FC2ブログ

「今度は・途中で・死ぬんじゃねェぞ」。

このクロス・マリアンの一言への深読み(笑)


まずこれを 彼がわざわざ中央庁の人間に聞かせた意図ですよ…

方舟を動かしたアレンに向けられたノア疑惑を検証する為の 監視下での師弟の会見締めくくり。(17巻第168夜)

そんな中で敢えて自分を不利な立場に晒すような14番目応援発言ですが、目的は ひたすらアレンを守る事だったでしょうね。

今も自分が「14番目」の味方である事と ノアの宿主に利用されたアレンは何も知らされていない被害者である事のアピール。

自分に疑惑を集中させ、一時の時間稼ぎにしろ アレンを守ろうという瀬戸際作戦です。
もしもこの場でアレンがノアの一味と看做されたら、即刻生命に関わりますから。

そしてアレンは 打ち明け話に傷付き猛反発してくるはず。
その反応すら アレンの無実を印象付けることに利用しようとしたんでしょう。
アレンの反撃も度が過ぎたため一時本気で怒りましたが 後のクロスは密かに弟子の逞しい成長ぶりを喜んでもいましたから。

でも彼はアレンを心底想っているのに、自分のことは理解されなくても構わないと割り切っている様が泣けます…;;



さて、そんな対外的な理由とは別にもう一つ。

あれは クロスがネア(=アレン)に向けた本気のメッセージでもあったのじゃないかと。


「今度は途中で死ぬんじゃねェぞ」の前に
「この戦争にゃ裏がある」でしたが。

「戦争の裏」

アレン専用のティムに隠した奏者の楽譜情報が、いつの間にか中央庁の手に渡っていた件。(14巻137夜)
(出所の説明がどうにも胡散臭いですよ・・・“14番目の遺志を継いだ複数の者”ですか?それって果たして本当だろうか)

とにかく極秘情報が思わぬ所から漏れ、自分達はその為に窮地に立たされている。
ルベリエの説明で納得しなかったクロスは
「俺達を陥れようとする敵が 味方側(=教団サイド)に隠れている。気をつけろ」と言いたかったんじゃないでしょうか。 
しかしこれに関してはさすがに ぼかした表現の「戦争の裏」とするしかなかったと。


「今度は」「途中で死ぬんじゃねェ」

クロスが、ノア勢相手にマナ・ネア兄弟が逃避行中の頃からここまで ずっと彼らの味方だったとして。
もし、当時彼も兄弟と一緒に行動していたのに たまたま“あの時”に限りネアが独りきりで死亡したのだとしたら・・・? 
クロスは現場に立ち会うことすら叶わず誰かから「遺言」を言付かっただけ 挙句にその話を聞かされたマナまで発狂とか。

自分は肝心な時に何をしていたのか… 結局二人とも救えなかった… と随分苦しんだんじゃないでしょうか 彼は。

クロスが奇跡のような復活の予言に従い「アレン」の出現を延々待ち続けることができた原動力は、その時の深い後悔の念だった気がしています。
どうかまだ続きがあるなら…チャンスをくれ、と。



クロスがアレンに掛けた言葉。

「この戦争にゃ裏がある」「今度は途中で死ぬんじゃねェぞ」はつまり、
       ↓
「敵は思わぬ所に潜んでいる(用心しろ)」
「あの時の二の舞はすまい(今度こそ 俺が全力で守る)」


だったのかもなあ・・・・なんて 



以前もしました 24巻ピンナップの「Near You (お前の傍に)」が「Nea You (お前がネアだから)」に見える話とかwww

マザーの台詞の「あんた“アレン”を可愛がっただろう」とか…

アレンが師匠そっくりの表情で「反吐が出るね」と笑うシーンとか…


諸々ひっくるめてグルグルしております   師匠万歳。




久々の妄想記事でした^^; どうも。  すみません。


関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」