FC2ブログ

ふたご座のこと。 

今夜は 双子のキャンベル兄弟の誕生日が麦秋の頃なんじゃないか・・と言っていた話の続きです。




星占いの「ふたご座」の季節は初夏(5/21~6/21)です。
が、これは黄道上でこの時期にふたご座が来るってことなので 夜空で星座の見ごろはそれと正反対の季節になります。

つまり、真冬の今の季節が一番。 
空がよく晴れた日は、肉眼でもはっきり見えて綺麗ですよ!

冬のダイヤモンド
(画像は サイト「のんの小宇宙」から「天体観測講座」の頁より引用) 
http://www.geocities.jp/non_zx/star/KOUZA/k-14.html

星座の双子は、ギリシャ神話に登場するカストル(右・兄)とポルックス(左・弟)。
兄星カストルより遅れて上ってくる弟星ポルックスの方が、輝きが強いんですよね。 
兄より弟の方が元気な性格というのはよくある話。


それにしても この華やかな冬の星図の中の ふたご座の形に既視感が。 あれです。


『D.Grya-man』1巻と、ノベル版3巻の 表紙絵の比較をあらためて。

gemini2.jpg
(画像はAmazon商品頁からお借りしました。 縮小済み)

この2枚のどちらも、人物配置は同じでしたね。
千年伯爵(ピエロのマナ)が右、アレン・ウォーカー(サーカスの“赤腕”少年)が左。

これを上の星図のカストル&ポルックスと見比べると 兄側にマナ、弟側にアレン。

2人が背中合わせに立ち手を前に差しのべる姿が、星座の星を結んだ線が描く形と似ていませんか。


※画像追加 (4/26) 分かりやすいよう、ふたご座だけ持ってきました。
通常 星の並びに重ねて描く双子の姿は、兄弟仲良く肩を寄せ合って座っている図ですが、骨組みだけにしてみると・・・
むしろ2人が背中合わせで立つ構図の方が自然なような。

stampgemini.jpg
(写真は 日本郵便発行 郵便切手「星座シリーズ」第4集から)




星野先生の絵では2人の周囲に舞う「雪」も、1巻のイラストが本決まりになる前の案では「星」だったんですよね。

stars80.jpg
(『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』P221より)

これなら本当に 天空の星々に囲まれて輝くふたご座のイメージです。 
足元の髑髏(どくろ)も 夜空の配置そのままに天の川の星屑でしたか。


コミックス1巻の表紙は小説版と比較した場合の「“千年伯爵とアレン・ウォーカー”がかつての“ピエロと孤児”」である暗示と共に

これ1枚でも最初から 「この2人が実は双子(マナ&ネア)関係にある」ことへの暗示

が込められた謎掛けだったかな  ・・・という結論。



うん 今時庭に出たら極寒ですけどねwww  皆さん外で星を眺める時は、防寒対策万全でよろしく。








関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
36位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」