第228夜「A.Wに別れを告げる・毒と標」③

★ Made from …

アポクリフォスがティムキャンピーに突き刺した「おまえを壊せる唯一のモノ」とは、やはり コーネリアの一部であったことが言明されました。
破壊される過程でティムの全身を覆っていく“黒い手”型の影からダークマターの関与を疑っていますが、実際何が起きているのかを想像するのは難しいです。

ただティムの原材料については、正統派ゴーレムの製法に則り「土(あるいは泥、砂)」を使ったとみて良いように思います。

“アレンが毎日お風呂でティムをピカピカに磨いてやっている”というエピソード(コミック25巻談話室&『灰色ノ記録』参照)がありましたよね。 あれから、昔ブームになった「光る泥だんご」を思い出しまして(…さすがに「鍋磨き」はやりすぎと思いますがww)。 
ゴーレム=「泥人形」ならぬ「泥だんご」って、モチーフ的には面白いかなと。

タロットから見ても、A.Wの12/25生まれ(やぎ座)の属性が「土」(ウェイト版解釈)に分類されることと一致します。

さて そうとした場合どこで採取された土かですが、やはりマナネアの故郷・コーネリアの根元からすくってきたのではないかと… 
クロスがキャンベル家のサイラス氏だとしたら、野外実験に凝っていた彼のこと 容易に手に入る材料だったでしょう。

ティムのボディの コーネリアの破片が埋め込まれた箇所から次第に割れ目が広がっていく描写が、なにか 植物が生長しながら根ざした岩をも砕く姿に似ていましたね。 
そうやってコーネリアの根元に抱かれ 泥人形が“元の姿に還る”ということなのかな~などと想像ばかり逞しくしています。



★ 襲撃

これはもう 他の解釈が無理なくらいはっきりと、第203夜でクロス・マリアンに断罪者の銃口を向けていたアポクリフォスの その後の犯行シーンが出てしまいました。
弾は仮面で覆った顔の右半分に まともに当たってしまっています。(´Д`;) 

この“襲撃事件”の時だけでなく、アレンの独房に忍び込んだ時も、部屋の外の見張りは記憶操作で眠らされただけで済んでいましたので、憎悪に操られ人を傷つけることを楽しんでさえいるノアと違い アポクリフォスは不必要な殺生に走らない主義ではないかなどと少し期待はあったのですが、見事に裏切られました。
結局「菜食主義」とは何だったんですかね(苦笑)

他にも、ガチで戦いを挑んできた神田に対し記憶操作で無難にやり過ごそうとしていましたが、結局のところそれら全ての行動原理は思いやりとは無縁の、感情を持たぬ彼らの「都合」でしかなかったんですね。 
有用なうちは大事に扱い、不要になったら切り捨てる。
計画上重要な駒である「アレン」を エクソシストとしてここまで成長させ護ってきたクロス・マリアンすら、もう 用済みどころか邪魔以外の何物でもないと判断されたのでしょう。

安否がひたすら気になるクロス師匠ですが、とりあえずロードの手により まだどこかこの世に繋ぎ止められていることは確かなようで。

ただ、ロードにしても 第222夜の「それまではねむってなよ クロス・マリアン」という言葉が、あまり優しく響いてこないので…
幻の師匠でアレンを館に誘った彼女にも何かネア絡みの計画がありそうですが、あまり酷いことにならないといいな。



★ 果てまでふたり 

これまでクロス・マリアンという人の本音が聞ける機会はほとんどなく、ヒントになるのは虚々実々織り交ぜた師弟会見の時の言葉と切れ切れの独り言や声に出さないモノローグ、あるいはティムのメッセージボイスくらいですが、それにしても毎度どうとでも取れる言葉の解釈に悩みましたよね…
今回はそれらの迷いを払拭してくれそうな大サービス回で嬉しかったです。

「辿り着けよティム   おまえはなにがあっても果てまでふたりについて行け」
「オレにしたように 迷子どもの標になってやれ」


師匠がありったけの力を込めた最後のメッセージ。

35年ぶりで現在に復活したネアも クロスが瀕死のアレンを引き取ったばかりの頃同様、「アレン」の人格はじきに自然消滅すると信じているようですが(「夢をみるたびアレンは消滅し最後はオレだけが残る」(N215))、クロスの方は6年間アレンを弟子として鍛え見守るうち もうとっくにその考えは捨てていたんですね。
今のアレンなら、ネアと共に生き延びる強かさがあるとの確信が無ければ こんなセリフは出ないでしょう。

その一方で クロスはネアのこともいまだ気にかけていて、二人揃って最後まで行く未来を望んでいる。
それってつまり、ネアがマナとの約束を果たすため行こうとしている「最後の旅」に、アレンが同行することを願っているわけで。
アレンがそうしたとしても、エクソシストとしての道をひたすら歩いてきた彼の意志とは矛盾しないというわけですよね。
(だったら、「千年伯爵ヲ倒シテ自分ガ千年伯爵(=ノアの親玉)ニナル」ってのだけはないですね(^^; アレンをエクソシストにしたのは他でもないクロス自身ですから)
結局は、ふたりで<千年伯爵を倒し、マナの魂と世界を救う>ことになるでしょうか…  
まだ急いで結論を出さなくてもいいかな。

さて。 そうしますと、これまでイマイチ情報不足だった仮説も復活です。

① 夢の麦畑に登場し、「お前は消える」を連発し アレンをそのまま消滅に導こうとしていた“師匠”は偽物。
→ でないと 上述のクロスの想いとは矛盾します。
ただ、アレンにカテリーナの情報を置いて行ったので 単なる夢ということでもなく… あれはロードが見せた幻だったと思います。

② 北米支部でアレンのノア化が本格的に始まった時、夢の中でアレンに近付き片仮名で自己紹介した黒肌聖痕「ネア」も偽物。
→ クロスがティムに仕掛けた術がみごと発動し、結界を破って“自称ネア”は退散させられましたから。
ここも、出てきた「ネア」が本物ならクロスがネアとアレン双方を応援している事実と馴染みません。 ですので、第214夜でようやく目覚めた本物のネアとは別の存在(一番考えられるのは、ノアメモリーの宿主なりすまし)だったという解釈です。 
あそこでアレンに触れることに成功していたら、そのまま姿をアレン(新しい宿主)に乗り換えていたのかも…

以上。


それと、上の師匠のセリフから、ティムの将来にも希望が持てますね!
アポに撃たれて意識をなくす寸前、彼の視線は 木片を我が物にしたアポの動きをハッキリ捉えていました。
ティムがそれによって壊される危険を知りながら、それでもなお「辿り着け・果てまでふたりについて行け」と命じているのです。

それが意味するのは、ティムにはまだ復活の望みがあり 二人と再び合流できるという自信でしょう。 今後に期待♡



★ 標 (しるべ)

「その場所があるかどうかも 辿り着けるかどうかもわからない 在るのは道標だけ」

道案内のポールが立つ 象徴的な一コマ…
[まっすぐ右を差す標識が“CANBELL”/左を差すのが“The 14th”/さらにそれらから90度別方向に黒い標識の“MANA”と]
“NEA”と“ALLEN”が見当たらないのは当人だからか。 
14番目とキャンベルが真逆の方角なのは、無事キャンベル邸に辿り着いて先へ向かえるか あるいは(ネアを「14番目」と呼ぶ)ノアの手に落ちるかということ? マナが明後日の方を向いているのが分かりませんね。
想像力を刺激してなかなか意味深です(…と今は笑ってごまかす💧)

そして重箱の隅で恐縮ですが、やっぱり気になっちゃう… 
本編コマに初登場の「キャンベル」英文字ですが 標識の綴りが“CANBELL”なんですよぅ
ちなみに ファンブック『灰色ノ記録』では、ネア、マナ、母さまはともに“CAMBELL” ←上との比較では“N”と“M”の違い。
さらにVIZ版英訳『D.Gray-man25』では、第219夜でネアがマナに語りかけるフキダシの中の綴りが、“MANA D.CAMPBELL”と、“NEA D.CAMPBELL”でこれもまた別。 
最後のが一番よく見る綴りではありますが、Dグレ世界はわざわざ変えている名前が多いので 多数決という訳にもいかず。

やはりここは公式ファンブックの綴り(CAMBELL)に軍配を上げたいですね。
この第228夜の絵も、コミックス26巻に収録される時は修正があるかもしれませんし。


最後まで残る疑問。 ティムが「標」って具体的には 何を指し示してくれることなのか。 それにはクロスも助けられたという…

例えばですが、方舟戦で クロスにも入れなかった「14番目の秘密部屋」にアレンを連れて行ったのはティムでした。
もしかしたらアレン達が目指すであろうキャンベル邸も、普通の人間がただ足で歩いて到達できるところではないのかも。
何といっても ノアの手を逃れた瀕死のブックマン(or ジュニア)がそこに保護されているというのですから、敵が易々と入り込めないように特殊な結界くらい張っているかもしれません。


妄想もきりがないので 感想はここまでにします。
次回が楽しみですね!!
それではまた。


第228夜「A.Wに別れを告げる・毒と標」②

『SQ.RISE』初の掲載は、扉絵含め12頁でした。 
連載各回のページ数は 読者的には多いに越したことはないんですが、今回は特に「マリアの視線」と並ぶ重要かつ番外編的な内容でしたので、他のエピソードを交えずこれだけに押さえたのは 意図的なものだったのではと思っています。

次はもっと多いといいな!! ←



▽ 本編

★ ともだち

[クロス] 「こいつはティムキャンピー  オレが造ったゴーレム」
クロスがアレンに等身大のティムを抱かせて“ゴーレム”の解説を始めようとするが、アレンは マナに聞いたお伽話でわかっていると答える。
「へぇ… どんなお伽話だ」

[アレン] 「ゴーレムをともだちにできる人ってホントにいたんだ…」 とティムを見ながら呟くアレン。
“ともだち”という単語がクロスの脳裏に生前のネアの姿を引き出したが、とたんに彼は険しい表情となって「…冗談じゃねぇ」と呻いた。

アレンにティムを預けさっさと部屋を出ていこうとするクロスへ、アレンが後ろから声をかけた。
[アレン] 「僕も… ティムキャンピーとともだちになっていいですか……?」
[クロス] 「知らんわ 寝ろ!」

扉一枚隔てた先で、クロスはようやっと本音を漏らした。
[クロス] 「ケッ  そいつはとっくの昔からおまえのツレだろうが…」


この場面が、クロスがアレンに遺したボイスメモの冒頭(第165夜・第173夜)部分とちょうど噛み合いますね。
(ティムを)預けると言って渡したが… はじめからお前にやるつもりだった」 
⇒ 理由は、“とっくの昔からおまえのもの(= ツレ, ともだち)”だから。 
(ティムの製造者はクロスでも 持ち主はネア(「オレノ ティムキャンピー」)だったし、むしろ預かる立場はクロスの方でしたと)

また今回のクロスのセリフ中「おまえ」が指す人物は、今ここにいるアレンと昔のネアとがごっちゃにされているのが意味深です。
ここから6年を経た師弟会見の終わり近く(第168夜) 、食ってかかるアレンの問いに「14番目(じぶん)にきけ」「今度は途中で死ぬんじゃねェぞ」と言い放ったのと似た空気を感じますね。

ただ、クロスは少なくともこの時点(アレンがマナを壊し自身も心身崩壊寸前だったのを引き取り、看病の末ようやく落ちつかせた頃)では、いずれネアの人格が浮上してくればアレンの方はもたないと見ていたわけで(第206夜参照)。
このガキがいずれどうなろうが「知ったこっちゃねェ」とマザーの前では悪態をつきつつもアレンにティムを「貸して」やったのは、少しでも長い時間 元相棒と一緒にいさせてやって、心安らかに過ごさせてあげたいとの配慮だったと思います。

にもかかわらず 当人の前では不機嫌を隠そうともせずに当たり散らすクロスですが。(;^ω^)
それは、早晩この子供に降りかかる悲劇を思うと やりきれなさや、器をこの子供に選んだネア(実際はそうじゃなかったですが)への怒りやらで、どうしたらいいか分からないほど彼が苦悩していたことの裏返しだったかと…
つまり 弱い者が蹂躙されるのを見過ごしにできない彼の性根の優しさからだと思うんですよね。 そしてそれが表に出せない不器用さ加減ww

… ここでちょっと脇に逸れますが、「預ける」で ロザンヌを友人のクロスに託したクロウリーの祖父のことを思い出しました。 
アレイスター一世という人物がそうした真意は分かりません。 ですが、こちらのケースでももしかして イノセンスに取り憑かれた幼い孫を不憫に思ったからかしらと… たとえそれが逃れられない運命の先延ばしで、一時の気休めであったとしても。
(そもそも魔術で適合権を一時保留なんていうマネが可能だったかどうかすら分かりませんが、屍のマリアのイノセンスやAKUMAのダークマターへの一時的介入(改造)といったクロスのチート技を見ていると 全く不可能ではなさそうですよね)


しかし、ゴーレムが頻繁に登場するマナのお伽話ってなかなかのパワーワードですよ!
公式でいつか絵本でも出ないかしら♡
マナと一緒だった頃のアレンといえば、クロスの言では「生意気でひねくれた口の悪いガキ」と散々ですが、それでも一流のエンタテイナーだったマナの話術には夢中になって聞き入っていたことでしょう。

愛していた「息子」に、夜毎「ともだちゴーレム」の話をしてあげるマナの想いはどんなだったか…
あの ネアが一瞬思い浮かべた、ティムとの平和そうなツーショットを思い出します。

IMG_20180428_101937trim.jpg (第221夜より)

ティムキャンピーを肩に載せたマナは、14,5歳くらいかな。 
ボサついてみえる猫っ毛頭はともかくとしまして(ひたすら可愛いww) 良家のお坊ちゃまらしくきれいに整った身なりに屈託のない笑顔… ここには回想に登場するたび泣いていた暗さが微塵もありません。
きっと 千年伯爵の脅威が まだ本格化する前のことでしょうね。

そしてそこに当たり前のように存在していたティムキャンピー。
アレンと共同生活を始めたマナが この健気なゴーレムのことを覚えていたかどうか分かりませんが、幼い息子にゴーレムは大切な“ともだち”と語って聞かせた彼の気持ちに きっと嘘はなかったと思います。



★ ゴーレムを造るということ

資料を探していて最近読んだの中に、こんな解説がありました。

「ゴーレムという言葉はとても古くからある。そしてもともとは、ユダヤ教という特定の宗教の中に登場するものだ。しかもそれは、或る意味とても宗教らしく、現実離れした部分を抱え込んでいる。ゴーレムとは、卓越したラビ(※rabbi=この場合ユダヤ教の修行者のこと)が造り出す一種の<人造人間>のことだ。」P7

「ゴーレムに深い関係を持つ文献がある。それは『セーフェル・イェツィーラー(創造の書)』である。」
『創造の書』を理解したということを確認するために、その書物に開陳されている秘密を使ってゴーレムを造る。」P32-33
「それは神の行為をまねることを目的とした本だとも言える。」P36
以上、金森修 著『ゴーレムの生命論』より

聖書では 神は、土(アダマ)から人間(アダム)を造る際 最後の仕上げに“息”を吹き込むことで命を与えました。
ゴーレムの作り方もこれに似て やはり土を材料に人型を造り、その額や胸などに“護符”を貼ることで完成します。 護符に書かれる文字は「真理=emeth」。 この文字列を一部無効化すればゴーレムも動きを止めるとか。

神の御業の真似事とかヤバい感じがプンプンですが、ともかく ゴーレム(人造生命体)を造れることそのものが魔術を習得した証になるというのです。

D.Gray-man世界のゴーレムにこの話をそのまま適用することはできないにしても(人型に護符とかむしろ教団が造ったセカンドエクソシストの作り方ぽいですよね)、
例のマザーのセリフ 
「おまえは真理に触れ人の境を越えてしまったんだ」
「その木片でティムキャンピーを壊したところで解放されることはないのかもしれない」

が指している意味を考えるに、魔術師(≒魔導士)となる為に必要とされる条件の逆を行っているので、
当時のクロスが(何かを理由として)復活してくるネアの協力者であり続けることに疑問を感じ、できればその役を降りたい、魔導士なんぞ辞めてもいいからマナネアを含む全てとの関係を断ち切りたいとまで思い詰めていたのでは… なんてちょっと思いました。

だって、クロスが「外野」扱いとはいえ四半世紀以上を費やして出現を待ち続けた“アレン”を見つけた時、それは予想外の姿でしたが まるで喜ばないどころか当人を殺しかねない勢いで怒っていたのは理解に苦しむ所でしたし。(小説版) 
それはネア復活のため無関係の幼い子供が犠牲にされたことへの失望と怒りだったんじゃないですかね…  
おまえは自分の目的を追求するあまり そこまで腐ってしまったのかと。

あと クロスの発した「壊したくてたまらない存在(もの)」という 酷なセリフが悲しくてね~(´;ω;`)
小説版では確かにティムがアレン(ネア)の身を守る為クロスに盾突くシーンもありましたが、ティムが単体で 製造者にそこまで憎まれる理由はないと思うので。




続きはもう少し。 あまり長くならないつもりですが、ここでいったん切ります。
それではまた。

 

『SQ.RISE 2018SPRING』 第228夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・毒と標(しるべ)」①

★ 表紙
掲載誌は今季号から 『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』 ⇒ 『ジャンプSQ.RISE(スクエアライズ)』に衣替え。
今の一番人気は「血界戦線 Back2Back」なんじゃと思いますが、この節目に表紙絵のセンターがアレンさんという厚待遇は嬉しいですねv 
書店の平台でも目立ってましたよ^^  またいつかのようなDグレ難民が出ませんように!

最近のアレンさんには頭に何かかぶるブームが来てるみたいですが、こんな鮮烈な赤のエスニックも素敵ですね。
柄は、今回本編(まだ子供時代ですが)に登場する インドのお屋敷?のテキスタイルっぽい。
黒の教団入団前にしばらくこんな時期があったことを思うと、天涯孤独の身とはいえ こんな風に危機を救ってあげたお陰で彼に恩義を感じている人達が、世界中にいるんでしょうね(*´v`) 


★ 筆者コメント (巻末目次欄)
「去年ファンブック祝いに文具店巡り付き打ち上げをやろうと言われたけどあれは幻だったと思うことにした。」<星野>

こんな所で 口約束を反故にされた星野先生の恨み節www
掲載誌のリニューアルなどどこ吹く風で、先生の通常運転ぶりには笑ってしまうと同時に安心しました。
Dグレの物語自体は何の滞りもなく進行中ですし、不安な気配はどこにも無いです。

表紙をめくると最初に飛び込んでくる 同時リニューアルを果たした新人漫画賞の告知。
『ジャンプSQ.』の増刊という以外あまり認知されてこなかったこの雑誌のコンセプトが、あらためて強調されています。
将来に向け本気で若手を応援しようという編集部の意気込みが頼もしいですよね… 
その憧れの目標の一つに「D.Gray-man」が掲げられていることも。


★ 扉絵・副題
いよいよ逃げ場がなくなってきましたね。
第206夜「マリアの視線」、第222夜「Hypokrisis」と感動回を重ねながら、フラグも着々でしたから。
最初と最後のアオリでたたみかけるように「遺」の字が使われるなど… 今回もなかなかにしんどいです。

「遺した者に託す存在」 opening
「クロス・マリアンの遺した言葉 ---」 ending 
※ あと、本編冒頭は
在りし日のクロスが語りだす ---」でしたのでこれも追記。

こうなると「アレン・ウォーカーに別れを告げる」のは、“エクソシストのアレン・ウォーカー”の生みの親である師匠のことかも知れませんよねぇぇ。(´;ω;`)

渾身のカラーイラストは、ゴーレムの生殺与奪を握るクロス・マリアンその人。
煙をくゆらせている一見“タバコ風”はあれでしょ? アレンとの最後の面会時に、彼を守る術をティムに仕込んでいたあれ…

DG17_167.jpg (引用は17巻第167夜より)

副題は「毒と標(しるべ)」。
ティムを壊した「木片」はダークマターを含むものじゃないかという考察も先月やったばかりですが、それがやはりコーネリア由来だったことが明かされました。

一時はそれを使いティムを壊すことも考えたというクロス。
でも、アポクリフォスの襲撃時 とっさにそれを手にしたのは、奪われまいと必死だったからだろうと思います。


この続きは次回にしますね。

それではまた。


第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」④

★ 伸びる黒い手

破壊されたティムのくだりはあまり直視したくないところでしたので簡単に流してしまっていました。 あれから4年経つんですから早いものです(^^;
今でもティムが何から作られているかなど肝心なことは見当もつきませんが、あの凶器について思ったこと。

IMG_20180306_145743a.jpg (『SQ.CROWN2018年WINTER号』掲載第227夜より)
ビン詰めにされたティムの亡骸… 何色でしょうねこれ。
アレンとジョニーの初見の感想がそろって「塩?」でしたから白っぽい粉末かな。 そこに黒い粒が点々と混在した風。


IMG_20180306_154747a.jpg (『D.Gray-man 24』掲載第216夜より)
ティムがアポクリフォスに襲われた時の様子。 胴体部に突き立てられた謎の「木片」から 5本指を持つ手のような黒い影が幾つも伸びて金色のボディを覆っていきます。 
“5本指”とは、デビルスター(逆さペンタクル)の五芒星にも通じる所があるかなと思ったり…

こうしてティムの体はボロボロに崩れ その後も細粒化が進んでいきます。 ただ、芯まで真っ黒になるわけではないんですね。
変色は表面の金色だった部分に限られるようです。
色だけの判断ではあまり当てになりませんが、ひょっとしたらティムの復元能力はあの金色の表皮に秘密があるのかな?
アレンが毎日しつこいほどティムを磨いてやっているエピソードがファンブックに出ていますが、案外クロス師直伝の重要なメンテナンスだったかも…


さて“覆い隠す黒い手”で思い出すのは、AKUMA化されてしまった時のアルマの姿ですよね。
セカンドの印である左胸の梵字が、黒い手で完全に見えなくなっています。

IMG_20180304_095957c.jpg (『D.Gray-man 21』掲載第195夜より)
この状況の元凶は、アルマの体内に埋め込まれた卵核(ダークマター)でした。
梵字の玉の呪符の力でアルマの肉体も復元能力を持っていますから、本来ならば 神田がアポクリフォスの記憶改竄に対抗できたように異物を自発的に排除しようとするところですが、そこは9年前の事件で弱っていたせいか それともサード計画の研究班が (被験体として)肉体を生かさず殺さず 卵核パワーとの絶妙のバランスを保つよう調整していたためか、共存できています。 

でもそれを悪用した千年伯爵によりダークマターが強化された肉体は、呪符の力を押さえこみ 残り少ない復元力とAKUMAの能力を引き換えに誕生したものだったんですね。


こうしてみると「黒い手」が伸びてくる描写は、ダークマターの浸蝕そのものの表現に思えます。
それを含んだ「木片」を、何故 相対する存在のアポが切り札として所持していたかは謎ですが もともとダークマター(14番目のメモリー)を含むアレンの肉体と合体しようとしているくらいなので、彼にとっては小さな欠片など全く脅威ではないということかな。
 

さらに物語を遡ると、あの時のアレンの夢も 同様の意味を持つものではなかったかと。

IMG_20180307_122345d.jpg ⇒ IMG_20180307_122430d.jpg (どちらも『D.Gray-man 7』第59夜より)
リナリーのいる方へ近寄ろうとするアレンを引き留める黒い影。
その黒い手がガッチリ掴んでいるのは メモリーの敵である左手のイノセンス。 そして伸びるんですよこれもwww

影の人物がまだ水面下に隠れているということはアレンの肉体へのメモリーの浸蝕が進みきっていないということでしょうが、この場面でもし黒い手により水面下に引き込まれていたら、アレンの肉体は回復しても自我は二度と目覚めなかったかもしれませんね。


他を探したら、こういう“伸びる手”描写がまだありますが こちらは白く描かれているので、やや性質が異なるもののようです。
対象物の「分解」には関与しますが、専らそれだけで 中を浸蝕し性質を変えてしまうものではないようで…
左は、アジア支部までアレンを捕まえに来たレベル3AKUMAの能力。 右は、リナリーから黒い靴を解除するヘブラスカ。
こんな細部まで意識して描き分けられていたとしたら Dグレって本当に良く練られた作品だと思います。

IMG_20180220_090400b.jpg  IMG_20180220_085225b.jpg
(左:『D.Gray-man 9』掲載第84夜より / 右:『D.Gray-man 14』掲載第138夜より)


それにしてもティムの復活が待たれますね。
作ったのはクロスですから、ネアもこうなった時の対処法は聞いてないだろうか…
ドサクサの中彼もアレンの中に引っ込んだままですが、もうリンクから話は聞いてるしアレンの目を通してこの瓶も見えてるよね?

ネアでもアレンでも。 主の号令一つで元に戻ったらいいのにと思います←



さて 第227夜の感想文をのんびりグダグダやってきましたが、また何か浮かべば追加で。
舞台の袖に引っ込んでしまったリンクとかも気になりますよね~💧
アレンも早晩その話は聞かされそうです… いや 彼にとっては思いがけない嬉しい情報なのですが。
 
神田が知った ルベリエが中央庁に内緒でリンクにアレンの監視を続けさせていることや、ジョニーが見たノアと一緒に行動しているリンクのこと、さらにそれを目撃された直後に姿をくらましているのですから 総合するとあまりいい心証はないよねえ…(-_-;)
色々厳しい状況ですが、リンクさんも頑張って下さいませ。  あ、まずこの包囲網から一緒に出なきゃなりませんしね(笑)


それではこれで。 
第228夜も、4月の『SQ.RISE』で無事お目にかかれますように!!!

第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」③

こちら月一ペースになってますが そこそこ楽しくやってます。 Dグレって本当に読むほど深いですね(^^;




★ 神田の沈黙

何とかここから脱しようと一人興奮状態のアレンに 神田はいつになく冷静な説得を試みたわけですが、苦労は実らず。
逆に態度を硬化させるばかりの相手にとうとう
「面倒くせぇ……  もういい 街をでるまでテメェは寝てろ」
となるところ。寸前にしばらく間がありますよね。

「……っ ……おまえ…… ……… ………っ ……… ………」
神田がアレンに向かって何かを言おうとしていますが言えなくて、でもその間も ものすごい葛藤と戦っている様子の。

それが何だったかといえば、最後に師匠に促され彼がやっと切り出した “人の形をしたイノセンス”と それによる“ティムの破壊”のことでしょうね きっと。
さっきのアレンの「ニコイチ」(だから大丈夫)発言を否定するように ティムはもういないことに触れようとして、でもアレンにとってティムがどれほど大切な存在かを良く知っている神田は躊躇したんですよね。 

ただ、それを回避する手段が、一足飛びに「面倒くせぇ 一発喰らわす」になってしまうところがほんと彼らしいというか… 
普段から無口で無表情、その実 他人の心が傷付くことにはおそろしく敏感で でもそこから出てくる言動は不器用そのもので。 
色々想像してたら ちょっと涙が出てきました。

このピンチに割って入って 一生懸命とりなそうとしたジョニーも立派でしたね。
とばっちりのように受けたアレンの暴言には まだ自分も深く傷ついたばかりでしょうに…
「ふつうの人間のジョニー」
そんなことは重々分かったうえ、全てを投げ捨ててアレンの元に駆けつけた彼だとしても。

そんな彼らを温かく見守るティエドール元帥。 
相手を傷付けたくないばかりに衝突してしまう神田とアレンの心の中まで見透かしてますよねw
極めつけはティムの入った瓶を出して見せるところ。 ここで神田の退路を断つ厳しさもまた 深い愛情あってこそです。


外はもうアレンを血眼で探索する殺伐とした空気に満ちて いよいよ危険が迫っているだけに、自分よりも相手を守ろうと必死な “いい人”ばかりのこの空間が、本当に奇跡のように思えますね。


★ 覚悟

ティエドール元帥の言う「これからキミ(神田)が進もうとしている道」 「背負いこむ覚悟」とは、具体的に何でしょう。
元帥がアレン一行を見逃すことと引き換えに神田が元帥になることを承諾した 24巻第217夜から続く話なんですよね。

ただそれは、神田元帥の話が出る以前 彼が六幻を再び手にしたところからの覚悟らしいですから、きっとマテール編で彼とアルマを救ってみせたアレン・ウォーカーの信念(=救済者としての道)にかかわるところ なのでしょう
更に言えば、神田も一緒に アレン・ウォーカーが負っている数多の運命と向き合うこと。
「ちゃんとやりなさい」とは、そういう覚悟で臨むからには、半端な情けからの隠し事は決して互いの為にならないよ、という意味と解釈しました。

こうして神田の成長を過干渉にならないよう見守っているティエドールの存在は頼もしい限りですが、多分それは彼が神田を教団の中枢に連れ込もうとしていることとも通じていて、神田との接触でとうとう馬脚を現したアレンを狙う中央の「化物」と クロス・マリアン襲撃事件との接点に確信を持ったからではないかと思います。
クロス失踪のすぐ後に「中央庁じゃ…」と口走っていたのも、路地裏で倒れていた神田が記憶を取り戻したところで「おまえ まさか…」と言いかけたのも この人でしたしね。

クロスが失踪して教団のエクソシスト元帥は3人になってしまっていますが、私は コムイ室長も含めた彼らがきっと いざとなれば組織の巨悪と戦う気概を持った 心の正しい人達だと信じたいですね。

神田が元帥になる「条件」の方はさて置いても、ティエドール個人としては 頼み込まれるまでもなく 真の意味のエクソシスト(救済者)であろうとするアレン・ウォーカーの生き方には賛同してくれているんではないかな…  
何といっても愛弟子・神田が最大のピンチに、体を張って守り抜いてくれた恩人ですよ。


★ そういえばもう一つ

第217夜を読み返していて今更ながら、記憶操作にごまかされていた神田が アレンに「ちゃんと伝えた」と思い込んでいた「伝えたかったこと」とは何なのかが気になりました。
偽の記憶の中でそれを聞いたアレンは 安堵の顔で神田に礼を言い、自分はもう戻れない教団を「頼む」と神田に言い残し…

思えば橋の下でようやく捕まえたアレンの胸ぐらを掴み(?)感謝の言葉とはとうてい思えぬ怖い形相で神田が切り出したアルマの話は、アレンの失神で中断されていたのでした。(24巻第212夜) 
あの続きかな?

始めは批判的だった神田すら 捨て身で自分達を救ったアレンの行動に感銘を受けここまで変われるのなら、苦しい息の下とはいえ 元から優しい心を持つアルマがアレンの今後の心配をしなかった筈がないでしょう。 「あの子はノア」とも言及していただけに。

なので アルマは最期に神田に、感謝の想いを込めた伝言を託したんじゃないかな…と思います。 
それを聞くだけでも 苦境の真っ只中のアレンが救われるような言葉を。


★ クロウリーとチャオジー

アレンとは戦いたくない思いで一杯のクロウリーと、表情こそ見えないまでも握りこぶしを固め闘志を燃やしているチャオジー。
私も彼ら二人とアレンが対戦する所は見たくないですね。

初対面の頃、アレンの血を吸ったクロウリーは「苦い」と大騒ぎで退散したんでしたっけ?懐かしいなあ(^^;
でも今ではクラウン・クラウンの発動が阻害されるほど元・伯爵メモリー(ダークマター)の片割れの浸食が進みだしたアレンの体。
AKUMAボディの構造により近いものになり、イノセンスの牙にとっては美味しそうな匂いを放っているかも。
それを前にしたクロウリーは「噛み殺したい」衝動がつのり苦しむかもしれません。 二人が会わずに済むことを願うばかりです…

チャオジーの方は デビューしたての「洗礼ノ腕輪」の威力より、当人の“やる気満々”なところが怖いですよね~
彼とは戦いづらいアレンが半端に傷付けられたりすれば、メモリーの爆発的反応が心配ですし。

あとチャオジーの体内に巣食ったままのフィードラの蟲が気になる… 
「蟲」とはどういった存在なんでしょうか。 
適合イノセンスが影響を受けていないのでダークマターでないことだけは確かですが、これも外部からイノセンスの攻撃を受ければおとなしく消えるより暴走しそうで。 チャオジーの身が案じられます;;

すると唯一有効そうなのは、神田の脳から異物(アポのイノセンス)だけを選び排除した 呪符の力を持つ彼の血ですが、そうおいそれとは使えないもののうえ、何より誰も蟲の存在に気付いていないところがね… 



次回はティムのことを少し。 


第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」②

★ アレンの暴言

「僕としたことがまんまと引っかかりましたよジョニー」「神田も… キミたちやっぱり教団の追手だったんですね」

神田の横で余裕の笑顔を浮かべるティエドール元帥と目が合ったとたん 臨戦態勢に入りこんな酷いセリフを吐くアレン。
もちろん本心からじゃないですよね。 今さら神田とジョニーがアレンを騙して近付いていたなんて。

ただ、自分の傍を決して離れようとしない彼らから いつか隙を見て逃げなければとは思い詰めていた。
そこへ最強クラスのティエドール元帥までやって来られて これ以上様子をうかがうのも限界だ、強行突破以外に道はないと一気に全員を切り離す覚悟に出たがゆえの暴言ですよね。


それには全く意を介さず 冷静にアレンの説得を続ける神田。

アレン捕獲のため人海戦術で投入された探索部隊、街全体をカバーする巨大結界、さらにクロウリーとチャオジーが追手の戦力としてここに向かっているという…

だから脱出の手伝いをしてやると続けたかった神田の言葉を待たず、全力で斬りかかるアレン。
「クロウリーとチャオジー」のくだりが、火に油を注いだようでした。
大切な仲間を誰一人巻き込みたくなくて教団を離れたのに、ここでグズグズしているうちにどんどん逃げ場がなくなっていく。


そこへ突然アレンを襲うノアの侵蝕の発作

セオリー通り、イノセンスが発動不能に陥り 床に倒れ込みながらもまだ「平気ですっ」と虚勢を張る姿が痛々しいです(´;ω;`)

「神田もジョニーも もう教団に帰ってくださいよ」
「僕にとって今一番迷惑なのは 僕に関わったせいで傷つかれることなんです!」
「今の僕は誰も守れない」
「自分の始末で精一杯で ふつうの人間のジョニーとか 寿命を削ってる神田とか…っ」 「そんな壊れやすいもの… 自分のそばに置いておきたくないんですよ!!!」


うん ここ全部本当ですね。嘘は言ってない(^^;

ただ一つ気になるのは、自分を本気で気遣う相手に 本人が一番悩み苦しんでいるであろう(しかもどうしようもない)事実を突き付けるなどは これまでのアレンなら絶対しなかっただろうということ。
それって “自分をなくす”レベルで彼が心身共に追い詰められているということで。 
実際 頼みの綱の戦闘能力すら危うくなっていてはね。

一瞬訪れる沈黙。 
夢中だったとはいえ 二人を傷付けたことに気付き、改めて自己嫌悪に陥るアレン。


この手の“暴言”には覚えがありますね。 
北米支部襲撃事件の時、やはり「アルマを壊す」ことだけに集中しようとしていた神田の前に立ちふさがったアレンに、切羽詰まった彼が浴びせた言葉。
「アルマをAKUMAにしたのはお前だろ」 「支部を潰し第三使徒を化物にしたのも ノアのくせに教団にいるお前のせいだろ」
「全部お前のせいだろが ノア野郎おっ」 「お前さえいなければ…!!」


その痛みすら踏み越えて神田とアルマを救いに行ったアレンがいたから、今の神田が存在する。 
今度は神田の番。

D.Gray-manのねぇ・・・ こういった人の間を巡り巡っていく運命というか絆というか 素敵過ぎて言葉もないです。

恩返しという面でも、償いという面でも ここが正念場ですね。 これからも期待してます! 神田さん。


今日はここまで。



第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」①

本編を読む前に『SQ.CROWN』終了のお知らせを見てしまい 私もさすがにガッカリ感は否めませんでしたが、移籍と同時だった華々しいクラウンへのリニューアル自体が 今思えば新作アニメのテコ入れだったでしょうし、そちら関連もそろそろ幕引きにつれ 再び連載は普段着に戻る感じでしょうか…

昨年末の星野先生トークショーやサイン会でも 掲載誌のことには特に触れていませんでしたが、きっと星野先生の元気なお姿やこれからの抱負・ファンとの触れ合いなどいっぱい見てもらって、今後も変わらず頑張りますので安心してねというメッセージが込められていたんじゃないかと… 都合のいい解釈をしております。

今回もページ数は少なめでしたが、絵の一つ一つは文句のつけようもなく丁寧で見惚れてしまいました。
このペースが途切れず続いて行けたらと願わずにはいられません。




▽ センターカラー扉絵・副題

扉は どこか昔のポスター風で、図案化された背景の中に愛刀と佇む神田ユウ。 前号のアレンと対だったら嬉しいなv
色数は少なめで落ち着いた雰囲気。 ゆったりとたなびく長髪と団服の流れが美しいです。

さて ふたご座生まれの剣のスートの象徴は四大元素に分けたうちの「風」なんですよね
(突如タロット) 
「雲」もその関連と見て。

そうしますと 今の神田をカードに求めるならこのイメージでしょう。 ウェイト版小アルカナ・剣のスートの「ペイジ」
第227夜の扉絵はこのアレンジではないかと…
己の過去を顧みつつ、視野を広げ 堂々と問題に向き合おうとする若人の暗示です。
(駒草出版 ジョアン・バニング著「ラーニング・ザ・タロット」参照)
   ↓

page1yua.jpg (画像:Wikipedia「ソード(タロット)より。著者:Pamela Calman Smith  パブリックドメイン」)


神田の青い瞳はどこか遠くの一点を見つめたまま。
その団服の裾がほころび出しているのだけが、微かな不安をかき立てますが…
どうか悔いのない旅を! 

アオリは「漂い、戦う --- 六幻と共に。」


さて 副題も、長く続いた「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて」がようやく終了です。 
今度は「A.Wに別れを告げる」ですか。
「たずねて」になったばかりの頃、タイトルが長すぎるとブツクサ言ってたんですが ごめんなさい 心なしか長くなってない?!www

アレンにきっちり「別れを告げる」主体は多分神田に違いないと思いましたが、どうも今回の様子では 言いたいことを告げてあっさりお別れとはならなさそうですよね。 このシリーズが少し続くのかも。

「秘密と亡骸」の方はやはりティムキャンピーしかないですよねえ…
方舟で秘密部屋の影の人物が「オレノ鍵」と指さしたゴーレム。 秘密の箱が開ききってもいないのに粉にされてしまいました。
ここまで粉砕されたら記憶は残るのだろうか(←すいませんちょっと「宝石」脳なもので) 
あの時師匠がアレンの為にティムにかけてくれたおまじないも、ボイスメモも 消えないでいて欲しいなあ… 
もし原状回復できたとしても 中身がすっかり初期化されてたらもはやアレンの相棒のティムではないし。 泣いちゃいますよ。


▽ 本編

★ フロワ=ティエドール元帥

今回のMVP。 
神田を温かく見守る眼差しと肝心な所での容赦ないツッコミに、今の神田があるのもこの人のお陰であると実感しましたよね。

「人ひとりとちゃんと向き合うのって大変だろう?」 
「彼を追い詰めたくない気持ちは分かる」
「事実を伝えない限り ウォーカーくんは今のように君たちを不本意に傷つける」


全てお見通しといった大人の余裕が憎いですわ。 そしてその師の教えに驚くほど素直に従う神田も。 
人造使徒計画の被験体として生まれた時すでに 神田はその環境のうさん臭さを感じ取るだけの鋭さを持っていましたが、そういった人の心を見抜く観察眼に優しさがともるよう仕向けたのは、彼をここまで育て上げたティエドール元帥以外にないでしょう。

身の安全ということからすれば彼ら全員がのっぴきならない状況に陥っているにもかかわらず ここで人としてあるべき姿を弟子に説いている度胸と懐の深さが尋常ではないですね(^^;

そしてさすが元帥。 トップクラスの技も見逃せません。
最初の一コマ目で 停止した馬車の御者台に座っているはずのティエ師と神田の姿がなくて、てっきり原稿が間に合わなかったのかと←思ってしまいましたが、まあ初っ端からそれはないですよね 失礼を。
後の方のページで 車庫に身を潜めている馬車も同様でした。

つまり御者台を無人に見せているのは、抱擁ノ庭などで隠さなくとも アート・オブ作品の周辺に限り、見られたくないものを選んで見えなくする能力ということでしょうか? 
元帥と神田がここに留まっているのを目撃されるだけでも怪しまれますからね。
この先無事アレンと神田の話がつけば、探索部隊の目くらましのために神田が臨界点突破の大技を発揮して陽動作戦で逃がす算段かしら…  これからが楽しみですね。



※ 追記 (1/26)

上の緑色の文字にした部分、コメントを頂いて見直したところ 残念な勘違いに気が付きました。
よって一応取り下げということで御了承を。
詳細はここのコメント欄を御覧ください。

こういう御指摘は、本当に助かります。
もし他でも見つけられた方は、お気軽にツッコミ頂けると励みになります。 どうぞよろしく!


まだ続きます。

第226夜「A.Wをたずねて・Liveman + Deadman」②

『シロクロライン』のとらみさんのDグレ第226夜感想記事を読ませて頂いて、まだ書き足りなかったと気付いた所を少々。



★ 魔導式ボディの描写
物語冒頭の Dグレ世界の「AKUMA」ルール解説のあと、ついさっきまでこの麦畑にいた“師匠”のセリフが続きます。
おまえはまるでAKUMAに内蔵された魂のように消えるのを待つだけ」

そしてアレンのモノローグ      ↓
------ AKUMAの進化の糧にされる魂たちのように僕も消えるのだと ------
------ 師匠のあの言葉はショックだったけれど もしかしたらヒントを伝えようとしてくれていたんだろうか ------


麦畑に一人立ち尽くし、「帰れる道」を探し始めたアレン。 そこへ遠くから自分を呼ぶ声がして…

という場面ですが、絵では 魔導式ボディの上にアレンの肉体が重なり 彼がゆっくり目を開ける展開になっているんですよね。
これは何を示していたのか考えてみましたが、結論として 2つ意味があるかなと思いました。

まず1つ目。 
素直に読めば、アレンの気持ちをそのまま表現した絵だろうと。 
最初彼の姿が魔導式ボディだったのは、自身で「ショック」を認めているように、“師匠”からのセリフの影響がモロ出てしまったからだろうと思います。

「おまえはまるでAKUMA」  ⇒そうか僕はAKUMAみたいな存在だったのか…

でも そこから “自分の呼び名に反応し 絵の中の魔導式ボディが現実のアレンに肉付けされていく”様子は、一人で行き詰っていた所に 突然希望がふってわいた瞬間だったかと思います。

いつの間にかつむっていた彼の目が開いたのも 内向きだった彼の意識が 外に向けて開かれたことを指し…
仲間とホームで過ごした記憶は、自分が確かに存在していた大きな自信になりますよね。 

そして2つ目。
印象的な「まるでAKUMA」という表現は、そこの図解も含め A.Wの正体の暗示だと思います。

アルマ編から度々 「ダークマター(およびそれで製造されている魔導式ボディ)は人の魂を閉じ込める性質がある」と強調されるようになりましたが、「魔導式ボディ」そのものでなくても ダークマターを内包している「アレン」の構造はAKUMAによく似ているということではないかと。
一般のAKUMAとイコールでないからこそ 「まるで」と言ってるわけで。 

アルマ編は「アレンの物語を進める布石」とも言われていましたが、肉体がダークマター化して魂がゆるい鎖で繋がれた状況に陥ったアルマがモデルケースでしょう おそらく。
そしてアレンもまた 北米支部で六幻に刺されていよいよ本格的に14番目メモリーが表出するという所で、意識を失った彼の夢の中ではアルマの魂の「あの人」のように“ゆるい鎖”がかかって椅子に繋がれていました。

AKUMA化アルマとアレンの状況が似ていた理由は、アレンの肉体も 取り憑かれたノアが通常のものとは異なり 千年伯爵メモリー(の片割れ)という特殊事情から、ダークマターの浸蝕を受けているためだと思うのですよね。
マテール到着後のアルマのセリフにあった
「あの子はノアだよ…」「それも… ひどく伯爵と」
も、このことを言いたかったのだと思います。 つまりは現在「千年伯爵」を演らされているマナと中身がそっくりだと。


※ アレンの肉体のダークマター関連記事です。 ⇒ 「痩せの大食い。」  「自撮り疑惑。」
あと、マナのメモリー関連で。 ⇒ 「VIZ版「伯爵」の一人称。」



★ 「ホーム」集合絵メンバーの人選
アレンを現実に引き戻す力になった「絆のこえ(呼)」の主たちですが。
ホーム代表としてもちろんリーダーのコムイ室長と、アレンを真っ先に追いかけてきてくれたリナリー。
ジョニーの後ろには彼を送り出した科学班1班のリーバー班長、ジジ研究員、
イノセンスを失うという最大の苦境に立ち会い力を貸してくれた亜細亜支部の面々(バク支部長・フォー・若手3人組)、
ほかエクソシスト仲間としては ミランダ、クロウリー、ティモシー

最後の3人は、アレンが直に関わり教団入りさせた エクソシストの後輩たちですよね…

今回絵の中に神田やラビは不在だし、アレンとの「絆」の話をリナリーにしてくれていたマリすらここには見当たりません。
それで思ったんですが、こういう時アレンが真っ先に思い浮かべる人というのは、見守られるより 自分が守りに行ってやりたい相手なのではないかなあと。 勝手な想像に過ぎませんが。


また何かあったら追記しますね。
とりあえずきょうはここまでです。

第226夜「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・Liveman + Deadman(ライブマン アンド デッドマン)」

待ちに待った発売日。 『ジャンプSQ.CROWN 2017AUTUMN』号が、日付が変わると同時に配信されました。
Amazonに3日前発注した雑誌版の方は 今日午後発送・明日到着予定とか。 
やはり電子版の購読を始めておいて良かったです。

さて、今号にはまだ早すぎるのか ジャンプフェスタの関連記事は無いようですね。(電子版ざっと見では) 
ジャンフェスサイトも本格的な情報公開はまだこれからですから。 
星野先生のサイン会情報などが気になる方は、今後も公式サイトや月刊『ジャンプSQ.』、週刊『少年ジャンプ』などでチェックよろしくお願いします。

今回、D.Gray-manはセンターカラーで、扉絵を含め21頁でした。
巻末目次ページの星野先生のコメント
「長年の夢だったラビフィギュア。設置時に鉄槌の尖った先っちょが手に突き刺さったのは私だけじゃないはず。」<星野>

鉄槌ってそんなに鋭かったんですか 怖っ💦  先生お大事に! お買い上げの皆さん、お怪我はなかったですかー?

この目次ページ最下段には「次号のジャンプスクエアクラウンは018年1月発売予定!」と一行告知です。
前回の秋号と同様で、次号のクラウン広告はありませんでした。
掲載の有無の心配まではしていませんから、楽しみに待っていますね!

たいして参考にならないかも知れませんが、WINTER号の発売日は去年が1/22、今年が1/20でした。
それでいくと、来年はまた1/22(月)あたりかな。



★ 第226夜扉
同系色に押さえ派手さはありませんが、構図からは力強さを感じる美しい扉絵です。 
オレンジと赤だけで描かれた背景のリースの植物は何でしょうか… 実もついていますが葉っぱは西洋柊じゃないですね。
葉のあちこちが斑に赤くなっていてちょっと血飛沫のようでもありますがww、不思議と暗さはありません。

右手にトランプカード(♠A)を一枚持ち、少年ぽい微笑を浮かべたアレンさん。
クラウン・クラウン発動中でやや髪は立ち気味、襟元にはクラウンの仮面。 
この仮面の形がこれまでと違い、脇から翼が生えてきたようなデザインで素敵ですよね~
マントも それと合わせたように途中から大きくうねり端から縮れ、このまま翼に変形していきそうな勢いですよ。
カッコいいわ美麗だわでいつまででも眺めていられそうなイラストでした。 ありがとうセンターカラー♥


★ 副題・アオリ
サブタイトルは「A.W (アレン・ウォーカー)をたずねて・Liveman + Deadman」
「生者と死者」とはそのまま本編冒頭のことば。

アオリは 「歩み続けよう。たとえ運命に背いても ------ 」
ティキがアレンに渡したカードとは絵柄も違いますが、一般に「スペードのエース」は多くのゲームで最強カードである一方 俗に死だの悲運の象徴ですよね。
それをあえて手にして不敵な表情のアレンさんがめっさ頼もしい。 いずれこうなってくれるのかなー
“カードの運命に打ち勝つ”話はアルマ編のタロットでもしていましたが、Dグレは絶対こういうのありますよね!


★ 冒頭
「AKUMAは 生者が死者の魂を呼び戻すことで誕生する」 
「そこには生者と死者の間に愛情や絆がなければ成立しない」


この物語の設定から再度おさらい的な。 
装飾的なタッチのコマ絵も懐かしいですね。 

「マナ」が何者かという問題。 彼は孤児のアレンと出会って3年ほど生活を共にしたあと 死に 千年伯爵の前でアレンに魂を呼び戻されAKUMAにされたところは間違いないわけですから。
このAKUMAが成立する要件を満たすためには、「マナ」という人物が、少なくともアレンとかかわった3年間は肉体と魂を持った人間として存在し、マナとアレンの間には 父と子として確かに魂の絆があったのだということになるでしょう。


★ 師弟  
あの会見の後 自室でクロス元帥は、アレンが初めて自分の残酷な運命を告げられた直後に猛反発してみせた姿を思い浮かべ、「生意気な面になった」と満足そうに笑っていました。 
「教団(ここ)に来て そう悪いことばかりでもなかったようだな」とも。

そしてまさに師匠の狙い通りというべきか、アレンは「このまま消えれば楽になれる」という誘惑を頑としてはねのけ、「ホーム」で培った沢山の人々との絆を頼りに 無事現実世界に戻ってきました。

アレンはというと、あの麦畑の師匠は本物だったかも知れないとショックを受けつつも、もしかしたら言葉の裏には何かヒントがあるんだろうか?と どこまでも解釈がポジティブですよね。 
真実はどうあれ、落ち込んで立ち止まってしまうよりは動いた方が勝ち。
コムイに対しアレンが、「師匠はよく僕をよく試すようなことをするんで」と言っていましたが、そのへんの修業時代の体験も、案外役に立っているかも知れません。


★ いなくなったリンク、そしてティキ
リンクがここで姿をくらましますが、また二人にこっそり付いて行くスタイルに戻りそうですね。
ジョニーに生存がバレてしまって今後はどうするのやら。 そしてジョニーはアレンにリンクの話ができるでしょうか。

とりあえずティキとアレンの愉快な掛け合い←が見れたのも久しぶり(笑)
でも ノアが本格的に出始めると ティキの飄々とした風情もどこへやら。 だいぶ性悪っぽいですね。
「ネア=D=キャンベルね……」 「正体暴いて」 「千年公との仲引き裂いてやったら面白そう」 だって。 
やだなあ  せっかく前髪が落ちてきて“ネアそっくり”のビジュアルでその言い草。 
ティキってそういう陰湿キャラとは思わなかったんだけどな
もうこれはティキではなく 彼のメモリー、ジョイドの本性と見るべきでしょうか。 スキン・ボリックなども、覚醒ですっかり別人に変わってしまいましたしね。
突然こんな事を言いだしたジョイト゛が具体的なプランを持っているとは思えませんが、これから何をしだすか心配です。

そしてあの方舟でのアレンの台詞(「マナ」絡み)は、ちゃんと思い出せたんですね。

[アレン] 「ここからもう 生きて出られないとしても 命が尽きるまで戦ってやる…っ」 
マナとの約束だ…っ!!」
 (13巻第127夜)
当時はノア暴走の真最中だったため、ティキの記憶の片隅に残せたかどうかも疑問でしたが… 

なるほど、一年も前の方舟戦の記憶がここで蘇った理由って。
当時ティキ・ミックを支配していたジョイト゛メモリーが、今また優勢になってきたせい
なのでしょうね!きっと。


★ 真打登場
ティエドール元帥がここで大活躍。
さすが優等生の満点パパ。 油断していたティキなど蹴散らすほどの強さです。 頼もしいなあ 
うっかりネタ要員と思っていたアート・オブ・神田が、こんなに使える奴だったとは意外でした。ごめんなさい。 
や、口から怪光線は怖いけどね 

防御も鉄壁。 
9年前の惨劇の後、研究所から逃れてきたマリとユウをティエドールが守り通せたのも、こんな強力な術の使い手だったからこそですね。

クロスを含む4人の元帥達(+室長)は、中央庁の裏事情もとっくに把握しつつ 何食わぬ顔で挽回のチャンスを伺っているのじゃないかと昔から期待しているのですが、クロスが欠けたあとには新人(神田)も補充されるし そろそろどうでしょうね? 
あの襲撃事件直後も残りの元帥達は慌てず騒がず、ティエ師にいたっては「中央庁じゃ…」と口走るなど おおよその状況が掴めていたようですから。
ネア周辺のことも、全部とは言いませんが 自分に何かあった時アレンを助ける手がかりとして クロスはキャンベル邸の位置情報程度は同僚に教えていたんじゃないでしょうか、その筆頭がティエドールだったかもと…

ここらへん、クロス・マリアンが「サイラス叔父さま」ではないかという憶測の上の憶測なので、ちょっと期待し過ぎかも知れないですが… 早くアレンがキャンベル邸に到着して欲しいですよね。 一体何が待っているのか。


★ そしてアレンは
今回泣いたり怯えたり焦ったり、百面相が可愛かったのは事実ですよ。
しかし敵のティキ・ミックを前にしてちょっと心配なくらい頼りなげでしたね。
ジョニーの胸で「怖かった」と無防備に涙を流すアレン。 師匠に麦畑で啖呵を切った時はまだ、相当無理してたんだろうね(^^;
いやとても可愛いんですが!!(二度目)

方舟戦の頃は、絶望的な状況に陥りつつも、気力では一歩も退かず、敵に強烈な印象を焼き付けたあのアレンがですよ。
今回反射的に相手を投げ飛ばしはしたものの、後はドキドキ・ビクビクしっぱなしでね… 
自分という存在が根幹から揺さぶられている時だから、こうなってしまうのかなぁ
ティエ師らが来なければ ろくな抵抗もできないまま、ティキ達によってノアの根城へ直送だったんじゃないかしら。

しかし、ここで洗いざらい自分の素直な感情や弱さと向き合うのは、アレンのこれからに絶対必要な事なんですよね。
自分というもののイメージが曖昧なままじゃ、ネアを相手にした自我の競り合いにとても勝てないでしょうから・・・・

隙をあまり見せなかった昔のアレンも、今より強かったのではなくただ盲目的に虚勢を張っていただけかもしれないですからね。

そういえば相棒のティムが壊れてしまった事を知るのもこれからなのね… 試練が続くなぁ


★ 眩暈
せっかく戻ってきた自分の体になじめないとへたり込むアレン。
同じことを「目覚め」回の第214夜でネアもやっていましたが。 つまり彼らはどちらが主ともつかぬ同格の存在ではないのかなぁ。
この辺まだまだ情報不足なので、今後を待ちます。



あとジョニーもちゃんと眼鏡の中まで描き込んでもらえて男前度がUPしましたねとか、馬車と馬が地面から生えてくる様子が大迫力でしたとか、ティキの神田への「セカンドくん」呼びとかwww

ラストの仏頂面の神田は次に何を言い出すつもりでしょうね。 期待してましょう。
それではまた。  


『灰色ノ記録 (グレイログ)』③ アレン・ウォーカー

前回からまたずいぶん間が開いてしまいましたね。
お宝情報の塊のような一冊ですが、どう手を付けたものか悩んでしまって。
結局見切り発車なのはいつものことw

“アレン情報”で一番嬉しかったのは、彼が前髪の分け目を変えた理由が「心境の変化」だとはっきり言及されていたことですね。(「ここだけの裏話」190頁最下段)
※関連記事 ⇒ 「ちょっと髪型が気になったり。」(2011.5.19)
登場人物の気持ちであれこれ思い悩むことは多いので、たまにこういう答合わせができるとほっとしますよ。

さらに次頁では(ネアかアレンかで)ティムの葛藤」の所なんかも。(191頁最下段)

smollesticon.png
うちのヘタクソ絵のアイコンが、管理人の趣味を延々アピールしてきたお馴染みシーンだけにww 
「知られざる」だなんてそんな…💧 先生、ちゃんと伝わっていましたよ。




★ カバー下漫画(表)
いつもは温厚な巨漢のマリから きついゲンコツを喰らうラビとアレンの2コマ。 (タイトルは「ミランダ・ロットーの休日調査票12:00 昼食」)
彼らの「休日調査票」を見てようやく事情が飲み込めるようになっています。 

ラビの方が圧倒的に痛そうなのは、先にちょっかいを出したから?
食堂でこんな騒ぎだなんてアレンの看板の「似非紳士」はどこぞと思ったらこの人、朝食時にも神田と派手にやり合ってんですねぇ(^^;
当時の日常風景だったのか。

時期的には休日予定票の説明中に、「新教団移転後、(アレンが)教団を抜ける前」とありました。

本部襲撃後の補填に中央庁から多数職員が送り込まれ、一方 方舟奏者アレンのノア疑惑は高まるばかりで、それまでのアットホームとは打って変わり、ピリピリした雰囲気が漂い出した頃のようですね。

リナリーの回想(22巻P89)にも、懐かしそうに“神田とアレンの喧嘩”シーンが出てきてましたっけ…
こういう過激なじゃれ合いが彼らにとって格好のストレス発散だったり アレンを決して仲間外れにしないぞという意思表示だったり 特別な意味を持つものだとしたら、一見子供じみたラビのちょっかいも彼なりの“思いやり”だったかも。

アレンを囲む人々が、彼を温かく見守ってくれている様子が嬉しくて泣けますね。
当のアレンもその幸せを肌で感じていたから、最後まで「僕のホーム」なんですよね。


★ 連載開始からここまで 身長と体重の推移
① 168cm(58㎏) 出典『D.Gray-man』1巻p62の人物紹介 ※黒の教団入団当時「15歳くらい」
[約8カ月]
② 169cm↑+1(55㎏↓-3) 出典『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』 ※教団本部ノア襲撃事件直後頃「15歳(推定)」
[約1年]
③ 174cm↑+5(56㎏↑+1) 出典『The RoseCross Journal』=コミック21巻初版付録ペーパー ※北米支部ノア襲撃事件の最中「16歳くらい」
[数日間]
④ 174cm→(56㎏→) 出典『キャラ†グレ!』 ※アレン教団離脱直後「16歳(推定)」
[3ヶ月+α]
⑤ 174cm→(56㎏→) 出典『灰色ノ記録』 ※ジョニー&神田と合流した町の中「16歳(推定)」

アレンの身長に着目すると、②から③にかけての約一年間の伸びが目立ちます。(で、その後またストップしちゃうんですが💧) 年間5センチの伸びをどう見るか。“成長期”と言ってしまえばそれまでなんですが。

他にも要因があるとしたら、その頃 退魔ノ剣や六幻で派手に貫かれる事件がたて続けに起きていて、体内の「14番目」が本格的に目覚めてしまったことは大きいかもしれません。 
24巻の談話室で 「ノアはみんないい体…」という質問に対し「細胞から生まれ変わる」という話もありましたし。

わざわざメモリー関与を疑う理由は、北米支部から帰還後また伸びが止まっちゃったからです。
ちょうどこの時期 独房に送られたアレンの元へアポクリフォスが現れ、ノア化を抑えるという目的で荒療治を施していますので これの影響はないかしら。

それでなくてもアレンも三月以上逃亡生活だったわけで、(体重が減ってないのは幸いですが)せめていつもお腹いっぱい食べてもらいたいなあ… ジョニー、これからよろしくお願いしますm(__)m
あと、新団服ね♡


★ 血液型O
アレンだけでなく、あらためて 書かれ方が気になる他キャラもざっとさらってみました。

クロウリーの「計測不能」(血に混じったAKUMAの血の影響) 人でない身のフォーも同表現。
アポクリフォスは「計測不能」
ヘブラスカの「不明」(もはや本来の肉体は消滅している)
クロス・マリアン「AB/確証は無し
セカンドの神田・アルマ「どの型とも一致しない」(人造形成のため)
AKUMA化したはずのサード達は普通でした。

一方ノアファミリーの面々も普通にABとかOとか。 宿主の肉体は細胞レベルで超人化されながらもそこは変化がないようです。
「夢」能力が作り出したロード(B)の身体も同じく。 ティキ・ミック(O)と並べ これは考察が進みそうv

そうした中、千年伯爵については「どの型とも一致しない」と。 これって人造体のセカンドと同表現なのですよねぇ 面白いです。
そうしますと 少なくとも千年伯爵は、使徒仲間のノア達とは根本的に異なる肉体の持主ということでしょう。
そして、彼の体質を受け継いでいるであろうネアとマナも 必然的に同表現「どの型とも…」となっています。

謎多きキャンベル家関連の方々/ カテリーナもジョー先生もルシアちゃんも肉体は普通人のよう。

で さて、アレンに戻りますが。
彼の肉体もセカンドと同じようなものでは…なんて想像もしておりましたが、セカンドの肉体は別格であることが判明し、普通の血液型の持主であるアレンとはかみ合いませんので却下。
ただ、データにはわざわざ「35年前に存在し、若返って現在の姿になっているという情報あり(ネア談)」と記載がありまして、この語尾の微妙な表現は気になりますね。 逆に怪しいと言ってるようなものでは…?
そしてあのネアの「友」だった人物のデータは、今回見事にスルーでした。

ここで結論は出ません。 「アレン」の肉体の出所についていつかは明かされると思いますがその時が楽しみですね。



ズルズルととめどない感じで始まりましたが、これ以上は長くなりますので いったん切ります。 ではまた。

 

続きを読む

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ