第226夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・Liveman + Deadman(ライブマン アンド デッドマン)」

待ちに待った発売日。 『ジャンプSQ.CROWN 2017AUTUMN』号が、日付が変わると同時に配信されました。
Amazonに3日前発注した雑誌版の方は 今日午後発送・明日到着予定とか。 
やはり電子版の購読を始めておいて良かったです。

さて、今号にはまだ早すぎるのか ジャンプフェスタの関連記事は無いようですね。(電子版ざっと見では) 
ジャンフェスサイトも本格的な情報公開はまだこれからですから。 
星野先生のサイン会情報などが気になる方は、今後も公式サイトや月刊『ジャンプSQ.』、週刊『少年ジャンプ』などでチェックよろしくお願いします。

今回、D.Gray-manはセンターカラーで、扉絵を含め21頁でした。
巻末目次ページの星野先生のコメント
「長年の夢だったラビフィギュア。設置時に鉄槌の尖った先っちょが手に突き刺さったのは私だけじゃないはず。」<星野>

鉄槌ってそんなに鋭かったんですか 怖っ💦  先生お大事に! お買い上げの皆さん、お怪我はなかったですかー?

この目次ページ最下段には「次号のジャンプスクエアクラウンは018年1月発売予定!」と一行告知です。
前回の秋号と同様で、次号のクラウン広告はありませんでした。
掲載の有無の心配まではしていませんから、楽しみに待っていますね!

たいして参考にならないかも知れませんが、WINTER号の発売日は去年が1/22、今年が1/20でした。
それでいくと、来年はまた1/22(月)あたりかな。



★ 第226夜扉
同系色に押さえ派手さはありませんが、構図からは力強さを感じる美しい扉絵です。 
オレンジと赤だけで描かれた背景のリースの植物は何でしょうか… 実もついていますが葉っぱは西洋柊じゃないですね。
葉のあちこちが斑に赤くなっていてちょっと血飛沫のようでもありますがww、不思議と暗さはありません。

右手にトランプカード(♠A)を一枚持ち、少年ぽい微笑を浮かべたアレンさん。
クラウン・クラウン発動中でやや髪は立ち気味、襟元にはクラウンの仮面。 
この仮面の形がこれまでと違い、脇から翼が生えてきたようなデザインで素敵ですよね~
マントも それと合わせたように途中から大きくうねり端から縮れ、このまま翼に変形していきそうな勢いですよ。
カッコいいわ美麗だわでいつまででも眺めていられそうなイラストでした。 ありがとうセンターカラー♥


★ 副題・アオリ
サブタイトルは「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・Liveman + Deadman」
「生者と死者」とはそのまま本編冒頭のことば。

アオリは 「歩み続けよう。たとえ運命に背いても ------ 」
ティキがアレンに渡したカードとは絵柄も違いますが、一般に「スペードのエース」は多くのゲームで最強カードである一方 俗に死だの悲運の象徴ですよね。
それをあえて手にして不敵な表情のアレンさんがめっさ頼もしい。 いずれこうなってくれるのかなー
“カードの運命に打ち勝つ”話はアルマ編のタロットでもしていましたが、Dグレは絶対こういうのありますよね!


★ 冒頭
「AKUMAは 生者が死者の魂を呼び戻すことで誕生する」 
「そこには生者と死者の間に愛情や絆がなければ成立しない」


この物語の設定から再度おさらい的な。 
装飾的なタッチのコマ絵も懐かしいですね。 

「マナ」が何者かという問題。 彼は孤児のアレンと出会って3年ほど生活を共にしたあと 死に 千年伯爵の前でアレンに魂を呼び戻されAKUMAにされたところは間違いないわけですから。
このAKUMAが成立する要件を満たすためには、「マナ」という人物が、少なくともアレンとかかわった3年間は肉体と魂を持った人間として存在し、マナとアレンの間には 父と子として確かに魂の絆があったのだということになるでしょう。


★ 師弟  
あの会見の後 自室でクロス元帥は、アレンが初めて自分の残酷な運命を告げられた直後に猛反発してみせた姿を思い浮かべ、「生意気な面になった」と満足そうに笑っていました。 
「教団(ここ)に来て そう悪いことばかりでもなかったようだな」とも。

そしてまさに師匠の狙い通りというべきか、アレンは「このまま消えれば楽になれる」という誘惑を頑としてはねのけ、「ホーム」で培った沢山の人々との絆を頼りに 無事現実世界に戻ってきました。

アレンはというと、あの麦畑の師匠は本物だったかも知れないとショックを受けつつも、もしかしたら言葉の裏には何かヒントがあるんだろうか?と どこまでも解釈がポジティブですよね。 
真実はどうあれ、落ち込んで立ち止まってしまうよりは動いた方が勝ち。
コムイに対しアレンが、「師匠はよく僕をよく試すようなことをするんで」と言っていましたが、そのへんの修業時代の体験も、案外役に立っているかも知れません。


★ いなくなったリンク、そしてティキ
リンクがここで姿をくらましますが、また二人にこっそり付いて行くスタイルに戻りそうですね。
ジョニーに生存がバレてしまって今後はどうするのやら。 そしてジョニーはアレンにリンクの話ができるでしょうか。

とりあえずティキとアレンの愉快な掛け合い←が見れたのも久しぶり(笑)
でも ノアが本格的に出始めると ティキの飄々とした風情もどこへやら。 だいぶ性悪っぽいですね。
「ネア=D=キャンベルね……」 「正体暴いて」 「千年公との仲引き裂いてやったら面白そう」 だって。 
やだなあ  せっかく前髪が落ちてきて“ネアそっくり”のビジュアルでその言い草。 
ティキってそういう陰湿キャラとは思わなかったんだけどな
もうこれはティキではなく 彼のメモリー、ジョイドの本性と見るべきでしょうか。 スキン・ボリックなども、覚醒ですっかり別人に変わってしまいましたしね。
突然こんな事を言いだしたジョイト゛が具体的なプランを持っているとは思えませんが、これから何をしだすか心配です。

そしてあの方舟でのアレンの台詞(「マナ」絡み)は、ちゃんと思い出せたんですね。

[アレン] 「ここからもう 生きて出られないとしても 命が尽きるまで戦ってやる…っ」 
マナとの約束だ…っ!!」
 (13巻第127夜)
当時はノア暴走の真最中だったため、ティキの記憶の片隅に残せたかどうかも疑問でしたが… 

なるほど、一年も前の方舟戦の記憶がここで蘇った理由って。
当時ティキ・ミックを支配していたジョイト゛メモリーが、今また優勢になってきたせい
なのでしょうね!きっと。


★ 真打登場
ティエドール元帥がここで大活躍。
さすが優等生の満点パパ。 油断していたティキなど蹴散らすほどの強さです。 頼もしいなあ 
うっかりネタ要員と思っていたアート・オブ・神田が、こんなに使える奴だったとは意外でした。ごめんなさい。 
や、口から怪光線は怖いけどね 

防御も鉄壁。 
9年前の惨劇の後、研究所から逃れてきたマリとユウをティエドールが守り通せたのも、こんな強力な術の使い手だったからこそですね。

クロスを含む4人の元帥達(+室長)は、中央庁の裏事情もとっくに把握しつつ 何食わぬ顔で挽回のチャンスを伺っているのじゃないかと期待しているのですが、そろそろどうでしょうね? 
クロスが襲撃された時も全員わりと冷静で、でも「中央庁じゃ…」と口走るなど おおよその状況は掴めていたようですから。
クロスが逃亡に手を貸していたネア周辺のことも、全部とは言いませんが 何かあった時アレンを助ける手がかりとして キャンベル邸の位置情報くらいは信頼できる人に教えていたんじゃないでしょうか、その筆頭がティエドールだったかもと…

ここらへん、クロス・マリアンが「サイラス叔父さま」ではないかという憶測の上の憶測なので、ちょっと期待し過ぎかも知れないですが… 早くアレンがキャンベル邸に到着して欲しいですよね。 一体何が待っているのか。


★ そしてアレンは
今回泣いたり怯えたり焦ったり、百面相が可愛かったのは事実ですよ。
しかし敵のティキ・ミックを前にしてちょっと心配なくらい頼りなげでしたね。
ジョニーの胸で「怖かった」と無防備に涙を流すアレン。 師匠に麦畑で啖呵を切った時はまだ、相当無理してたんだろうね(^^;
いやとても可愛いんですが!!(二度目)

方舟戦の頃は、絶望的な状況に陥りつつも、気力では一歩も退かず、敵に強烈な印象を焼き付けたあのアレンがですよ。
今回反射的に相手を投げ飛ばしはしたものの、後はドキドキ・ビクビクしっぱなしでね… 
自分という存在が根幹から揺さぶられている時だから、こうなってしまうのかなぁ
ティエ師らが来なければ ろくな抵抗もできないまま、ティキ達によってノアの根城へ直送だったんじゃないかしら。

しかし、ここで洗いざらい自分の素直な感情や弱さと向き合うのは、アレンのこれからに絶対必要な事なんですよね。
自分というもののイメージが曖昧なままじゃ、ネアを相手にした自我の競り合いにとても勝てないでしょうから・・・・

隙をあまり見せなかった昔のアレンも、今より強かったのではなくただ盲目的に虚勢を張っていただけかもしれないですからね。

そういえば相棒のティムが壊れてしまった事を知るのもこれからなのね… 試練が続くなぁ


★ 眩暈
せっかく戻ってきた自分の体になじめないとへたり込むアレン。
同じことを「目覚め」回の第214夜でネアもやっていましたが。 つまり彼らはどちらが主ともつかぬ同格の存在ではないのかなぁ。
この辺まだまだ情報不足なので、今後を待ちます。



あとジョニーもちゃんと眼鏡の中まで描き込んでもらえて男前度がUPしましたねとか、馬車と馬が地面から生えてくる様子が大迫力でしたとか、ティキの神田への「セカンドくん」呼びとかwww

ラストの仏頂面の神田は次に何を言い出すつもりでしょうね。 期待してましょう。
それではまた。  


『灰色ノ記録 (グレイログ)』③ アレン・ウォーカー

前回からまたずいぶん間が開いてしまいましたね。
お宝情報の塊のような一冊ですが、どう手を付けたものか悩んでしまって。
結局見切り発車なのはいつものことw

“アレン情報”で一番嬉しかったのは、彼が前髪の分け目を変えた理由が「心境の変化」だとはっきり言及されていたことですね。(「ここだけの裏話」190頁最下段)
※関連記事 ⇒ 「ちょっと髪型が気になったり。」(2011.5.19)
登場人物の気持ちであれこれ思い悩むことは多いので、たまにこういう答合わせができるとほっとしますよ。

さらに次頁では(ネアかアレンかで)ティムの葛藤」の所なんかも。(191頁最下段)

smollesticon.png
うちのヘタクソ絵のアイコンが、管理人の趣味を延々アピールしてきたお馴染みシーンだけにww 
「知られざる」だなんてそんな…💧 先生、ちゃんと伝わっていましたよ。




★ カバー下漫画(表)
いつもは温厚な巨漢のマリから きついゲンコツを喰らうラビとアレンの2コマ。 (タイトルは「ミランダ・ロットーの休日調査票12:00 昼食」)
彼らの「休日調査票」を見てようやく事情が飲み込めるようになっています。 

ラビの方が圧倒的に痛そうなのは、先にちょっかいを出したから?
食堂でこんな騒ぎだなんてアレンの看板の「似非紳士」はどこぞと思ったらこの人、朝食時にも神田と派手にやり合ってんですねぇ(^^;
当時の日常風景だったのか。

時期的には休日予定票の説明中に、「新教団移転後、(アレンが)教団を抜ける前」とありました。

本部襲撃後の補填に中央庁から多数職員が送り込まれ、一方 方舟奏者アレンのノア疑惑は高まるばかりで、それまでのアットホームとは打って変わり、ピリピリした雰囲気が漂い出した頃のようですね。

リナリーの回想(22巻P89)にも、懐かしそうに“神田とアレンの喧嘩”シーンが出てきてましたっけ…
こういう過激なじゃれ合いが彼らにとって格好のストレス発散だったり アレンを決して仲間外れにしないぞという意思表示だったり 特別な意味を持つものだとしたら、一見子供じみたラビのちょっかいも彼なりの“思いやり”だったかも。

アレンを囲む人々が、彼を温かく見守ってくれている様子が嬉しくて泣けますね。
当のアレンもその幸せを肌で感じていたから、最後まで「僕のホーム」なんですよね。


★ 連載開始からここまで 身長と体重の推移
① 168cm(58㎏) 出典『D.Gray-man』1巻p62の人物紹介 ※黒の教団入団当時「15歳くらい」
[約8カ月]
② 169cm↑+1(55㎏↓-3) 出典『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』 ※教団本部ノア襲撃事件直後頃「15歳(推定)」
[約1年]
③ 174cm↑+5(56㎏↑+1) 出典『The RoseCross Journal』=コミック21巻初版付録ペーパー ※北米支部ノア襲撃事件の最中「16歳くらい」
[数日間]
④ 174cm→(56㎏→) 出典『キャラ†グレ!』 ※アレン教団離脱直後「16歳(推定)」
[3ヶ月+α]
⑤ 174cm→(56㎏→) 出典『灰色ノ記録』 ※ジョニー&神田と合流した町の中「16歳(推定)」

アレンの身長に着目すると、②から③にかけての約一年間の伸びが目立ちます。(で、その後またストップしちゃうんですが💧) 年間5センチの伸びをどう見るか。“成長期”と言ってしまえばそれまでなんですが。

他にも要因があるとしたら、その頃 退魔ノ剣や六幻で派手に貫かれる事件がたて続けに起きていて、体内の「14番目」が本格的に目覚めてしまったことは大きいかもしれません。 
24巻の談話室で 「ノアはみんないい体…」という質問に対し「細胞から生まれ変わる」という話もありましたし。

わざわざメモリー関与を疑う理由は、北米支部から帰還後また伸びが止まっちゃったからです。
ちょうどこの時期 独房に送られたアレンの元へアポクリフォスが現れ、ノア化を抑えるという目的で荒療治を施していますので これの影響はないかしら。

それでなくてもアレンも三月以上逃亡生活だったわけで、(体重が減ってないのは幸いですが)せめていつもお腹いっぱい食べてもらいたいなあ… ジョニー、これからよろしくお願いしますm(__)m
あと、新団服ね♡


★ 血液型O
アレンだけでなく、あらためて 書かれ方が気になる他キャラもざっとさらってみました。

クロウリーの「計測不能」(血に混じったAKUMAの血の影響) 人でない身のフォーも同表現。
アポクリフォスは「計測不能」
ヘブラスカの「不明」(もはや本来の肉体は消滅している)
クロス・マリアン「AB/確証は無し
セカンドの神田・アルマ「どの型とも一致しない」(人造形成のため)
AKUMA化したはずのサード達は普通でした。

一方ノアファミリーの面々も普通にABとかOとか。 宿主の肉体は細胞レベルで超人化されながらもそこは変化がないようです。
「夢」能力が作り出したロード(B)の身体も同じく。 ティキ・ミック(O)と並べ これは考察が進みそうv

そうした中、千年伯爵については「どの型とも一致しない」と。 これって人造体のセカンドと同表現なのですよねぇ 面白いです。
そうしますと 少なくとも千年伯爵は、使徒仲間のノア達とは根本的に異なる肉体の持主ということでしょう。
そして、彼の体質を受け継いでいるであろうネアとマナも 必然的に同表現「どの型とも…」となっています。

謎多きキャンベル家関連の方々/ カテリーナもジョー先生もルシアちゃんも肉体は普通人のよう。

で さて、アレンに戻りますが。
彼の肉体もセカンドと同じようなものでは…なんて想像もしておりましたが、セカンドの肉体は別格であることが判明し、普通の血液型の持主であるアレンとはかみ合いませんので却下。
ただ、データにはわざわざ「35年前に存在し、若返って現在の姿になっているという情報あり(ネア談)」と記載がありまして、この語尾の微妙な表現は気になりますね。 逆に怪しいと言ってるようなものでは…?
そしてあのネアの「友」だった人物のデータは、今回見事にスルーでした。

ここで結論は出ません。 「アレン」の肉体の出所についていつかは明かされると思いますがその時が楽しみですね。



ズルズルととめどない感じで始まりましたが、これ以上は長くなりますので いったん切ります。 ではまた。

 

続きを読む

『灰色ノ記録 (グレイログ)』② 編集部よりお詫びと訂正。

編集部から 先月発売『灰色ノ記録』につきこんなツイートがありましたのでお知らせを。
内容的には至極真面目なものですが、添付画像のワイズリーに思わずほっこりしてしまいましたよ。
この雰囲気は、星野先生のインスタグラム以来かな~💛  どうもありがとうございます。




お詫び文と修正の入った箇所は、公式TOP「編集部からのお知らせ」より閲覧可能ですが、念の為こちらにもコピペさせて頂きますね。 ファンブックを資料として当てにしている層には必見ですので。



●P47/「マリ」の休日調査票 円グラフ
【誤】就寝時間24:00→【正】26:00(グラフ誤表記)

●P70/「トクサ」の趣味
【誤】「テクワ」→【正】「テワク」

●P73/「キレドリ」の嫌いなもの
【誤】「テクワ」→【正】「テワク」

●P77/1創設理念 目指すは聖戦の勝利 2行目
【誤】「暗黒の三日間」のルビ「ノアの大洪水」

【正】ルビ「ノアの大洪水」を削除

●P92/三段落目6行目
【誤】現在の第三エクソシスト
を母胎とした、数的、質的な向
上が求められる。

【正】第三エクソシストに代わ
る、新たな戦力増強対策も早期
に求められる。

●P.92/下段 マルコム=C=ルベリエ
【誤】綺麗事ばかりではノアの一
族に勝てないということだ。
実験は今後も進めていく。

【正】本計画は廃止との意見も出
たが、継続すべきとの声も
多く現在中央庁で討議中だ。

●P93/見出し
【誤】「14番目」抹殺指令 追跡行始まる

【正】ネアへの覚醒を阻止するための追跡が始まる

●P93/上段キャプション
【誤】「ハート」の御方による、「14番目」の抹殺計画が実行に移され、「アポクリフォス」が教団に現れた。

【正】「ハート」の御方のために、アレンの存在を残そうと考えた「アポクリフォス」が教団に現れた。

●P113/「トゥイ・チャン」 誕生日、星座、血液型
【誤】「4月10日」→【正】「9月29日」
【誤】「牡羊座」→【正】「天秤座」
【誤】「O型」→【正】「A型」

●P149/「千年伯爵」 血縁者・友人の見出し
【誤】「共に転生を繰り返すノア一族」→【正】「転生を繰り返すノアの一族」

●P157/万物を「選択」する能力 1行目
【誤】「手で触れたいと〜」
【正】「手で」を削除

●P175/「ジャスデロ/デビットの休日調査表」 コケの散歩
【誤】「12:00」→【正】「10:00」

●P181/「ネアをとりまく勢力図」
【誤】ネアとクロスの間の「密約」の矢印→【正】「密約」の矢印は不要




ここまで。

一つ一つへの言及はここではしませんが、『灰色ノ記録』の初回記事で気にしていたトゥイさんのデータも無事直って良かったですね!(*´▽`*)

この本が出るまで発売日が4度も訂正されまして、最終決定の「2017年8月4日」も本当に実現できるのかギリギリまで不安が漂う状況でしたから 舞台裏がどれだけ逼迫していたのか一読者には想像も付きませんが。
これだけの情報量で、かつ作品の性質上 現段階でどの情報を出しどれをボカすかなどの配慮にも、相当目に見えない御苦労があったのではと勝手に想像しています。 (上から目線で失礼を💦) 

物語の核心にふれる記載は「D.Gray-man」を相当読み込んでいる人間でないとチェックすらおぼつかないでしょう。
連載漫画の担当さんもお一人で何作品も掛け持っておられる現状、仕事量でかなり御無理をされたのではないですか?


これだけ沢山「訂正」が入ったのも、ひとえに どれだけこの作品が大事にされているかの表れと思いました。
カバーの折り返しコメントでもう星野先生が、「ミスを見つけた場合は」云々仰っていましたからねww 
きっと印刷直前まで大量の直しと戦いつつ、それでもまだ足りない予感がアリアリだったんでしょうが。


さて とりとめない空想もここまでに。
ファンブックを読んでいて、解釈上少し不安になってきた所にも言及頂き おかげさまで助かりました。
どうもありがとうございます。 そしておつかれさまでした!

それではこれで。




VIZ版「伯爵」の一人称。

え~今日はVIZmedia版『D.Gray-man 25』のお話です。

『灰色ノ記録』が出る前までには上げようと思っていたんですが、すっかり遅くなってしまいまして(;´▽`A``
内容的にはやはり こっちを先にやっておきたかったんですよね。

英訳表現から、個人的に引っかかった部分を少々。


★ 「我が輩」って結局誰のことです?

25巻第220夜で 大鏡の前に立つマナの“対話”シーン。 彼の額にはノアの印の聖痕が出ています。
ネアの死を思い出し泣いて悔いる彼の眼前に 彼と同じ姿のもう一人の「ぼく」が出現。 執拗に「マナ」を責めたてるところ。

英25b改
(コミックス25巻88~89頁)

この右側2コマ目なんですが。 日本語版で「ぼくは…ぼ… わ 我が輩は…」という部分に御注目。 
ここが何でか一人称単数「I」から⇒複数の「WE」になるんですよ。
日本語の「我が輩」自体に複数の意味はないはずですが。

取りあえず先に進みます。

直訳すれば、「我々は“千年伯爵”として高潔な存在なのであり 計画の邪魔はすべて排除しなければならない」
「NOBLE BEING」は元の日本語版にはない意訳ですが 興味深いですね。
「我々」が「NOBLE BEING」であると言っておきながら、そこに付く不定冠詞も単数「A」
また、ここで邪魔者を排除する主体も一人称単数の「I」です。

続く左ページ上段「暗黒の三日間の発動ッッ♥」のコマ。
「それこそ我が輩の存在理由」
「アダムより与えラレ 我が輩自身が受諾しタ役目なノデス♥」という部分の英訳は、「我が輩」であっても全て「MY」「ME」「I」と単数です。 
ここはマナもネアもいなかったはるか昔… この「ぼく」だけが持つ古い記憶だからでしょうか。



さらにめくった次のページ。
英25c改
(コミックス25巻90~91頁)

ここでもしつこく一人称に着目していきますよw
邪魔な存在とされた「マナ」がとうとう排除される話になってすら (千年伯爵としての)「我が輩」=「WE」が続いています。


★ 結論

こう見てきますと、マナを責め続けていたもう一人の「ぼく」とは、やはり ネアを殺して狂ってしまった彼の人格解離なんかではなく、彼に取り憑き侵食が進んだ千年伯爵メモリーの意志と見る方が自然ではないでしょうか?

「マナ」をあれだけこき下ろし否定しながらも、千年伯爵としての「WE」という表現はやめない(あるいはやめられない)…というのは、“宿主”としてはまだ存在してもらわねば困るという事ですね おそらく。 
「マナ」は不要として顔を潰すまでしても 彼の命を奪うことはしない。
こうまで手こずる相手なら、殺してしまって他の宿主に乗り換える手もあるだろうに どこまでも「マナ」に拘るんですよ~

やはりこれも 千年伯爵メモリーが特殊過ぎて、「マナ」以外行く当てがない事情が絡んでいるからではないの?



実は下のこの表現も引っかかっていますのでね。

英25a改
(コミックス25巻70~71頁)

ひとつ前、第219夜のネアの台詞。 「オレたちはもとは“ひとつ”だった」 「千年伯爵だったんだよ」
               ↓
これが、 「WE WERE ONE…」 「…IN THE MILLENNIUM EARL」

彼らはもともと分裂で生じたもので、元は一つの存在だというなら、訳はそれこそ「“AS” THE MILLENNIUM EARL」(千年伯爵として存在していた)になるのでは?
「IN」(千年伯爵の中で一つ)だと、彼ら二人を合わせても100%の千年伯爵には戻らないですね。 それじゃ残りの成分は?

やっぱりここでも マナネアを宿主と見た方が良さげに思えます。
分裂する前のカテリーナが出会った千年伯爵もまた、“宿主の中にメモリー”という構造は他のノアと同様だったのではと。


となると、アレンの中のネアはどういう存在?といういつもの話になってしまいそうなので、今日はここまでですねww

ではまた。

(次はグレイロク゛に行きたいです)

Dグレキャラの誕生日。

Dグレキャラの誕生日をいつか一覧にしようと思いながらずっと放置していました。
『灰色ノ記録』発売を機に、そろそろこの辺でまとめておこうと思います。
一応グレイログの分だけでなくこれまでに誕生日が分かったキャラは全員。 英語の綴りも入れています。

今後も新情報が入れば追記していきますね。

★ 1月
1/1 ミランダ・ロットー(Miranda Lotto)
1/11 キエ(Kie)
1/19 ジジ・ルゥジュン(Gigi Lujun)
1/20 シェリル・キャメロット(Cheryl Kamelot)
1/22 マルコム=C=ルベリエ(Malcolm=C=Lvellie)
1/23 マザー(Mother)

★ 2月
2/3 ジャン(Jan)
2/4 ワイズリー(Wisely)
2/7 レゴリー・ペック(Legory Peck)
2/17 李佳(Rikei)
2/20 リナリー・リー(Lenalee Lee)
2/22 ルル=ベル(Lulu=Bell)

★ 3月
3/3 アンドリュー・ナンセン(Andrew Nansen) →死亡
3/3 キレドリ(Kiredori) → 死亡
3/7 エミリア・ガルマー(Emilia Garmar)
3/18 ウィンターズ・ソカロ(Winters Socalo)
3/20 Y氏
3/20 蝋花(Rohfa)
3/29 レニー・エプスタイン(Renny Epstain)

★ 4月
4/4 トクサ(Tokusa)
4/5 デイシャ・バリー(Daisya Barry) →死亡
4/10 エドガー・チャン・マルティン(Edgar Chang Martin) →死亡
4/13 グゾル(Guzol) →死亡
4/19 フロワ・ティエドール(Froi Tiedoll)
4/21 星野桂先生
4/29 ガルマー警部(Garmar)

※ エドガー氏の妻のトゥイ・チャンが 『灰色ノ記録』記載では夫と同じ4/10になっていますが、コミックス20巻78頁のプロフィール情報では9/29と食い違っています。
『灰色ノ記録』では同時に 夫妻の血液型も同じOになっていて(20巻ではトゥイはA型)、実子のバク・チャンの血液型がどこでもA型であることと合わせ夫妻でO型というのは実情に合わないため、20巻情報の方が信憑性が高いと思われます。
(ただしコミックスのプロフィール情報がすべて正確ともいいきれないようです。 [例] エドガー氏の年齢が初出のコミックス20巻は「43歳」と書かれていますが、当時から故人であるにも拘わらず その後の『キャラグレ』と『灰色ノ記録』では「45歳」であるなど)

★ 5月
5/3 ズゥ・メイ・チャン(Zuu Mei Chang) →死亡
5/4 チャオジー・ハン(Chaozii Han)
5/7 ティモシー・ハースト(Timothy Hearst)
5/9 スキン・ボリック(Skinn Bolic) →死亡
5/9 エリアーデ(Eliade) →破壊 
◎AKUMAとしての「誕生日」
5/11 ジョー先生(Joe)
5/16 スーマン・ダーク(Suman Dark) →死亡
5/19 ルイジ・フェルミ(Louis Fermi) →死亡

★ 6月
6/5 ろくじゅうご(Rokujugo) → 解体
6/6 神田ユウ(Yu Kanda) 
◎第二エクソシストとして目覚めた日
6/9 マイトラ(Maitora)
6/11 サーリンズ・エプスタイン(Sahlins Epstain) →死亡
6/12 ルシア(Lucia)
6/13 コムイ・リー(Komui Lee)
6/20 ロード・キャメロット(Road Kamelot)
6/23 ケビン・イエーガー(Kevin Yeegar) →死亡 

★ 7月
7/1 マオサ(Maosa)
7/2 ジョニー・ギル(Johnny Gill)
7/9 テワク(Tewaku)
7/15 ノイズ・マリ(Noise Marie)
7/30 ゴウシ(Gousi) →死亡
7/31 クロス・マリアン(Cross Marian)

★ 8月
8/4 マーシーマ(Maushyma)
8/5 ブックマン(Book man) 
◎従来は“Bookman”表記でしたが、『灰色ノ記録』に倣って余白を開けています
8/10 ラビ あるいは ブックマンjr.(Lavi/Book man jr.) 
◎上に同じ
8/13 マーク・バロウズ(Mark Burroughs)
8/17 ちょめ助 あるいは サチコ(Chomesuke) → 破壊
◎AKUMAとしての「誕生日」
8/24 マホジャ(Mahoja) →死亡
8/31 バーバ(Barba) 

★ 9月
9/2 マダラオ(Madarao)
9/8 リーバー・ウェンハム(Reever Wenhamm)
9/8 カテリーナ・イヴ・キャンベル(Caterina=Eve=Cambell) →死亡  
◎母さまだけ「死亡」スタンプが入ってないんですがまさかね… (^^; 単にミスだと思います 
※追記(9/8)
“「死亡」スタンプ無し”の件で、9月4日編集部発の『灰色ノ記録』訂正でも直されていなかったことから、ミスでない可能性が高まってきました。
関連記事参照⇒ 「“母さま”の誕生日。」
◎今まで「キャンベル」はVIZ版を頼りに“Campbell”としていましたが、『灰色ノ記録』では全て“p”の字が入らない“Cambell”のため、この表記に従うことにします
9/16 モア・ヘッセ(Moor Hesse)
9/19 キャッシュ・ドップ(Cache Dop)
9/21 サモ・ハン・ウォン(Sammo Han Won)
9/29 トゥイ・チャン(Tui Chang) → 死亡
9/30 婦長(Head nurse)
◎ずっと現役で大活躍のお方、せめてお名前が欲しかった… 

★ 10月
10/2 ロブ・ニール(Rob Neel)
10/6 院長先生(Sister) 
◎「ハースト孤児院」は院長先生の名字からではなかったんでしょうかww この方も本当のお名前は不明です
10/13 タップ・ドップ(Tup Dop) →死亡
10/23 アニタ(Anita) →死亡
10/25 トライド(Toraido)

★ 11月
11/1 クラウド・ナイン(Klaud Nine)
11/7 ジェリー(Jeryy)
11/11 バク・チャン(Bak Chang)
11/21 ボネール(Bonaire)
11/25 シイフ(Shifu)

★ 12月
12/1 アレイスター・クロウリー三世(Arystar Krory The Third)
12/6 アルマ(Alma) →死亡
◎データはズゥの記憶による
12/21 ジャスデロ&デビット(Jasdero & Devit)
12/24 ブリジット・フェイ(Bridget Faye)
12/25 アレン・ウォーカー(Allen Walker)
◎アレンと名乗り、マナと旅立った日
12/25 ティキ・ミック(Tyki Mikk)
◎「ブックマン一族の極秘ログより」という説明
12/25 フェデリコ司祭(Federico)
12/29 ハワード・リンク(Howard Link)
12/31 フィードラ(Fiedla) 


『灰色ノ記録』情報の追加で人数が一気に増えまして、誕生日が被るキャラも幾人か出ていますが 9年前の『灰色の聖櫃』には登場しているのに今回は載ってないキャラもいるなど… 時代を感じますね。

あと、AKUMAのエリアーデ(5/9) とちょめ助(8/17)の誕生日は単行本には無く、『SQ.CROWN 2016夏』号の付録の『GRAY LOG+』(グレイログプラス)情報です。



以上。 ざっと上げた中にも(私の)記載ミスがあるかも知れませんので、何かお気付きの点は教えて頂ければ幸いです。


では本日はこれで。


『灰色ノ記録 (グレイログ)』① 表紙とカラーペーシ゛

 とうとう御目文字かないました…

「D.Gray-man」を全然知らなくても本屋さんでこの表紙を見たら思わず手に取りたくなるかもしれません。 美麗♡
アレンの左目が赤いのは「AKUMAと対峙した時だけ」(p13)とか。 するとこの表情はAKUMAに向けられたものなんですね。
これまであやふやだった部分にも納得の説明があったりして、今度のファンブックの情報は本当に貴重です。

アレンが着ているのは、星野先生がインスタグラムに上げられていたアレンの新衣装ぽいですね。
あのデザイン画の初見はアカウントが公開されたばかりの時でしたっけ… ちゃんとカラーで収録(p232)されていて嬉しい。

一連のカラー頁では他にも 
・ 2010年同時発売されたコミック21巻と小説版3巻の初版特典チラシ掲載 『ローズクロスジャーナル(号外)』のオマケ漫画2点(p231)

・ D.Gray-man HALLOW(アニメ)のAKUMA化アルマ色設定(p233)
デザインはインドの神様をイメージしたと。 肌は人形のように白く、髪色は「神田が青系・アルマがむらさき系」と書いてありますが ここら辺はアニメ表現上の注意書きかも。 
ただし「セカンドエクソシストの特徴として、アルマも神田も 瞳の色が冴えた空のようなブルー」とあるのは見過ごせませんね。 ここは文字通りの意味に取るしかなく。 
えーそうだったんです?(困惑)

「超裏LOG」のページには[第二エクソシストの造り方](p91)解説まであって、彼らは完全に一から「造られた人形」であったことが強調されています。
①回復能力を備えた「器(肉体)」を造る!
②戦死したエクソシストの脳を「器(肉体)」に移植
③目覚めたら該当するイノセンスを同調させる
④完成!

神田とアルマの胎中室での目覚めに20年もかかった理由は、この人造体の研究開発に費やされた日数も含むのか… きっと時間も資金も可能な限り投入されたプロジェクトだったんでしょう。

他にもプロフィールに人造使徒の肉体は東洋人をベースに形成される」とか、神田がABとかアルマがBとか言っていた血液型も本当はどの型とも一致しないとか アルマの休日予定のこぼれ話でセカンドは男性体しかないとか… もう少し早く教えてほしかったですね(^^; 

・ <装備・武器設定> (p234-235 ここはモノクロですが) 
[アレイスター・クロウリー三世] 
科学班特製AKUMAの血の小ビン(栄養ドリンクサイズ9本)と、今ではお守りにしている ちょめ助の血が入っていた水筒の最後の一本。当時の死闘を物語る傷まみれの缶ですが、添えられた説明文には「ジャスデビ戦での悔しさを忘れないよう」にと…

対戦相手のジャスデロ&デビットらも、被った傷の痛みでクロウリーへの憎しみに燃えているそうですが(『キャラグレ』解説から)、クロウリーの戦いの原動力が 自分の受けたダメージよりも仲間の応援・更にはそれに応えきれなかった無念の思いである所がいかにも彼らしいですね。

双方相打ちの方舟戦の後も、クロウリーとジャスデロ&デビットはロシア任務で再会していますが、同行したキレドリがAKUMA化しその事態に狼狽して何もできずにいた自分を高みの見物のジャスデビから小馬鹿にされたことは きっと彼の心に深い傷跡を残したでしょう。
戦場にちょめ助の形見の品を持ちこむようになったのは、この後からだったかも… 情けない自分を叱咤する為にとか。
そして実用品とはいえ 科学班特製ドリンクもまた、ホームの仲間達からの真心の結晶ですものね。
沢山の人達に関わり支えられて 今の彼があるのだな~と

(簡単に流すつもりが 星野先生の描き下ろし絵の迫力に妄想が止まりませんよ…(^^;) 

ほか [ハワード・リンク]
第213夜でビリヤード台の上に並べられていたバッグやポーチが別角度から。 どのように使うかの説明が少し。

[アレンと伯爵の大剣比較]
[クロスの断罪者]

この辺はさらっと。

[神田ユウの歴代「六幻」]
全部で4振。 脇に抜かれた鞘や、分かりやすいよう別に鍔だけを描いたものも添えてあります。
鍔無しだった『灰色の聖櫃』当時のモデルはここにありませんので、最低でも5種類? そんなにあったっけ(。´・ω・)? ←
神田のイノセンスも結晶化を果たし、もう教団の刀工のお世話にならなくてもベストの状態を維持できるようになりましたが、まだ今後も必要に応じてデザインが変化していく可能性はありそうですね。


今回ここまで。 この後も、順番とかはあまり気にせず サクサク行きます!



※ 追記 (8/8 18:10)

もうこれ昨日のお知らせですが、上の画像で本と一緒に帯も一緒に撮影してましたので… 
(「灰色ノ贈物」キャンペーン関連 by 小菅氏)






プレゼントの複製原画に部分修正入れるっていったい何事…(初耳) 
コミックが出た後でも、納得が行かない部分に修正をいれるという星野先生らしいエピソードですが。
こうなると余計に欲しくなりますね~www どこがどれほど違うのか、A4版を前後並べて精査してみたいわ。  
当たらないかな~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡


第225夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)2」②

ところで『SQ.CROWN』のAmazon配達予定日も早2日目に突入ですが、いまだ家に届きません。 まだ出荷準備中の表示が… 
電子版とかどうじゃろーと半信半疑で頼みましたが、このたびは予想以上の大活躍となりまして感謝です。(^^;



★ イノセンスを使おうとするネア
そんなことはあるまいと高をくくっていただけに心臓に悪い… 何だってそんな暴挙に出ますかねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) 
この人元々そういう性格だったのかしら    >大雑把

彼は教団サイドの人ではないし、過去映像でアレンがイノセンスで戦う所は見ていたとしても、適合者でない者がそれを扱おうとした時の危険までは考えが及ばなかったのでしょうか。 
アレンに代わりネアが戦う時は、きっと35年前のように伯爵似の黒い大剣を出してくるものとばかり思っていましたが、それをしないということはつまり 今の彼には無理ということ? 理由が聞きたいですね。

ここでリンクが咎落ちの心配をしたことは当たっていると思います

咎落ち発生要件につき教団の説明はうさん臭さ満点ですが、これまで物語の中に出てきた犠牲者は寄生型のスーマンと 適合者でもないのに無理やりシンクロテストに参加させられた一般人(発生率100%)くらいなもの。
咎落ちはイノセンスの暴走とも言われていますし、そうだとしたらイノセンスが意図して不敬を働いた人間に罰を当てているなどというものではないでしょう。

今回のネア… これはむしろシンクロテストの一般人の状況に近いですか。 
リンクが危惧するように 彼はアレンと肉体こそ共有していても、心がクラウン・クラウンと共鳴し合った間柄ではないんですから。
ひー無理はやめてくれ💧  今回は未遂に終わって良かったですよね。 中断してくれてありがとうジョニー。

ネアのこんな無軌道ぶりを見ていると、この人には絶対有能な補佐役(という名のストッパー)が必要だよなあ… いやそんな所が可愛いんだけどねw


★ 「ともだちだから」
ジョニーがどこまでもアレンを助けに行きたいという気概は買いますが、普通に後追い心中になりかねない案件。
何の特殊能力も持たない彼が、転落するアレンを追って屋上から死のダイブですよ(゚Д゚;) ほぇえ

でも色々無茶はしながらも、ジョニーはリーバー班長も認めた科学者の端くれです。 
アレンと感激の再会に臨んでも密かに発信器を仕込むようなタマですから、全く勝算のないことで 無駄に命を捨てるような真似はしてないでしょう。
自分が気絶している間に再びアレンがノアに乗っ取られていることを知り、ジョニーも一度はショックを受けましたが その体中から「アレン」がジョニーに救いを求めていることも すぐ分かったんですね。
[アレン] 「ジョニー   ぼくを よん で くれて…   (ありがとう)」

そのまま落ちていくアレン
あと一押しなんだ、傍まで行って強く呼びかければ彼はきっと戻って来てくれるんだ、と信じて。

210th-10.jpg (第210夜より)  137px-RWS_Tarot_00_Fool.jpg(タロットカード0「愚者」)

この酒場巡りの時のジョニーのポーズが 愚者カードを連想させますね、という話もしましたっけ。
夢を追った危なっかしい足取りの青年が、よもや自らの意志で崖下に飛び込むことになるとは…
暗示がいい方に転んでくれて、心からほっとした一瞬でした。


★ 翼
出たよ出たよ(´∀`゚q) こういう胸熱展開を待ってたのよね 完全形の翼ぁぁ
その雄大な美しさに感動しつつページをめくったところ、今度は全力でツッコミたくなりましたわ(笑)
飛ばんのかい?!!   いや。。ここまで来たら普通羽ばたこうとするでしょ? 

… 突き刺すんだ_ (:3」∠)_

寄生型イノセンスが新型にコンバートしたら、適合者が困らないよう 使い方を脳に直接教えてくれるはずでしたが。
何故こうなったのかちょっと考えてみました。

アレンが気を失いかけてビル屋上から転落。  
⇒ アレンの身を守るべく、彼のイノセンスが自発的に翼型に変形した。 
⇒ アレンはすぐにジョニーの声に反応して意識を取り戻す。
⇒ アレンは落下を必死で食い止めようと、(自分のイノセンスが翼型になっていることに気付かぬまま)「クラウンベルト」として発動させた

こんな感じですか? 

もしもアレンがもう少し長く気を失ったままだったら、「翼」は勝手に羽ばたいて軟着陸してくれたかも知れないですね。
ただしアレン以外の人間には一切目もくれず。

白い大きな翼といい、ビル壁に突き刺さるイノセンスの帯といい、どうしてもこれにそっくりの姿のアポさんを思い出してしまってなぁ~~(;´-`) 
もし叶いますなら、アレンの翼はこんな赤いのもいいかなー… なんて。   ※深い意味はないです

180313RWS_Tarot_14_Temperance_PD_20170714141825bee.jpg (タロットカード14「節制」)


★ その他
アレンとジョニーが幸せそうに抱き合うシーンがまた良かったですね。
正直ジョニーにはもう帰れる場所もなくなっていて、教団からも指名手配で追われているし、さりとて邪魔な存在には容赦ないネアやリンクの傍にいるのも新たな心配材料になりそうで。 アレンが戻って来てくれて本当に安心しました。

アレンとジョニーはこれからキャンベル邸へ向かうのかな。
リンクは… ドサクサの中 ジョニーにバッチリ姿を見られてしまって、この先一体どうしましょうかね(^^;
また以前のように物陰から 二人の傍を付かず離れず追っていく感じになりますか。
現在街の中はアレンを殺人犯として追っているファインダーだらけですので。 二人が無事逃れられるようにお手伝いをよろしく。

ネアは再びアレンの中へ   これからの出方が気になります。

ティキとフィードラはもう居残る理由もなくなって彼らのアジトにお戻りですよね。
(ところで捕まえたアポクリフォスって、彼らはどうするつもりでしょうか)

それとまだあの街中に居ると思われる神田やティエドール元帥は…
神田さん、アレンに何か言い残していくとしたら今のうちですよ! 
あとアレンにティムの残骸渡してあげて… (アレン泣くだろうな);;

今日は一応ここまでで。

第225夜はここで終わります。
それではまたv






第225夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)2」①

第225夜は沢山読める、と楽しみにしていたのに いざ読みだしたらあっという間に終わってしまいまして、しばしボー然。 
ちょっと信じられなくて念のためページ数を確認してみたり。(間違いなく34ページでした)
自覚はさほどなかったんですが、この呆れるほどのがっつきぶりは相当飢えてたんですかね(苦笑) 
 
今回はお話の流れもよく どのコマも見とれるほど美しくて、本当に楽しい一時でした。




★ “CALL”
屋上から「マナ」と叫んだネアに向かい、今度はマナがネアの名を…     
彼の発した声は文字で書かれていませんが、ゲートで去りゆく伯爵の口元が確かに「Ne」「a」と動いているのが分かります。 
運命に引き裂かれる二人(´;ω;`)

以前第212夜で 神田がジョニーに頭を下げる場面でも、彼がちゃんとソファから立ち上がった様子が バストショットの団服の襟の動きだけで表現されていて「やっぱり星野先生はすごい」と感嘆したものですが、今回も負けず劣らず。 
いいなあ…!(=´Д`=)  


★ ブックマンの安否が!
「マナ」とか「ティキ」とか にわかにポリネシアンブーム到来の気配 (…ごめんなさい真面目にやります。ちょっと辛すぎてさ;;)

[ティキ] 「帰ったら“マナ”?が何のことか教えろよ  言ってたろ さっき」

ティキ・ミックのこの言い方からして、彼の頭の中ではまだ「マナ」という単語が千年公と結びついていないようですね。 それが人名かどうかすらも。
ティキの心に引っかかった「マナ」という言葉。 方舟戦で覚醒・暴走したティキに向かいアレンが叫んだ「マナとの約束だ」をおぼろげながらも覚えていたんでは?と思っていましたが、ここまで綺麗さっぱりだと 実のところどうなんでしょう(^^; 

[ティキ] 「おまえのせいで あの時結局ブックマンから何も聞き出せなかったんだからさ」

やだやだこれひょっとしてワイズリーの“頭パーン”発動? ひぇぇ ブックマンはもはや御存命ではないの?!! 
ティキさん、もう終わっちゃったみたいな言い方やめて下さいよ ><。  
ブックマンがラビを盾に脅されて ワイズリーがロードとともに隠し通してきた「14番目と千年公の秘密」(というか過去の千年伯爵の分裂事件からマナネアの一族への裏切り行為等々、今の千年公に至る一切合切)を仲間の前でばらしそうになり、彼が慌てて口封じに走ったとしたら… 
いざとなれば北米支部襲撃の時も、ほぼ無表情で「慈悲など無い」と言い放っていたようなお人ですしね・・・ やだぁ勘弁してほしいなあ;;
もしもそんなことになっていたら、ルシアちゃんのいう「ブックマンさま」はやはり跡を継いだラビということになるのか…
でもでも考えすぎでありますように。 ワイズリーがあからさまにそんな行動に出たら逆に皆から怪しまれるでしょ?
ブックマンさん、とにかくどこでもいいから無事でいて下さい!


★ 知らぬは宿主ばかりなり
ティキ・ミックが過去のネアの姿と「生き写し」の件も、やっと進展を見せそうですね。
彼が以前アレンに投げたセリフ、「自分がなんなのか知らず弁えもしない」や、今回もネアに言った「お前が一体“何”なのか」も 今後は切実に彼自身に降りかかって来るんでしょうか。 

ここまで余裕綽々でネアに挑発的な態度を取っていたティキですが、反対にネアから出た意味深なセリフ「転生したおまえのその姿… 笑えて~」をきっかけにガラッと様子が変わります。 
言われた言葉の意味も分からぬまま底知れない恐怖の予感に立ちすくむ彼の表情とともに、顔半分が14番目への憎悪に牙を剥くジョイドメモリーのそれになっている所が凄い迫力ですよねー 怖いほど。

そのジョイト゛メモリーに睨まれている“伯爵メモリーの片割れ”の動きに、ティキの肉体がシンクロしているように見えてならないのですが… (「ネオギプス」の回、深夜の14番目浮上とティキの体がうずく描写など)
ティキが何かとアレンを意識してしまうのはこのせいではないですかねー  しかしそれが何を意味するのかは不明です。 

古ネタですが 奏者の資格に関連すると思しき紋章がティキの靴底やベルトのバックルに付いていたこと等もまだ引っかかっていますし。
ネアと双子のマナの身長188cmがティキ・ミックとも合致することも
アレンの記憶が9-10年前辺りから始まっていることや、ネアが「死んだ」のが17歳の時で、それにプラス10歳が現在のティキ・ミックの年齢=27に近いことや
それにティキの誕生日が明かされていないこと
マナネアの誕生日も分からないこと   等々

今度の『灰色ノ記録』から、もう少し情報が増えますように。


「生き写し」問題では 私はやはり19巻の表紙絵のイメージで ロードが鍵を握っているのではと思っていますが…どうなんだろ。
vol19.jpg 
ティキとアレンと片方ずつ腕を組み、彼女が二人を繋ぐような体勢で 「ナイショ」とでも言いたげに舌を出した表情のロード。


一旦ここで切ります。 続きはまた。


第224夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL(コール)1」

溜めておいた宿題をようやく出します。 1月発売『SQ.CROWN WINTER』の第224夜感想ですw
この冬号の予告通りなら、来月の春号で続き(第225夜)が拝めるはずですが… 来週の『SQ.』掲載広告が楽しみですね(^^;




▽ 副題・扉・アオリ

サブタイトルが今回「CALL 1」 なので、次回が「2」ですね。
“CALL=呼び声”
マナの名を呼んでも もう振り返ってもらえないネアの 悲痛な叫び…

扉絵は本編の続き込みで。 
マナが行ってしまう気配に思わず駆け寄って息を切らしているネアと、それを冷たい目で捉えるティキ・ミックのアップ2コマ。

アオリ文、頭は 「“鍵”は この二人の手の中に ------」
わかりません~!! (^▽^;)

末尾は 「ティキとの邂逅に“14番目”は果たして…」
次回はこの二人のまま一波乱あるんでしょうか?



▽ 雑感


★ 約束

今回(7ページ)中最も印象的だったのは、ネアが 方舟に消えていくマナを見送る表情でした。 
自分に怯えるばかりになってしまったマナが仲間に囲まれて立ち去る姿を、空しく見送る彼の気持ちを思うともうね… ><。 

ネアのマナへのはなむけの言葉は「おまえを破壊(ころ)しに行くよ」 。 
物騒な台詞を吐く口元には皮肉な笑いすら浮かんでますが、目元から上は泣きたいのをこらえるかのように弱々しく苦しげで…
これより大分前 北米支部で、「今度コソ オマエヲ殺ス」と同じ相手に言い放ったアイツとは 顔つきから全くの別人でしょう?

こんな宣言をして、ネアは自分の中の最後の未練も断ち切ろうとしていたのかも知れません。

故郷のキャンベル家で共有した幸せの記憶を持ち出しても、ネアには“マナ”を呼び戻すことはできませんでした。 
代りにマナが“人を喰う化物”に為りきった姿をまざまざと見せつけられて、ネアももう これを止めさせる手段は他にないと諦めたのでしょう。
ネアはすでに昨晩、不在にしていた35年間の事実を知り 「マナとの約束」「遂げてみせる」と言っていましたからね。


未だ劇中で明らかになっていない ネアが交わした「マナとの約束」の中身ですが。 
やはり、逃亡生活中のマナがネアに“千年伯爵”に自分が囚われてしまって戻れなくなったら殺してくれと頼んでいたのでは?ということ以外思いつかないです。 

ネアもマナからそんな話をされたら、一応は受け入れつつ 「自分が絶対そんなことにはさせない」と、きっと励ましていたでしょう。
千年公を悩ます記憶の中で ネアが「無理すんなよ… 何があっても味方だから」と手を差し伸べていたのは多分このへんじゃないかと思います。 
今なおしつこく千年公の脳裏に浮かんでくるのは、マナにとってこの記憶が どん底の闇の中で一番まぶしく輝いていたから…


こんな事を考えていると、あのアレンも教団仲間に「僕を殺して下さい」と言っていたシーンを思い出しますよね。 
彼の場合はそれに終わらず、即座に「そんなことにはならない」「僕が止めてみせる」と意地を見せていましたけど。
どうもA.Wって人の中には マナとネア両方の気質が見え隠れしていて… ^^ 面白いというと語弊がありますけど、好きです(笑) 



★ あの時の言葉

この流れでちょっと思い付いたこと。
師弟会見でのクロスの台詞「14番目に為ったら お前は大事な人間を殺さなきゃならなくなる」 に関してですが。

まずこの「大事な人間」とは、アレンにとってもネアにとっても「マナ」であることはもう異論がないと思います。
(まだ千年公の素顔を知らないアレンには、マナが今の「千年伯爵」となっている事すら想定外でしょうが) 

しかし「ならなくなる」という言い方がかなり抵抗あります… 
愛弟子が負わされた運命には逆らえないと クロス自ら負けを認めてしまっているようで、どうもしっくりきませんね。 あの人らしくない気がして。
クロスがアレンをエクソシストにし、アポの襲撃で姿を消す直前まで、その成長ぶりを一番喜んでいたのにですよ。

で、これは もしかして逆のことを意味していたのかなと考えました。
「14番目(ネア)に為ったら…」というのなら そうならなければいい、つまり 「ノアのネア」には不可能でも 彼が「エクソシストのアレン・ウォーカー」のままでいられるなら、マナ(=大事な人間)を「殺」さず 救済できると言いたいのかも。

ネアの今回の台詞には「破壊」の文字が当てられています。 でもそれが成功したとしてイノセンスによる破壊以外にはダークマター(千年伯爵メモリー)に囚われた魂の救済方法がないのですから、マナの魂も消滅は免れないでしょう。
宿で「これが最後の旅」なんて台詞も出ていましたので、ネアとしては 現状が打破できるならノア同士相打ちで二人ともこの世から消え去ってもいいという位の覚悟かも知れませんが。
 
ともかくネアとマナを誕生から姉と共に見てきたクロスが、ノアに取り憑かれた悲劇から彼らを救うため唯一見出した答が、「エクソシストのアレン・ウォーカー」だったんじゃないかなーと思った次第。 
でもそこまで彼らに尽くしながらアレンの心情も思いやり、最後は自分で道を選べと言っているのがカッコイイですねw



★ 二人の「生き写し」 と ロードの「ナイショ(隠蔽)」

「千年公」を庇い一緒に方舟の中に消えていこうとするワイズリーと 彼らを守るように立ち塞がるティキ・ミックの、 「裏切り者」に向ける視線が痛いこと。
彼ら(というか、ワイズリー&ジョイド)も、35年前にネアと戦った時はどんな姿かたちだったんでしょうか。 


視界に入ったティキ・ミックとの初めての遭遇で 目を見張るネア。

この構図というのがなんとも・・・ 運命を感じさせて皮肉ですね。
ネアから見て、マナの命を狙う敵に立ち向かおうとしているティキの姿は “過去の自分”そのものじゃないですか。

このことで、たとえ17歳で終わった自分よりティキが10歳老けて←いても 身長が11cmも高くても、「過去の自分そっくり」と気付くには十分だったと思います。
でもネアだってその理由までは見当もつかず、さぞ驚いたことでしょうね。


(既出案件ですが)19巻のカバー絵が この辺の謎かけっぽかったですよね。
背中合わせに立ち、一見何の関係もなさそうなティキとアレン。
その二人を繋ぐ形に腕を絡め、まるで「教えないよ」とでもいうように舌を出すロード。
この絵のティキ・ミックは例の“左目強調ウィンク”で、ネアの存在を暗示しているようです。 
つまり、ネアティキ「生き写し」の理由を知っている・あるいはその原因を造り出した本人がロードではなかったかという解釈です。今のところ。

ティキがその服飾品(靴底やベルトのバックル)に、マナやロードと同じ“奏者の資格”の印とおぼしき紋章を当然のように身に付けていたのも方舟編で印象的でした。

ノアの一族は「神に捧げられる大事な子羊」だがティッキー(ティキ・ミック)は… と意味深発言をしていたのもロード。

しかしワイズリーの魔眼にカンニングを許している脳内情報だって、彼女は多分都合の悪い所は隠していますよね。
ティキとネアの「生き写し」にワイズリーが早速気付いた時も、その理由は教えないまま他言しないよう言いくるめていましたし。


・ 「14番目」情報に関しては、苛立ったシェリルが真相を知ろうとブックマンを誘拐するくらい彼らは何も知らされていなくて。
・ 千年公は、第218夜の大暴走で初めて「ネア」の名を口にしますが、それまではずっと「14番目」呼びに徹していました。
・ 前回第223夜で、ティキが「マナ」という名に“どこかで聞いた”というくらいな反応しかできなかったのも・・・ 一族には「マナ」の名とそれにつながる今の「千年公」の素性すら秘密にされていたということですよね。

これらを総合すれば、ロードが今の代のノアファミリーに隠したがっている事実とは 過去にノアを率いるべき立場である千年伯爵が分裂してマナとネアになり 一族を裏切って殺し合いを繰り広げながら逃げようとしたこと全部でしょう。
千年伯爵は7000年前から変わらず不可侵な存在であり、「突然湧いた14番目」に全ての元凶になってもらうために。

でしたら、それらが明るみに出るとっかかりになりかねないネアとマナの情報は 可能な限り隠蔽しないといけません。
千年公がマナだとか、ティキがかつてのネアそっくりだとかは 秘密にされるのも当たり前。
第219夜冒頭のモノローグの様子では、元の伯爵の分裂でマナとネアが発生したことすら、ワイズリーは知らされていないのかも。



さて。ネアだけが“自分のそっくりさん”に驚いた表情ですが、ティキは先代が生きていた35年前のことなど知る由もなく…
このへんの互いの認識のズレがどう生きてくるのか 
ネアを通じてそんな事を知らされたら、ティキはシェリルさながら 事実を暴くまでいても立っても居られなくなるでしょうね。



たった7ページで妄想全開でしたがww 今回はこの辺で。
次回はもっと沢山読めますように。






 

 


「救い主」が生まれた日。

マナ……
オレが壊してしまった人。


(小説版「D.Gray-man」3巻「Lost Fragment of Snow」174頁より)



先日「集英社 JUMP j BOOKS」を扱った特集記事を読みましたが、あの D.Gray-man の小説版刊行に携わった方々にはどんな思いがあったかなども伺え面白かったです。


そんなこんなで、また小説版3巻のことを思い出していたんですが、
物語終盤・12月25日朝のシーンで マナと再会した「赤腕」少年の受けた衝撃、そこからの悲壮な決意は何度見ても辛いです。

劣悪環境とはいえ彼の唯一の居場所だったサーカスが消えてしまい、マナについて行く決心をした時 引き留めるものは何もなかったにしろ・・・
最大の恩人に取り返しのつかないことをしてしまったことへの深い後悔と、
その抱えきれないほど重い罪を、すべて背負って行こうとする勇気。
なかなかここまでできる人はいませんよね。

アレンはこれほどの体験を この7歳の時と 3年後の(マナをAKUMAにした)10歳の時と 同じ「マナ」をめぐり二度も味わっていたことになるわけで…  古傷をさらにえぐるような傷を。

初めの7歳の体験の時すでに彼はマナへの償いを --- オレの生きる意味 --- と言っていますが、二度目はそれを決定的にしたんでしょう。
アレンのエクソシストとして生きる決意は、最初から「マナ」抜きでは有りえなくて。

第185夜で マリがアレンの“共感されない戦い方”に心配していましたが、その時のアレンの
--- やめるにはマナを忘れなくちゃならない。 それはできないんだ --- 
という想いも当然だったんですね。



そんな様子のアレンを見て、マリはため息とともにあの台詞を吐きます。
「お前と神田が衝突する理由がわかった…  似た者同士だからだ」

視力を持たないこの人(マリ)は どこまで人の心を見透かせるのか・・・ 凄いですよね!
二人は彼が言うように、生きる理由(=償い)までそっくりだったんですから。

この時点での神田の「理由」は、アルマへの償いでした。 
「ユウ」としての自分には理解不能な(あの人に会いたい)衝動にかられ 彼を一人で逝かせてしまった罪への…
せめて過去の自分の想い人だったという「あの人」の素性を知るまでは、裏切ったアルマにあの世で顔向けできない。

その後も「似た者同士」の因果は続き、神田もまた(真実を知らぬまま) 再会したアルマ相手に罪を重ねようとします。
それを 我が身も立場も犠牲にして阻止したのがアレンでした。
そうすることで神田の分の罪まで負わされ、荒野に放たれるヤギよろしく ノアとして教団を追われるように離脱したアレン。


もちろん神田は帰ってきました。 
今度は償う相手をアレンに代えて… 共に救われた友達の分の想いも乗せて。

アレンは頑なに自分の道を突き進んでいきますが、その道すがらもこうして幾つもの人生を変えていく所が素敵ですよね♡

「情けは人の為ならず」とか年寄りじみたことを敢えて言いますが(笑) 実際そうなんだもんww
神田が戻って来なければ、マテールで抱き合う“二人きりの世界”で終わっていたところ さらに救いの輪が広がっていきます。

実際神田はこれまでも、アレンの大切な友達・ジョニーの命を 何度も助けてきていますし。
神田の“第二の人生”も、元帥として教団の闇を暴くところまで行くでしょう。
それこそアルマが最期まで無念を口にしていたことへの敵討ちであり、本当の意味で彼への償いになる筈ですから…




悲劇を扱っている筈なのに、読めば読むほど幸せに浸れる「D.Gray-man」が大好きです。
これからも宜しくね。



あと 続きが楽しみなのはもちろんですけど、飛ばして素敵なエピソードが削られてしまうのは一つでも惜しいですから…
星野先生、決して御無理はなさらないで。 のんびりとお待ちしておりますよ。

それではまた。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ