考察雑記帳[P8] (Near you)

星野先生のインスタグラムのお話が楽し過ぎて、同色のインクを買ってしまいましたよ ←…自重自重
きりがないので、そちら方面の話は置きますが。


今週始め 星野先生がUPされてたラフ画(「ざっくりアタリ」)の人物は、「名探偵コナン」の犯人みたいだけど髪型でどう見てもネアでした。  今は見れなくなってます
ネオギプス回(第184夜)でアレンから一瞬出て来た14番目を彷彿とさせる、あおりの角度から睨みつけるような視線。
しかも肩には同じく狂暴そうな牙を剥いたティムが載ってる^^; 
なるほど… 考察的にこれは興味深いですね。
私はこれまで 北米支部で結界を破ってアレンを14番目化から救ったティムは、彼(14番目)の敵だと思っていたんですが。


つまりこういうことかな。

どんな時も ゴーレムのティムキャンピーは その本分の“主の守護者”であるものだと。 
そのためには その時々の“主の意志”を汲んで、それを助けようとする。

▽主がアレンの人格でいる間はアレンに。
⇒ アレンがスーマン救出を諦めかけた時 噛み付いてまで奮い立たせた(第53夜)のは、アレンの本心に従ったため。
(ネアとしては、こんな所で犬死にされたら困るんだけど)

▽主がネアの人格になったならネアに。(第215夜以降はアレンを通して [ネア] 「すべて視てる」
⇒ [神田] 「昨夜の記録みせろっつてもみせねぇし」(第215夜)
※第215夜現在では表のアレンと裏のネアが横並び。 もし両者が真っ向から対立したらティムは苦しい状況だろう。
アレンがまだここではネアを意識していないので何とか…

▽ノアの侵蝕に歯止めが効かず14番目化した場合は、それが元ネアでも元アレンでも 主として従う。のでしょうかね。

北米支部でノアの結界を破った(第198夜)時、主のアレンは失神中(ネアはまだ目覚め前)。
でもアレンから14番目への交代は完了していませんでしたから 結界の外で危機を感知し アレンを救う行動に出たんですね。

では第212夜。橋の下でアレンがノア侵蝕も極限にきて苦しんでいた時 何もしないでいたのは?
⇒ 結界なら破壊は可能。侵蝕が不完全な中の14番目表出は、アレンの左目機能を止めた不自然な環境下で起きたもの。
でも タイムリミットが迫り体内のメモリーに浸食されていくのは、ゴーレムにも止める手段がない…ってことでしょう。

第215夜のネアの「あんた(=クロス・マリアン)がいねぇと困る」という嘆きはこれを指しているのか…  あのクロスだけが対抗手段の持ち主だと。
今後もピンチに颯爽と登場する出番はあるでしょうかね・・・


さて去年秋の、既に懐かしいプレゼント企画・・・ 上のインスタグラムのラフ画とこの下のイラストは同じ状況なんですね多分。
よく見れば小さい印字で副題英訳の「Near you (キミの傍に)」。
24巻コミックス本体扉の「On the side of you (キミの傍に)」と違う… 
幼いアレンとクロス・ティムの描かれたミニポスターにあった、「Near」の中に「Nea」の字があるよと話題にしていた方です。

このイラストを普通に14番目主体で見れば 「キミ(=アレン)の傍に」もホラーチックですが、
ミニポスターと絡めたティム視点では やっぱり「どこまでもキミに付いていくよ」ですかね。
“Nea you”・・・キミ(you)も ネア(Nea)だから。

替えカバーS(注釈)
(画像は2013年11月 コミックス24巻発刊記念のアニメイト特典替えカバー)


健気なゴーレムは大好きですが、昔ネアが14番目化した時は その命令に従ってティムキャンピーも狂暴な暴れ方をしたんでしょうかね… 見たいような見たくないような。

でもまあ、立場上の縛りをかけられたキャラはきっと そのしがらみを自ら断つ展開が来るんだろうと期待しておりますので。
[クロス] 「自由(すき)にしろ」(第173夜)の台詞やゴーレムの無駄な“ごっこ遊び”にも意味があると信じて、活躍を待ってます。

うん とりあえず元の形に戻る方が先決でしたか(笑)


それではまた。


関連記事

考察雑記帳[P7] (象徴)

記事更新の方、御無沙汰してます。(何でもいいからもっと気軽に書きたいと言ってた話はどこへやら)

それにしても 星野先生のアカウントは頻繁に更新されています。 嬉しい。 
流れるような美しい線に色まで付いたアレンの「落書き」に感動していたら、その余韻も冷めないうちにネア投下ですよ…ひぃ
現パロの高校生みたいなマフラーを巻いて鼻の頭を赤くしたネアとかさ・・・(´_`。) もうこれで今年一杯頑張れる気がする
ありがとうございます
来年こそ彼らに逢えることを期待して・・・!




星野先生のSNSの新団服?デザイン画、アレンが中にまとっていた衣装が潔くも袖なしスタイルだったんで 斬新だなあ…と驚きつつ、「ノースリーブ」ということではあの扉絵を思い出さざるを得ませんでした。 これです。

    ↓
bookcoverprezent2010.jpg
(引用画像は21巻発刊(2010年12月)記念のプレゼント企画替えカバーより/第194夜扉絵)


以前も「アレンの楽譜」記事でこの杖につき触れましたが この絵全体をあらためて。

(う~~~ん しかしこのアレンの装束については大変気になりますが・・・ 意味が分からないナー ←)

さて 下の怪物
これの正体が、そろそろ自分の中では アレンの中のノアメモリーなのではないか、に落ち着いています。
魔物と正面から斬り合い倒すのではなく、足で踏みつける・刺し貫いて地面に縫い付ける、という行動ですから これは暴走を抑え込んでいる所の表現かと。


とすると 威力を発揮しているこのは。
見てくれに関しては、上述記事のように 「アレンの楽譜」を模した形状としていいでしょうね。
しかしこれが輪になっておらず二重円の部分的な形である意味は… まだ何かありそう。

これの持つ力の正体は、ノアに対抗できている所からイノセンスと見ていいのかと。
退魔ノ剣の時と違いアレンの左腕は健在ですが、“イノセンスは質量保存の法則を超越する”という解説とは矛盾しません。

しかし方舟奏者の資格とは ノアの中でも特に権威を持つ者の専売特許ではなかったのか・・・ 
それがイノセンスとしてノアに抗う図とは皮肉ですね。

「アレンの楽譜」記事中の追記で言及した “21巻カバー絵の14番目を背後で見張る大きな瞳がまたアレンの楽譜っぽい”話も、このノア抑止力と関連付けると面白そうです。

楽譜では中央に位置する紋章の代りに 杖では子を抱くマリア像。
これが方舟の子守唄を歌う双子兄弟の「母さま」ならば、杖を揮う「アレン」の正体は?! という所まで行きそうですよね(笑)


この杖には 実質的能力も期待できそうですがそれ以上に
ノアであるエクソシスト=アレン・ウォーカーという存在の 正当性を象徴するもの
なのではないかと。





・・・は~~・・・ しかしティムはいつ戻ってくるんでしょう。。。ね  _(:3」∠)_




とりあえず今日はこれだけ。
関連記事

動いてますよv わーい!!

また星野先生のインスタグラムで更新がありましたね。
今度は照れ笑いのアレンとティム。“LOVE”の文字と共に「お騒がせしてすみません」ですと! いやいやいや♡(=´Д`=)

☆11/5更新ページ http://www.enjoygram.com/m/846419916789251599_1503160638

突然フォロワーやコメントが増えたことにも驚かれたようですが、とても喜んでいらっしゃる御様子ですね良かった…

ついさっき描かれたばかりのイラストを拝見できるなんて!!! ><。ずっと供給のなかったこれまでからしたら夢のようですが、
やはり本業に注力して頂けるよう ここでの騒ぎ過ぎは控えたいものですね。

ということで 皆さんファンレターを! ←


それと。
この星野先生のブログからの画像の持ち出しは、無断転載になりますのでやめて下さいね。
個人的閲覧のため 自分のPC・スマホの壁紙にするところまでは大丈夫。

でも、保存した画像・あるいは切り取り,着色などの加工をした画像を 自分のブログ記事とかツイッターの添付画像で流したり、アイコンやヘッダー,背景に使う行為は禁止ですよ。
沢山の人がやっていたとしても認められているわけではありません。

どうかルール順守で楽しく行きましょう。 決してファン間のトラブルなどで先生を悲しませることのないように。
このせっかくできた触れあいの場を、大切に守っていきましょうね。


・・・・どうもお説教ぽくてアレですが どうぞよろしくお願いします(;´-`)   ではまたー!!

関連記事

『ジャンプSQ.』12月号定例報告と昨日の件。

とりあえず落ち着きましょうか。

本日(11/4)発売『SQ.12月号』の御報告から。
今月はWJで完結間近の「NARUTO」(ミニポスター&インタビュー)と 人気連載中の「ハイキュー!!(番外編)」がゲスト出演。

しかし、期待したD.Gray-man関連については何もありませんでした。
公式HPのDグレ紹介ページも更新なし。 23巻の神田画像が出たままで(いや^^;神田は悪くないですが24巻のリンクよw)

読者アンケートハガキも、今回嬉しい設問はありませんでした。 

いよいよ年末ですので SQ.恒例 「連載陣作家描き下ろしサイン色紙プレゼント」企画もありますが、ここにも間に合わず。
D.Gray-manの色紙は不在です。

一番気になる連載再開告知もなく、ゆえに来月も休載確定ですね。

そういえばちょうど一年前(11/1)に24巻が発刊になって、ちょっとしたお祭り状態でなー…_(:3」∠)_



などとしんみりしていたら、ツイッターで回ってきたあのインスタグラムの画像には腰を抜かしましたね!Σ(゚Д゚)

昨日の記事で既出ですが、星野先生は愛猫コロちゃんと共に無事が確認されまして(←なんだこの表現www)
写真投稿はもう一月前からの日付なので、知ってる人は知ってたのでしょうからニュースと言うのも変なのですが、リツイートを見たファンら一同 歓喜の涙にむせんでおりました。

何よりこのメッセージイラストの画像!http://www.enjoygram.com/m/845091335404387862_1503160638
10周年記念のファンレターに「ありがとう」ですってー!(´∀`゚q) 想いが通じましたv

著名人のSNSは諸刃の刃で これまでトラブルが頻発しているので星野先生も慎重にならざるを得なかったと思いますが、インスタグラムはメジャーSNSの中では比較的少ない方と聞きます。
基本 スマホ使用を意識した設計なので、ログインに必要な新規ユーザー登録は端末を使用しないとできません
ユーザー登録済みの方のみ『Instagram for Chrome』で PCからでもお気に入りやコメントが送れます。
(インスタグラムIDを持たないゲストにも、PCから閲覧することだけは可能です。サイト内の検索はできません)
※記事の個別表示のページにはフェイスブックとツイッターのボタンが付きました。押すと星野先生のアカウントページに行きます。シェアの際はこちらを御利用下さい。画像の無断転載は不可です。

どうか皆様、インスタグラムでのフォローは御自由ですが執筆活動のお邪魔だけはしないようにしましょうね。
ファンレターは嬉しいとわざわざ仰って下さいましたし、これからもっともっと沢山お手紙を送ろうじゃないですか!

星野先生のアカウント@HOSHINO1000 にはハロウィンや天使の日(笑)記念のイラストや描きかけの原稿画像まで上がっていて本当に嬉しかったですね。
外見はアレンですがニヒルな笑みを浮かべた口元とか決意を込めた瞳とか、これ14番目でもアレンでもなく絶対ネアだよね!!ってコマもあってテンションMAX。 動いてる所が早く見たいです。

もう休載も2年近くなりますから「また絵柄が…?」なんて心配する声もありましたが、無問題・・・どころか更に美しくなってるじゃありませんか うぉぉぉ(おちつけ)


なんだかグダグダ記事が長引いてしまって失礼しました。
これからも安心して応援を続けて行きます。


(^^;)それではまた。


関連記事

星野先生お元気のようです。

すみません 今日ツイッターに流れて来たリツイートからの情報で失礼しますが。

星野先生、写真投稿アプリのInstagram(インスタグラム)で暫く前から近況報告をされていました。
先生も愛猫コロちゃんも御健在です!

星野先生のアカウント http://www.enjoygram.com/hoshino1000

感謝メッセージ http://www.enjoygram.com/m/845091335404387862_1503160638


私はモバイル系さっぱりのPC派なのでこれ以上の確認を取っていません。アップルストアのアプリでしたね…
現在アンドロイド版もあるそうですが、とにかくスマホからでないとユーザー新規登録はできないみたい。
明日発売の本誌等で新情報が入り次第、またお伝えします。 とにかく再開の希望はあるようです。

みんなの応援もちゃんと届いてた♥



関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
45位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ