FC2ブログ

記事の配列を元に戻しました。(⇒新しい順)

引越から暫くの間、ここのブログに慣れて頂く目的もあって記事を古いもの順に並べておりましたが、そろそろ『スクエア1月号』の発売日も迫っておりますので 更新状況が一目で分かる“新しいもの順”に戻すことに致しました。
よろしくお願いします。
関連記事

「退魔ノ剣」と・・・。

第215夜。アレンの中から目覚めたネア“本人”の回想シーンから、彼も生前はアレンのイノセンスの退魔ノ剣に酷似した武器を手に戦っていたことが分かりました。

第118夜でロードが「あれは・・・彼(か)のピエロだよ」と言っていた時アレンの姿とダブらせたのは、やはりネアだったということかな。

双方大きく違う点は、ネアの大剣はアレンのそれと色使いが明暗逆転している所。

大剣(アレン) 大剣(ネア)


今までの考察で ネアはアレンの(神田のケースで言う)“本体”に当たる存在であろうという所に落ち着いています。
第167夜でクロスがアレンへ「14番目」の“記憶”(メモリー)を移植された人間、とした説明は 脳自体の移植であった「アンジ」だろうと。
そうした場合、この2つの人格についてどう捉えるべきか 正直迷っていました。

しかし第215夜で目立った2つの描写。

1)“2人”の選択した武器デザインがほぼ同型だったこと
2)神田の“2人”のうちどちらを主人と思っているのか、という質問にティムが涙をこぼしていたこと

これでアレンとネアに共通の持ち物は 武器とゴーレムの2つ。

これらを根拠に導かれる結論として 以前書いた通りになりますが やはり、
「アレンとネアは別の顔を持つ同一人物」と見るのがいいのかなという所に至っています。


【これまでのおさらい】

マナという名の双子の兄を持つネア・キャンベルという人物がかつて存在したが 彼の身には“14番目”と呼ばれるノアメモリーの宿主にされる悲劇が訪れる。

ネアは一度は千年伯爵の率いるノア一族に迎え入れられたものの、マナの身に迫る危機を知って 最愛の兄を守るための反逆行為に出る。

その戦いの末に敗れネアとしての人生が終わろうとした時、イノセンスを宿す体に転生する計画を持ちかけられ それに応じることとなった彼は以後永い眠りにつく。
(※このあたりの事実詳細は特にスッキリしない部分ですが、ざっくり)

そこから四半世紀以上を経て、彼は 復活するとの予言を信じマナの傍に現れるのを待っていたクロス・マリアンによって発見された。
ところが後にアレン・ウォーカーと名乗ることになるその人物は子供の姿であったうえ、ネア時代の記憶をすっかり無くしていた。
しかしゴーレムのティムキャンピーは製造者のクロスに歯向かってまで“初対面”の彼を守ろうとしていた(ノベル版3巻)

一方 過去からそのまま生き続け(?)相応に歳を取っていたマナも、記憶障害に陥っていた。彼の認識では17歳の自分がある日一夜にして“おじさん”になってしまったという。今は生き別れの弟を探す旅の途中だと(ノベル版3巻)
マナと“アレン”は 互いをかつての兄弟と気付かぬまま運命の出会いを果たし、今度は義理の親子となって暮らす。

マナ急逝。千年伯爵の誘いに乗ってアレンはマナをAKUMAにしてしまうが彼の左手のイノセンスが発動しAKUMAボディを破壊。
(※マナの魂は解放されたかに見えたが、後にその遺体とともに「千年伯爵」の中に取り込まれてしまった模様)

この事件のショックでアレンは心身ともに危機に陥るが、クロスに救われ彼の弟子となってエクソシストの道を歩み出す。



この通りとすると、ティムの認識が“2人”とも同格の主人、になってしまうのは仕方ないですよね。

それぞれが危機に瀕し「大切な人を守りたい・もっと力が欲しい」と心底望んだ時、願いを叶える武器のイメージが一致したのも当然。
(色違いになった理由は ネアがノアの力、アレンがイノセンスの力でそれを形にしたため)

方舟でアレンと再会したクロスが、初めて見る退魔ノ剣を当たり前とでも言いたげだったセリフ「やっとまともな発動が・・」(第128夜)。
ここも ネアとアレンの“2人”を見守ってきた彼には、アレンが取るべき本来の姿が あらかじめ分かっていたということでしょうか。



「ネア・キャンベル」も「アレン・ウォーカー」も、それぞれ1人の人間が異なる環境に置かれた場合どんな人物に成長するかの一例なのだとすると。

アレン・ウォーカーとしても どん底から這い上がり勝ち取った今の人格を放棄できないのと同様、過去の“自分”の存在もまた無視する訳にはいかないですよね。

最終的にどちらが生き残るという話じゃなく、この“2人”が互いの存在を認め 共に歩んでいく道はないだろうか。
少なくともそれは アレンがこだわり続ける現在の生き方と矛盾するものではないと思いますが・・・


全くの理想論ですけどね。




<画像引用>
『D.Gray-man』第118夜(上左)および第215夜(上右)より。




関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
52位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」