Archive: 2014年02月  1/1

乙女と獅子。

もう2月も月末を迎えそろそろ3月というところなので、半月お休みしていたツイッターにも戻っております。本編の供給不足で、もう~・・・頭の中が考察というより空想じみて参りましたが御容赦のほど。 今回は 先月の「ふたご座」ネタ※の続編を。※(ふたご座の星を結んだ線で描かれる双子の姿が コミック1巻と小説版3巻の表紙で並び立つ2人のポーズにかなり近い事に気付いてから これが“2人の正体”をほのめかす暗示である所...

  • 2
  • 0

すっかり日付が・・・大遅刻。

2月20日は リナリー・リーの誕生日。 おめでとうございました!強く賢く優しくて 他人の“心”を酌むのが上手な貴方でも、自分の事に関してはお留守なんですよね´・ω・` 見ていてちょっともどかしいなしかし もう17歳ということで。優等生の殻を蹴破ってくれるのも時間の問題かと思いますが。 今青春しなくてどうする←  楽しみにしてます。HAPPY BIRTHDAY ! ❤以前コメントで頂いたお話がなかなか衝撃的でした。 ------ “l...

  • 4
  • 0

トラジコメディー。

実は6日ほど前、些細な理由から ツイッターとピクシブのアカウントを一気に削除してしまってたのですが特に事前説明もしなかったため わざわざ心配して下さった方がいらしたとか・・・ ありがとうございました。 私は元気です  おかげさまでのんびりさせて頂いております。ツイッターには遅くとも月末には戻るつもりです。 一月以内なら旧アカウントのままで復帰可能だそうで。Pixivにはもう同名(Canpy)・新アカウントで在...

  • 2
  • 0

「今度は・途中で・死ぬんじゃねェぞ」。

このクロス・マリアンの一言への深読み(笑)まずこれを 彼がわざわざ中央庁の人間に聞かせた意図ですよ…方舟を動かしたアレンに向けられたノア疑惑を検証する為の 監視下での師弟の会見締めくくり。(17巻第168夜)そんな中で敢えて自分を不利な立場に晒すような14番目応援発言ですが、目的は ひたすらアレンを守る事だったでしょうね。今も自分が「14番目」の味方である事と ノアの宿主に利用されたアレンは何も知らされていな...

  • 6
  • 0

『ジャンプSQ3月号』も進展なし。

恒例 SQ発売日報告。本日(2/4)発売『ジャンプSQ3月号』(売価¥570)にも、D.Gray-manの次号連載再開予告はありませんでした。そのため、最速でも今年度中(3月発売4月号まで)の掲載はなくなりました。まあほんと・・・三月前の久々の新刊発売以前の状況に戻ってしまいましたね。D.Gray-manの文字は本誌のどこにもありません。綴じ込みアンケート葉書も、裏面はいつも通り 今月掲載の作品番号しか書けない設問ばかりです。1. は...

  • 1
  • 0

コメントの話題から 2 (奏者の資格)補足。

前回の質疑応答。 「Q 1、奏者の資格って誰から誰に渡ったと思いますか?」        ↓「A 1、ネア自らが他人に奏者の資格を譲渡した事実は、ありませんでした。(中略)奏者の資格はネアから一度も離れたことがないですね。」ここにちょっと付け足しまして。説明では、第215夜でネアの回想中に出てきた人物のことが抜け落ちていましたので少し考えましょうかと。この方については既出記事で アポクリフォスの計略で送り...

  • 8
  • 0