FC2ブログ

『死神』と『悪魔』のあいだ。(『14:節制』)

前回記事を上げてから大分経ってしまいました。
うかうかしているうち延べ来訪者数が2万人超・・・ 本当にこんな僻地までどうもありがとうございます(汗)




第215夜のアレン(下画像・右)の様子を見る限り、彼がイノセンスを第217夜のアポクリフォス(左)のような翼にコンバートできるようになるのも時間の問題なんでしょうか。
まあ、それをアポさんのように他人の記憶操作に使うかどうかは別としましても。


(『ジャンプSQ』2012年8月号掲載「D.Gray-man」第215夜より)

同じ印の付いたアレンの左腕のイノセンスは やはり アポクリフォスと同質のものでできている可能性が高いですね。
アポクリフォスが 育てた鉢植えの植物のようにアレンの頭部を抱えてイノセンスの成長具合を喜んでいたさまは、まさに彼の思惑通りに事が運んだ風情でしたし。

[ロード] 「正体を知っててイノセンスがアレンに取り憑いたのかもよ」 (第158夜)

イノセンス側の計略により ノアメモリーを持ちながら陣から離れたネアに新しい肉体への脳移植を施し 同時にアポクリフォスの一部も移植して蘇らせた人間が「アレン」ではないか、という仮定はこのまま行きます。



アポクリフォスの台詞の中でもこれは印象的でした。

[アポクリフォス] 「愛情・友愛・悲哀・絶望・・・おまえほど でこぼこで深くイノセンスと結びついた者はいない」 (第203夜)

ネアとアレンと。
1つの魂が2つの人格を抱えたために、心は更に奥行きを増し(それが「でこぼこ」) イノセンスにとっては理想の生育環境が整ったってことじゃないのかな。





さて。 タロットの連想ですと有翼の人物像ということで アレンがいよいよこのイメージに近付きつつあるように思います。
14番目のカード、 『節制』

Temperance-wiki75.jpg

天使が、2つの壷(あるいは杯)の液体を 自信に満ちた穏やかな表情で混合している図。

それぞれの器の中身は全く違うものです。
さらに彼の足元は、片足を水に浸しもう片方は陸に。 双方の狭間に立っていることを強調。

タロットを錬金術と関連付ける解説書によると、『節制』は生命の樹の「ティファレト(象徴=金,太陽)」と「イェソド(象徴=銀,月)」とを繋ぐ“経路(パス)”に相当するものだとか。意味深ですね。 
まあそこはそれ以上詳しくないので置いときまして←

以前 Neaのイニシャル“N”がアルファベット14番目なことから、ノアファミリーの内ではネアがこのカード該当者としていました。
にもかかわらず、今度はアレンを持ってきてる訳ですが。
記憶を封じられ別環境で育った人格も 本体が実はネアであったとしたら、アレンはネアであるともないとも言え・・・
結局 彼(アレン)自身が14番目のノアの宿命を負わされた本人であると見て構わないだろうと思うからです。




『節制』に着目するなら、その前後のカードもまた気になりますね!

[アポクリフォス] 「ワタシという存在は ノアにとって死神に等しいのだよ」 (第204夜)

[ロード] 「あれは ----- 貴方が悪魔に為損なった彼のピエロだよ」 (第118夜)


(13-14-15)15.jpg

ノアメモリーの侵蝕に苦しむアレンの前に現れたアポクリフォスは合体を迫り、
「そうすればもっと強靭な力で“14番目”のメモリーを圧さえられる」(第204夜)と説明しました。
アレンが“ノアの死神”を自称するアポクリフォスと一体化するということは、彼の人格は飲み込まれ 「死神」カードの意味通り ノアを根絶やしにする程の強大な存在となることを意味していそうです。

一方、千年伯爵は かつてネアを“悪魔”にしようとして抵抗に合い失敗しました。
(具体的に彼をどうしようとしていたのか不明ですが、対比上はやはりあの皮の中に取り込もうと・・・アポクリフォスの「合体」同様のことじゃないでしょうか)
しかし伯爵は、ネアがまだアレンとして生きている(「“14番目”本人だったのでスネ」(第189夜))ことに気付いてからは 今度はアレンをターゲットにしているわけですよね。



アレン・ウォーカーがこの「13:死神」と「15:悪魔」の中間に立たされたことは、結局このどちらに取り込まれるのも間違いであることを示しているのかも知れません。



これまで ノアに虐げられる人間の魂を救える唯一の存在として イノセンス側の目的をあまり疑わないで来ましたが、こちらに頼り切ってノアが一掃できたとして・・・その先に人類の幸福は訪れないのかも・・・・・・

『死神』カードのイメージだと、ノアに穢(けが)れた「魂」は救ってくれるとしても、人命までは考慮しないとかね。

ヘブラスカの予言の「時の破壊者」とは、人類の歴史を止めてしまうものかもしれない。

アポクリフォスの「“ノアにとって”死神」という台詞には一時油断したけど、
世界中からノア要素根絶という意味ならば 全員がもれなくノア遺伝子を抱えている現人類も排除の対象にならないだろうか・・・

アポクリフォスが「アレン」に執着する狙いは ネアから引き継ぐ「奏者の資格」ではないかと想像していますが、イコール方舟を自在に操る能力ということですと、彼らが将来的に何を企んでいるのかが気になりますよ。
“浄化”目的で地上に何を引き起こしたって方舟は(彼らの為の)避難所になるし、あれ自体が攻撃力を持つ要塞なのかも。
最悪の将来を予想することはいくらでも可能です。

アレンをイコール「14番目」として「戦争の裂け目」と呼び 利用する計画を明かしてからは ルベリエ人気も急暴落しましたが、人類の将来を真剣に憂い アレンを利用してノアとイノセンスと(同時に彼も)始末してしまおうという作戦は、今のところ最も現実的な正論かも知れないですよ。

もちろん飲むことなどできませんが。



アレン・ウォーカーの生き方にも共感してくれる仲間は現れました。 
が、結局彼が突き進むべき第三の道は 師匠の言った通り 独りで極める以外にないということですか。

重すぎる荷を負ったまま彼の一人旅はまだまだ続くのでしょうね。
これからも目が離せません。






<ウェイト版タロットカード「TEMPERANCE」画像>
 ウィキペディア「節制 (タロット)」より。


<マルセイユ版タロットカード「DEATH」「TEMPERANCE」「DEVIL」画像>
“Old English Tarot” / Maggie Kneen
 United States Games Systems: Crds版 (1997/07)

 
関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
30位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」