FC2ブログ

『灰色ノ記録 (グレイログ)』③ アレン・ウォーカー

前回からまたずいぶん間が開いてしまいましたね。
お宝情報の塊のような一冊ですが、どう手を付けたものか悩んでしまって。
結局見切り発車なのはいつものことw

“アレン情報”で一番嬉しかったのは、彼が前髪の分け目を変えた理由が「心境の変化」だとはっきり言及されていたことですね。(「ここだけの裏話」190頁最下段)
※関連記事 ⇒ 「ちょっと髪型が気になったり。」(2011.5.19)
登場人物の気持ちであれこれ思い悩むことは多いので、たまにこういう答合わせができるとほっとしますよ。

さらに次頁では(ネアかアレンかで)ティムの葛藤」の所なんかも。(191頁最下段)

smollesticon.png
うちのヘタクソ絵のアイコンが、管理人の趣味を延々アピールしてきたお馴染みシーンだけにww 
「知られざる」だなんてそんな…💧 先生、ちゃんと伝わっていましたよ。




★ カバー下漫画(表)
いつもは温厚な巨漢のマリから きついゲンコツを喰らうラビとアレンの2コマ。 (タイトルは「ミランダ・ロットーの休日調査票12:00 昼食」)
彼らの「休日調査票」を見てようやく事情が飲み込めるようになっています。 

ラビの方が圧倒的に痛そうなのは、先にちょっかいを出したから?
食堂でこんな騒ぎだなんてアレンの看板の「似非紳士」はどこぞと思ったらこの人、朝食時にも神田と派手にやり合ってんですねぇ(^^;
当時の日常風景だったのか。

時期的には休日予定票の説明中に、「新教団移転後、(アレンが)教団を抜ける前」とありました。

本部襲撃後の補填に中央庁から多数職員が送り込まれ、一方 方舟奏者アレンのノア疑惑は高まるばかりで、それまでのアットホームとは打って変わり、ピリピリした雰囲気が漂い出した頃のようですね。

リナリーの回想(22巻P89)にも、懐かしそうに“神田とアレンの喧嘩”シーンが出てきてましたっけ…
こういう過激なじゃれ合いが彼らにとって格好のストレス発散だったり アレンを決して仲間外れにしないぞという意思表示だったり 特別な意味を持つものだとしたら、一見子供じみたラビのちょっかいも彼なりの“思いやり”だったかも。

アレンを囲む人々が、彼を温かく見守ってくれている様子が嬉しくて泣けますね。
当のアレンもその幸せを肌で感じていたから、最後まで「僕のホーム」なんですよね。


★ 連載開始からここまで 身長と体重の推移
① 168cm(58㎏) 出典『D.Gray-man』1巻p62の人物紹介 ※黒の教団入団当時「15歳くらい」
[約8カ月]
② 169cm↑+1(55㎏↓-3) 出典『灰色ノ聖櫃(グレイアーク)』 ※教団本部ノア襲撃事件直後頃「15歳(推定)」
[約1年]
③ 174cm↑+5(56㎏↑+1) 出典『The RoseCross Journal』=コミック21巻初版付録ペーパー ※北米支部ノア襲撃事件の最中「16歳くらい」
[数日間]
④ 174cm→(56㎏→) 出典『キャラ†グレ!』 ※アレン教団離脱直後「16歳(推定)」
[3ヶ月+α]
⑤ 174cm→(56㎏→) 出典『灰色ノ記録』 ※ジョニー&神田と合流した町の中「16歳(推定)」

アレンの身長に着目すると、②から③にかけての約一年間の伸びが目立ちます。(で、その後またストップしちゃうんですが💧) 年間5センチの伸びをどう見るか。“成長期”と言ってしまえばそれまでなんですが。

他にも要因があるとしたら、その頃 退魔ノ剣や六幻で派手に貫かれる事件がたて続けに起きていて、体内の「14番目」が本格的に目覚めてしまったことは大きいかもしれません。 
24巻の談話室で 「ノアはみんないい体…」という質問に対し「細胞から生まれ変わる」という話もありましたし。

わざわざメモリー関与を疑う理由は、北米支部から帰還後また伸びが止まっちゃったからです。
ちょうどこの時期 独房に送られたアレンの元へアポクリフォスが現れ、ノア化を抑えるという目的で荒療治を施していますので これの影響はないかしら。

それでなくてもアレンも三月以上逃亡生活だったわけで、(体重が減ってないのは幸いですが)せめていつもお腹いっぱい食べてもらいたいなあ… ジョニー、これからよろしくお願いしますm(__)m
あと、新団服ね♡


★ 血液型O
アレンだけでなく、あらためて 書かれ方が気になる他キャラもざっとさらってみました。

クロウリーの「計測不能」(血に混じったAKUMAの血の影響) 人でない身のフォーも同表現。
アポクリフォスは「計測不能」
ヘブラスカの「不明」(もはや本来の肉体は消滅している)
クロス・マリアン「AB/確証は無し
セカンドの神田・アルマ「どの型とも一致しない」(人造形成のため)
AKUMA化したはずのサード達は普通でした。

一方ノアファミリーの面々も普通にABとかOとか。 宿主の肉体は細胞レベルで超人化されながらもそこは変化がないようです。
「夢」能力が作り出したロード(B)の身体も同じく。 ティキ・ミック(O)と並べ これは考察が進みそうv

そうした中、千年伯爵については「どの型とも一致しない」と。 これって人造体のセカンドと同表現なのですよねぇ 面白いです。
そうしますと 少なくとも千年伯爵は、使徒仲間のノア達とは根本的に異なる肉体の持主ということでしょう。
そして、彼の体質を受け継いでいるであろうネアとマナも 必然的に同表現「どの型とも…」となっています。

謎多きキャンベル家関連の方々/ カテリーナもジョー先生もルシアちゃんも肉体は普通人のよう。

で さて、アレンに戻りますが。
彼の肉体もセカンドと同じようなものでは…なんて想像もしておりましたが、セカンドの肉体は別格であることが判明し、普通の血液型の持主であるアレンとはかみ合いませんので却下。
ただ、データにはわざわざ「35年前に存在し、若返って現在の姿になっているという情報あり(ネア談)」と記載がありまして、この語尾の微妙な表現は気になりますね。 逆に怪しいと言ってるようなものでは…?
そしてあのネアの「友」だった人物のデータは、今回見事にスルーでした。

ここで結論は出ません。 「アレン」の肉体の出所についていつかは明かされると思いますがその時が楽しみですね。



ズルズルととめどない感じで始まりましたが、これ以上は長くなりますので いったん切ります。 ではまた。

 

続きを読む

関連記事

「母さま」の誕生日。

今日9/8 は、まず何より教団の科学班一班班長・リーバー・ウェンハム氏(27)のお誕生日ですね。 おめでとうございます。

早速グレイログの「休日調査票」は拝見しましたが… 一睡もしてないじゃないですか!!(・_・;)
(一方のコムイさんも、寝ずに新たな火種を生成してるとか~(´;ω;`)オウオウ)
たまたまこの日が、なんでしょうが、もう少し御自身も労わって下さいね💧 お疲れさまです。



さて。

グレイログ情報から 今日が、マナとネアの「母さま」ことカテリーナ=イヴ=キャンベルさんのお誕生日だったことも判明。
    ↓


この本の記述上大変気になるところで、“故人であるはずのカテリーナの情報欄に「死亡」スタンプが付いてない”というのがありまして、さらに“先日編集部から出された「訂正」告知の中でこれには触れていなかった”という二重の疑惑…
“ある種の「死んではいない」状態”も有りうるのかと思うと、ちょっと面白そうですね^^ 

このことで3日前コメントリプ欄でも話しましたが、抜粋しますと以下の通り。

「私もまだしばらく彼女が『聖母の柩』で行くつもりですよ。どこの説明にもマリアは「寄生型女性の」と書いてありますが。
もしこの二つが両立するとしたら、一体どういう事なんだか。

「カテリーナ」という人物は、伯爵(アダム)と出会いマナとネア(カインとアベル)を誕生させたという意味で 紛れもなくエデンのイヴの立ち位置ですが 同時に、アレン・ウォーカー(ひいてはネア)に救世主の暗示が幾つも出てくることを思うと 彼を産んだ聖母マリアであるとも言え…
(この劇は一人一役じゃないんですよね。マナとネアはカストルとポルックスであることも表紙絵が何度も示していますし、アレンが魔を打ち砕く天使長=聖ミカエルのような扉もありました)

扉絵で、ソファに腰かけたネアとアレンを見守る背後の天使もまたどう見てもカテリーナでしょ?そこに聖母の象徴の白百合まで登場しています。

あと面白いことに 聖書に登場する聖母マリアですが、解釈上彼女はまだ“死んでいない”というのですよ。
その功徳をもって、生きたまま天に召し上げられたからだそうです。
その日(8/15)が、カトリックでは「被昇天日」とされていますね。」

…と 以上。
ここまで言っておいて、その先の進展がない残念ブログですみません(笑)


残念事例をもう一つ。
「被昇天日」は知っていたんですが(個人的X-dayの為ww)聖母マリア生誕日を知らなくて。←このへんがザル 
実はこれも「9月8日」とされているそうです。

そういうことなら、引用部分でグダグダ述べていた回り道をしなくても、カテリーナさんの聖母マリア役は間違いなさそうですね。
知らないって怖いことです💦


ともあれ、これで キリスト(主人公)と聖母マリア(産みの母)の誕生日が揃いましたと。
リーバー氏と被らない日も選べたでしょうに、カテリーナさんの誕生日をあえてこの日にしたのにはそんな理由があったのね~、と一人合点の朝でした。


関連記事

今日も戯言 2<エンジェル>

昨日の記事へのコメントリプが久しぶりに乗ったのでちょっと寄り道… 

そこで出した「アレンさんが天使長ミカエル」という話です。

21巻をめくってすぐの扉絵(第214夜「アルマ=カルマ覚醒」)が、だいぶそれっぽいと思っているんですが。
これを見ると、彫像や絵画で定番の「サタンと戦うミカエル」を彷彿とさせませんかね。 
足で魔物を踏みつけ剣(とちょっと違いますが杖)で刺し貫く… ここのアレンは大きな翼を持ちませんが、絵面は肩に乗ったティムの羽がちゃっかり代役を果たしています。
アレンの両目の色が違えてあるのも意味深ですよね。
bookcoverprezent2010.jpg 第194夜扉UP10
[画像は付録の21巻替えカバー(左)と、『ジャンプSQ.』掲載時の第194夜扉(右)]

ミカエルは、もともと双子の天使の片割れだったという話があります。
しかし兄のルシフェルは神の怒りを買って、味方する反逆天使とともに神に戦いを挑むことになり。
一方の弟ミカエルは皮肉にも神軍の長に任命され、結局兄の率いる反乱軍を打ち負かしましたと。
堕天したルシフェルは地獄の王・サタンになったとか。
(この辺りでマナネア兄弟も連想しますし、ひょっとして7000年前に起きたイノセンスとノアの戦いに絡む辺りかもと思ったり)

いずれにせよ、将来アレンとマナ=千年伯爵の戦いは必然ぽいですし。 
アレンのイノセンスが「ノアにとって死神」の台詞に絡みそうな大鎌スタイルから (ネアに近い)剣へと姿を変えてきたこと、最新話(N225)では翼の形も整ってきたことなど、「ミカエル」への準備が着々と進みつつあるなあ… と思いながら彼の成長を眺めています。


で、アレンがミカエルなら他のティーンズは?というねwww 
さして根拠はないですが、彼らを四大天使に当てはめてみました。 こういう空想も楽しいでしょ。 

リナリーはガブリエル。
 ※ 唯一女性とされる天使。 聖母マリアの処女懐胎を告げに来たのもこの天使とされる。 予知と導きの天使。

ラビはラファエル。
 ※ 旅人の味方。 気さくで人助けが好き。 ケガや病気を治してくれるエピソードも。

神田はウリエル。
 ※ 悪人には容赦ない。 ソドムとゴモラを滅ぼしたといわれる「破壊」の天使。


他はともかく神田があんまりだったかもしれない・・・ どうも失礼しました~!!  



関連記事

『灰色ノ記録 (グレイログ)』② 編集部よりお詫びと訂正。

編集部から 先月発売『灰色ノ記録』につきこんなツイートがありましたのでお知らせを。
内容的には至極真面目なものですが、添付画像のワイズリーに思わずほっこりしてしまいましたよ。
この雰囲気は、星野先生のインスタグラム以来かな~💛  どうもありがとうございます。




お詫び文と修正の入った箇所は、公式TOP「編集部からのお知らせ」より閲覧可能ですが、念の為こちらにもコピペさせて頂きますね。 ファンブックを資料として当てにしている層には必見ですので。



●P47/「マリ」の休日調査票 円グラフ
【誤】就寝時間24:00→【正】26:00(グラフ誤表記)

●P70/「トクサ」の趣味
【誤】「テクワ」→【正】「テワク」

●P73/「キレドリ」の嫌いなもの
【誤】「テクワ」→【正】「テワク」

●P77/1創設理念 目指すは聖戦の勝利 2行目
【誤】「暗黒の三日間」のルビ「ノアの大洪水」

【正】ルビ「ノアの大洪水」を削除

●P92/三段落目6行目
【誤】現在の第三エクソシスト
を母胎とした、数的、質的な向
上が求められる。

【正】第三エクソシストに代わ
る、新たな戦力増強対策も早期
に求められる。

●P.92/下段 マルコム=C=ルベリエ
【誤】綺麗事ばかりではノアの一
族に勝てないということだ。
実験は今後も進めていく。

【正】本計画は廃止との意見も出
たが、継続すべきとの声も
多く現在中央庁で討議中だ。

●P93/見出し
【誤】「14番目」抹殺指令 追跡行始まる

【正】ネアへの覚醒を阻止するための追跡が始まる

●P93/上段キャプション
【誤】「ハート」の御方による、「14番目」の抹殺計画が実行に移され、「アポクリフォス」が教団に現れた。

【正】「ハート」の御方のために、アレンの存在を残そうと考えた「アポクリフォス」が教団に現れた。

●P113/「トゥイ・チャン」 誕生日、星座、血液型
【誤】「4月10日」→【正】「9月29日」
【誤】「牡羊座」→【正】「天秤座」
【誤】「O型」→【正】「A型」

●P149/「千年伯爵」 血縁者・友人の見出し
【誤】「共に転生を繰り返すノア一族」→【正】「転生を繰り返すノアの一族」

●P157/万物を「選択」する能力 1行目
【誤】「手で触れたいと〜」
【正】「手で」を削除

●P175/「ジャスデロ/デビットの休日調査表」 コケの散歩
【誤】「12:00」→【正】「10:00」

●P181/「ネアをとりまく勢力図」
【誤】ネアとクロスの間の「密約」の矢印→【正】「密約」の矢印は不要




ここまで。

一つ一つへの言及はここではしませんが、『灰色ノ記録』の初回記事で気にしていたトゥイさんのデータも無事直って良かったですね!(*´▽`*)

この本が出るまで発売日が4度も訂正されまして、最終決定の「2017年8月4日」も本当に実現できるのかギリギリまで不安が漂う状況でしたから 舞台裏がどれだけ逼迫していたのか一読者には想像も付きませんが。
これだけの情報量で、かつ作品の性質上 現段階でどの情報を出しどれをボカすかなどの配慮にも、相当目に見えない御苦労があったのではと勝手に想像しています。 (上から目線で失礼を💦) 

物語の核心にふれる記載は「D.Gray-man」を相当読み込んでいる人間でないとチェックすらおぼつかないでしょう。
連載漫画の担当さんもお一人で何作品も掛け持っておられる現状、仕事量でかなり御無理をされたのではないですか?


これだけ沢山「訂正」が入ったのも、ひとえに どれだけこの作品が大事にされているかの表れと思いました。
カバーの折り返しコメントでもう星野先生が、「ミスを見つけた場合は」云々仰っていましたからねww 
きっと印刷直前まで大量の直しと戦いつつ、それでもまだ足りない予感がアリアリだったんでしょうが。


さて とりとめない空想もここまでに。
ファンブックを読んでいて、解釈上少し不安になってきた所にも言及頂き おかげさまで助かりました。
どうもありがとうございます。 そしておつかれさまでした!

それではこれで。




関連記事

『ジャンプSQ.10月号』のDグレ関連ほか

本日発売SQ.。 表紙は新連載の始まった「るろうに剣心」で、付録にA5クリアファイルです。
全体に真っ赤🔥

P9040094syukushou.jpg

気になる「D.Gray-man」関連記事は、7月から発売中の『SQ.CROWN』夏号広告ページくらいですねぇ(~_~;)
こちらにファンブック『灰色ノ記録』の宣伝も。 あらためまして連載復帰のセンターカラーおめでとうございます!! 
もう時期的にクラウンが店頭に出ていることは少ないと思いますが、まだご覧になっていない方は第225夜をぜひ。 
書店になければAmazon等に通販の在庫はありますし電子版でも。(ただし電子版には付録の「D.Gray-man クリアしおり」は付きません)

本日同時発売のSQ.コミックス新刊広告には、『血界戦線 Back 2 Back』3巻と、イチオシで肘原えるぼ先生の『ふたりぼっち戦争』1巻が登場。
肘原先生は「マンガの極意!2nd season」で星野先生回を担当されたのが、『灰色ノ記録』にも掲載されていましたよね。
で、今度の新刊『ふたりぼっち戦争』の帯には 星野先生の推薦文が付いているそうです。
御興味あったら見てみて下さいねv


次号(『ジャンプSQ.11月号』10/4発売)は「青の祓魔師」が表紙ですね。 税込620円。 
付録に2号連続で剣心クリアファイル(A5)が付きます。あと、「十二大戦プロジェクトBOOK」(よくわかりません←)

それと。出張版で「血界戦線 Back 2 Back」もセンターカラーですよ~! …いや 内藤先生仕事量大丈夫ですか💧

「血界戦線」は新シリーズアニメがこの10月から始まりますので、放映局等諸情報は公式サイトで御確認を。
9月30日開催・放送直前先行上映会の案内も開始しました。

今号のSQ.p720-721にも 詳しい放送予定エピソードが「一部」紹介されています。タイトルだけ列挙しますと。
「Day In Day Out」 「ライツ、カメラ、アクション!」 「BRATATAT MOM」 「人狼大作戦」 「とある執事の電撃作戦」 「鰓呼吸ブルース」
やー 4巻大好きなので楽しみですww 
この勢いなら 次の『SQ.CROWN』秋号も血界戦線が表紙になりそうですね。



取りあえず以上です。

関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
47位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ