Archive: 2011年10月  1/1

愛情表現。

“アレンの体は元「ネア」と呼ばれた人間の脳が移植されたものであったが、アレンとしての自我は本体の記憶が戻らなかったため新しく発生した人格である”という仮定を元に話をしています。(ヒントはマリの言った「似たもの同士」。“Allen”の綴りは“=Nea”の暗号。“ll”⇒横倒し“=”) 根拠の1つは、ネアの記憶の一端が引き出され アレンがティムの楽譜を読み未体験のピアノを弾いてみせたこと。ピアノを弾く指が自然に動くのも、“手...

  • 0
  • 0

ピエタ。

リンクさせて頂いている獏29番さんの『Clock Work Rose』のある記事の冒頭、面白い考察がありました。黒の教団アジア支部は、謂わゆる“黄泉の国”に該当するモチーフではないかと。神田の9年前からの生い立ちを思い返せば、なるほどの説得力です。私の方は、劇中とみに存在感を増してきたヴァチカンが気になりまして。総本山のサン・ピエトロ大聖堂の検索で、所蔵の“ミケランジェロの「ピエタ」”が出てきました。このイメージ、第5...

  • 0
  • 0