FC2ブログ

VIZ版「伯爵」の一人称。

え~今日はVIZmedia版『D.Gray-man 25』のお話です。

『灰色ノ記録』が出る前までには上げようと思っていたんですが、すっかり遅くなってしまいまして(;´▽`A``
内容的にはやはり こっちを先にやっておきたかったんですよね。

英訳表現から、個人的に引っかかった部分を少々。


★ 「我が輩」って結局誰のことです?

25巻第220夜で 大鏡の前に立つマナの“対話”シーン。 彼の額にはノアの印の聖痕が出ています。
ネアの死を思い出し泣いて悔いる彼の眼前に 彼と同じ姿のもう一人の「ぼく」が出現。 執拗に「マナ」を責めたてるところ。

英25b改
(コミックス25巻88~89頁)

この右側2コマ目なんですが。 日本語版で「ぼくは…ぼ… わ 我が輩は…」という部分に御注目。 
ここが何でか一人称単数「I」から⇒複数の「WE」になるんですよ。
日本語の「我が輩」自体に複数の意味はないはずですが。

取りあえず先に進みます。

直訳すれば、「我々は“千年伯爵”として高潔な存在なのであり 計画の邪魔はすべて排除しなければならない」
「NOBLE BEING」は元の日本語版にはない意訳ですが 興味深いですね。
「我々」が「NOBLE BEING」であると言っておきながら、そこに付く不定冠詞も単数「A」
また、ここで邪魔者を排除する主体も一人称単数の「I」です。

続く左ページ上段「暗黒の三日間の発動ッッ♥」のコマ。
「それこそ我が輩の存在理由」
「アダムより与えラレ 我が輩自身が受諾しタ役目なノデス♥」という部分の英訳は、「我が輩」であっても全て「MY」「ME」「I」と単数です。 
ここはマナもネアもいなかったはるか昔… この「ぼく」だけが持つ古い記憶だからでしょうか。



さらにめくった次のページ。
英25c改
(コミックス25巻90~91頁)

ここでもしつこく一人称に着目していきますよw
邪魔な存在とされた「マナ」がとうとう排除される話になってすら (千年伯爵としての)「我が輩」=「WE」が続いています。


★ 結論

こう見てきますと、マナを責め続けていたもう一人の「ぼく」とは、やはり ネアを殺して狂ってしまった彼の人格解離なんかではなく、彼に取り憑き侵食が進んだ千年伯爵メモリーの意志と見る方が自然ではないでしょうか?

「マナ」をあれだけこき下ろし否定しながらも、千年伯爵としての「WE」という表現はやめない(あるいはやめられない)…というのは、“宿主”としてはまだ存在してもらわねば困るという事ですね おそらく。 
「マナ」は不要として顔を潰すまでしても 彼の命を奪うことはしない。
こうまで手こずる相手なら、殺してしまって他の宿主に乗り換える手もあるだろうに どこまでも「マナ」に拘るんですよ~

やはりこれも 千年伯爵メモリーが特殊過ぎて、「マナ」以外行く当てがない事情が絡んでいるからではないの?



実は下のこの表現も引っかかっていますのでね。

英25a改
(コミックス25巻70~71頁)

ひとつ前、第219夜のネアの台詞。 「オレたちはもとは“ひとつ”だった」 「千年伯爵だったんだよ」
               ↓
これが、 「WE WERE ONE…」 「…IN THE MILLENNIUM EARL」

彼らはもともと分裂で生じたもので、元は一つの存在だというなら、訳はそれこそ「“AS” THE MILLENNIUM EARL」(千年伯爵として存在していた)になるのでは?
「IN」(千年伯爵の中で一つ)だと、彼ら二人を合わせても100%の千年伯爵には戻らないですね。 それじゃ残りの成分は?

やっぱりここでも マナネアを宿主と見た方が良さげに思えます。
分裂する前のカテリーナが出会った千年伯爵もまた、“宿主の中にメモリー”という構造は他のノアと同様だったのではと。


となると、アレンの中のネアはどういう存在?といういつもの話になってしまいそうなので、今日はここまでですねww

ではまた。

(次はグレイロク゛に行きたいです)

関連記事

今日も戯言 1<ポピーシード>

金平糖(コンペイトウ)という昔ながらのお菓子がね。
見た目もかわいくて好きですが、先日突然 そういえばあれってケシの種(=ポピーシード)を核にして作るんじゃなかったっけ?と思い出したらそれだけで嬉しくなっちゃって。 心の中で万歳しておりました。

いやいや… ポピーを抱いたお星さまなんてさぁ💕(´艸`*)♪


しかしこの頃はネット検索が便利でござる。 夢は一瞬で潰えました (;^ω^)

実は最近あまり使われてないのですって… 材料費の関係か見栄えを良くするためか分かりませんが。
今出回っているコンペイトウの大半は 核に砂糖や米から作った粒を使うんだそうですよ。
残念でしたw 


poppy.jpg

そのうちポピーシードのクッキーでも作りましょうかね…






考察記事、またゆるゆる始動します。

関連記事

Dグレキャラの誕生日。

Dグレキャラの誕生日をいつか一覧にしようと思いながらずっと放置していました。
『灰色ノ記録』発売を機に、そろそろこの辺でまとめておこうと思います。
一応グレイログの分だけでなくこれまでに誕生日が分かったキャラは全員。 英語の綴りも入れています。

今後も新情報が入れば追記していきますね。

★ 1月
1/1 ミランダ・ロットー(Miranda Lotto)
1/11 キエ(Kie)
1/19 ジジ・ルゥジュン(Gigi Lujun)
1/20 シェリル・キャメロット(Cheryl Kamelot)
1/22 マルコム=C=ルベリエ(Malcolm=C=Lvellie)
1/23 マザー(Mother)

★ 2月
2/3 ジャン(Jan)
2/4 ワイズリー(Wisely)
2/7 レゴリー・ペック(Legory Peck)
2/17 李佳(Rikei)
2/20 リナリー・リー(Lenalee Lee)
2/22 ルル=ベル(Lulu=Bell)

★ 3月
3/3 アンドリュー・ナンセン(Andrew Nansen) →死亡
3/3 キレドリ(Kiredori) → 死亡
3/7 エミリア・ガルマー(Emilia Garmar)
3/18 ウィンターズ・ソカロ(Winters Socalo)
3/20 Y氏
3/20 蝋花(Rohfa)
3/29 レニー・エプスタイン(Renny Epstain)

★ 4月
4/4 トクサ(Tokusa)
4/5 デイシャ・バリー(Daisya Barry) →死亡
4/10 エドガー・チャン・マルティン(Edgar Chang Martin) →死亡
4/13 グゾル(Guzol) →死亡
4/19 フロワ・ティエドール(Froi Tiedoll)
4/21 星野桂先生
4/29 ガルマー警部(Garmar)

※ エドガー氏の妻のトゥイ・チャンが 『灰色ノ記録』記載では夫と同じ4/10になっていますが、コミックス20巻78頁のプロフィール情報では9/29と食い違っています。
『灰色ノ記録』では同時に 夫妻の血液型も同じOになっていて(20巻ではトゥイはA型)、実子のバク・チャンの血液型がどこでもA型であることと合わせ夫妻でO型というのは実情に合わないため、20巻情報の方が信憑性が高いと思われます。
(ただしコミックスのプロフィール情報がすべて正確ともいいきれないようです。 [例] エドガー氏の年齢が初出のコミックス20巻は「43歳」と書かれていますが、当時から故人であるにも拘わらず その後の『キャラグレ』と『灰色ノ記録』では「45歳」であるなど)

★ 5月
5/3 ズゥ・メイ・チャン(Zuu Mei Chang) →死亡
5/4 チャオジー・ハン(Chaozii Han)
5/7 ティモシー・ハースト(Timothy Hearst)
5/9 スキン・ボリック(Skinn Bolic) →死亡
5/9 エリアーデ(Eliade) →破壊 
◎AKUMAとしての「誕生日」
5/11 ジョー先生(Joe)
5/16 スーマン・ダーク(Suman Dark) →死亡
5/19 ルイジ・フェルミ(Louis Fermi) →死亡

★ 6月
6/5 ろくじゅうご(Rokujugo) → 解体
6/6 神田ユウ(Yu Kanda) 
◎第二エクソシストとして目覚めた日
6/9 マイトラ(Maitora)
6/11 サーリンズ・エプスタイン(Sahlins Epstain) →死亡
6/12 ルシア(Lucia)
6/13 コムイ・リー(Komui Lee)
6/20 ロード・キャメロット(Road Kamelot)
6/23 ケビン・イエーガー(Kevin Yeegar) →死亡 

★ 7月
7/1 マオサ(Maosa)
7/2 ジョニー・ギル(Johnny Gill)
7/9 テワク(Tewaku)
7/15 ノイズ・マリ(Noise Marie)
7/30 ゴウシ(Gousi) →死亡
7/31 クロス・マリアン(Cross Marian)

★ 8月
8/4 マーシーマ(Maushyma)
8/5 ブックマン(Book man) 
◎従来は“Bookman”表記でしたが、『灰色ノ記録』に倣って余白を開けています
8/10 ラビ あるいは ブックマンjr.(Lavi/Book man jr.) 
◎上に同じ
8/13 マーク・バロウズ(Mark Burroughs)
8/17 ちょめ助 あるいは サチコ(Chomesuke) → 破壊
◎AKUMAとしての「誕生日」
8/24 マホジャ(Mahoja) →死亡
8/31 バーバ(Barba) 

★ 9月
9/2 マダラオ(Madarao)
9/8 リーバー・ウェンハム(Reever Wenhamm)
9/8 カテリーナ・イヴ・キャンベル(Caterina=Eve=Cambell) →死亡  
◎母さまだけ「死亡」スタンプが入ってないんですがまさかね… (^^; 単にミスだと思います 
※追記(9/8)
“「死亡」スタンプ無し”の件で、9月4日編集部発の『灰色ノ記録』訂正でも直されていなかったことから、ミスでない可能性が高まってきました。
関連記事参照⇒ 「“母さま”の誕生日。」
◎今まで「キャンベル」はVIZ版を頼りに“Campbell”としていましたが、『灰色ノ記録』では全て“p”の字が入らない“Cambell”のため、この表記に従うことにします
9/16 モア・ヘッセ(Moor Hesse)
9/19 キャッシュ・ドップ(Cache Dop)
9/21 サモ・ハン・ウォン(Sammo Han Won)
9/29 トゥイ・チャン(Tui Chang) → 死亡
9/30 婦長(Head nurse)
◎ずっと現役で大活躍のお方、せめてお名前が欲しかった… 

★ 10月
10/2 ロブ・ニール(Rob Neel)
10/6 院長先生(Sister) 
◎「ハースト孤児院」は院長先生の名字からではなかったんでしょうかww この方も本当のお名前は不明です
10/13 タップ・ドップ(Tup Dop) →死亡
10/23 アニタ(Anita) →死亡
10/25 トライド(Toraido)

★ 11月
11/1 クラウド・ナイン(Klaud Nine)
11/7 ジェリー(Jeryy)
11/11 バク・チャン(Bak Chang)
11/21 ボネール(Bonaire)
11/25 シイフ(Shifu)

★ 12月
12/1 アレイスター・クロウリー三世(Arystar Krory The Third)
12/6 アルマ(Alma) →死亡
◎データはズゥの記憶による
12/21 ジャスデロ&デビット(Jasdero & Devit)
12/24 ブリジット・フェイ(Bridget Faye)
12/25 アレン・ウォーカー(Allen Walker)
◎アレンと名乗り、マナと旅立った日
12/25 ティキ・ミック(Tyki Mikk)
◎「ブックマン一族の極秘ログより」という説明
12/25 フェデリコ司祭(Federico)
12/29 ハワード・リンク(Howard Link)
12/31 フィードラ(Fiedla) 


『灰色ノ記録』情報の追加で人数が一気に増えまして、誕生日が被るキャラも幾人か出ていますが 9年前の『灰色の聖櫃』には登場しているのに今回は載ってないキャラもいるなど… 時代を感じますね。

あと、AKUMAのエリアーデ(5/9) とちょめ助(8/17)の誕生日は単行本には無く、『SQ.CROWN 2016夏』号の付録の『GRAY LOG+』(グレイログプラス)情報です。



以上。 ざっと上げた中にも(私の)記載ミスがあるかも知れませんので、何かお気付きの点は教えて頂ければ幸いです。


では本日はこれで。


関連記事

セブン-イレブン&ヨーカドーで実施の一番くじにDグレグッズも登場。

週刊少年ジャンプ50周年記念企画の一環で、8/18から一番くじが始まっています。

D.Gray-man関連は、G賞「クリアファイルセット」の中に2004年連載開始号の表紙ですね。
(2枚セットで、もう1枚は「ぬらりひょんの孫」)
⇒ 案内ページ

1回620円(税込)ですと。 (^_^;)ヒー💦
参加できる方は、お早めにどうぞ。
⇒ 実施店舗一覧


それにしても、最近はこういう場に「D.Gray-man」が普通に並んでいて嬉しいですね!
現在、「週刊少年ジャンプ展vol.1(創刊~1980年代作品)」 も開催中ですが、来年夏頃予定されている vol.3(2000年代以降作品)の中にもきっとあると思いますので、今から楽しみにしています。


それではまた。

関連記事

ブックマン, ラビさん お誕生日2017おめでとうございました。

関係ないですが四字熟語の「針小棒大」という字面を見るとブックマン師弟が浮かぶ今日この頃 お元気ですか←

・・・またまた大遅刻で失礼してます。 
先日は連続でブックマン(8/5)とラビ(8/10)のお誕生日だったんですよね♡(^^;
ツイッターTLでは、お先にリアルタイムのお祝いムードを満喫させて頂きました。





新しいファンブックで、ブックマンがラビを心から大切に思っていた(…どころかメロメロ(笑))ことが分かって、もうちょっとドライなお方かなと思っていたので嬉しい誤算でした。 

もちろんここまでの師弟の13年間の道のりが、厳しくなかったはずはないですが。

キャンベル邸の過去映像にあった暗い表情と比べれば 今のブックマンは別人のようですね。 
当時の状況は分かりませんし、だいぶお歳を召してから丸くなったところはあるのでしょうけど。 
愛弟子ラビの成長を見守るうち、長い人生の風雪に耐えて凍てついた心にも自然と灯がともり…とかだったら嬉しいですww 

これからストーリーがどう進んでいくのか予想もつきませんが、お二人の「ブックマン」としての生き様をしっかり見届けせていただきます。 
どうぞお二人とも思う存分の御活躍を!




最近ですが お馴染みのアニグレED『夢の続きへ』 のイメージに一番合うのはラビかなーと思うようになりました。 
特にTV版に入らなかった最後のサビのあたり。 椎名慶治さんの歌う声がまたピッタリなんですよね~!♪(#^.^#)
 


… 雑談はこれ位でw

次はまた『灰色ノ記録』の続きです。





関連記事

Dグレもいよいよラインスタンプが出ますよーと。

週刊少年ジャンプの創刊50周年を記念して、「72週連続ラインスタンプ配信!」というキャンペーンが本日開始しました。 初回は「Dragon Ball」。
有名作品が並ぶ中、なんと今回は12月28日(木)より「D.Gray-man」も予定されています。
他作品も含めスケジュールの詳細は、下記コミックナタリー記事を御覧ください。




少年ジャンプ誌の企画なら、原作絵ですよね。 どんなラインナップになるか楽しみです。
公式ツイッターでも、タグで御意見を募集中です。



御興味のある方はぜひv それではまた。

関連記事

『灰色ノ記録 (グレイログ)』① 表紙とカラーペーシ゛

 とうとう御目文字かないました…

「D.Gray-man」を全然知らなくても本屋さんでこの表紙を見たら思わず手に取りたくなるかもしれません。 美麗♡
アレンの左目が赤いのは「AKUMAと対峙した時だけ」(p13)とか。 するとこの表情はAKUMAに向けられたものなんですね。
これまであやふやだった部分にも納得の説明があったりして、今度のファンブックの情報は本当に貴重です。

アレンが着ているのは、星野先生がインスタグラムに上げられていたアレンの新衣装ぽいですね。
あのデザイン画の初見はアカウントが公開されたばかりの時でしたっけ… ちゃんとカラーで収録(p232)されていて嬉しい。

一連のカラー頁では他にも 
・ 2010年同時発売されたコミック21巻と小説版3巻の初版特典チラシ掲載 『ローズクロスジャーナル(号外)』のオマケ漫画2点(p231)

・ D.Gray-man HALLOW(アニメ)のAKUMA化アルマ色設定(p233)
デザインはインドの神様をイメージしたと。 肌は人形のように白く、髪色は「神田が青系・アルマがむらさき系」と書いてありますが ここら辺はアニメ表現上の注意書きかも。 
ただし「セカンドエクソシストの特徴として、アルマも神田も 瞳の色が冴えた空のようなブルー」とあるのは見過ごせませんね。 ここは文字通りの意味に取るしかなく。 
えーそうだったんです?(困惑)

「超裏LOG」のページには[第二エクソシストの造り方](p91)解説まであって、彼らは完全に一から「造られた人形」であったことが強調されています。
①回復能力を備えた「器(肉体)」を造る!
②戦死したエクソシストの脳を「器(肉体)」に移植
③目覚めたら該当するイノセンスを同調させる
④完成!

神田とアルマの胎中室での目覚めに20年もかかった理由は、この人造体の研究開発に費やされた日数も含むのか… きっと時間も資金も可能な限り投入されたプロジェクトだったんでしょう。

他にもプロフィールに人造使徒の肉体は東洋人をベースに形成される」とか、神田がABとかアルマがBとか言っていた血液型も本当はどの型とも一致しないとか アルマの休日予定のこぼれ話でセカンドは男性体しかないとか… もう少し早く教えてほしかったですね(^^; 

・ <装備・武器設定> (p234-235 ここはモノクロですが) 
[アレイスター・クロウリー三世] 
科学班特製AKUMAの血の小ビン(栄養ドリンクサイズ9本)と、今ではお守りにしている ちょめ助の血が入っていた水筒の最後の一本。当時の死闘を物語る傷まみれの缶ですが、添えられた説明文には「ジャスデビ戦での悔しさを忘れないよう」にと…

対戦相手のジャスデロ&デビットらも、被った傷の痛みでクロウリーへの憎しみに燃えているそうですが(『キャラグレ』解説から)、クロウリーの戦いの原動力が 自分の受けたダメージよりも仲間の応援・更にはそれに応えきれなかった無念の思いである所がいかにも彼らしいですね。

双方相打ちの方舟戦の後も、クロウリーとジャスデロ&デビットはロシア任務で再会していますが、同行したキレドリがAKUMA化しその事態に狼狽して何もできずにいた自分を高みの見物のジャスデビから小馬鹿にされたことは きっと彼の心に深い傷跡を残したでしょう。
戦場にちょめ助の形見の品を持ちこむようになったのは、この後からだったかも… 情けない自分を叱咤する為にとか。
そして実用品とはいえ 科学班特製ドリンクもまた、ホームの仲間達からの真心の結晶ですものね。
沢山の人達に関わり支えられて 今の彼があるのだな~と

(簡単に流すつもりが 星野先生の描き下ろし絵の迫力に妄想が止まりませんよ…(^^;) 

ほか [ハワード・リンク]
第213夜でビリヤード台の上に並べられていたバッグやポーチが別角度から。 どのように使うかの説明が少し。

[アレンと伯爵の大剣比較]
[クロスの断罪者]

この辺はさらっと。

[神田ユウの歴代「六幻」]
全部で4振。 脇に抜かれた鞘や、分かりやすいよう別に鍔だけを描いたものも添えてあります。
鍔無しだった『灰色の聖櫃』当時のモデルはここにありませんので、最低でも5種類? そんなにあったっけ(。´・ω・)? ←
神田のイノセンスも結晶化を果たし、もう教団の刀工のお世話にならなくてもベストの状態を維持できるようになりましたが、まだ今後も必要に応じてデザインが変化していく可能性はありそうですね。


今回ここまで。 この後も、順番とかはあまり気にせず サクサク行きます!



※ 追記 (8/8 18:10)

もうこれ昨日のお知らせですが、上の画像で本と一緒に帯も一緒に撮影してましたので… 
(「灰色ノ贈物」キャンペーン関連 by 小菅氏)






プレゼントの複製原画に部分修正入れるっていったい何事…(初耳) 
コミックが出た後でも、納得が行かない部分に修正をいれるという星野先生らしいエピソードですが。
こうなると余計に欲しくなりますね~www どこがどれほど違うのか、A4版を前後並べて精査してみたいわ。  
当たらないかな~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡


関連記事

『ジャンプSQ.2017年9月号』のDグレ関連。(+ 定期購読のこと)

▽ 684ページに 今日発売の『灰色ノ記録(グレイログ)』のカラー全面広告。
題して
 D.Gray-man裏歴史満載の最新ファンブック
「灰色ノ記録」本日発売!!

ようやく夢が実現しました。

本の帯の応募券1枚で参加できるようになった「灰色ノ贈物」キャンペーンの告知も下に出ています。
賞品は 直筆サインの入った高級複製原画や可愛いデフォルメキャラのラバーストラップなど。 失くさないうちに出してしまいましょうね! 〆切は10月4日まで。
25巻の帯の応募券も有効です。 


『灰色ノ記録』につきましては 内容が盛り沢山過ぎてとてもまとめきれそうにないので、これから順を追ってちょこちょこ感想を上げていこうと思います。

ざっと見こんな印象でした。




ファンブックとしてはこれ以上文句のつけようもない内容ですが、惜しいのは電子版が出ていないこと。
データ集として活用するならこれはぜひとも… いずれよろしくお願いしますv


その他
▽ 858-859ページに 先月刊行『SQ.CROWN SUMMER』の広告。
付録のしおり、素敵でしたよ。 まだの方はこちらの本誌もよろしくお願いします。


また、ここには
▽ “電子版の『ジャンプSQ.』を3ヶ月分1,500円で定期購読すると、期間内に発行される『SQ.CROWN(電子版)』も無料で読める!”という 大変ありがたい情報が載っていました。
支払方法はクレジットカードだけのようですが。
需要と環境の合いそうな方は雑誌掲載QRコードのリンク先(もしくはサイト「ジャンプBOOKストア!」)で詳細を覗いてみて下さい。



それではいったんこれで。 定例報告でした。

関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ