キャンベルで文字遊び。

第221夜の感想記事の続きが全然上がってないですが、今回はちょっと寄り道です。

「通りすがりの主婦」さんからコメントで面白いお題を頂きました。
内容は次の通り。一部抜粋でご紹介します。
文字遊びは私も好きなので、今回から「D.G.M_アナグラム」を記事カテゴリに追加しました。



アナグラムで遊んでた時に見つけたこれって何か意味あると想いますか?
katerina campbell=timcanpee ark ball
timcanpyが正確なスペルなのは分かってたんですけど、代わりにeeを無理矢理 笑
他にも色んなものが出来たんですけどこれが1番しっくり来たというか・・
またお遊びで何か見つけたら押し付けに来ますね 



大好物のキャンベル💛いいですね! 
ではこちらも自己流行き当たりばったり方式で参りますよー(笑)

※ ただし元の単語の綴りは変えないルールで行きます


KATERINA CAMPBELL(カテリーナ・キャンベル)  
⇒ 確かにこの中から“TIMCANPY”を探したくても“Y”の字がありませんよね。
ただ この字を名前に持つ人がちょうど近くにいました。 彼女の弟の“CYRUS”(サイラス)です。

KATERINA/CAMPBELL/CYRUS
⇒ このキャンベル姉弟の名前文字から“TIMCANPY”(ティムキャンピー)を取ったら、残りの文字は

K A E R A B E L L C R U S
⇒ “EARL”(伯爵)くらいはできますか。
⇒ あと、ほかに 通りすがりの主婦さんが仰っていた“ARK”(方舟) も。

ここはせっかくなので、元のワードグループは あの風景に見合った単語で統一したいですね。

上の文字列から“EARL”“ARK”を取り去った残り“B E L C U S”に、“CORNELIA”(コーネリア)も追加。
すると、使える文字は

B E L C U S C O R N E L I A

 “SCORE”(楽譜)が出てきた。
彼女があの唄を歌ってましたから まあいいですよね。


しかし千年伯爵が“EARL”だけでは残念です。
できれば“EARL MILLENNIUM”(千年伯爵)となるための “MILLENNIUM”を見つけたいんですが。

残り“B L C U N E L I A”から無理やり“MILLENNIUM”を引いてしまいます。 
そこに足りない文字は“M”“N”“I”“M”

あと 最後まで残された方は “A”“B”“C”⇒ “ABC”(はじまり) 。


“EARL MILLENNIUM(千年伯爵)となるには結局足らなかった文字”にも、この際ですので意味を持たせましょうか。 

アナグラムで こういうのが許してもらえるか分かりませんが まあ、お遊びなのでお許しをv
⇒“M N I M” ⇒“I M M N” ⇒“I'M M(=MANA) & N(=NEA)” (私はマナとネア)

どうじゃろ? (^^;


今のをもう一度整理しますと。

「カテリーナ(KATERINA)」= 母さま
「サイラス(CYRUS)」= 叔父さま
「キャンベル(CAMPBELL)」= マイホーム
「コーネリア(CORNELIA)」= すべてを見守る大樹


以上 マナネアの記憶の原風景から引き出される単語は

「ティムキャンピー(TIMCANPY)」
「楽譜(SCORE)」
「方舟(ARK)」
「伯爵(EARL)」


まだ気になります 「伯爵(EARL)」を「千年伯爵(EARL MILLENNIUM)」まで完成させるには足りない文字、「M N I M」
これを並べ替えると、

「私はマナネア(I'M M&N)」  やや強引ですみません(;´-`)

そうして最後に、パンドラの箱の底には
「ABC」= はじまり


どうも!お粗末でした~~~💛 ←やってる本人が一番楽しい



[追記]

こんな推論が見当外れでないなら、ネア達の「叔父さま」はいよいよ ティムの製造者=クロス・マリアン氏と思って良さそうな。

それに、「カテリーナ」と「サイラス」の「キャンベル」姉弟が揃うと 「ティムキャンピー」が出てくるなんて嬉しいですね。
(このゴーレムには マナとネアを誕生から見守ってきた二人の気持ちがこもっていたり…?)

「千年伯爵」になり損ねた文字が、「正体はマナとネア」を示していたとかも意味深じゃないですか。
(←これも見ようによっては、の典型ですが)


きりがないけど深読みはこれだからwww やめられませんね。


関連記事

リナリー誕 2016

この頃身辺忙しいなんて言い訳にもなりませんが 堂々の遅刻です。 ごめんなさい(^^;   ハピバ!!!


rinatan.jpg


リナリー、今年もお誕生日おめでとう!!


空を駆ける… 自由の象徴のような能力を持ちながら 教団に囚われの身の境遇は皮肉ですよね。

神田が結晶化しようとするのを貴女は全力で止めたけど その時の「自由になれたのに」という台詞が今でも耳に残ります。

いつも表に出せないまま 一番「自由」に焦がれているのは、貴女自身じゃないのかと。


でも それでも貴女がエクソシストで良かった

ノアメモリーは“使徒たるべき使命”のため 宿主の心まで支配しようとするけど、

イノセンスは適合者の心を汲んで育ち 寄り添う形に変化していくものだから。

ダークブーツは、これから もっと強く美しい形になって行くのでしょうね

貴女が真に 心の自由を獲得するまでは。




とりあえず 新アニメでお目にかかれるのを楽しみにしております。 がんばって

では。



(花写真提供: 「写真素材 足成」

P. S 誕生花と同名の歌があったんですね!(あいにくこの界隈詳しくないもので💦) こちら→「カルミア」
   歌詞がちょっとリナリーとシンクロ率高いかなって(*^-^*)💛 





関連記事

『アニメディア 3月号』のD.Gray-man特集。

まずは付録に、P109-110に綴込みのポスター。 (←じゃない「ピンナップ」でしたww訂正。)
公式ツイートでも紹介していたこの図柄ですね。 ここからフレームアウトの神田は、ラビとは対照的なムッツリ顔w


ドーナツをかじるアレンとティム、あとラビと神田が一緒で 全員三期団服姿。
アレンと神田が装着している通信機は、アルマ編の時のイヤカフ型です。


それはそれとして(笑) 気になる本誌。
特集記事が巻頭のP4-5(2ページ分)を飾っています…  掲載はこれで全部。
ビジュアルは上述ポスターと全く同じ図柄の3人+αです。 背景がちょっと違いますが。

ここのメインはSQ.編集担当(小菅準太郎)氏へのインタビューですね。 
タイトル「ジャンプスクエア. 担当編集が語る新シリーズへの思い」

(全文掲載は何ですので一部紹介に留めます)

Q. 本作のアニメ新シリーズがおよそ10年ぶりに制作されることになったいきさつを。

A. 2015年7月刊行の新増刊『ジャンプSQ.CROWN』での連載再開に合わせ、「連動してアニメ化を再び始動したい」となったのがきっかけです。
10年ぶりの映像化ということで、当初は原作の星野先生から不安の声がありました。
ただ、アニメのスタッフの方や委員会各社からの強い思いを受け、最終的には先生にもご納得いただき、決定しました。


Q. 新シリーズの物語は、原作のどのエピソードから始まるのでしょうか?

A. その件はまだ情報解禁前なので詳細をお話しできないのですが、「ジャンプフェスタ2016」で解禁した新ビジュアルのポスターやキャッチコピーから想像してみていただけると……


Q. 新シリーズで特に注目してほしいキャラクターは誰ですか?

A. アレンです。各エピソードで誰に焦点が当たろうとも、この物語の主人公はアレンだからです。
(中略)
それと、個人的にはリナリーの活躍も期待したいですね。新作でも相変わらず、かわいいですよ!


Q. 最後に、アニメの放送開始を心待ちにしている読者へメッセージを!

A. 現時点ではお話しできる情報が少なくて本当に申し訳ありません。
細かいところにまですごくこだわって、時間をかけて作業に取り組んでいます。
ジャyンプフェスタ後 ファンの皆さんの反響がものすごく大きくて、本当にたくさんの方々が待っていてくださったのだと痛感しました。 うれしい半面、気持ちが引き締まる思いです。
皆さんの期待を裏切らない映像をお届けできるよう頑張りますので、もう少しお待ちいただければと思います。




今回も、ジャンプフェスタのステージレポ以上の情報はあまりなかったかなという印象。
期待のCV発表第二弾など、すべては3月開催の「AnimeJapan2016」までおあずけのようです。
そんな縛りの中でのPR、小菅さん おつかれさまでした。

新作アニメ企画はやはり 星野先生が押し切られる形で決定したんですかね~(;´・ω・)ウーン
まあ今から心配が過ぎるのもいけませんので ひたすら応援の構えで。 
終わりよければすべてよしです。



次号『アニメディア4月号』は、3月10日発売。 Dグレ関連の内容は未定です。

今日はこんなところでした。 それでは。

関連記事

『ジャンプSQ.3月号』掲載の「D.Gray-man」関連。

今回は、アニメ関連ではP10に掲載の「D.G(ディーグレ)教団報 ANIME版」が1ページのみ。
新情報としては TVアニメ新シリーズ鋭意制作中!としてアレンのラフ設定画をチラ見せ。



この公式ツイートでも見えているように、顔のアップの正面・左寄り・右寄りの横顔と、その下に三期団服姿でティムが一緒の全身カット、あと手袋設定関連の注意書がちょっと覗けますがほぼ字に隠れてましてね~(笑)

時期が来れば作品として存分に拝めますから、まあそんなに今から無理をしなくても・・・  というのが私の感想でした。

あとここには3月開催のアニメジャパン2016の案内も出ています。(特に新情報は無し)
・アレン役の村瀬歩さん他声優陣のトークショーが、グリーンステージ3/26 17:00~17:40の枠で予定されています。
・アレンとリンク以外の新キャスト発表第二弾もこちらで。
・会場への入場は有料、またステージの鑑賞も別に抽選制になっています。 
チケット購入や申し込みの期限がありますので詳細はアニメジャパンのHPまで。⇒ https://www.anime-japan.jp/  


他には『SQ.CROWN』の広告が2か所に。
もう先月発売のWINTER号が対象なので特ダネはないですが、去年の今頃はDグレのDの字もなかった本誌に堂々載ってるのは
ちょっと嬉しいですね(笑)



『ジャンプSQ.4月号』は3月4日(金)発売、価格は税込590円。
なんと付録のスクールカレンダー(4月の年度始まりってことね)ですが。「終わりのセラフ」「双星の陰陽師」と共に「D.Grqy-man」もラインナップされています。
アオリは 「SQ.3大人気作品の漫画&アニメイラストで一年間を彩る!!!」とか。
漫画やアニメイラストというのが新作のものかどうか、あと体裁も良く分からないですが(また綴込みサイズかな)一応期待♡


今月は報告以上でした。
何か忘れていたらまた追記で。

ではまた。


※ 追記 (2/5)

「何か忘れていたら」…って早速やっちゃったわ 
特に告知はなかったですが、来月発売『ジャンプSQ.4月号』のこと。
次回に結果が掲載される第35回クラウン新人漫画賞の審査員は星野桂先生です。

これは付録のカレンダーより嬉しいかも。 星野先生の講評、また楽しみにしております。
それにしてもあざとい波状攻撃www  Dグレの注目度が上がるのは有り難いですが。 

どうか先生くれぐれもご自愛ください!(何度目)
関連記事

第221夜(2)「A.Wをたずねて・道化の戯れ言」

今日SQ.の発売日なんですが、色んな意味で空気読まない投稿失礼しますwww
SQ.報告も今日中に上げますね。 お待ちください。



▽ ちょっと流れをおさらいしてみて


連載が再開した第219夜以降、場面はあまり動かなくて(私としては)やりやすかったんですが、今回どこから手を付けたものか少々悩みまして。
状況整理に簡単な時間経過表を作ろうとしたんですが、結局メンバー各人バラけて動いている間の正確な進行表を作るのは難しいと判断、単なる事件の列挙で終わりました(不覚)
画像にした意味すらないですが、ざっと以下のような流れで。

始まりはAパート。 (アレン・神田・ジョニー)の三人揃った 露天修理屋開店シーンから
最新号掲載の第221夜ラストまで。

0chiten.jpg(「D.Gray-man 24」第215夜より)

Aパート・・・ 神田中心
Bパート・・・ アレン中心
Cパート・・・ アポクリフォスとノア
Dパート・・・ ファインダー達


Apart90.png

Bpart90.png

CDpart90.png


○ くだんの「応援要請」

そういえば、第217夜でティエドール元帥と一緒のファインダー達に来た応援要請の内容がおかしくないかと訝っていましたが。
“ジョニーとアレンが一緒に駅へ向かっている”←ジョニーの身を案じて離れた筈のアレンが、彼を連れて汽車で逃げるとか)
情報源はあの第220夜の市民からの聞き込み調査だったんですね。
男の子の指さした「あっち」がたまたま駅方面。
結果的にジョニーはアレンに追いつき、今も一緒なわけですし。

上からの指示に従って「アレン・ウォーカーとギル」を見つけたファインダー二人組は、ただ目標捕獲で頭が一杯。
これでは、傍にもっと怖い敵がいる可能性まで気が回らなかったことでしょう。


○ 今から何ですがそろそろ

こうなりますと次回あたりはいよいよ 千年公を見つけたティキ達を相手に 神田の大立ち回りが見れるかもしれませんね。
中央庁がよこした大量のファインダーが見守る中、黒の団服をまとった彼が臨界点突破の勢いで敵を蹴散らしたとあっては、
ティエ師の出した条件の、中央庁にキミの忠誠心を見せること」も難なくクリアです。

そちらにファインダーの関心が集中すれば、リンク達もここから脱出しやすくなりますよ。
ただし、これでアレンが無事教団に戻れる可能性はほぼなくなります。 
千年伯爵が襲ったファインダー達の犠牲も またアレンのやったこととして片付けられるんでしょうから。 (´;ω;`)


○ サポートの脇役達が有能すぎる件

あのタイミングでティエドール師匠が救いに来てくれていなければ 神田は路地裏でぼーっとしている所を、情け容赦ない中央庁寄りのファインダー達に捕まっていたかも知れないんですよね。
呑気に人通りの多い道端で店を開いていたアレン達の周囲が 既にあれほど物騒なことになっていたとは。
ティエドール元帥の連れてきたファインダー達だけが 神田とは古なじみのようで、連絡が通じた時の喜びように和みました。
どんな端役でも人それぞれの事情を背景に生き生きと動き回っているDグレは、本当に面白くて大好きです。

ハワード・リンクさんについてはもう凄すぎて。
第213夜で上半身を披露された時は「あれ?意外にヒョロい?」とか思っちゃいましたが済みません。 もう服の上からでも当時よりだいぶ逞しくなった感じがしますよね。
あの時は、瀕死の重傷と戦いつつ絶食状態が20日間続いた直後でしたし・・・
長官の命を受けてそこから3カ月、彼のことですから 筋トレ等もちろん 手持ちの技と武器の威力をいつでも最大限に発揮できるよう、連日研鑽を積んでいたに違いありません。

ターゲットの「14番目」を中心に据え、あの町全体の動きを監視しながら必要な時だけ現れる手際がもう~「一人旅団」
この先も頼もしい限りです。


○ 改良型

これまで割と見逃していた ファインダーと鴉の装備について。

☆結界装置(タリズマン) 科学班の汗と涙の結晶ですよね

・ マテーラの頃使われていたサーチライト型。 アニタさんも持っていましたし、本部襲撃の時に即席で作成したのもこれ。
教団側結界装置のバリアの肝は、特殊な“光の照射”ってことかな。
千年伯爵サイドの結界は“闇に閉じ込める”感じでしたが・・・ それをティムが怪光線で壊してましたし。
しかしこのタイプ、「レベル2以上のアクマには効果が薄い」とファンブック『灰色ノ聖櫃』にはあって もはや時代遅れですか。

・ 本部襲撃の時最も活躍していたのが、機動隊が扱うような窓付き大型長方形のライオットシールド型

・ 現在は円形盾型。 携帯に便利ですね。 戦闘時には実際の盾としても使えるし、動きを邪魔せぬ適度な大きさの優れもの。
本編ではMr.マーチンのイノセンスの時チャオジーの先輩のキエとマオサが持ってたのが初出か… バッテリー切れでしたが(笑)
今もこつこつマイナーチェンジが進んでいるんでしょうね。

☆式針(しきばり)

呪符と共に、鴉の基本装備です。
こちらも「9年前」と比較すると隔世の感ですね。 
まずはこの、亜細亜第六研究所の鴉が 逃走するアルマとユウに放ったやつ。↓テント張り用のペグみたいなシンプル形状。

shikibari1.jpg shikibari2.jpg
(左、右とも「D.Gray-man 20」第191夜より)

こちら↓は今回リンクが使った(おそらく)最新型。

shikibari3.jpg(『SQ.CROWN winter号』掲載第221夜)

針の軸棒にもネジが切ってあって、飛び道具としての威力が増しています。 こわい

この式針も先程の結界装置の盾同様、十字マークが目を引きますね “神の軍団”を標榜する中央庁のアピールでしょうか。
装備品が昔より機能的でデザインも美しくなったのは確かですが、こんな隅々にまで権威主義が及んできたようで何だか落ち着きません。
やはりあの教団移転に伴う大規模な組織替えが転機だったかな。
いや 元々教団とはそういう組織で、コムイが着任してからの6,7年こそが異例だったということですか。
近々教団に戻るであろう神田もふくめ、教団残留組には頑張ってほしいですね。





次は今回の登場人物に踏み込む(予定)で。





関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、本誌には 2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.12月号』で連載再開。以後2013年刊行『SQ.2月号』の第218夜まで掲載。同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。そしてとうとう2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 コミックスは2013年11月に24巻発行(第218夜まで収録)・25巻は2016年6月3日発売です(第219夜-第222夜)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ をチェック。◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。       ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ