FC2ブログ

1年経ちました。

もうすぐ10月25日も終わります。 このブログを開けてから今日が1周年でした。

去年の大晦日の日記には 「御来訪者延べ8,000人ありがとうございます」と書いていたんですが、早いもので今週の10月21日には8万人を超えました。

最近私事のもろもろで、記事更新がちっとも進みませんが ようやく止まっていたDグレ本編も動き出しそうですね。

新刊と次号SQの発売まであと1週間!

これからもブログの本命はD.Gray-man一本だけです。 がんばって追いかけて行きたいと思います。 

本日も御来訪ありがとうございました。 

以後も宜しくお願いします。

関連記事

『革命機ヴァルヴレイヴ』第14話「大気圏の兄妹」。

お久しぶりです いろいろ溜め込みました。
今回は時間的都合で少々端折らせて頂きます・・・



過去に受けた激しいいじめが元で 引きこもりになってしまった妹のアキラ。
彼女をいつも気遣い、過保護に世話を焼く兄のサトミ。
しかし彼の優しさとは、過去 自分を助けたい一心で道を誤り窮地に立った妹を 守ってやらずに逃げた事への罪悪感から来るものだった。
アキラの方は、今更どんなに優しくされても裏切られた家族に対する不信感がぬぐえない。

そんな彼女を横目に「思い出が無ければ悲しむこともできない。ジオールに行ったら何か思い出すかな」と呟く野火マリエ。


今は侵攻されドルシア領とされている 元ジオール領内に降下を企てる一行。
キューマとライゾウがマギウスの憑依能力で空港職員に成り済ましてチェックを抜け、無事目的地まで運んでくれるシャトル便に乗ることに成功した。

だが途中サトミの不注意から通信周波数をドルシア軍に探知され、降下中のフォロリング内でイデアールの攻撃にさらされてしまう。

イデアールは大気圏内を想定した改造を施しているが、VVVはどれも大気圏の摩擦熱で苦戦し思うように戦えなかった。
仲間全員を危機に巻き込んだのは自分のせいと苦しむ兄の声に刺激され、アキラは 単身6号機で飛び出した。
そして敵機を撃墜するが そこでオーバーヒート。
停止した機体は落下を始め エルエルフは6号機を見捨てるしかないと非情な判断を下す。

だがハルトは制止を振り切り1号機で助けに向かった。

カラス型の新装備=インパクト・ブースターで1号機と6号機を連結させると 熱はみるみる吸収・排出された。
6号機の冷却には成功はしたが、ハルトはコクピット内で突然破損した計器の破片が当たり右目に重傷を負った。
今度は1号機・6号機が同時にピンチに立たされた。


アキラはとっさの判断で、地上各地の誘導管制官の通信を可能な限り捉え シャトルに向けて一斉に流し始めた。
兄が常人を超えた聞き取り能力の持ち主であることを知っていたからだった。
サトミはこれを妹が助けを求める声と思い死力を尽くして とうとう活路の抽出に成功する。


彼らを乗せたシャトルは辛くも地上に不時着した。そこは危険の待ち受けるドルシア連邦の領内だった。




▽ サトミとアキラ
アキラの6号機救出に成功した後は、また「お兄ちゃんうるさい」の口癖が復活していましたけれど やっと兄妹の心が通じ合えた感動回、良かったです。

2人揃って無敵の能力保持者なのはうらやましいですね。



▽ インパクト・ブースター
ヤタガラスのモチーフがたいへんカッコイイですよ。 外観など詳しい解説は公式HPの方で。
(MECHANICページと、あとトップページからの「最強形態“フルインパクト”公開」の所にも)
簡単に過熱してしまうVVV機の欠点をカバーしつつ、必要な時は吸収熱を利用した武器としても使用可能。

VVVの研究者らが遺した設計図を元に貴生川が完成させたという。
VVVは地下で調整段階中だったのに無理やり実戦に引っ張り出された形でしたから・・・
これがなくば元来兵器としては不完全だったわけでしょうね。


▽ 野火マリエのこと
いつもトロンとした目つきで黙っているのに、実は観察眼が鋭くツッコミ担当w
マギウスの事は知らなかった彼女がハルトの潰れた右目がすぐに復活してしまう様子に驚いていましたが、何かの伏線になるんでしょうか。

心優しい一面もあり、親友のショーコの頼みを厭わずアキラを励ましたりもします。 あくまでマイペースで。
「ジオールに行ったら何か思い出す」という言い回しは気になりますね。 記憶喪失?


▽ ハーノインとクリムヒルト
完全にここ飛ばしてしまいましたが^^; きれいなお姉さん大好きです(笑)
群れから離れ、これから2人何の相談でしょうか。




続き回の放映は、関東地方では今晩ですが 今は1週間後のDグレ新刊が気になって仕方ありませんwww

何か←更新はします(^。^;)  ではまた。


関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」