FC2ブログ

あれはそういうことだったかも。

ちょっと寄り道を。 
昨夜ツイッターフォロワーさんの呟き(「クロス・マリアンのクロスは十字架ではなく交差する方の意味なのかな…」)から、ひとつ思い出しましたので今のうち。



『キャラグレ!』を初めて読んだ時 この絵がかなり意味深そうだなぁと気になったんですよね。
    ↓

クロスロード(『キャラグレ!』口絵より)


当時 本編では一度も接点のなかった二人が仲良さそうなこと。
逆に嘘くささすら感じられ(笑) 二人の間で過去よほど因縁の対決でもあったかと勘繰りたくなりますよ。
「何これ クロス+ロードで“CROSSROAD”かいなwww ダジャレ?」
「分岐点、分かれ道・・・ っていうといつかの副題みたいですよね」 ※N168 「ワカレミチ」

…あたりで考えるのを止めていました。
SQ.CROWNで第222夜のロードの「ねむってなよ クロス・マリアン」の台詞を見る頃には、とっくに忘れていて。


しかし今となってみると、 
第168夜で襲撃を受けたクロスがその後姿を消したトリックがロードの仕業だったことが分かったので、副題「ワカレミチ」とは読者に向けたヒントだったかなあという気がします。 

こっちのイラストも、穿ってみるなら あの襲撃回を思い出してもらうための追加ヒントでは?

星野先生こういうのきっとお好きでしょうからね。

アニメの「D.Gray-man HALLOW」でも、襲撃現場に置かれた酒瓶に「DEATH」というラベルが貼られているなど、スタッフぐるみで楽しんでおられたようですし。
(↑こちらはたぶん襲撃犯の暗示。 「DEATH(死)」とはタロットカードでは13番の「死神」と同意 ⇒ 自分を「死神」と名乗ったのはアポクリフォスだけ)



クロス・マリアンという人物は「ノア一族の反逆者として35年前に死んだ」ネアとただならぬ関係ですし、当時ネアによって一族がほぼ全滅の中 千年伯爵と共に生き延びたロードが、ネアの頼っていたクロスを知らなかったとは考えにくく。

第218夜ではとうとう過去映像で彼女がキャンベル家の屋敷の中にいると思われる描写も出てきましたね。
「クロス=サイラス」説に傾いている今は、彼が襲撃で姿を消すまでロードとの対面シーンが一度も描かれなかったのも“あえての演出”だった気がします。

現在のクロスの状態も心配ですし、彼を手中にしたロードが何を考えているのか・・・
その話は次ですね。 それではまた。



※追記。
VIZ(英語)版の第168夜副題は 「ワカレミチ」の英訳を「Parting Ways」としていて「Crossroad 」ではないのですが、思うにこれは「(ワカレ+ミチ)=(クロス+ロード)」的直訳ではアメリカの日常語としては意味が通りにくいせいなのかもね(^^;


関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
31位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」