Archive: 2012年06月18日  1/1

渇き。

----- ああ まただ ----- ----- この気持ちは なんなんだろう ----- ----- 胸の奥の奥の深いところが チリチリと焼けて  ひどく 渇く・・・・・・・・・ ----- 第214夜冒頭。 記憶の夢のきっかけは、昏睡に入る前から心身共に極限に来ていたアレン自身の状況だったろうけれど。それが 兄・マナの帰りを不安と共に待ちわびた 幼い日のネアの記憶を喚起したことが、とても心配です。それはつまり、現在もまだ アレ...

  • 0
  • 0