FC2ブログ

第222夜(3)「A.W をたずねて・Hypokrisis」/クロス・マリアン

感想の第一声であそこに出て来た師匠はニセモノだよと笑ってたんですが、周囲を見渡す限り そんな人皆無…?(-_-;)

なんとなく出しにくくなってしまって今までふらふら様子見ながら時間潰してましたー すみません。
もう漫画の解釈なんて 各人それぞれ愛を込めて語り倒せばいいじゃん!! と開き直りまして(遅) 再開します。

それにしても一頃は考察界隈も閑散としていたので、この活況が夢のようですね。 ←旧アニメ時代の最盛期を知らないもので
これからますます盛り上がりますように。 
ブログなど新しく立ち上げられた方は教えて下さい! ぜひ伺いたくv



▽ 師匠

今回のクロス登場については思わぬタイミングに驚くとともに嬉しくはあったんですが、何せん台詞が残念過ぎましたよ… 
本物だったら のっけから愛弟子にあれはあるまい?

でもアレンがここで屈せず、「あなたはきっと僕の弱気が見せた幻なんでしょう」と一蹴してくれたので心底ほっとしました。 
師弟の絆の勝利でしたね。

11歳の旅立ちの日 消え入りそうな声でおどおど挨拶していた少年を、たった5年で ここまで強かに育て上げたクロス・マリアン。
傍からどう見えたとしても、彼の心に終始 迷いは無かったんじゃないかと思うんですよ。


※ しかしクロスは「14番目(ネア)」にもアレンにも応援するような声かけをしたり(中央庁監視下の会見とボイスメモの内容)、彼製のティムキャンピーまでも 北米支部の結界を破りアレンのノア化を防いだかと思えば 目覚めたネアにもベッタリだったり… 
一見矛盾して見える彼らの行動が納得できる理由を考えた末に出たのが、以下3つの結論でした。
ここの常連様には耳タコで申し訳ありませんが。 

1. アレンはネア本人(=二つの人格が大雑把に言ってセカンズ的状況)
2. ネア&マナは千年伯爵メモリーの宿主の立場(=特にネアは、メモリーに染まらず自分本来の意志を保ち続けている。彼の初めての「目覚め」は第214夜。メモリーの方はもっと早く怪盗G編の「オハヨウ」)
3. クロス・マリアンはカテリーナ=イヴ=キャンベルの実弟・サイラス 
(⇒詳細は 畳んだ考察概要の部分参照)←大分古い記事でごちゃごちゃ読みづらいです…いずれ整理を。※

もしもクロスが マナネア“兄弟”を誕生期から知る、家族同然の間柄だったとしたら?
その発想で「ブックマンの失われた後継者説」から転じてしばらく「父親説」を支持していましたが、それもダメと分かった後「サイラス氏説」に活路を見出しました(笑)

単純発想ですが、例えばの話 自分の家族が事故に遭って記憶を失くして別人のようになってしまったからって、大事な人であることに変わりはないですよね。 特にその相手が実の姉の忘れ形見だったら・・・
彼も似たような境遇だったんじゃないかな。
成り行きで、柄にもない“子育て”にまでつき合わされれば 故郷の記憶と共にその想いはさらに募るでしょうし。 

クロスはアレンとネアを同一視したような発言をよくします。
彼が会見終了際、背中を向けてアレンにぽつりと放った「今度は途中で死ぬんじゃねェぞ」には、これまでの全ての想いが込められていたかと。
アレンが自分の弟子として旅立つ日 「“歩く人(ウォーカー)”おまえにピッタリだろ」と言った時の彼の心中もいかばかりか。
([ロード] 「“立ち止まるな歩き続けろ” ネアがマナに遺したことば…」)

「アレン」となって復活したネアの意志を、今度こそ遂げさせてやりたい。 その為には、こんなに弱々しくなってしまったこいつに 苦境をはねのける力を取り戻させること。 

適合者の要件で求められるのは逆境の中でも自分を強く持っている事…という話が『季刊エス』でもされていましたが、 アレンもアポクリフォスが舌を巻くほどの「美しい使徒」に育ったということは 内面の強さが備わった証明なんですよね。



▽ 問題の台詞

ここは一つずつ追っていきましょうか。

○ アレンにいきなり酷な言葉で引導を渡すクロス
「ここがおまえの終着地 アレン・ウォーカーの消える場所だ。 おまえは宿主の役目を見事に果たした」
「この麦畑はネアの精神世界 奴を知ろうとすることは 同時におまえが消えていくことなんだよ」

・ ないですよwww これじゃアレンはクロスにとって何だったのか。
・ 何故クロスはあの会見後に、自分に猛反発してみせたアレンを思い出し「生意気な面になった」と喜んでいたのか。
・ どうしてボイスメモまで残して「マナの仮面を外せ」と、アレンの将来の事を案じていたのか。

○ それでも踏み留まろうとするアレンの足を引っ張るクロス
「何を変えたい? このまま先へ進んだところで 宿主「アレン」が消える末路は変わらんぞ」
「おまえはこれから消えてゆく その現実に耐えられるのかアレン」
「今だってネアはおまえの体を使い現実世界で息をして動いている」
「おまえはまるでAKUMAに内蔵された魂のように消えるのを待つだけ」

・ もうここまでで「おまえは消える」を5度も繰り返してるんですが?!(怒) 
・ こうやってアレンを暗示にかけたがってるんでしょうね この幻覚の主は。

○ 優しい言葉をかけ続ける一方で、逆らった場合の苦痛と恐怖で脅し 最後の気力を削ごうとするクロス
「怖いなら一緒にいてやる くさっても師匠だからな おまえの小便シーツ死ぬほど洗ったしよ」
「この浸食に抗えば ただムダに多く恐怖を味わうだけだぞ」
「宿主を壊したいとまでは望んじゃいない」 「宿主になったおまえには本当に感謝してるんだ」
「だからせめて 苦しみの少ない最期であってほしい」
「受け入れるだけでいい 宿主の運命を受け入れれば 背負ってきた苦しみや深い悲しみから解放される」.
「愛するマナとの思い出のなかで 眠るように安らかになれる」
「それもまた ひとつの道だ アレン」


○ ここまで追い詰められても陥落しなかったアレンにショックを隠し切れない顔のクロス

○ そして負け惜しみの捨て台詞。
「どこまで行ってもお前って奴は見せかけばかりの偽善者を演じるんだな…」
「だったら歩け ひとりで  馬鹿弟子め」

          ↑
(ここであの大事な台詞使わないでよバカーっ!!(;´д`))

自分で自分の道を歩くと宣言したアレン・ウォーカーに「偽善者」とは。
その生き方を彼に示したのは、他でもない師匠だったのに。 ・・・偽物の化けの皮が剥がれた感じです。
ここでアレンもはっきりと、これが本物の師匠のはずがないと悟ったんでしょうね。
だから「自分の弱気が見せた夢」だと。

この「偽善者」で思い出すのは、方舟戦で退魔ノ剣に敗れたティキ・ミックの「これはただのお前のエゴだ」という台詞です。
共通するのは ノア視点からは目障りな立ち位置の「アレン・ウォーカー」への苛立ちかな。


結局、これはロードがアレンに見せていたクロスの幻というオチですよね。
(でもまだイノセンスによるダメージが効いていて、出力不足なのかな 「何度も繋げることはできない」とは)

ロードが 好きだった人間の「アレン・ウォーカー」を終わらせようとしていたことがハッキリしてしまったようで、この先不安しかありませんが。
ここで安らかに眠れと促したのは、彼女なりの思いやりだったんでしょうか・・・
キャンベル家を探し当てたアレンが到着したら、彼女はクロスを使い何をするつもりなのか。




▽ クロス・マリアン襲撃事件

第169夜でアレンとの会見直後に姿を消したクロス。
確かに彼は一度顔面を撃たれていたし、その直後派手に窓が破られいなくなっていたというのは…
今回の種明かしからすると、ロードが瀕死の彼を “扉”で連れ去ったとみていいのかな。
一応ここでは、ロードはクロスの命の恩人ということになりますよね!


ちなみに私は「ネアのかつての「友」という人が35年前のアレン」という説は取っておらず(アレン=ネア説を貫くには無理ありまくりなので)、彼はアポクリフォス本人が化けた姿かその仲間か…という想像で、前回もこんなことを書いてましたが。
          
第215夜でもネアの記憶映像に登場していた長髪メガネの若者は、過去の一時期ちゃんとネアの「友」という立場にあったらしく。
思えばあのクロス・マリアンですら 銃口を向けられるまでアポクリフォスをずっと信じていたようでしたから、
([クロス] 「もっとはやく間違いに気付くべきだったよ !!」(N203))
イノセンス側の企みが最初から彼ら(=ネアとクロス)に向けられていたとしたら、「友」という人の登場が行き当たりばったりでなかったのは当然ですか。
しかし35年ぶりの復活を果たしたネアも 自分を取り巻く状況が想像とは全然違っていたことに気付いた時、(この復活計画を持ち掛けた彼に)「敵同士だ」(N215)と絶縁宣言をしたんですよね。 
聞いていた話と何もかも違う 騙したな、と。・・・・


クロスの方はノアを離脱したマナネア兄弟の受け入れ先として、“中央庁に潜んで動向を伺っているが実はイノセンス”というアポクリフォスをずっと仲間として信用していたのだと思います。
アポがあっさり断罪者を取り上げていたところを見るに、元々クロスに適合権を与えたのはアポのような気もしますし…
クロスはアポから 「ネアが伯爵に襲われて瀕死の身柄は預かっている、復活計画もある」と聞かされたんじゃないでしょうか?
本来ダークマターの伯爵メモリーを抱えた脳を他者に移植なんて不可能。でもイノセンスが寄生した肉体なら浄化できると。

中央庁の監視下のあの会見の時は、クロスも会話中にアポの存在を匂わすわけにはいかず、もちろんアレンがネア自身であることなど知られては大変なので アレン・ウォーカーは14番目に取り憑かれた哀れな器、を強調するしかなかったのでは…
でもその後のアレンが心配だったからこそあんなボイスメモを残したんでしょう。

今回、本物のクロス・マリアンは意識だけの登場。 
しかも数か月前にアポクリフォスに襲われた瞬間で彼の時間は止まっているようです。 
もちろんアレンが自分の幻の夢を見させられていることなど知る由もなく。

「ああ… 間違いだった…」 「もっと早く… この間違いに気づいていれば…」 
「ネア… 気をつけろ オレたちは…奴らに利用されている」
「“アレン”は危険だ 危険なんだ…」


ここでいう「アレン」は、ネアが復活した時のコードネームとしてアポから教えられていた“新しい名前”のことでしょうね。
そもそもこの復活計画自体が信用ならないものだったということで。 
ネアに宛てた忠告「アレンは危険」は、イノセンスサイドの話を信用しては危険という意味では?
ティムの過去映像を観たネアも、それは十分わかったようですが。


ああ… クロスの今の状態、気になるなあ(´;ω;`)
アレンとの本物の対面で、悪用されたりするんだろうか・・・  アレン頑張れっっ。



次回は弟子の方行きます。


関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」