FC2ブログ

第217夜(3)「A.Wをたずねて・One seat empty」

第217夜本編続き


群集の視線に臆するどころか逆にそれらをもっと吸い寄せるように アポクリフォスは広場の中央に出て行く。

そこでふと立ち止まるや、バサっという音とともに 背から巨大な白い翼を出してみせた。

[アポクリフォス] 「すべては ハートの為に」


ここから今にも飛び立ちそうに、翼が持ち上がり全開になった。

イイイィィイイ・・・
高周波の音とともに光が周囲を包む。 この荘厳な光景に立会いながら 見ずに済ませられる者は、皆無だった。
誰もが呆けたように、この街中に現れた“天使”に心奪われている。

[男A] 「あ・・・」「・・・きれいだ・・・」
するとたちまち彼の両眼から羽根状のイノセンスが噴き出した。

彼だけでなく、同時にそこに居合わせた全ての人間から。

現場は一時、不気味なほどの静けさに覆われた。



ほどなくして 目から羽根を生やしたままの姿で、人々は三々五々散っていく。
アポクリフォスの翼は、仕事が済むと みるみる間に縮んで消えていった。



ふと、出しぬけにアポクリフォスの足元の石畳がメリメリ音を発し、地中から何かがせり上がってくる気配がした。

次の瞬間。

彼をちょうど取り囲む形で口を開けたアイアン・メイデンが現れて、あっという間にその蓋が閉じる。

しかし閉じ込められたアポクリフォスも、この程度の攻撃には全くひるまない。
その両腕がティムキャンピーを襲った時のように分岐すると、鉄の処女は粉々に吹き飛んだ。



しかしそれを待ちかねていたような第二波。

「装填ッ」の声がした時にはもうアポクリフォスの額には二挺の銃口が押し当てられ、容赦なく頭部は吹き飛ばされた。


ジャスデロとデビットが久々の登場。

[デビット] 「ハロー 糞イノセンスちゃん」「ノコノコ出てくるとは不用心じゃねぇの!」
[ジャスデロ] 「ヒッ ノアが見張ってることくらい わかんなかったのかね!?」

アポクリフォスが頭部の修復を始めるより早く 今度は打ち込まれた弾丸の効果が発動した。
ぶくっと患部から瘤(こぶ)のような物が出現し、それは見る間にスライム状態で膨れ上がっていく。

[デビット] 「オレは第10使徒 “絆(ボンドム)”のデビット」「ハイ次!
[ジャスデロ] おっ」「同じく第11使徒 “絆”のジャスデロだよ」

[デビット][ジャスデロ] 「ふたり合わしてジャスデビだ!!!」


2人のキメ台詞を待っていたかのように、スライムは爆発的に成長した。
アポクリフォスの首から生える形でそびえる怪物は、極彩色の体と敵をあざ笑うような漫画チックな顔。
すでにハートの守護者の両腕をガッチリと捕捉している。

[デビット][ジャスデロ] 「とっ捕まえたぜアポクリフォス」   

[デビット][ジャスデロ] 「はい実現!」

双子は顔を並べてニッと笑った。




「アイアンメイデン(鉄の処女)」という名の 伝説の中世ヨーロッパの処刑道具。
どうも実在が危ぶまれる言い伝えですが、方舟のクロウリーvsジャスデビ戦では特に印象的に使われていました。
オーストリアのディートリッヒ男爵の発明品という噂・・・

!!!お~ぅ。ずっとルーマニアと勘違いしてましたorz ボンヤリ書いてちゃいけませんなーごめんなさい(-_-;)


彼らも久々の本格登場でしたね。最後に見たのは「破滅の種子」(22巻第200夜)ですが ほんの数コマでしたし。
クロウリー戦でイノセンスが体内に入った傷がまだ癒えないとかで、2人が左腕に巻いてるのは黒いけど包帯らしい。
方舟戦(江戸で桜の頃)からもう1年くらい経過してるんじゃないかと思いますが。
イノセンスへの恨みは、当時より遥かに根深くなったでしょうね。
「バイ菌」の塊をやっつけられるとなれば、張り切るはずです。


ジャスデロはデビットより重症みたいで。
体調不良でノリが良くない所をデビットが一生懸命カバーしてやろうとしてる様子が、何か好印象でした(笑)
> [デビット] 「ハイ次!」 [ジャスデロ] 「おっ  同じく・・・」
Dグレの双子はみんな仲がいいなあ。


2人とも色々あったのでだいぶ大人っぽい印象になりましたよね。
1つ歳が上がって18歳。身長は6cm伸びて169㎝。
横向きにして撃つスタイルは変わりませんが、銃も銃身が長いのがおしゃれで今のスタイルには良く似合ってます。
でも銃口が2つ並んでるタイプの銃は珍しいですよね・・・何て名前だろう。
気になるので、マニアでご存知の方教えて下さい。


そういえば ジャス・デビもクロウリーも固定ファンが多い人気キャラですが。
「名前をちゃんと書いてもらえないと残念」という声を聞きますよ。
自分にとって大切な人なら確かに・・・
まさかの主人公が本編でというケースもありましたしね。“ALEN”とかー^^;(正解“ALLEN”)
そうだ「ブックマニ」もあった(←ただの誤植)

(誤)「デビッド」⇒(正)「デビット“DEVIT”」
(誤)「クローリー」⇒(正)「クロウリー“KRORY”」

みなさん お互い気をつけましょう~~~っ!



それではまた次回。

関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
64位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」