの仲間を得るわけですが。

対して 上のSQ.RISEの表紙絵は一転、小さい方のアレンは新しい伴侶を得て幸せそうです。
それを愛おし気に見下ろす大きな彼の優しい眼差し…という所は共通ですが、前者と比べずっと複雑な表情を湛えていますね。
前髪がペンタクルを出した左分けになってるので、時期は少なくとも会見で14番目とマナの事実を聞かされ その師匠も失踪した後でしょう。 
2年足らずの間にこれほど喜怒哀楽数えきれないほどの体験を経て、今なお侵蝕の苦難と闘っていれば、アレンだって大人びてきて当然です。 
今の彼にとって ティムと出会ったこの無条件で幸せだった時の記憶が心の支えになっているんでしょうか。

現在はその“支え”すら失くすという悲劇の真っ只中ですが、どうかティムも “ふたり”の主人の為に早く復活できますように!

発売日の19日を、首を長くして待ってます。




さて。 その前に 全然進まなかった前回の感想も残ってましたね(何度目)  急がなくちゃww
それではまた。


関連記事

『ジャンプSQ.2018年11月号』(電子版)定例報告。

最初に「D.Gray-man」掲載誌『SQ.RISE 2018 AUTUMN』予告のこと。

発売日は10月19日(金)になりました。
春のリニューアル号(16日発売)は別として、前回の夏号も19日の発売でしたから 今後『SQ.RISE』は「19日発売」に落ち着くのかも知れません。(断言するのはまだ早い感じですが)

今回は嬉しいことにDグレが表紙です。 売り場で迷うことはありませんね(笑)
そして付録もDグレ。 クリアファイルだそうです。 
ただ 表紙も付録も絵柄の公開はまだ。 SQ.公式サイトでの発表をお待ちください。
Dグレ関連でこれ以上の情報はありません。 「センターカラー」の文字もないので、カラー扉ではなさそうです。

とにかく本編が待ち遠しいですね。あと半月の辛抱!!

今度のSQ.RISEには、「ふたりぼっち戦争」の連載をされていた肘原先生の読切「HUNGER」もあるとか。楽しみにしておりますv


また、今月『SQ.』には星野桂先生が審査員を務めた8月期「RISE新人漫画賞」の結果発表もありました。
今回は審査員特別賞が2本・編集部特別賞が1本。

星野先生の総評
「作画にエネルギーを感じた作品が多かったです。 反面、キャラクター設定のバックボーンに欠けるものが多く共感を得にくいのではないでしょうか。 ストーリーを動かすのはキャラクターであり、そのキャラクターを動かすものが足りないと感じました。」

各特別賞と最終候補の計7作品のそれぞれに、星野先生のアドバイスが載っています。
こちら、SQ.公式サイトにも近々UPされますので 是非ご覧下さいね。


※ 追記 (10/4 17:00)
お待たせ。 関連記事がUPされましたので、赤字のリンクからどうぞ。


デジタル版特典の 復刻「血界戦線」は、「人狼大作戦(チェイン・ポッシブル)」でした。


次の『ジャンプSQ.12月号』の発売は11月2日(金)。
表紙と付録(クリアファイル)は「青の祓魔師」です。


御報告はここまで。 それではこれで。
関連記事

次の『SQ.RISE』の発売日についてですが。

以前ツイッターの方でも2度ほど呟きましたが、いつも頼りにしていた集英社公式S-MANGAサイトの発売予定表から 現在「雑誌」項目ページが無くなってしまっています。

そろそろ…ということで次号ライズの告知記事を当てしていらした方には申し訳ないですが、まだ分からないです。

そんなわけで。
現在当てになる公式情報源は 『ジャンプSQ.』公式サイトor 『ジャンプSQ.』公式twitterアカウントor RISE発売予定月(1,4,7,10)に発刊される『ジャンプSQ.』誌上の予告 くらいですね。
どれが一番早く出るかは分かりませんが… ちなみに明日10/4が『SQ.』の発売日。



S-MANGA(旧称「集英社マンガネット」)サイト、数年前まで3カ月先の予定表まで出ていたのですが(当時は「集英社ブックナビ」でも予定表が出ていたのでよくそちらと往復していましたね…今は見ることができません)、最近はそれも一月前に短縮されてしまい、それでも最も早い公式情報源として重宝させて頂きました。

情報源が減ってしまいやや心許ないですが、そもそもあちこちに分散していて探し歩く状況自体が望ましくはありませんね。
今後はさらにSQ.公式サイトやツイッターからの より正確で速やかな発信を期待したいところです。

とりあえず次号『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の発売日も 明日には判明するでしょう。
『SQ.RISE 2018 SPRING』が4/16(月)、『SQ.RISE 2018 SUMMER』が7/19(木)でしたので第3週のどこかになるのは間違いないと思われます。

御報告は以上。 それではまた。


関連記事

『ジャンプSQ.2018年10月号』電子版より定例報告。

今月も、特筆すべき「D.Gray-man」情報は掲載されませんでした。

電子版特典の「血界戦線」再録、今回は「ラン! ランチ!! ラン!!!」。

『SQ.RISE』の告知は、7月から発売中の『SQ.RISE 2018 SUMMER』号の広告のみ。
(“ジャンプブックストア! から電子版『SQ.』の定期購読者には3カ月おきに電子版『SQ.RISE』が無料サービス”という案内もいつも通り)
次号・10月発売『SQ.RISE』の発売日情報はまだ来ていません。

『SQ.』の次号発売は10月4日(木)を予定。 
この号ではRISE新人漫画賞で8月期応募作品の審査を担当された星野先生の講評が掲載されます。(ジャンプSQ.公式サイトからも御覧になれます。)
今月号(7月期)は内藤泰弘先生の御担当。


以下は雑誌版『SQ.』に関するものですが。 公式ツイッターから、アニメイトとTSUTAYAの特典のお話。




TSUTAYA特典の複製原画プレゼントには雑誌版の応募券が必要です。 
いずれにせよ プレゼント対象の5作品中に「D.Gray-man」は入ってないのですよね~(^^; 残念w

取り急ぎ以上です。


あ、そうそう。 もはや『SQ.』もDグレも関係ないですが余談、
「テガミバチ」作者の浅田弘幸先生が、来年1月開始のMAPPA製作アニメ「どろろ」のキャラクター原案を担当されるそうです。
こちらも楽しみにしてますよv



それではまた(*´▽`*)


関連記事

ブックマン&ラビ誕2018 

ブックマンの誕生日は8月5日、ラビは8月10日ということで もうどうなのよというくらいの大遅刻ですが…臆せず参ります。
(でもごめんなさいm(__)m いくら考えても新ネタが浮かばなかったわ(涙)) 

ラビ、それにブックマン 今年もお誕生日おめでとうございます!


 

Dグレ、将来の展開で 個人的ブームは「北欧」だったりします。(不勉強で全然追いついていませんが)

ラビというキャラのモデルとして、北欧神話に登場する赤髪・大男でハンマーが武器の雷神・トール(英語読みではソー)がいい線行ってないだろうかという話をしたのはだいぶ前ですが、そこらへんは今もあまり変わっていません。

それとは別に 千年公が口走った「来るべき“ラグナロク”の為に」というセリフ(N78)もずっと引っかかっておりまして。
大洪水を免れたノア一族の話はキリスト教が由来であって、「最終決戦」の表現としては“ラグナロク”ではなく“ハルマゲドン”が相応しいのでは? 
どうしてこんな決めゼリフで北欧神話が出てくるんでしょうか。 不思議ですよね。

そんなこんなで 黒の教団本部の元の所在地が「北欧の辺境」だったというのも何かの伏線かと疑ってしまいます。
ただの偶然かも知れませんが(^^;


いずれにせよ、ブックマン師弟。 これからの大活躍を楽しみにしております。
ラビ、そしてブックマンも まだまだ頑張って下さいね!

早いうちにまたお会いできますように…

関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ