Archive: 2012年05月  1/1

「アレン ・ お前を ・ 愛してるぞ」。

クロスがアレンに初めて“14番目”の具体的な話を語った時の内容。(17巻第167夜「アンジ」)        1. 14番目は、あのマナが必死で探し続けていた実の弟だった事。       2. 14番目のメモリーが既にアレンに移植されていて、自我が飲まれるのは時間の問題という事。 普通ならまずは2.の方=“自分消失”への恐怖が先立つと思いますが、アレンの反応は違いました。 ガックリうなだれた彼が呟いたのは。「そういうこ...

  • 0
  • 0

「そばに居たい」。

「神田とアレンが似たもの同士」から アレンの本体はネアであるという仮定を進めて行くと。神田にとってのアルマは アレンにとってはマナ である、という話に行き着きます。分かりにくいので年表にして並べました。(「○年前」の数字は、北米支部ノア襲撃からアレン・ウォーカー教団離脱に至る数日間を基準点0とした大雑把なものです)まず上の神田。①本体は“あの人”と「恋人」同士の関係。⇒②共にエクソシストとして人生を終え...

  • 0
  • 0