Archive: 2012年04月  1/1

「ワタシは祈り続ける」。

◇ ワタシはだれでしょう。 第213夜では本当に子守唄として登場した方舟の唄。あの歌詞を見ると、やはりアレンが秘密部屋のピアノで蘇らせた白い町の姿が浮かんで来ます。 しかし初め見た時から、「“ワタシ”は・・・」とする一人称に 何とも不思議な気がしていました。Dグレ本編でこう言っているのはアポクリフォスだけですし※追記1。(※追記1: ごめんなさい!ここは訂正です。ワイズリーも「ワタシ」派でしたね^^;) 当時...

  • 0
  • 0

“ORIGIN”(ペンタクルのテーマ)   

第213夜ラスト。 「そして坊やは・・・」で始まる方舟の唄が、 [アレン]「これって子守唄だよな ティム」 (第135夜) と言われた通りの姿で登場しましたね。 それと共に蘇ったイメージは、夕日の麦畑。 ----- 豊穣の黄金色に染まる大地 ----- こういう描写が ごく自然な形で現れるところがいいですよねえ・・・ この情景は 以前から話題にしているアレンの所属スートの象徴です。 “ペンタクル”=(地)ですから。  { 因...

  • 0
  • 0

「独裁者」の影。

第213夜の感想記事に埋もれてしまい、重要人物の話を忘れていました。 マルコム=C=ルベリエ と ハワード・リンク。まずはルベリエ。彼はルベリエ家の当主になる事を期待され、幼少から帝王教育を受けていたような雰囲気ですがそれ相応に、俗物根性とは無縁の信念の人であるだろうと想像します。戦争に犠牲を捧げてきたルベリエ家の歴史を背負い、世界平和を心から望むがため その実現の為にはどんな犠牲もいとわず。 私利私...

  • 0
  • 0

オレンジな理由。 (『19:太陽』 ウェイトver.)   

23巻の表紙デザインも遂に判明しましたし それについて思い付いた事を少々。(例によってネタバレ容赦無いです^^; あしからず。)神田が、誌面で復活を果たした場面の恰好のまま登場です。 構図上は「カバーデザインリニューアル」を謳(うた)った21巻以来の形式を踏まえています。まずは代表キャラクターを1人前面に配置。内容に関連するもの(アレンが夢で座らされていた椅子とか、消えていく方舟ゲートとか)が背景に来ま...

  • 0
  • 0