FC2ブログ

乙女と獅子。

もう2月も月末を迎えそろそろ3月というところなので、半月お休みしていたツイッターにも戻っております。

本編の供給不足で、もう~・・・頭の中が考察というより空想じみて参りましたが御容赦のほど。 
今回は 先月の「ふたご座」ネタの続編を。
(ふたご座の星を結んだ線で描かれる双子の姿が コミック1巻と小説版3巻の表紙で並び立つ2人のポーズにかなり近い事に気付いてから これが“2人の正体”をほのめかす暗示である所は間違いないと思っています)



ところで現在、実際の夜空で ふたご座の2人の間にちょうど木星が来ていて「冬の大三角」と共に十字架形になっていて素敵ですよーv 晴れた晩は御覧になってみて下さいね。




星図で描かれた黄道上に並ぶ “ふたご” → “かに” → “しし” → “おとめ” ・・・

第213夜の終り近くに 新生児のような双子兄弟が実った麦の穂と共に描かれていたので、未だ明らかでないマナとネアの誕生日は 本当に初夏の“ふたご座”の頃ではないかと思っているんですが。



ならば あの「母さま」は“おとめ座”だったり・・・とも考えまして。

おとめ座。(「地」の象)

星座の起源は諸説ある中 一番ポピュラーなのはギリシャ神話の「豊穣の女神」デーメーテールであるという説で、私も昔から馴染んでいるこれを採りたいですね。
星図で彼女の手にする“スピカ(麦の穂)”は ここで最も明るい星に相当します。

そうそう♪  あの双子の生家の風景にもピッタリですよ。


それとしましても あれが「母さま」では、図柄的に彼女と子供達との間にはさまってるしし座がジャマっぽいんだが
(かに座はあまり明るい星がなくて目立たないんですけどね…)



あっ そうじゃなくて?!
もしかして、しし座の人が不在の「父さま」だったらどうよ?的思いつきが唐突にここで←

しし座。(「火」の象)

α星は“レグルス(小さな王)”。 俺様?^^;

第214夜・35年前の親子の会話には 「母さま」の弟=サイラス叔父がキャンベル家の家督を譲り受ける話しか出ていません。
でも 例えばあの家庭、父親が出て行ったきり何年も行方不明になっていたりしたら・・・
そんな話が出てきても不思議はないですね。


こういった経緯で アレンの師匠のクロス・マリアン(年齢不詳・誕生日だけアピールの7/31)に関し、これまでの
1.「失われたブックマン後継者」(=ネアとは親友関係)であるという案
2.「サイラス叔父」(=双子とは親戚関係)であるという案
に加えまして。 

今回新たに
3.「双子の父親」案
が浮上ということに・・・・。 

我ながら どこまで行き当たりばったり考察 orz


もしもそうだったらと考えただけでもムカッときますが(笑) 
これを前提にしてみた場合、これまでの事が自分的には色々納得できるんですよ。 

クロスがネア復活を長年待ち続けた理由について、「深い後悔」の念があったから?なんてもしましただけに。

枯れた大木・コーネリアに何故かクロスのイメージが重なるとも言いましたが、確かにあそこに不在の人ではね…。


それでも、エクソシストとして厳しく育てられたアレン自身も知らぬ間に ちゃんと不動の親子関係は成立していて。

彼の「反吐が出るね」と言い放った不敵な笑いが師匠そっくりだった件も。 何だか胸にきます。

------ Near you ------     (今度こそ)傍に。





でもまあ。「女性とライオン」の取り合わせと言ったら タロットのあのカードしか浮かびませんけどね!

「力」


さしものクロス・マリアンも、面と向かった「母さま」には 弱かったんじゃ…
とか想像するのはちょっと楽しいかも。



今日もプチ暴走。 ここまでです。







<ウェイト版タロットカード「STRENGTH」画像>
 ウィキペディア「力 (タロット)」より引用。
関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
64位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」