FC2ブログ

神田誕2015。

今年もこの日がやって来ました。

神田ユウさん、お誕生日おめでとうございます!!!



(蕎麦畑の風景写真 素材提供:photoAC)

今年は、星野先生のインスタグラムでお祝い絵が拝見できて格別ですね♥(´∀`゚q)

先に到着したアルマが、今日の主役をお待ちかね。http://www.enjoygram.com/m/1000793530761346858_1503160638
続きを期待してしまうファンも落ち着きません(笑)




さて あらためてコミックス20,21巻を見返しますと、細部まで行き渡った演出の凄さに圧倒されます。

kanda1.jpg (『D.Gray-man 20』 N189 「ユダの呼(こえ)」)より

初めて目にしたアルマを指さす ユウの左手。

これはユウの本体が最期に見た 藍(あお)い空の風景につながるわけで…

kanda2.jpg (『D.Gray-man 20』 N191 「アイの記憶」より)

空の彼方 同心円状の雲も、胎中室の水面の波紋のよう。

本来ここで終わった彼には叶わぬはずの 想いが通じた、奇跡の瞬間だったんですね。



そして おとぎ話のようにフレーズは繰り返し・・・

今度はアルマの番。

kanda3.jpg (『D.Gray-man 21』 N199 「リトル グッバイ」より)

kanda4.jpg (『D.Gray-man 21』 N199 「リトル グッバイ」より)


今度こそ 本当に 心から  おかえり。


この後すぐまた2人には悲しい別離が訪れますが、きっと何度引き離されても 魂はお互いの所に戻って来るんでしょうね。



自分がこの世に生まれてきた本当の意味(アルマの存在)と、残り人生を賭ける理由(アレン・ウォーカー救済)を見出した神田。

どこまで強さを見せつけてくれるのか これからの活躍を楽しみにしてます。 

頑張ってください。






[ 蛇 足 ]

1) 神田とアレンが「似た者同士」
2) 神田本体の腕に 絡みつく麦の穂
3) 「アルマ(ALMA)」という名前 = (ALLEN) + (MANA)

さて以上の暗示から導き出される結論は・・・   また別の話でしたね (;´∀`)エヘヘ←←← 

ではまた。




関連記事

コメント

Re: コスモスさんへ。

おはようございます!
(一つ前のお返事に、タイトルに宛名を入れ損ねましたね…ごめんなさいw)

> 私はそもそも神田の会いたい人が、ティエドール元帥だと思う馬鹿さですから(;_;)
> ➡個人的ではなく、任務として、という意味かな、と。
> 自分でも今思えば、不思議なこと考えてたなーと思います(..)


ずっと謎だった神田の「あの人」ですか・・
「あの人に会うまで死ねない」⇒「任務完了して報告書上げるまで!!」
ってなったら凄い仕事の鬼ですねwww 

でも「あの人」については明らかになるまでの時間が長かっただけに色々な考察がされてきたと思いますが、
アルマのような存在を当てた人は まずいなかったんじゃないでしょうか。
謎にされているあれこれを 自分の好きに想像している間の楽しみもありますよね。

17巻で師匠の言っていた、アレンにとっての「大事な人間」も気になります。
こちらの答も そうすぐには出ない気配ですが。
私は結局、「マナの姿をした千年伯爵とお前は戦えるか」ってことだと勝手に妄想してます あー楽しいw

ではまた。
コメントを沢山有難うございました!
もうひとつ頂いてますが、あちらも了解。大丈夫ですよ
こういう時、供給がゆっくりの季刊なのは かえって良かったかも知れませんね。
それでは体調にお気をつけて。

Re: ほろうさんへ。

こんにちは。 大変興味深い考察ネタを有難うございました!!


ここの話題は神田誕が中心でしたので 他は視野に入れていませんでしたが、

やっぱりアレンの場合と比較してみると、まだ何か面白い発見がありそうですよね。

(まあ必ず出てくる保証はないですがww)

もうちょっとお時間を下さい。 少なくとも今度の新増刊記事を出す前にはお返事したいと思います。

場合によっては更新記事の方で。 しばらくお待ちくださいね。

ではまた。

なるほど

前回に引き続き、素敵な考察をありがとうございます!
なるほどー。やっぱりロードは謎が多いというかなんというか。本当はどーゆう感じなのかさっぱり想像出来ない(>_<)
私の見落としもあるかも知れませんが、方舟編でラビがロードを刺した、(夢の中アレンを刺した?)ときに、(あと、爆発みたいなのとか?で)ロードはもう死んだかと思ったんですが・・・あの後フツーに生きてましたよね?今考えれば、そんなあっさり死ぬキャラではないけど(´・ω・`)
ロードは連載始まってから謎が溶けて行くのを楽しみに待ちます!

ブックマンの耳は気付きませんでした💦
そんなヒントあったんですねΣ(゜Д゜)

なかなかキャンピーさんみたいな理由がちゃんとある考察できません(-_-)

私はそもそも神田の会いたい人が、ティエドール元帥だと思う馬鹿さですから(;_;)
➡個人的ではなく、任務として、という意味かな、と。

自分でも今思えば、不思議なこと考えてたなーと思います(..)

ではもう遅いので、また後日に(^-^)/



Re: コスモスさんへ。

またいらっしゃいませ お返事を長く溜めすぎていて失礼しました~こんにちは。


> 1、ロード

> 気になります!


そうですよねw 無視できない主要キャラです。それでいて一貫した人物像が描けないんですから困りもの。

アレンの中でノアが目覚めたパリ戦以降は 彼への態度が明らかに違ってきてますが、
それ以前 例えばロードが登場したばかりの巻き戻しの街編の間だけでも、二転三転してますものね。
結局いつもこれで安直ですが、「ロードは本当に分からない」です。


> 大好きな親に呪われちゃったから。だから僕ちょっかいだすならお前ってきめてるんだぁ が気になります!

コスモスさんに言われてこのセリフを考えたんですが、「親に呪われた」ということはロードはアレンの幼少期のどん底に不幸な過去を知っているんですよね。 
不幸の一言では片付かないほど 普通なら絶望から世間を恨み、歪みきった性格を呈してもいいレベルの。
でも彼はその流れに乗ろうとしない。 命を賭しても他人を救おうとばかりしている。

何となく24巻第213夜のリンクの台詞を思い出してます。
「アレン・ウォーカーが本当に 宿主の運命から打ち勝つことができるのなら… 見てみたいのです」
「人がもし心ひとつでどんな未来も選び取れるというならば」


説明下手ですみませんが、このへんは敵味方の別なくアレンに吸い寄せられる人々共通の思いじゃないでしょうか。


> ロードはネアマナの事いろいろ知ってそうだし、それがアレンを好きな理由が関係しているのかな、とは思います! 

方舟の最上階でいきなりキスしたあたりとか…w
その頃はまだ ロードはアレンの中にネアがいるとは考えてなかったと思うんですが、何か彼と共通のものを感じ取っていたかも知れませんね。 そういえばキャンベル兄弟も、絶望的な運命に抗って戦い続けた人達でしたか。

第218夜の過去映像でロードがマナを抱いてネアを睨んでる図にしても、あれで彼らと無関係なわけがないでしょうし。
方舟の中で飛び出した ロードが千年公とアレン以外にキスはしないという話も、ロードが中の人(=マナとネア)を特別視しているという大ヒントだと思っています。 具体的関係はサッパリですが。


> 2、千年伯爵

> 私はもう伯爵=マナだと思っています!


はい。このブログもそれが大前提ですね。
ヒントというならさっきのキスの話もですが、そもそもコミックス1巻と小説版3巻の表紙絵の構図対比は何なんだと。

> 何があろうと、立ち止まることは許せないノデス という言葉について。
> これって。ネアがマナに残した 立ち止まるな 歩き続けろ にそっくりですよね。


ええその通り。話の進んだ今の時点ではもう「伯爵=マナ」のヒントというより、裏付け材料の位置にあると思ってます。

> マナはネアに、憎くないんですか、と聞いた。自分をかなり攻めてる?
> マナはネアに、立ち止まるな、と言われた。 だkら、マナは立ち止まることは許されないことだと思う。ネアにそう言われたから。守らなければいけない事。


コスモスさんがネアに抱く印象は、マナにとって怖い人なんでしょうか いやこの短い文章だけでは掴みかねますよね。
「立ち止まるな 歩き続けろ」のことは気になって、少し前にこんな記事を書いてます。
http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-552.html

記事は私のクロス観を主体に書きまくったため違和感があるかも知れませんが(笑)、特に読んで頂きたいのは下の方、<補足>部分です。
ネアがマナにあの言葉を残したのは本当としても、それとは真逆なセリフも言っていますよね。
さて彼らの本心はどこにあるのか?

ノアから逃亡中のマナネア兄弟がどんなだったかは、私も一番気になる所です。 過去編の続き早く読みたいですね。


> 3、ネアマナ母の唄

> 母があの唄を歌ったことで、ネアマナは奏者の資格を持ってしまった。母がその元だという事で、伯爵は母を殺した。そこから、ネアマナは奏者だから追われたのでしょうか・・・
> 私がいいたいのは、あの唄が原因で、ネアマナは大変な事になっていってしまったのか?という事です。


伯爵あの現場に立ってましたが、彼が殺害犯かどうかはまだ。 状況を喜んでいたのは確かですが。

私も奏者の資格者にあの紋章が付いて回る事から キャンベル家出身者との関連はあると睨んでいます。
ネアにとっては「叔父さん」つまり双子の母親の実弟サイラスが家督を“譲られる”話も出ていたので、彼女もキャンベル家にきた嫁ではなく、直接一族の血を受け継いでいる人なのでしょうね。
でも女性では「千年伯爵」の器になれないのかも。何かの理由でサイラスも継げなくなり、次にその息子達に白羽の矢が立ったとか… まだまだこれからのお話は大事に取っときましょうかw

あの奏者の旋律につく唄を聴いただけで「奏者の資格」を得るというのはあまりなさそうな気がします。
ノア間ですら奏者の資格を持てるのは伯爵とロードだけといわれてましたから(14番目のメモリーは伯爵メモリーの分裂した片割れだと思うんですが)「資格」というのは、元来この2つのメモリーに付随するものではないかと。


> なんか覗いている人いましたけど、あれって目元がブックマンに似てませんでした?

目元はよく分かりませんでしたが(あのパンダメイクじゃないし相当目つき悪いし)鼻と耳の形は似ていましたね。
そして何よりイヤリングが決定打でしょう。
もはやコミックス24巻くらいでしか確認できるものがなく小さくて判別が困難ですが、あのブックマンのトレードマークのイヤリングと同デザインのものを付けています。
(4巻表紙でラビも装着のやつ…インスタでもそういえば➔ http://www.pikore.com/m/963723184568925531_1503160638


> ほかの記事に書いてあること

・・・なのはぐだぐだ4年以上やっているせいで沢山ありますが、(それも記事上のネタだけでなく、検索では困難なコメント欄で終始した話題だったり)ちゃんと見やすいよう整理していないのはこちらのせいですのでどうかコメントはお気兼ねなく!

大分前に考えていたことと意見が変わってきているものもありそうですし。


それではどうもありがとうございました。

こんにちは。
昨夜、久しぶりにDグレアニメを見ていたのですが、ふとそれで思ったこと。
アレンのイノセンスが神ノ道化になるまさにその瞬間も、水面から一つの腕(右腕)が伸びている、って構図だったなあ、と思いまして。

No title

こんにちは!
この記事に関係ないけど書きますね!

1、ロード
ロードが言っていた
大好きな親に呪われちゃったから。だから僕ちょっかいだすならお前ってきめてるんだぁ
が気になります!
結構優しい笑顔だったし。
ロード自身にも何かあったのか。→私的には無いかな、と思うんですが・・・
またはロードが知っている、ネアマナの過去と、アレンが呪われた事が似たり、重なったりしているから、心にかかるところがあるのか。
ロードはネアマナの事いろいろ知ってそうだし、それがアレンを好きな理由が関係しているのかな、とは思います!
この話以降から、ロードはアレンにベタベタですし!
爆発に飛び込んだのが面白かった、というのもあるみたいですけど。

2、千年伯爵
私はもう伯爵=マナだと思っています!
悪魔にされて、中身がー、とか、いろいろありそうですが、結局はそういう事かと。
それで、
何があろうと、立ち止まることは許せないノデス
という言葉について。
これって。ネアがマナに残した
立ち止まるな 歩き続けろ
にそっくりですよね。
マナはネアに、憎くないんですか、と聞いた。自分をかなり攻めてる?
マナはネアに、立ち止まるな、と言われた。
だkら、マナは立ち止まることは許されないことだと思う。ネアにそう言われたから。守らなければいけない事。
だったら、伯爵がいうあの言葉は、マナが言ってるようなものなのかと。
だから、私は、あの場面は伯爵=マナという事を表している場面なのかなー、と思いました!
内容ではわかってきてしまっているけど、あれは大きなヒントをくれていたのかなー、みたいな。

3、ネアマナ母の唄
ネアマナが赤ちゃんのとき子守唄を歌われていますが、歌っているの母ですよね?
考察ですが。
母があの唄を歌ったことで、ネアマナは奏者の資格を持ってしまった。母がその元だという事で、伯爵は母を殺した。そこから、ネアマナは奏者だから追われたのでしょうか・・・
話ぐちゃぐちゃですが、
私がいいたいのは、あの唄が原因で、ネアマナは大変な事になっていってしまったのか?という事です。

あと、ロードがねあ?まな?どっちか抱き上げてるとき、なんか覗いている人いましたけど、あれって目元がブックマンに似てませんでした?

すごく長くて話がまとまらなくてダラダラですいません。
字の間違いも多いし。今分かった居ることや考察がましって文章もおかしいし、結局何が言いたいのか分からない文章かもしれません(;_;)
もしかしたら、ほかの記事に書いてあることとか、みんながもう考えてるようなところをきいてるかもしれません(>_<)

こんなのですいません!
キャンピーさんの考えが聞きたいのでお願いします!

Re: みかんさんへ。

こんばんは! また面白い題材をありがとうございます。

> 色んな作品にあるのですが本名を知られるというのは魂を縛られることと同じなんだそうです

私もその辺は全く素人ですが、古今東西でそういう信仰めいた話はありますよね。
日本でも、万葉集の時代は相手の名を呼ぶことがそのままプロポーズの意味だったりしましたし…

ですが、Dグレにおいては 死者の魂を呼ぶ際正しいフルネームを使わねばならないという決まりはなかったと思います。
第1夜でマルクが妻の名を呼んだのも ただの「クレア」でしたし、
第3夜からのジャンとレオの章でも、レオが自分の母親を実名で呼んだとは考えにくく… 普通はお母さんとか母ちゃんですよね。

死者の魂を呼び止め引き戻す力の源は、呪文的効力よりも 対象を心から愛する者にしか発揮できない強い想いの方ではないかと… 
AKUMAを作る時 千年伯爵が拘るのも 名前の呼び方よりまず人選ですから。
(ここは単に私の想像なんですけどね)


> マナの魂がAKUMAの魔導式ボディに入ったのか、もしかしたら中途半端に入ったかもしれないと思いました

もし そういう事があったなら、みかんさんは次に何が起こったと想像されましたか?
こちらの方が面白そうですね。
よろしければ続きもお聞かせください。

では一旦これで。

気がついたんですけど

一巻でアレンの墓標の前に現れた千年伯爵はマナのことを「マナ・ウォーカーを生き返らせてあげましょうか?」といいました
しかしマナの本名はマナ・D・キャンベル
色んな作品にあるのですが本名を知られるというのは魂を縛られることと同じなんだそうです
だからアレンはマナの本名を叫んでいないのでマナの魂がAKUMAの魔導式ボディに入ったのか、もしかしたら中途半端に入ったかもしれないと思いました
どうでしょうか?

Re: コスモスさんへ。(補足)

前回のお返事中 バク・チャンのこの台詞を引用しましたが
「人造使徒計画でキミを造り出した

念のため。私は「神田ユウの肉体が人間のものではない(=研究所で一からの人造品)」とは思いませんでした。
そのような解釈もあると他所で伺ったので一応の追記です。
「造る」の表現は微妙ですが、元はストリートチルドレンという過去を持つサード達も 自己紹介で「人体生成」という表現を使ってましたしね。
再生能力の呪符を埋め込まれたりイノセンスと適合している体が まだ人間なのか否かの解釈は別としまして、神田のベースになった人体には 元の“肉体提供者”が存在していたと思います。

その根拠といって大して確実なものは無いですが、
「エクソシスト脳」の器を自前で用意するなら なぜ女性用がなかったかと思うのと。
アルマの顔に付いている大きな傷… これは再生の呪符が効力を発揮しだす以前=外で生活していた頃の名残なのでは?と。

それでは幾人もの子供達がセカンド実験の人柱にされていたという話になり最悪ですが それは教団設立直後から(咎落ち率100%で終わった非適合者への無理な実験で)綿々と続けられてきた事ですので…

胎中室にしつらえてあるやたら豪華な祭壇も、どうにも教団のやましさを押し隠そうとする言い訳っぽく見えてしまいますよね。


人体実験のことは一般職員には秘密という建前ですが、元は科学班所属のクロスはとっくに知っていたでしょう。
彼の教団嫌いの一番の理由はそれじゃなかったかと。

・・・長話はまた脱線しそうですのでこのへんでw 失礼します。

Re: コスモスさんへ。

こんにちは。 何だかほめられ過ぎな感じですが、ここが好きだと言って下さってとても元気がわきました。
ありがとうございます!(#^.^#)
(呼び名は「キャンピーさん」で十分ですよ~w)


> 管理者様は神田が普通の人間ではない事に気づいていましたか?

肩すかしのような答えになりそうですが^^;

私が初めてD.Gray-manを読んだのは、今はコミックス19巻に収録されている第185夜だったんですね。
家族がジャンプを部屋に置いていたもので。
話がかなり進んだ後でしょう?
そこから まだ家に残っていたその前の回の「ネオギプス」(N184)も見てすっかりのめり込み、
すごいテンション上がっていたところで 次の第186夜を最後に、ジャンプでの掲載が終わってしまうんですね(笑)
続きを待たされたおあずけ期間中に コミックス全巻揃えたりアニメのDVDを借りてきたり大騒ぎでした。

そんなわけで、私は人造使徒計画の話が初めて持ち上がった部分から読み始めてまして(^▽^;)
自分で「気付く」前にネタバレされちゃっていたという。
[バク] 「9年前 中央庁が圧した人造使徒計画でキミを造り出したのは 我々の一族だ…」(N186)
わはは すみません。


> 星野先生ってすごく深い漫画を描きますよね! 一工夫もふた工夫もあって・・・
> この世界観が大好きですー!


巷ではよく 謎を多くしすぎて回収できてないとか纏められなくなってるんじゃないかとか色々言われてますが決してそんな事ないんですよね。
長い連載ですから細部の微調整はありますが、おそらくストーリーの骨子は固まっていて(だってもう「1巻の表紙=ふたご座」からすごいじゃないですか) そこに張り巡らせた伏線のヒントもあちこちに宝探しのように置いてあります。

私の場合展開予想とかより後から確認するようなものばかりですが、それでも「あっやられたー」って気付くのがまた楽しくて。

これからも応援を続けて最後まで無事見届けたいですね。

神田関連では去年こんな記事も書きました。
http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-492.html
今度お時間のある時にでも。

それではまた。

No title

神田お誕生日おめでとー!

ティムのしっぽ大好きです。
Dグレ、星野先生も大大大好きです!
今回の記事とても納得&感動しました!
神田が一番好きなのでめっちゃ嬉しいです。
この考察通りだとして・・・
星野先生tってすごく深い漫画を描きますよね!
一工夫もふた工夫もあって・・・
この世界観が大好きですー!
これに気づいた管理者様も尊敬です!

一つ質問です。
管理者様は神田が普通の人間ではない事に気づいていましたか?
よく見るとたびたび胸の呪符が出ていますよね。
私は全くきづきませんでしたー。
神田はただのつよいエクソシストだと思っていたし。
良ければ教えてください!

ティムのしっぽ応援してます!
毎回楽しみにしていますので、頑張ってください!

Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」