FC2ブログ

『ジャンプSQ.2019年10月号』(電子版)定例報告。

● RISE新人漫画賞

今月は、星野桂先生が審査を担当された 7月期・RISE新人漫画賞の結果発表がありました。
掲載内容はSQ.公式サイトにも出ていますので、本誌をお持ちでない方もぜひご覧ください。
※各作品についた小見出し 「星野先生のアドバイス」(SQ.誌面)が なぜか公式サイトの方は「審査員のアドバイス」になっていますが、文面は同じですので念のため。

初投稿のコンビが佳作受賞!! &18歳新鋭2名に審査員特別賞&編集部特別賞出る!!
4か月ぶりに佳作デビュー決定&2人の18歳が特別賞を獲得!! ライズ漫画賞は経験不問!老若男女からの作品の応募をお待ちしています!!

星野先生からの総評
「作品を構成する要素がバラバラで、前フリなく展開していて唐突な印象の作品が多かったです(『太郎の鬼退治』はよくできていました)。ネームを描く前に内容を整理しましょう。今回はデジタル原稿(仕上げ)が増えましたが、印刷に不向きな使い方をされてるようにもみえます。デジタル作画の知識も同時に勉強しましょう。」



● 巻末コメント

『ダークギャザリング』を連載中の近藤憲一先生から
「先日、星野桂先生と対談する機会をいただきました。星野先生、貴重なお話ありがとうございました…!」
とありました。 詳細はいずれどこかのインタビュー記事で見れそうですね。

※ 追記 (9/4 14:30)
本日午後、近藤先生のツイートでこの件につき触れられていました。

来月の『SQ.』に対談記事ですか♥ 楽しみにしています! 


あと、『プラチナエンド』の大場つぐみ先生のダイマがウケましたww
「小畑健展素晴らしかったです。9月14日から新潟ですが、Q.10月からグッズ高くなるのか?A.消費税増税で高くなります。」

近くの方はお楽しみに。


今月号はこんなところで。 
10月発売『SQ.RISE 秋号』の予告はまだありません。

次号『SQ.11月号』の発売は10月4日(金)予定です。


それではまた。




『ジャンプSQ.2019年9月号』定例報告。

今月は昨日8/3が発売日でした。
私は電子版のみの購入ですが、確認しましたところ「D.Gray-man」関連で新情報はありません

しかしDグレ長期休載中に必死で情報を探し回っていた頃の気分に比べたら… 全く余裕ですね!(笑)
このところ季刊連載は安定してますし、何より頻繁に更新される星野先生アカウント(インスタ)の安心感が半端ないですから。
今朝もHAPPYなイラスト(旧アカウントから再掲)に和ませて頂きました♡





さてSQ.本誌に戻ります。
雑誌版付録は「ワールドトリガー」の下敷。 『SQ.RISE』とお揃いみたいでいいですね!^^
葦原先生の巻末コメントによれば、この絵柄は「休載号に使うはずだったカラー」なんだとか。
今月も掲載は「ちょっと短め」と言いつつトータル32ページありましたからね。 どうか長い目で見て御無理のないように…

『SQ.』ではほぼワートリの話しかしてなくて済みません(;^_^A
次号は9月4日(水)の発売、付録は「終わりのセラフ」のクリアファイルです。

それではまた。

FC2ブロガーには嬉しいお知らせv

なんとなんと、FC2インフォメーションより 「この8月1日から1年間 広告表示を撤廃します」という連絡が届きました。 おう… まじですか(↑ω↑)

これまで無料ブログの画面には 使用料の代わりに管理人が選べない広告バナーが自動で割り込んできていたのですが、スマホ向け表示では近年それが大きくなる一方で、PC画面への切り替えスイッチや記事の検索窓(画面一番下にあります)まで隠してしまうといった事態にちょっと困っていました。

告知記事はこちら ⇒ 

もちろんこれまでも有料プランにすれば広告はどけられたのですが、今回の措置は無料ブログにも適用されるという点画期的ですよね。 一応1年間の期限付きですが、今後の状況次第では延長もありそうです。
ずっとこのままにしてもらえますように…w

P8020159smaru.jpg
(上の画像はスマホ向け画面。これまで隠れていた検索窓は赤で囲った所です。 緑の丸部分を押すとPC向け画面に。そちらは最上段右端に同様の検索窓があります。ご活用ください)

『ジャンプSQ.2019年8月号』定例報告。

本日の『ジャンプSQ.』情報に依りますと、今度の『SQ.RISE 2019 SUMMER』号は7月22日㈪発売だそうです。

電子版も雑誌版と同日発売ですが、今回Dグレは巻頭カラーのうえB5判下敷きも付録になりますので 雑誌版を特にお勧めですね。 絵柄が「D.Gray-man」の「クリア下敷き」という情報以外まだないですが楽しみです! 
表紙は『血界戦線 Back2Back』になります。
値段は税込760円。

取り急ぎDグレ関連はここまで。

それにしても今月の雑誌版『SQ.』は小畑先生全面推しで綺麗ですね^^ 付録のクリアファイルも「小畑健展」仕様で素敵ですよ~

次号『SQ.9月号』は8月3日㈯発売、雑誌版付録は「ワールドトリガー」の葦原先生描き下ろしクリア下敷き、だそうで。
今月号も42頁もあって面白かったです。 先生、どうぞお大事に。


以上 電子版『SQ.』からでした。 追記や訂正があり次第また来ます。
ではまた。

『ジャンプSQ.2019年7月号』定例報告。

<今月のDグレ関連>
現在発売中『SQ.RISE』春号の見開き広告だけで 新情報は特になし。 表紙イラストの花いっぱいアレンさんは何度見ても眼福ですが(^^;

左下隅にはいつも通り SQ.電子版定期購読の案内が載ってます。
3ヶ月更新ごとに電子版SQ.RISEが1冊無料サービスというのはだいぶ便利でお得ですよ。 発売日を毎度チェックしていなくても、当日の深夜0時には自動的に届きますしね。
申込先はこちら⇒ ジャンプbookストア!/ジャンプSQ.定期購読


<休載作品>
大場・小畑両先生の「プラチナエンド」と、葦原先生の「ワールドトリガー」は休載。

プラチナエンドの休載理由は特に書いてありませんが、おそらく7/13から開催される「画業30周年小畑健展」や 7/4発売新刊(11巻)の影響でしょうね。次号(8月号)では元気に表紙を飾る予定です。
また来月号(雑誌版)では小畑健展キービジュアルのクリアファイルが付録になります。

ワールドトリガーの休載は事前に公式から発表済みですが、以下の通り。

先生 どうぞ御無理はなさいませんように!


※ 追記 (6/4 14:44)
今朝の電子版チェックで見落しがありました。
今月号の休載につき、作者の葦原大介先生が1ページ分自筆のお便りを読者宛に寄せられています。
文末に先生の代理キャラが深々と頭を下げるイラストに加え 「陳謝。」の文字も…
(掲載場所は「この音とまれ!」の1ページ前です)

[ 葦原先生より 読者の皆様へ ]

今号の「ワールドトリガー」は休載とさせて頂きます。
楽しみにして頂いていた読者の皆さまにお詫びいたします。
大変もうしわけありません。

先々月、胆のうを切除する手術をしまして、
その手術自体はうまくいったんですが、
術後の合併症で腸閉塞というやつになってしまい、
退院5日で救急車に運ばれ、再入院&再手術ということになりました。

最退院後、コミックス関係の仕事を順に片付け、
SQ.の原稿もギリギリいけるのでは?と思いましたが、
ふつうに間に合いませんでした。すみません。

現在は、再退院して2週間とちょっと経ちますが、
前回のような合併症が起こる気配もなく、
ばっちり回復しているように思われるので、
次号は2話掲載できるようにがんばります。
本当に もうしわけないです。

次号を どうぞよろしくお願いいたします。

葦原 大介

「ワールドトリガー」は次号掲載予定です。
今後も「ワールドトリガー」ならびに「ジャンプスクエア」をよろしくお願いいたします。
ジャンプスクエア編集部


以上。


<RISE新人漫画賞募集>
今月は「4月期」の受賞作品が掲載されています。(審査員:助野嘉昭先生)
そういえば次号掲載5月期の審査員は葦原先生なんですが💧 こんな時に本当に… おつかれさまです。(-_-;)

そしていよいよ7月期(7/4〆)の募集が始まりました。審査員は星野桂先生です。
結果発表は9月発売の『SQ.10月号』。 初投稿者には指南書『マスターバイブル』のプレゼントもありますので、腕に覚えのある人はぜひ。


今月号は以上でした。 来月『ジャンプSQ.2019年8月号』の発売日は7月4日㈭です。
ではまた。

『ジャンプSQ.2019年6月号』定例報告。(電子版より)

今月も 電子版は雑誌版と同時発売。
「D.Gray-man」関連で新情報はありませんでした。

現在JUMPSHOPでは「ジャンプSQ.フェア」が開催中ですが、電子版にはその広告も見つかりませんでした。
気になる方はツイッターのジャンプショップ公式アカウントで内容を御確認下さいね! 
会期は4/26-5/12です。

『SQ.RISE』は先月発売になった春号の広告のみ。 夏号は7月発売予定です。
掲載が季刊誌になってから待ち時間が長いですが、星野先生インスタグラムはまめに更新されていますので、初めての方は一度見に行くといいですよ。 だいぶ気が紛れます(笑)  ⇒ @katsura_5600


その他。

連載の「ワールドトリガー」はWJからSQ.に移籍以来ずっと2話掲載でしたが、先月号で「単行本の話数調整のため」 また今月号も「葦原先生の胆石手術のため」として、1話掲載になりました。
手術は無事成功という御報告でしたが、次号の掲載がどうなるかは術後の経過次第だそうです。 
先生には今後のためにも極力大事を取って頂きたいですね。 


「血界戦線」シリーズ連載中の内藤泰弘先生がデビュー25周年ということで、「内藤泰弘の世界展」の告知。
会期は6/12-6/19 ←短っ💦  場所は西武池袋本店
⇒ 公式サイト
⇒ ツイッター


同じく「プラチナエンド」連載中小畑健先生の 画業30周年記念「小畑健(おばたたけし)展」の予告もあります。
場所は 東京会場(7/13-8/12)が アーツ千代田3331、 新潟会場(9/14-11/10)が 新潟市マンガ・アニメ情報館、 大阪会場(2020年初春)が梅田・大丸ミュージアム
⇒ 公式サイト
⇒ ツイッター


星野桂先生も一度やって頂けたらいいですね… 20周年とか。(#^.^#)



今月はこんな所でした。 それではまた。

5/11サイン会続報。

星野桂先生(5/11)・内藤泰弘先生(4/28)のサイン会応募のきまりが発表になりました。



説明によりますと、まず開催当日より前に「指定された期日」「現地」に行き「対象商品のお買物」をすることが必須要件だそうで。
去年の大阪サイン会の時のようなWEB形式とは だいぶ様子が違いましたね。
特に星野先生の方は東北初のイベントらしいので、まず地元の方を優先という配慮でしょうか。 
行けそうな方、ぜひとも当てて下さいね!

星野桂先生のサイン会が今度は仙台で開催です。

本日発売の『ジャンプSQ.5月号』雑誌版にも掲載されたそうですが(電子版には見当たりません)、Twitter公式から新たに星野桂先生サイン会のお知らせがありました。 
内容は以下の通り




12時過ぎなんて起きていられないし、今朝も外出前に電子版を端から全部めくるのに精一杯でしたが せっかく流れた公式情報を今回は悉く外してしまい、申し訳ありませんでした。

ただ まだ第一報ですので 応募方法等の具体的な案内はこれからになります。
星野先生より先に、内藤先生のサイン会も(こちらは東京4/28)予定されていますね。

どちらも御興味のある方は ジャンプショップ公式ツイッター( @jumpshoptokyo )のチェックをどうぞ怠りなく。

情報を教えて下さったシロクロラインのとらみさんに感謝。
他にも今日の更新記事では グッズ関連や同人イベントまで詳しい今後の予定表を載せて下さっています。ぜひご覧ください。

サイン会のこと、今朝は星野先生からも直々にインスタの告知がありました。

View this post on Instagram

大阪サイン会でしばらくサイン会はお休みかなと思っていたのですが、また声をかけていただきました。 今回は仙台。🍡🍡🍡 東北初出店のジャンプショップでやらせていただきます。 開店祝いのサイン会です(笑) 短期間で2回もサイン会なんて心臓バクバクですが、また皆さんとお話できると思うと嬉しいです🍡☺️ できるだけ良いイベントになるようジャンプショップの方々、担当K氏と私も頑張りますので、よろしくお願い致します。 (これでサイン会はしばらくお休みな気がします) 詳しくはジャンプショップ公式Twitterでお知らせがありますので、ご確認ください🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡🍡 #仙台の#文房具店にも#行けたらいいな

hoshino katsuraさん(@katsura_5600)がシェアした投稿 -


ジャンプショップは仙台店が東北初ですか。
北海道とか北陸とか、あちらこちらにもっと増えるといいですねw

サイン会… また抽選でしょうね~^^;(悲喜交々が目に浮かびますよ)
お忙しい合間を縫って、小菅さん、星野先生、本当にありがとうございます。 また素敵な一日になりますよう!!




※14:20追記 『ジャンプSQ.2019年5月号』のDグレ関連情報。

本日(4/4)発売電子版より。
まず次号『SQ.RISE』の予告ページです。

▽ 『ジャンプSQ.RISE 2019.SPRING』号の発売日は4月22日(月)となりました。
電子版も同時発売です。
付録は『内藤泰弘の世界展』(6/12-19開催)スペシャル小冊子
(定価税込750円)

表紙は「D.Gray-man」。

Dグレ関連ではそれ以上の情報はありません。


他、RISE新人漫画賞は 今年7月期分に星野桂先生のお名前が挙がっています。
腕に覚えのある方は奮ってご応募ください。


取り急ぎ 今月号は以上でした。

今号SQ.の付録ポスターが 「どろろ」の百鬼丸と「テガミバチ」のニッチ(+ステーキ)の共演で嬉しいサプライズでしたね(*^-^*)  現在放映中のアニメPRです。

後からアニメ公式さんがツイートして下さったのでリンクを貼っておきますね。素敵でしょ?


もう片面は(むしろこっちが表)テガミバチのラグ&ノワール 今回のポスター絵は文庫版出版記念とのことでした。
両イラストともアニメ絵ではなく浅田弘幸先生御執筆。 ファン必見です。

その他何か見落しがありましたら追記で。
それではまた。


※ 追記 (4/4 14:20)

ありましたありました。 といっても電子版には載っていない情報なので確かめようがなかったのですが…
星野先生のサイン会が この5月に仙台のジャンプショップを会場に開催されます。 
申し込み方法などは未発表ですが、とりあえずの第一報はこの後の記事で。


『ジャンプSQ.2019年3月号』の定例報告(電子版)。

D.Gray-man関連、特に新情報はありませんでした。

表紙は「憂国のモリアーティ」。 今月号は人気投票の結果も発表されています。
(Dグレも過去何度か実施されましたが、最後にあったのは『キャラグレ!』発刊前ですので、そろそろ次を期待してしまいますね)

あとちょっと驚いたのは、「SQ.ハレンチ漫画賞」というのが堂々公募されていまして?(^▽^;)初耳だわ…
〆切は8月31日。 最優秀賞・優秀賞・奨励賞にはそれぞれ賞金100万円・50万円・30万円と応募作の本誌又は増刊誌掲載が約束されます。
広告は「ド級編隊エグゼロス」の扉裏。 審査員の紹介一人目は矢吹健太郎先生。   他詳細は次号SQ.で。

「ワールドトリガー」は176話・177話掲載。巻末コメントによると葦原先生、胆石ができやすい体質と言われたとか… 御自愛を。

「血界戦線」再掲(電子版特典)は、「王様のレストランの王様」でした。


取り急ぎ以上です。

星野桂先生サイン会(in 大阪) 参加報告が多数寄せられました。

昨日(2月11日)紀伊國屋書店グランフロント大阪店を会場に開催された星野先生のサイン会は無事終了しました。
(イベント案内こちら)↴


(星野先生ごあいさつ)↴
「サイン会無事終了しました」 https://www.instagram.com/p/BtvhIgtB4rY/
「サイン会でいただいた……」 https://www.instagram.com/p/BtwoYpFhT-Q/

さらに、当日参加者様からのツイートを、『シロクロライン』のとらみさんがまとめて下さいました。
臨場感たっぷりの楽しい報告が一杯です。是非御覧ください。





何か追記がありましたらまた来ます。
それでは一旦これで。

『ジャンプSQ.2019年3月号』の定例報告(電子版Dグレ関連)

今月号は、同日(2/4)発売のコミックス『D.Gray-man26』の方にすっかり持っていかれてしまいまして。
こちらでのめぼしい報告は特にないですね~ 一応参ります。

表紙と付録(紙版のみ/クリアファイル)は『るろうに剣心』、

『ワールドトリガー』今月も快調です。
SQ.に移籍してきてから毎月2話ずつ掲載されていますが、「D.Gray-man」を見慣れた人間からすると 週刊掲載時代よりはゆっくりといえ、長期休載の理由がお身体の不調だったことを思うと開始早々結構なペースですね… 大丈夫でしょうか。
どうか御無理だけはなさらず!


今回Dグレ関連で新情報はありませんでしたが、巻末目次のページに今月のコミックス新刊リストが載っていまして、8タイトル中の筆頭に上がっていたのが地味に嬉しかったですね(^^;
新刊売り上げ成績も最初の1週間が勝負といいます。 どうかよろしくお願いしますm(__)m 


『SQ.RISE』の広告は、先月(1/18)発売になったWINTER号。
Dグレ26巻には第230夜まで収録されていましたので、その続きの第231夜がこちらで読めます。
雑誌版なら綴込みの美麗カレンダーが付録になっていますので まだお手元にない方はぜひ。


とりあえず以上で。
次の『ジャンプSQ.』4月号は、3月4日㈪発売です。 表紙は「憂国のモリアーティ」になります。 


それではこれで。


新刊『D.Gray-man 26』のアニメイト特典。

2/4の発売日まであと少しですね。 公式から書影の発表がまだなんですが待ち遠しいです。

今日は、アニメイトで購入すると特典としてイラストカードが付くという御案内。
絵柄は『SQ.RISE』前号に掲載の 第230夜「双ぶ心」の扉絵になります。

こちらから確認・注文ができます。
まあ店舗が近くにある方は、直接買いに行った方がよさそうですが。

いずれにしろ、数に限りがありますのでお早めに。

星野桂先生のインスタグラム新アカウントが公開されています。

昨日いちばんのニュースがこれ。(ブランチの方に御注目!!)
こういう時に限って私はツイッターをロクに見ていなくて、大分反応が遅れてしまったのですけど。





昨日からスタートではないようですが… 1/23現在、アカウントには投稿が3つ載っています。
ラビがすっかりマスコットキャラみたいでかわいいですねww これからもよろしく。








私はおおよそこんな調子で しみじみまったり(?)思い出に浸りながら嬉しさを噛みしめていたところ、すでに数時間前シロクロラインのとらみさんがこの話題の記事を更新されていました。
シロクロライン 「星野先生が新たにインスタを始められました!!」

いや~~ テンションが凄いです(笑)  旧アカウントの時のエピソードも鬼気迫るものでしたねぇ💧
いざという時のこの突進力は敵いませんてww
その他いろいろ、ためになる情報もありがとうございました💛


ツイッターのTLも、連載誌の発売日以降は静かになってしまうことが多いのですが 今日はずっと賑やかで嬉しいですね。
いなくなって久しかった人たちまで戻って来て…
また皆で賑やかに楽しく応援しましょう!


あと、そうそう。 今後の美麗イラストの供給が楽しみですが、あの場の閲覧に留めて 画像を他所で貼ったりしないでね。
(って誰に言ってるのか分かりませんがww ここを見に来るような人には要らぬお節介とは思いつつ…) 

最低限のマナーは守りましょうね😉  ではこれで。



やっぱり『SQ.RISE』電子版は、配信が2日遅れるそうです。

前回の関連記事に 訂正を入れつつ言及したばかりでしたが、公式からも本日告知が入りましたので御一報を。



残念でした。
次号は、同日配信に戻りますように!

次号『SQ.RISE』、電子版の配信が雑誌版発売日より遅れるかも?という話。

(私の記憶では、ですが)「D.Gray-man」が 『SQ.RISE』前身の『ジャンプSQ.CROWN』に掲載されてからずっと、雑誌版の発売日と電子版の配信スタートは同じ日になっていました。
ただ今度の掲載誌は ちょっと事情が変わるかも知れません。

ネットの取扱店を巡回していたところ、以下のような流れに…
※ツイート中ちょっと分かりにくい表現になってしまった「発売日告知」の2行目『ジャンプSQ.2月号』とは、いつもジャンプSQ.本誌に掲載されている次号SQ.RISEの広告内容のことです。






これまで「発売日」の深夜12時きっかりに(雑誌版より早く)最速で読めることを期待して電子版の予約をする人も多かったと思いますが、このままですと2日遅れの配信が現実になるかも。というお話でした。

また情報に変更がありましたら、追記に参ります。
今のところはここまでです。


※追記 (1/20 15:45)

今日、Amazonの確認に行きましたところ、『ジャンプSQ.RISE 2019WINTER』号の電子版(kindle)が雑誌版と同じ日付(1/21)に変更されていました。

この様子では、ジャンプBOOKストア! からの電子版配信も遅延の心配はなさそうですね。

楽天ブックスの方は現時点で未だページの訂正は無く1/23のままですが、お店により違ってくるのかは今のところ分かりません。

             

以上の件につき、ここで本日午後イチ 「電子版も発売日を訂正」という旨の追記をしましたが、kindleページをよく見れば 「1/23配信という記載もしっかり残っていました。
(主に見ているのはPC版ですが、スマホ版表示も変わりませんね)
混乱を招き申し訳ありません。

雑誌版だけは、公式HP他での告知通り「1/21発売」は間違いないですので御安心ください。



そんなわけで 今回はやはり電子版の配信が雑誌発売日より遅れることになるかも知れませんが、公式から特別なお知らせが上がった場合を除き これ以上の言及は避けたいと思います。


※追記2 (1/20 17:00)

早速ですが、公式(編集部)からもあらためて 電子版配信遅延の発表がありました。
今日新しく記事に出したものと同内容ですが、念のためこちらにも。

文末の日付が18日になっているところから、『SQ.RISE』の次号告知で更新に来た際 同時に出し損ねたものかもしれませんね。
色々と編集部も余裕がないのかなあと ちょっと心配になってしまいます。

とにかく紙版の方のSQ.RISEは予定通り月曜日(21日)発売と変わらず。







星野桂先生のサイン会(in大阪)等 最近の関連情報まとめ。

昨日お伝えしたように 今月21日発売の『SQ.RISE』にも、「D.Gray-man」は掲載されます。センターカラーです♡
他にも、楽しみな関連ニュースがどんどん入ってきていますので 一度まとめておきますね。



1月18日(金)

オレンジ文庫『ナイトメアはもう見ない』(著:水守糸子/装画:星野桂)発売
作品は、2018年ノベル大賞の佳作受賞作2点中の1点です。


コミックナタリーの紹介記事
こちらでも話題が取り上げられました。
装画の担当に星野先生を起用した理由についても。



1月21日(月)

『ジャンプSQ.RISE 2019 WINTER』発売 
表紙絵は未発表ですが、「血界戦線 Back2Back」になります。
「D.Gray-man」はセンターカラーで掲載。 付録にD.Gray-manカレンダー(おそらく綴込み式)。 




2月4日(月)

『D.Gray-man 26』発売
こちらも書影解禁はこれから。 全204頁とか。
これはやはり、25巻以降の第223夜から昨年秋号掲載の第230夜まで(本編合計扉絵含み175頁)ということになりそうですね。
表紙や口絵・目次・ストーリー人物紹介・SpecialThanks等合わせるとプラス10頁程ですので、残りを奇怪画コーナーや談話室に当てる感じでしょうか。
読者から公募されていた質問も、どの内容が採用されるか楽しみです^^

また、下の告知にもあります通り 久々のコミックス発売で、ようやく連載中の本編に追いつきますね。
これを機に掲載誌の『SQ.RISE』も買ってもらえるといいな…





2月11日(祝・㈪)

『D.Gray-man26』発売記念 星野桂先生サイン会 (於:紀伊國屋書店グランフロント大阪店 店内特設イベント会場)開催
サイン会当日です。 実施は午後2時。 
詳細は以下の通り、抽選受付が1月10日から始まりますので 朝10時以降に書店HPを御覧くださいね。


※ 追記 (1/10 18:30)
上記サイン会、本日10時少し前に書店HPで応募要項が公開された直後 アクセス数の多さにサーバーが落ちてしまったようでしたが、(その後数回 復旧とダウンを繰り返し)現在は無事閲覧が可能になっています。
応募期限は今月20日までで、その後抽選があり 当選者は25日に当選メールが届くそうです。 
時間的にはまだまだ余裕ですね!

・サイン会はクローズ制で当選者以外観覧×
・応募は書店アカウントを取ってからログインし1人1回のみ
・当書店で『D.Gray-man 26』を購入し、その本にサインすることが条件
・当選者の身分証提示は必須で家族などの代行は× 
など色々細かく注意事項が載っていますので、しっかり説明文を読んでから応募して下さいね。
 




とりあえずここまでになります。



『SQ.RISE 2019 WINTER』の予告ほか。(『ジャンプSQ. 2019 2月号』より)

取り急ぎ 電子版からのお知らせ。

『SQ.RISE 2019 WINTER』号は、発売日が1月21日と告知されています。
D.Gray-manは、
①センターカラー掲載および
②付録の特製カレンダーとか。

来月はいよいよ新刊・コミックス26巻も発売になりますし、そんな中も無事今号RISEへの掲載が確認できてホッとしましたね。


SQ.2月号、他の内容につきましては、必要がありましたらまた追記に参ります。
それでは一旦これで。


※追記 (1/5)

今回はいかにも慌しい感じの定例報告になってしまい、申し訳ありません。
今月号のSQ.雑誌版は、ワールドトリガーの先月号扉絵と同柄のクリアファイルが付録になっています。
ツイッターでは このファイルの裏に蓄光シートを重ね緑色に光らせるアイデアを披露した方がいましたが お部屋に飾るのがなかなか楽しそうでした💛

Dグレ(というか星野先生)界隈、最近立て続けに新情報が入ってきていますので、よろしければ今日(1/5)付の記事の方も御覧になって下さいね。 
それではまた。

アレン・ウォーカー 1/8フィギュアの二次注文受付が始まります。



神田の時と同様 追加注文、ありましたね! 
いつの間にか11月の〆切を逃してしまいガッカリしていた人には朗報です。 今度こそお忘れなく(*´▽`*)
ANIPLEXブースには また去年のようにアレンと神田が揃うのかしら…♡

『ジャンプSQ.2019年1月号』定例報告。

今回もDグレ新情報はありません。
掲載誌『SQ.RISE』の広告も、次号ではなく現在発売中の秋号のみ。

そんな中ですが注目情報1つ目は、いよいよ間近に迫ったジャンプフェスタ2019(12/22-23)ですね。
今年のSQ.ブースでも 来訪者には昨年に引き続き、本誌年末企画「連載陣色紙プレゼント」と同柄のアクリルキーホルタ゛ーの無料配布を行います。


140字のツイートでは書ききれなかったその他注意事項もありますので、ぜひジャンプフェスタの公式サイトで御確認下さいね。
参加25作品の絵柄も確認できます(画質悪いけど)。 
細かい所は 先月号のSQ.(雑誌版・電子版)をお持ちの方は、連載陣サイン色紙プレゼントのページで見た方がいいですね。

JFオリジナルグッズの情報も昨日の記事でお伝えした通り。 詳しくは公式サイトへ。


さて注目情報2つ目は、長期休載から復活&『SQ.』で連載開始の「ワールドトリガー」。今月号の表紙です。
(他にも注目作品は一杯あるぞと怒られそうですが、今回ばかりはお許しを)
同時発売の最新コミック9巻との連動プレゼント企画もあります(バッジセット)。 いつもながら紙媒体のみ対象ですが。

他にも現在企画が目白押しとなってますので、情報が気になる方はワールドトリガーTwitter公式アカウントまで。
専門サイトもあります。

あまりワートリの話ばかりしていると ここが何のブログか分からなくなりそうですが(笑) 元々作風が好みだったうえ長期休載やら移籍やらそれでも作品を愛してやまない熱烈なファン層やらとどこかで観たような風景が他人事とは思えなくてですね
ついにはアニメイト特典のコースター目当てで一月の間遠征を繰り返したり 今日なんかも早速19巻は買って読みましたよ。

その中の、葦原先生のSQ.移籍に至るまでの諸々を綴ったコラムはファン必見、というか お気に入りの作品がある人なら全員に読んでもらいたい内容でした。
葦原先生もやはり過労で身体を壊しておられたこと(執筆業において頸椎をやられることがどれほど恐ろしい事態を生むか良く分かりました)、
そのどうにもならない状況を踏まえ 残る選択肢から最善と思われる判断に踏み切ったこと
・・・色々身につまされることばかりです。

<「休載から復帰まで その②」より一部抜粋>

今後は週刊のときよりはペースは落ちますが、定期的に単行本を出せるようになると思います。
現在の首は、普通に生活できるぐらいには回復してるんですが、SQ.編集部から「ムリは厳禁」と言われているので、もし掲載のページが減っていたら、「今月は大事をとったんだな」と思ってもらえるとありがたいです。

あと、葦原は「ワールドトリガー」を拾ってくれたジャンプSQ.に報いたいと思っているので、お時間と月々600円強の余裕をお持ちの方は、ジャンプSQ.を購読していただけるとうれしいです。
もう購読してるぜ、という方は、これからもどうぞよろしくお願いします。

がんばります。

葦原 大介


葦原先生 これからもどうかお体を第一に。 続きを楽しみにしております!!!



次号の『ジャンプSQ.2019年2月号』は、原則通り1月4日の発売予定です。
それではまた。

これから出る「D.Gray-man」グッズのこと。

まずは今月22日から23日にかけて幕張メッセで開催予定のジャンプフェスタ2019 の話題から。
公式サイトを見に行ったところ、グッズ情報が更新されていました。
下のツイートのリンクから御覧ください。



商品画像は(サイト画面一番下の注意書き通り)複製・転載禁止とあってここに貼ることはできませんが、銀一色のティム柄名刺入れなど デザインがおしゃれで本当に素敵ですよ~♡ 

最近は折につけ星野先生の原作絵グッズが普通に登場してくれて、本当に有難いことですよねえ(´∀`゚q)


念のため申し添えますと、フェスタ「限定」グッズは今回3層プリントアクリルキーホルタ゛ーだけですので 「先行」グッズの下敷きや名刺入れは後でジャンプショップ等にお目見えします。 今回御都合のつかない方も、どうぞお楽しみに。


他、ジャンフェス関連として メーカーブースには 現時点でDグレグッズ情報はありませんでした。
ただ去年のANIPLEXブースには未彩色のアレンと完成イメージの神田フィギュアが堂々展示されていましたので、(既にどちらも予約期間を過ぎましたが) もしかして今年も?という期待はしてしまいますね。 
アレンフィギュアの追加注文受付とかがもしあれば… ですが  どうかなー(笑)

※ 神田フィギュアは今月発送予定。 アレンの方は来年6月に発送予定です。



さて。それとは別に先月流れてきた情報ですが、こちらもハログレ関連商品。 
現在も予約受付中の通販商品です。
(未だ企画が動いていたことにはビックリでしたね)



御興味のある方は、ツイートのリンク先までどうぞ。



グッズ関連、とりあえず以上です。 何かありましたらまた。

『ジャンプSQ.2018年12月号』定例報告。

今月号は表紙が黄色ベースで、売り場で目立ちますね。 SQ.11周年記念号は「青の祓魔師」が表紙です。
同じくクリアファイルの付録も付いています(雑誌版のみ)。

▽ ではまず恒例 連載陣描き下ろしサイン色紙プレゼントから。
これは応募券が必要になりますので、電子版からは応募できません。 今回は雑誌版が買いです!

星野桂先生の「D.Gray-man」色紙は22番。 今年はアレンと神田とティムキャンピー。
アレンは左腕のイノセンスが…? 何でしょうちょっと意味深な(^.^) これからの展開の暗示かもですねー
気になる方はぜひ本誌を御覧ください。 絵柄だけでしたら、電子版でも確認できます。

また、27番には「ワールドトリガー」も登場しています。絵柄は修と遊真。
(しかしこうして見ると白黒コンビといい黒キューブといい… 親近感の理由が分かったようなww)


▽ 次にジャンプフェスタ関連

① 12/22-23 開催のジャンプフェスタ2019では、一般開始時刻より30分早く入場できる「ファストチケット」を発行します。
チケットは「展示ゾーン」と「オリジナルグッズ販売ゾーン」とでそれぞれ別になりますので、どちらか一方をお選びください。

招待(無料)券を希望する人は、雑誌版の『ジャンプSQ.12月号』もしくは『週刊少年ジャンプ』46‐49号、または『Vジャンプ12月号』についている応募シートが必要です。
応募要項など以下詳細は、本誌またはジャンプフェスタ2019公式サイトで内容を御確認ください。

② 今年のSQ.ブースサイン会は、
(12/22)加藤和恵先生・竹内良輔先生&三好輝先生・きただりょうま先生
(12/23)助野嘉昭先生・藍本松先生・アミュー先生  の計7名。
今年は、星野桂先生のサイン会はない様子。

なお こちらへの応募にも、応募券が必要になります。



次号1月号は、12月4日発売。
「週刊少年ジャンプ」からいよいよ移籍連載第1回の「ワールドトリガー」が表紙になります。(待ってました♡)


以上取り急ぎ御報告まで。
修正・追加がありましたらまた。

『D.Gray-man 26』の発売が来年(2019年)2月と発表されました。

今日は嬉しい『SQ.RISE』の発売日でそっちを先にと思っていましたが方針転換。
まずはこちらを御覧ください。




まだ3カ月半も先ですが本当に大丈夫ですか小菅さんww 希望をありがとうございます。


因みに私のこれまでの関連ツイートも貼っておきますね。 
ツリーの先までどうぞ。 今回第230夜は35ページの掲載でした。





明るいニュースで嬉しいです!!  それではまた~(=゚ω゚)ノ

『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の書影が公開されました。

日付を跨いでしまいましたが、今晩ようやく次号SQ.RISEの表紙及びその他情報が 公式HPにアップされました。



掲載誌でDグレの表紙絵なんて、一昨年(2016年)の夏号以来なので久しぶりですねー(*´▽`*)  手放しで嬉しいです。
                           ↑
(訂正) …とか、のっけからマヌケ発言でしたが 誌名が「SQ.CROWN」から「SQ.RISE」に衣替えした前々回も、アレンさんが表紙でしたよね!←←  最近ボケが激しくてごめんなさい。m(__)m

付録のクリアファイルもD.Gray-manらしいですが、こちらは表紙に画像が出ていないので買うまでのお楽しみかな?


幼少時代の自分を優しい眼差しで見つめるアレン。
夏のジャンプ展vol.3に展示されていた絵にも 時間差の本人が並んでいましたが(最近のブームですか)、今度の表紙絵の雰囲気的にはこちらを思い出しますよね…
       ↓

IMG_20181015_234538645_10.jpg [画像は『Noche』27頁に再録・小説版1巻のポスター絵]

この絵で泣いている小さいアレンは、時期的にはマナを亡くした直後でしょう。まだ伯爵に出会う前の。
この世でたった一人の大事な人を失って…
そしてそれを慰めるように下から見つめる大きくなった彼。 といってもこちらのアレンもまだ入団前後の雰囲気ですよね。
黒の教団のエクソシストとして、一番希望に燃えていた輝かしい時代。 実際“ホーム”で多くの仲間を得るわけですが。

対して 上のSQ.RISEの表紙絵は一転、小さい方のアレンは新しい伴侶を得て幸せそうです。
それを愛おし気に見下ろす大きな彼の優しい眼差し…という所は共通ですが、前者と比べずっと複雑な表情を湛えていますね。
前髪がペンタクルを出した左分けになってるので、時期は少なくとも会見で14番目とマナの事実を聞かされ その師匠も失踪した後でしょう。 
2年足らずの間にこれほど喜怒哀楽数えきれないほどの体験を経て、今なお侵蝕の苦難と闘っていれば、アレンだって大人びてきて当然です。 
今の彼にとっても 初めてティムと友達になった時の幸せな記憶が心の支えになっているんでしょうか。

現在はその“支え”すら失くすという悲劇の真っ只中ですが、どうかティムも “ふたり”の主人の為に早く復活できますように!

発売日の19日を、首を長くして待ってます。




さて。 その前に 全然進まなかった前回の感想も残ってましたね(何度目)  急がなくちゃww
それではまた。


次の『SQ.RISE』の発売日についてですが。

以前ツイッターの方でも2度ほど呟きましたが、いつも頼りにしていた集英社公式S-MANGAサイトの発売予定表から 現在「雑誌」項目ページが無くなってしまっています。

そろそろ…ということで次号ライズの告知記事を当てしていらした方には申し訳ないですが、まだ分からないです。

そんなわけで。
現在当てになる公式情報源は 『ジャンプSQ.』公式サイトor 『ジャンプSQ.』公式twitterアカウントor RISE発売予定月(1,4,7,10)に発刊される『ジャンプSQ.』誌上の予告 くらいですね。
どれが一番早く出るかは分かりませんが… ちなみに明日10/4が『SQ.』の発売日。



S-MANGA(旧称「集英社マンガネット」)サイト、数年前まで3カ月先の予定表まで出ていたのですが(当時は「集英社ブックナビ」でも予定表が出ていたのでよくそちらと往復していましたね…今は見ることができません)、最近はそれも一月前に短縮されてしまい、それでも最も早い公式情報源として重宝させて頂きました。

情報源が減ってしまいやや心許ないですが、そもそもあちこちに分散していて探し歩く状況自体が望ましくはありませんね。
今後はさらにSQ.公式サイトやツイッターからの より正確で速やかな発信を期待したいところです。

とりあえず次号『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の発売日も 明日には判明するでしょう。
『SQ.RISE 2018 SPRING』が4/16(月)、『SQ.RISE 2018 SUMMER』が7/19(木)でしたので第3週のどこかになるのは間違いないと思われます。

御報告は以上。 それではまた。


『ジャンプSQ.2018年10月号』電子版より定例報告。

今月も、特筆すべき「D.Gray-man」情報は掲載されませんでした。

電子版特典の「血界戦線」再録、今回は「ラン! ランチ!! ラン!!!」。

『SQ.RISE』の告知は、7月から発売中の『SQ.RISE 2018 SUMMER』号の広告のみ。
(“ジャンプブックストア! から電子版『SQ.』の定期購読者には3カ月おきに電子版『SQ.RISE』が無料サービス”という案内もいつも通り)
次号・10月発売『SQ.RISE』の発売日情報はまだ来ていません。

『SQ.』の次号発売は10月4日(木)を予定。 
この号ではRISE新人漫画賞で8月期応募作品の審査を担当された星野先生の講評が掲載されます。(ジャンプSQ.公式サイトからも御覧になれます。)
今月号(7月期)は内藤泰弘先生の御担当。


以下は雑誌版『SQ.』に関するものですが。 公式ツイッターから、アニメイトとTSUTAYAの特典のお話。




TSUTAYA特典の複製原画プレゼントには雑誌版の応募券が必要です。 
いずれにせよ プレゼント対象の5作品中に「D.Gray-man」は入ってないのですよね~(^^; 残念w

取り急ぎ以上です。


あ、そうそう。 もはや『SQ.』もDグレも関係ないですが余談、
「テガミバチ」作者の浅田弘幸先生が、来年1月開始のMAPPA製作アニメ「どろろ」のキャラクター原案を担当されるそうです。
こちらも楽しみにしてますよv



それではまた(*´▽`*)


『D.Gray-man スケジュール帳2019』の予約期限が迫っています。

2年前には久々にD.Gray-manの原作絵大判カレンダー(『D.Gray-manコミックカレンダー2017』)が発売されましたが 残念なことに昨年は出なかったんですよね。

でも今年はあります。 (「カレンダー」ではありませんが)来年向けスケジュール帳です!
ここでの紹介が遅れてしまったので初耳の方もいらっしゃるかもしれませんが、
既にJCS(ジャンプキャラクターズストア)にて予約受付中で 〆切は明後日・8月15日迄です。

リンクは下のツイートから。 一部中の見本も掲載されているのでぜひ御検討下さい。
表紙が「闇の吟」の扉絵の玉乗りピエロでお洒落ですよね~!! テンション上がりますw


値段は税込1,944円(ほか送料・各種手数料など条件によって変わります)。
全64ページ、B6判
発売は今年の9月を予定

大判カレンダーですと絵の鑑賞には申し分ないですが、家の中で貼る場所が確保できない・家族と趣味が合わない等で涙を飲んだ方も多かったと思います。 でも手帳でしたら ①置き場所に困ることはないですし ②実用的だし ③カレンダーより安いし といい事づくめですよお~♡

この通販サイトJCSには 現在開催中のジャンプ展vol.3 で発売中の商品も出てきますので(10月以降)、地方在住でジャンプ展はおろかジャンプショップにも行けず残念がっている人は忘れずチェックしておいてくださいね!

それではまた。

『ジャンプSQ.2018年9月号』(Dグレ関連)定例報告。

今朝、電子版にざっと目を通していたのですが 「D.Gray-man」情報に限っては特に新しいものはありませんでした。

先月発刊の『SQ.RISE 2018SUMMER』号の広告が出ています。
雑誌版購入者に限りますが、「血界戦線」or「D.Gray-man」Tシャツプレゼントへの応募は今月19日までですのでお忘れなく。

電子版特典の「血界戦線」再録、今月は「Zの一番長い日(後編)」でした。



次号10月号は9月4日の発売になります。

アレンフィギュアの「別顔パーツ」のこと

[御注意] 記事カテゴリーを前回同様「告知」にしましたが、今度の内容は単なる個人的憶測に終始していますのでお許しをw



そういえば、アレンフィギュアにも神田フィギュア同様 「別顔パーツ」が付くとの情報がありましたね。

神田の方は発表済みで このサイトページの真ん中辺に出ています。 「追加パーツ」の所。
歯を食いしばり敵を睨みつける表情がりりしいv 
今日のワンフェス会場では もっと確認しやすい展示になっているかも。 楽しみです^^


一方気になるアレンですが、現在公開中なのはこちらのやはり中央付近、「付属品」の所の画像。

いわく「別顔パーツは現在制作中です」 「画像は見彩色原型です。商品は彩色されます。」

・・・これで型は決定なのかしら。 デフォルトの表情より口元の開いたハッキリとした笑顔になってますが。
またこのサイトから細部までは見えづらいですが、瞳孔が縦長になってるようにも??  気のせいですかね。  

ちなみにアレンに代わりネアが表面化して千年伯爵を前にノアを発動(?)しだした時の 白目部分が黒く「瞳が金色」(=第225夜のジョニー発言)になる状態でも、最後まで肌が黒化したり瞳孔が縦長に描かれることはありませんでした。


とにかく、今度の別顔パーツが ノアのように黒く塗られることだけはないと思います。 
物語中アレンの肉体がメモリーに侵食され気を失いかけていた時にだけ、肌が黒くなるにつれ瞳孔が縦長になる描写が出てきましたが(第202-203夜と第212夜)、そうなったらもう笑っていられる余裕すらなく 何よりも肝心のイノセンスが発動不能に陥る所が肝だったと思うので。



現状未彩色というのは故意なのか単にスケジュールの都合なのか分かりませんが、あらぬ方向まで想像をかき立ててくれますよねww どうでもいい空想が楽しいわ(*´ω`*)♪

フィギュアには原作者の星野桂先生の監修も入っていますし、最終結果が分かるまで楽しみに待ちたいと思います。

それではこれで。

アレンフィギュアの予約が開始しました。



詳細はリンク先のANIPLEX+公式サイトにある通り。
また、取扱店舗は「ANIPLEX+」のほか 「あみあみ」でも同時発売します。
各店ごとの特典あり。

<アレン・ウォーカー 1/8 スケールフィギュア> 概要
(彩色済み完成品)
価格: 18,800円(税込)
予約注文受注期間: 7/27-11/11 (24:00まで) 
発売予定: 2019年6月
付属品: 台座、別顔パーツ(現在作成中)
特典: [ANIPLEX+] チャームセット(神ノ道化の仮面&ティムキャンピー)
     [あみあみ] アクリルスタンド(アレン)

先日SQ.公式からのツイートもあって続報を楽しみにしていましたが、この告知で見る限り想像以上の出来栄えですね!



今回特別ANIPLEX+のみ、今年12月発売予定になっている神田フィギュア(税込14,800円)の再受注が始まりました!
アニプラだけかと思いましたら、後にあみあみでも案内が追加されましたね。 受付は以下のリンクから。
〇 ANIPLEX+
〇 あみあみ

両店舗とも、こちらの〆切は8月26日まで。


さらに アレンフィギュア・神田フィギュアとも、明後日7/29(日)幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2018夏」への出展が決まっています。 
(今気付きましたが一枚目のアニプレックスさんのツイートで開催日付が「30日」となっているの、「29日」の間違いですね)
入場券等の詳細はリンク先へ。
台風の影響等なるべくないことを祈ります。 行かれる方はどうぞお気をつけて。

それではまた。



※ 追記 ('08.7.28)

先日フィギュアデザインにつき、「足元が何でサイコロ?」的な呟きを見ましたのでちょっと補足。

前回の神田フィギュアと今回のアレンは対を意識したという説明もありましたが、このイラスト(第106夜扉絵)を参考にされたのでしょう。 特に神田のポーズは、こちらを踏襲したものと思われ。

IMG_20180728_094805_15.jpg 
(引用画像は画集『Noche』P78-79より)


そしてアレンの肩に大剣を担ぐポーズは 気付いた方が多いと思いますが、こちらの第188夜扉絵から。

IMG_20180728_094630_15.jpg
(引用画像は画集『Noche』P60-61より)

神田の団服や六幻のステージが違うとか 元絵ではアレンがマントを発動していないし表情も変わっているなど デコマス完成に至るまで処々変更点はありますが、そこがアレンジの腕の見せ所でもあります。

個人的には 当時なかった歯をむいて笑う表情豊かなティムキャンピーも嬉しいし、何よりも ハログレ関連商品として企画されながらほぼ原作絵が使われていて、漫画「D.Gray-man」へのリスペクトをひしひし感じて胸いっぱいでした。


これだけ言いながら我家の事情的にお迎えはムリ(泣)なんですが、御無理でない方はぜひこの機会に…
申込締め切りが11/11「もやしの日」迄なのもポイント高い()ですね♡(*´▽`*)

ではでは(笑)



最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
48位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」