FC2ブログ

『革命機ヴァルヴレイヴ』第6話「サキ・カムバック」。

星野先生の産んだキャラクター、それぞれの性格が見えてくるにつれますます親しみが湧きますね。
こちらはまだ先々週の分の第6話。

※感想等は後ほど ⇒ 追記しました(5/29 2:30)



ヴァルヴレイヴのコクピット内で向き合う2人。
[ハルト] 「どうして・・・」
[サキ] 「私、有名になりたいの」

唖然とするハルトを置いて外に出ると サキは居並ぶ中から緑色の機体を選んでさっさと乗り込む。
ハルトが止めたが間に合わず ハッチは固く閉じられてしまった。

2人の様子を 監視カメラを通し見ていたエルエルフがほくそ笑む。
[エルエルフ] 「ちょうどいい実験台になるか」 「ARUSのパイロットは死亡したが」

サキが中央の赤いスイッチを押す。
あのヤタガラスの印(こちらは“四”の文字)入りの「ニンゲンヤメマスカ」という質問項目が現れた。
ハルトの時とは異なり、キャラ映像の出ないシンプルな画面。

[サキ] 「いいじゃない~ 人間なんて嫌いだし、そのうえスペシャルになれるなんてオールオッケーv」
「YES」の方を選択したとたんあの装置が現れ サキも何かを注入された。 とたんに視界が虹色に包まれる。
[サキ] 「わあ これで・・・」


ハルトは外で待つしかなかったが、緑の機体上にも青い光が駆け抜け 白かった部分が黒に染まっていくのが見えた。
[ハルト] 「流木野さんは大丈夫なのか・・・」



ヴァルヴレイヴ4号機は満月の夜空に飛び出した。 自由自在に飛び回れる開放感がサキにはたまらない。
[サキ] 「素敵! 鳥みたい・・・いえヴァンパイアだからコウモリね」

そこへハルトが1号機で追って来た。 2機は地上に降りる。
ハルトは彼女の軽率な判断を責めるが、機体から出てきたサキは 自分の不幸な身の上話を始める。
最悪の環境から抜け出すには有名になるしかなかったし、自分がどうなっても家族も友達もいないから構わないのだと涙ながらに訴える。
同情したハルトが彼女を慰めようと近付くと、彼女は抱きついてきて「嘘だから」と笑い ハルトの首に噛み付いた。



[フィガロ] 「頼みますよ七海先生。あなたが新生ジオールの代表なんですから」
数日前の裏切り行為など無かったかのように 馴れ馴れしく七海にTV電話で話しかけるフィガロ上院議員。
彼はモジュール77の傍で待機中のARUS戦艦に身を寄せていた。
まずは扱い易そうな七海を取り込もうという魂胆。


その頃 物理教師の貴生川(きぶかわ)は霊屋(おたまや)ユウスケを伴い ヴァルヴレイヴ1号機の調査を続けていた。
それを隣の司令室から見守る アイナと生徒会役員、それに七海。
ユウスケは 貴生川に技術者としての見込みがあるとほめられ喜ぶ。


ハルトの身体を乗っ取ったまま夜の学園に戻ったサキは、事情を知らないタカヒをからかったりして遊ぶ。
その様子を 潜伏場所からずっとモニターしていたエルエルフ。
「あの女は適合したということか」
「隠された兵器 ・・・学校 ・・・カリキュラム」

彼の手にしているのは咲森学園の時間割表。 その内容の不自然さに気付いたようす。
「導き出される結論は ・・・この学校自体仕組まれていたということ」



一方のこちらドルシア艦内。
次の作戦要員からアードライだけが外されたことを告げられて、彼はリーダーのイクスアインに食ってかかる。

[イクスアイン] 「カイン様の御命令は絶対だ」
[ハーノイン] 「カイン“様”ねぇ(苦笑)」
[クーフィア] 「ねーねー 大佐様と王子様ってどっちが偉いの?」

[イクスアイン] 「私の言葉はカイン様の御言葉だ。従えないというなら・・」
アードライをにらみ腰の銃に手を掛けるイクスアイン。

[アードライ」 「私とて選ばれしカルルスタインの男だ」
一瞬よぎる回想。 訓練生時代のものか、互いに銃を突き付けあうアードライとエルエルフ。
[アードライ] 「ルールは承知している」



翌朝。
目覚めたハルトは、昨晩サキが自分の身体を使ってやりたい放題、2人の交際をほのめかす偽情報まで流していた事を知る。
ハルトはサキに抗議しに行くが 彼女は悪びれもせず、ふと真顔になると
「ひとりぼっちのヴァンパイアになってどんな気分だった?」などと尋ねる。

そこへハルトを探していたショーコがやって来た。
幼馴染の彼女は、ネットのハルトをかたった書き込みを その内容からニセモノの仕業と見抜いていた。
ムッとするサキ。 
「ハルトなんかどうでもいい。 有名になりたかっただけ。 自分の存在を刻み付けないと消えてしまうから」



その時突如ドルシア軍の砲撃が再開し、モジュールの地面が揺れた。 警戒を呼びかける放送を流すアイナ。

宇宙ではフィガロ議員の乗ったARUS戦艦がドルシア軍に完全に包囲されてしまっていた。

サトミは司令部からハルトを呼び出そうとするが、出て来たヴァルヴレイヴの表示は2機になっている。
一同が戸惑う中、先に応答してきたのは 4号機に乗り込んだサキだった。
彼女は勝手に自分の機体に「カーミラ」という名を付け 出動して行く。



外で待ち構えていたバッフェを 搭載兵器のスピンドル・ナックルで次々撃破していくサキ。
1号機で追い付いたハルトは 調子付くサキに、前に出過ぎている事を注意する。

ドルシアのイクスアインとハーノインが操る2機のイデアールは、接近戦を避け ヴァルヴレイヴに大量のミサイルを浴びせて徐々に戦力を削いでいく戦法を取った。

ここで初めて恐怖心を抱いたサキは戦えなくなくなってしまう。
彼女をかばい単独で戦うハルトも苦戦する。


その間 クーフィアの機体はARUS戦艦を急襲し、あっという間に爆破してしまった。
フィガロのARUS戦艦を頼みの綱にしていたサトミや七海達は ショックを受ける。


ドルシアのカイン大佐は、ヴァルヴレイヴが2機出動しているのを見て「ヴァルヴレイヴが2人・・・」と呟く。
怪訝な表情でそれを聞くクリムヒルト少佐。


サキを応援しようと教室を出たショーコは 奇抜なコスプレ姿に身を固めたタカヒ達3人組に出くわす。
互いに思いは同じであることを知り、司令室に向かう彼女達。

無線を通じ、ショーコはサキに「みっともない姿を晒すな。そこはあなたのステージ」と叱咤激励する。
仲間達のありったけの声援も加わった。 
はっとしたサキはようやく自分を取り戻し、戦闘中の動画を世界中に拡散してくれと頼む。


復活した4号機は腰から伸びた6本の脚を巧みに使い分け 敵方には予測困難な軌道で動き回り攻撃を続けた。
蘇る サキのアイドル時代の孤独で辛い記憶が、繰り返し襲うダメージを跳ね返す原動力になった。
「カーミラ」はとうとうイクスアインの眼前に躍り出ると、一瞬で彼の機体を破壊してしまった。

世界から届く賞賛の声を全身で感じつつ、サキは司令室の 笑顔で拍手するショーコを見つめていた。



撤退の命を受け、イクスアインの脱出ポッドを回収して 渋々戦艦に戻るハーノインとクーフィア。
これで良かったのかと問うクリムヒルトに、カイン大佐は余裕の表情で「カードはもう一枚用意してある」と答えた。



その頃、戦闘で飛び散った残骸を隠れ蓑にして アードライの乗ったバッフェがモジュールの基底部に着地していた。
カインからの密命を受けたものだった。

[アードライ] 「エルエルフ! 我らの友情の為 死んでくれ・・・!!




次回に続く。



▽国立“防人(さきもり)”学園
[エルエルフ] 「隠された兵器・・・学校・・・カリキュラム・・・ この学校自体仕組まれていたということ
 ※「防人」(wikipedia) =(7世紀の日本において)九州沿岸の防衛のため設置された辺境防備の兵である。

咲森学園は当の学生達にその自覚が無くても、国防のための戦力育成を目的とした施設だった訳でしょうか。
娘のショーコをそこへ入学させたジオールの指南総理は 立場上その事について知らぬ筈がないと思うんですが。
うーん・・(ーー;)


▽適合者
[エルエルフ] 「あの女は適合したということか」

ヴァルヴレイヴ1号機にARUSのパイロットが乗り込んだ時「アナタマチガエ」で排除されてしまったのは、既にハルトが搭乗者の契約を済ませた後だったからだと思い込んでいましたが、ど~も・・・違う?

ヴァルヴレイヴの搭乗者になるためには要求される適性というものがあって、咲森学園に集められたのはその条件をクリアした者だけだったとか。

不思議とその事についてドルシアのエルエルフはある程度の見当が付いていたようですし、「ヴァルヴレイヴが2人」とのたまったカイン大佐も同様みたいで。

一方肝心の現場の貴生川先生は、国からヴァルヴレイヴに関し重要な部分の情報を貰っていなかったんだがどーして?


▽ヴァンパイア
今回何がビックリって、“乗っ取り”は同属同士でも問題なくできるって事ですよ!
人の生血を吸って仲間を増やしていくのでも無さそうだし、従来の“吸血鬼”イメージとは大分異なります。
サキが抵抗も無く「ヴァンパイア」とか「カーミラ」とか呼んじゃってるのが心配なくらい(笑)

そうそう、まだアニメではそう呼ばれたことはなかったと思いますが 公式HPの用語解説ではハルトやサキのようにヴァルヴレイヴの搭乗者として「人間をやめて」しまった人を「マギウス」と言うそうです。

「カーミラ」というと、19世紀末に発表された吸血鬼の代表・ドラキュラ伯爵の話より四半世紀も前に書かれた作品名で、登場するのは女性吸血鬼。
(「ガラスの仮面」の劇中劇では亜弓さんがカーミラを演じて主役のヒロインを食っちゃったんだっけ?←)

「カーミラ」という人物は この物語では昔亡くなった「カルンスタイン」伯爵夫人と同一人物らしいと分かります。
⇒ドルシアの軍人養成機関のはずの“カルルスタイン機関”がヴァンパイア伝説と関係濃厚であるらしい暗示が来ましたね。

ではハルトがVVV搭乗者となった時見せられた条文の主体、「機関」というのはやはりカルルスタイン機関の事なんでしょうか?
カイン大佐が何が何でも「ヴァルヴレイヴ奪還」にこだわるのも元々自国のものという意識から?
そしたらカルルスタイン出身の5人組(イクスアイン・ハーノイン・エルエルフ・アードライ・クーフィア)もまたヴァルヴレイヴに適合する人材とか?

それにしちゃドルシアの技術者にもVVVの情報が行ってないけど・・・ まあ もう少し展開を見ないと先に進めないですね。


あと関連で「ドラキュラ」の方も検索してみると、登場人物について面白い記述が。

「伯爵(Count)ということにはなっているが、ルーマニアの貴族階級にはこの称号はなく、ドラキュラは貴族であるとしても、「伯爵」というのは単なる敬称に過ぎない可能性が高い。実際、小説中においてドラキュラ当人がこの称号を名乗ったり用いたりする場面はなく、署名をする際には「D」とのみ記し、彼の墓標にもただ「ドラキュラ(DRACULA)」とのみ書かれていた。」Wikipedia「ドラキュラ」より

エルエルフの言っていた「俺の計画」=「プランD7」の記号の由来が謎でしたがこの「D」なのかな?
(どっちかというとDグレの マナ=D=キャンベルの「D」まで繋がったりしないか気になってます。クロス・マリアンがキャンベル家にもクロウリー家にも関ったらしい事が未だモヤモヤ)


▽スターの舞台
戦う理由として これほどまでに「自分のため」を前面に押し出したキャラは珍しいのでは?
(いや他のアニメほとんど知らないですが!)
通常パターンとしては「大切な人を守るため」とか「大事な人を奪われた敵討ち」とか・・・

でもこういうサキのようなケースも有りですよね。
実際仕事のモチベーションが上がるんでしたら理由は何でも。 
他人の存在をよすがに頑張ろうとするより むしろブレずに想いを貫けるかも知れません。



第6回はここまで。
関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」