Archive: 2013年11月10日  1/1

『D.Gray-man24』コミックス感想 その3・第214夜。

ネアの幼少期の描写で始まるこの回。彼と母親との会話から断片的に当時の様子が垣間見えます。そして“アレン”から初めて出てきた本物の“ネア”。ここで真面目に考察しなければいつやるんだというところですね^^;この先のストーリーまで読んで本誌掲載時からだいぶ時間も経過して、第214夜の考察も旧ブログで書いていた頃と細部の結論がかなり違ってきております。もう一度頭の中はリセットしてお願いします。▽ 第214夜「A.Wをたず...

  • 5
  • 0