FC2ブログ

D.Gray-man 24巻の話。※この続きは2013年1月10日付記事へ!!

とうとう11月になりましたね。
しかし明日発売の『ジャンプSQ12月号』にD.Gray-manは非掲載であることは昨日お知らせの通り。

そして「集英社マンガネット」で24巻が11月2日発売と発表された誤報※をまだ信じきっている人がいる話も聞きましたので
訂正告知がてら、今回は24巻の発売予定がいつごろになるのかを考えてみます。

 これについての顛末は旧ブログの記事にしてありますのでご興味のある方はどうぞ。


さて 本日11/1での現状。前巻との比較図。



どうでしょうか。コミックス派で最近の本誌を見ていない方も、まだページ数が全然足りないことは御理解頂けますか?
必要な“あと2回分”。
今後順調に『1月号』(12/4・火)、『2月号』(1/4・金←ここは不確定)に掲載があったとしても 
連載誌の最新回とかぶる内容が同時発売のコミックスに収録されることはありませんから、24巻が1月中に発刊されることはまずなさそうです。

コミックスの少しでも早い刊行を期待する層からは「まだ未収録の読切作品があるからそれを入れたら第217夜まででも足りるのでは?」という声が上がりそうですが、(11月説の頃はありました)どちらかといえば私は否定派です。

星野桂先生の再録されていない過去の読切作品は2点。『Continue』と『カイテン!!』ですが・・・

『Continue』は、星野先生がDグレの連載を始める前に描かれながら完成度も高く「幻」と言われる人気作品。
内容は“千年伯爵”と闘うことになるゾンビにされた少年“太洋(タイヨウ)”君の物語ですが、Dグレそっくりのキャラと似た設定を持ってきながら 細部は『D.Gray-man』と相当異なっている。
ただでさえ明かされない謎が多く難解とされるDグレの途中にはさむのは非常に紛らわしいし、
単独でも読み応えのあるこの読切作品を不足ページの穴埋めのように使うのはもったいないかと。
これはDグレが最終回を迎えた時、参考作品として最終巻に入れるのが 最もいい形なんじゃないかと思います。

あと1本の『カイテン!!』。
これもねー・・ まったく趣味の問題ですが 本編がいよいよ“主人公の正体は何なのか”という本筋を掘り下げ始めた所で、
せっかくの“仮想19世紀末”世界観をぶち壊すような現代コメディーですからね^_^;
「気分転換にいいじゃないの」というご意見があるなら敢えて反論するほどのものもございませんが。


なんかグダグダ主観ばかり述べましたが、何かの新企画や大増ページの奇怪画コーナーで穴が埋まる可能性も全くないとは言えず。

結論としては、あまり変な先入観は持たずに今後の新刊発表を見守りたいと思います。

私見では早くても2月、余裕を持たせるなら3月もありかなと。

そんなところで今日はおしまいにいたします。ではまた。



※追記

11月16日、集英社マンガネットから来年1月分を含む新刊発表がありました。
それによりますと、1月4日刊行分の全19冊の中に『D.Gray-man』は含まれておりませんでした。
http://www.s-manga.net/newcomic/future/
やはりDグレ24巻の発売は来年2月以降になる模様です。



※追記2(11/23)

うっ・・・ 久しぶりにマンガネットに行きましたら、上で「1月4日刊行分の全19冊」と書いた内1冊が消えて18冊になってました
うわあ(-_-;) 何ていう漫画が取り消しになったのかな?! 済みません分からん・・・

やっぱり油断禁物ですねここは(苦笑)


※追記3(12/1)

現在の所、再び1タイトル追加となってまして。「19冊」に戻りました。

『黒子のバスケ TVアニメキャラクターズブック アニバス vol.2 海常&秀徳編』 です。

(Dグレ関係ありません。ハイ^^;)

・・・それにしても黒バス。最近相次ぐ卑劣な犯行予告に振り回されて被害は甚大ですね。

今年のジャンプフェスタも例外ではなく、関連イベントは中止になってしまいましたし 会場全体が厳戒態勢です。

藤巻先生やファンの方々の心中お察しします。 どうか負けないでください!


※追記4(12/14)

続報遅くなってしまいました。
12月4日発売のSQ1月号にはDグレ第217夜(P31)が掲載され、
これで目安の1冊分総量180ページまで残り32ページとなりました。

順調に1月4日発売のスクエア2月号にも30ページ前後で載ってくれれば最速で2月の刊行も可能ですね。


※追記5(12/18)

ここに追記するのもそろそろ最後ですね(^_^;)
本日、集英社マンガネット報に2月分刊行予定が追加になりました。
全18冊。その中に『D.Gray-man24』は入っていません。
この先追加でここに入ってくることは、多分ないでしょう。

・・・ということで、24巻の発刊は3月4日以降と思ってください。以上です。



※続きは2013年1月10日の記事へどうぞ。http://kuriparu44.blog.fc2.com/blog-entry-366.html
関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」