FC2ブログ

『D.Gray-man24』コミックス感想 その10・コムイの談話室とSpecial Thanks!ページ。

これでやっと24巻関連記事は最終回。


▽ コムイの談話室コーナー (①~⑥)

復活です。従来通り 読者の質問に答える形で出演キャラがワイワイ語るコーナーになっています。
合間合間にさりげなく伏線や重大情報の気配が。

メンバー: アレン・神田・ジョニー・ワイズリー・ティキ・リンク・ティム


1. Q.ノアが全員 均整の取れた体型維持ができている理由。
   A.覚醒後は細胞レベルで生まれ変わるので超人化し老化も遅くなる


2. Q.マテールから帰還した時の神田の服の出所。
   A.出会った老女に世話してもらって食事もおごられた。

   Q.アレンのピエロ道具
   A.マザーの家に避難した時持ってきた、昔預けておいたマナのもの。

   Q.アレンの逃亡生活
   A.イカサマ賭博も平気でやって稼いでいた。

など


3. Q.アレンが北米支部で作ったマテール行きゲートを破壊できた理由。
   A.あの技が使えるようになったのは神田の六幻で刺されてノアの覚醒をしかけた後から
呪文は奏者の唄同様で、自然に出てきた。

その他 クロス・マリアンのこと。

彼は外見的には「見た目20代後半くらい」らしい。
(エドガー博士が45歳であれだから、もっと行っててもいいかと思ったけど)

アレンから「出会った時から全然老けてない」との重大発言。
(これは上の「ノアは老化が遅い」話と関連? 気になる)
(そういえばネアも彼を「あんた」呼び=自分より年上感覚。としたら既に35年前からあまり外見が変わってないのか)

ワイズリーから「もしかして百超えとったりして」というのもそう遠くはないかも。


4. 神田は本来下戸体質だが呪符のため酔えず、隠れて強い酒も飲んでいたそう。

Dグレのヒロインにワイズリーはロード、神田はリナリー押しなのはご愛嬌


5. Q.団服の価値。 

   A.とにかく費用をかけている。生地の説明。
リナリー:防風・保温性
ラビ:耐熱性
アレン&神田:吸汗・速乾性
クロウリー:AKUMAの血液だけを吸収しやすい特注繊維
全体に AkUMAウィルス防御の為、チャン家の護符が染み込んだ特殊繊維との混紡。

   Q.ティムの大好物。

   A.アレンの説明では「歯ごたえのあるものが好き」「天パーは見ると噛みちぎりたくなる」
(後者は「好き」じゃなく明らかに「嫌い」だからだろう。 談話室のティキにも噛みついてみせている)

これは「自分の主のネアは天パーじゃない」アピールと解釈 ⇒ やはりネアと14番目のノアメモリーは分けて考えるべき。

(第184夜「ネオギプス」回でアレンから一瞬出てきてティムを睨んだり、伯爵に「オハヨウ」や「オレガ千年伯爵ニナル」発言もあり 第198夜「徒花の真実」回ではティムの結界破壊により出現をくい止められた 髪のうねったノア化アレンはティムの主人ではないということ)

(アレンの独房を訪れたアポクリフォスが 最初は左腕、2度めは頭部の侵蝕をしていたが、ティムが悲鳴を上げ始めたのは2度目からだった。 まず先に取り掛かった方は単にノア覚醒(=14番目の出現)を抑える施術だったのだとすれば納得は行く)

ティムはネアが好きだが、14番目のノアメモリーは嫌っている。


6. Q.ラビがどうなってるのか。

   A.ほとんど答らしきものはなし。ティキからアレンに「もしいつか眼帯くんに会えたら優しくしてやれ」とだけ。
(こんな言い方されては ブックマンの方の安否が… ><;)


アレンの人物観。

マリ:理想の兄。(落ち着いた物腰と大柄な体格に安心感があると。 しかし16歳が「肩車」ってどうにも(苦笑) 
実はこれ、出会った頃の義父のマナのイメージでは・・? それを「兄」と言わせている辺りがちょっと星野先生^^;)

ここ絶対 “隠しヒント”だと思うんですよね・・・・ アレンがネア本人だっていう。

肩車
(画像:「D.Gray-man」ノベル3巻『Lost Fragment of Snow』 P177 あとがき より)


ジェリー&リンク:同列で「お母さん」。(挙げた2人の共通点といえば料理上手と世話焼きか。 
回想シーンの幼いネアは素直に甘えるタイプには見えないけど、本当はもっと甘えたかったってことかな;;)

ラビ:近所のチャラいニート。(これは酷い^^; ・・・でも彼が自分の将来像に迷いを抱き始めた事をあっさり看破してそう)

神田:面倒くさいのでノーコメント。(簡単に一言で茶化せないくらい複雑な思いを抱えた存在ということか)

ジョニー&リナリー&クロウリー:同級生。(気を許せる味方。ホームの心のよりどころ)

ティキ:近所に出没する痴漢。(最悪・・・でも面と向かって本人に言うのだから憎みきれない何かがありそう)

他のノア:論外。

ティム:大好きな弟。(可愛い子分だしね。微笑ましい。ネアにとってもクロスに造ってもらったティムは格好の弟ポジだったのか)




▽ Special Thanks !

ラビが、ブックマンと共にこれまでのネタ扱いを吹き飛ばすような 華麗なイラストで登場。
マフラー・眼帯はあり。団服は上着だけ脱いでる。
ちょっと上目遣いでニヤリな表情が意味深。

下の名前の所には前巻に引き続き「ラビ(心の友)」

とにかくこの一ページを丸々彼に割いたということで 「忘れてないよ」の全力アピールかと。
「A.Wをたずねて」の次は、ラビ編と呼べるほどの本格的な展開が待っているんでしょう。

方舟のロード戦で “過去の自分”と対決して、意志力で負けなかった彼。
このへん将来的に、アレンにとっても避けて通れない戦いの道標にならないか・・・とどこまでも我田引水


そういえば愛猫のコロちゃんがお姫様に❤ まだまだ長生きしますように。




以上でした。





関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」