FC2ブログ

第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」①

本編を読む前に『SQ.CROWN』終了のお知らせを見てしまい 私もさすがにガッカリ感は否めませんでしたが、移籍と同時だった華々しいクラウンへのリニューアル自体が 今思えば新作アニメのテコ入れだったでしょうし、そちら関連もそろそろ幕引きにつれ 再び連載は普段着に戻る感じでしょうか…

昨年末の星野先生トークショーやサイン会でも 掲載誌のことには特に触れていませんでしたが、きっと星野先生の元気なお姿やこれからの抱負・ファンとの触れ合いなどいっぱい見てもらって、今後も変わらず頑張りますので安心してねというメッセージが込められていたんじゃないかと… 都合のいい解釈をしております。

今回もページ数は少なめでしたが、絵の一つ一つは文句のつけようもなく丁寧で見惚れてしまいました。
このペースが途切れず続いて行けたらと願わずにはいられません。




▽ センターカラー扉絵・副題

扉は どこか昔のポスター風で、図案化された背景の中に愛刀と佇む神田ユウ。 前号のアレンと対だったら嬉しいなv
色数は少なめで落ち着いた雰囲気。 ゆったりとたなびく長髪と団服の流れが美しいです。

さて ふたご座生まれの剣のスートの象徴は四大元素に分けたうちの「風」なんですよね
(突如タロット) 
「雲」もその関連と見て。

そうしますと 今の神田をカードに求めるならこのイメージでしょう。 ウェイト版小アルカナ・剣のスートの「ペイジ」
第227夜の扉絵はこのアレンジではないかと…
己の過去を顧みつつ、視野を広げ 堂々と問題に向き合おうとする若人の暗示です。
(駒草出版 ジョアン・バニング著「ラーニング・ザ・タロット」参照)
   ↓

page1yua.jpg (画像:Wikipedia「ソード(タロット)より。著者:Pamela Calman Smith  パブリックドメイン」)


神田の青い瞳はどこか遠くの一点を見つめたまま。
その団服の裾がほころび出しているのだけが、微かな不安をかき立てますが…
どうか悔いのない旅を! 

アオリは「漂い、戦う --- 六幻と共に。」


さて 副題も、長く続いた「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて」がようやく終了です。 
今度は「A.Wに別れを告げる」ですか。
「たずねて」になったばかりの頃、タイトルが長すぎるとブツクサ言ってたんですが ごめんなさい 心なしか長くなってない?!www

アレンにきっちり「別れを告げる」主体は多分神田に違いないと思いましたが、どうも今回の様子では 言いたいことを告げてあっさりお別れとはならなさそうですよね。 このシリーズが少し続くのかも。

「秘密と亡骸」の方はやはりティムキャンピーしかないですよねえ…
方舟で秘密部屋の影の人物が「オレノ鍵」と指さしたゴーレム。 秘密の箱が開ききってもいないのに粉にされてしまいました。
ここまで粉砕されたら記憶は残るのだろうか(←すいませんちょっと「宝石」脳なもので) 
あの時師匠がアレンの為にティムにかけてくれたおまじないも、ボイスメモも 消えないでいて欲しいなあ… 
もし原状回復できたとしても 中身がすっかり初期化されてたらもはやアレンの相棒のティムではないし。 泣いちゃいますよ。


▽ 本編

★ フロワ=ティエドール元帥

今回のMVP。 
神田を温かく見守る眼差しと肝心な所での容赦ないツッコミに、今の神田があるのもこの人のお陰であると実感しましたよね。

「人ひとりとちゃんと向き合うのって大変だろう?」 
「彼を追い詰めたくない気持ちは分かる」
「事実を伝えない限り ウォーカーくんは今のように君たちを不本意に傷つける」


全てお見通しといった大人の余裕が憎いですわ。 そしてその師の教えに驚くほど素直に従う神田も。 
人造使徒計画の被験体として生まれた時すでに 神田はその環境のうさん臭さを感じ取るだけの鋭さを持っていましたが、そういった人の心を見抜く観察眼に優しさがともるよう仕向けたのは、彼をここまで育て上げたティエドール元帥以外にないでしょう。

身の安全ということからすれば彼ら全員がのっぴきならない状況に陥っているにもかかわらず ここで人としてあるべき姿を弟子に説いている度胸と懐の深さが尋常ではないですね(^^;

そしてさすが元帥。 トップクラスの技も見逃せません。
最初の一コマ目で 停止した馬車の御者台に座っているはずのティエ師と神田の姿がなくて、てっきり原稿が間に合わなかったのかと←思ってしまいましたが、まあ初っ端からそれはないですよね 失礼を。
後の方のページで 車庫に身を潜めている馬車も同様でした。

つまり御者台を無人に見せているのは、抱擁ノ庭などで隠さなくとも アート・オブ作品の周辺に限り、見られたくないものを選んで見えなくする能力ということでしょうか? 
元帥と神田がここに留まっているのを目撃されるだけでも怪しまれますからね。
この先無事アレンと神田の話がつけば、探索部隊の目くらましのために神田が臨界点突破の大技を発揮して陽動作戦で逃がす算段かしら…  これからが楽しみですね。



※ 追記 (1/26)

上の緑色の文字にした部分、コメントを頂いて見直したところ 残念な勘違いに気が付きました。
よって一応取り下げということで御了承を。
詳細はここのコメント欄を御覧ください。

こういう御指摘は、本当に助かります。
もし他でも見つけられた方は、お気軽にツッコミ頂けると励みになります。 どうぞよろしく!


まだ続きます。
関連記事

『ジャンプSQ.CROWN』は今期で終了。

電子版クラウン読みました。 で、D.Gray-man第227夜の感想に入る前にちょっと残念なお知らせ。

2015年7月から 隔月刊『SQ.19(エスキューイチキュー)』の後継誌として発刊されていた季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(ジャンプスクエアクラウン)』ですが、本日発売のこの号で終了となります。

2年半という短い間でしたがお疲れさまでした。


ただ、それほどがっかりすることはなく。 
次代の『ジャンプSQ.RISE(ジャンプスクエアライズ)』が、今年4月から発刊予定ということでした。
(目次後の広告ページより)

クラウン刊行前のように 後継誌がいつ出るのかも知らされず何か月も待たされることにならなかったのは有難いですね。
少なくとも『RISE』には(新人漫画賞のタイトル切り替えも同時だったように) 新人漫画家の登竜門としての大事な役目がありますので、雑誌の内容的な変化はあまり無いでしょうね。

しかし現在のところこれ以上の情報がないため、『RISE』もやはり3ヶ月おきの季刊誌として続くのかどうかと(値段も不明)、
それより何よりこの雑誌が今後も「D.Gray-man」の掲載誌になるのか?がハッキリしないんですよねえ(;´▽`A``

まあ星野先生が今年8月期のRISE新人賞の審査員に決定していることは前にもお伝えしてますし、そうそう悪いことにはならないでしょう。
今から心配し過ぎていいことは何もありませんので、続きを楽しみに 今後も応援とSQ.本誌の観察を続けたいと思います。


さて。今月号の付録のカレンダーですが、もちろん電子版には付きませんが絵柄はちゃんと確認できます。
「D.Gray-man」のほか「血界戦線」と「双星の陰陽師」
この3作品で12カ月を分担していますのでDグレは9・10月と11・12月の2ページ。 
絵柄は去年夏号と秋号の扉絵です。(ノア3人組と秋色アレン) 
表紙の集合絵は、いつかの←クラウン表紙絵になっていた戦闘モードアレン。


【 星野桂先生の巻末コメント 】

「サイン会で読者の方と色んなお話ができて幸せでした。 幕があったおかげであまり緊張せずに済みました。」<星野>



次は第227夜の感想です。あ、今回20頁掲載でした。 とりあえず雑誌の報告はここまで。


関連記事

『SQ.2018年2月号』のDグレ関連。<デジタル版より>

昨日がジャンプSQ.の発売日でしたので、定例報告です。


▽ 『SQ.CROWN 2018 WINTER号』の予告ページから

クラウン次号の発売日は、集英社マンガネット発表以降 ツイッターでは何度か告知してますが、ここでは初めてでしたね あらためまして。

Dグレ連載誌『SQ.CROWN 2018WINTER号』の発売日は、2週間後の1月19日㈮です。 
値段は定価の税込690円。
(それにしても一覧掲載の雑誌タイトルが紛らわしいこと… スクエア公式サイトにも早く告知が欲しいですよね ><) 

とりあえず朗報。 今度の雑誌版には、特別付録のカレンダーが付きます。(多分折込サイズ)
 「D.Gray-man」 「血界戦線 Back 2 Back」 「双星の陰陽師」の3作品構成。


表紙(&センターカラー)は「血界戦線 Back 2 Back」、巻頭カラーに「双星の陰陽師 化野紅緒編」、
「D.Gray-man」は今回もセンターカラー。
←扉絵今度は誰かな~♡

昨年末は 星野先生のトークショーやらサイン会といった企画ラッシュで、嬉しい一方で連載への余波がやや心配でしたが、(告知に新作絵やアオリ文が付いてないとかは今更ですので)ページ数はともかく物語はまた一歩前進ですねv 楽しみにしましょう!


▽ その他

〇 新春企画として、「SQ.センター試験」があります。見開きで問題文が全問出ていますが(Dグレや血界戦線もあり) 応募はWEB企画ですので、どなたでも。 
ただSQ.本誌の連載作品に慣れていないと苦戦しそうですね(^^; 
賞品はプレステ4や図書カードなど。 〆切は1月13日一杯。

〇 来月号から、SQ.新人漫画賞のタイトルがまた変わります。 題して「ジャンプSQ.RISE(ライズ) 新人漫画賞」
ゲスト審査員の顔触れは、[3月期]加藤和恵先生 [4月期]大場つぐみ先生&小畑健先生 [5月期]矢吹健太郎先生&長谷見砂貴先生 [6月期]秋本治先生 [7月期]内藤泰弘先生 [8月期]星野桂先生
初回の加藤先生の回は、3月3日締切です。 
星野先生の時はちょうど夏休みですね。 御興味のある方はぜひご参加を。 

今続いている新人賞の今月の審査員は「怪物事変」の藍本松先生でした。 総評はもっぱら「キャラクター作り」について。
先生御自身がいつも心がけていられることなんでしょう… 納得です^^

〇 デジタル版特典の「血界戦線」再録
今月はコミックス3巻収録の「パンドラム・アサイラム ラプソディー」。 デルドロ&ドグ・ハマー初登場回です。



一応こんなところでした。 SQ.本誌の次号発売日は2月2日(金)になります。 税込590円。
関連記事

『季刊エス vol.60 2018WINTER 1月号』掲載 星野桂先生のイラストエッセイ。

このお話ができないまま年を越してしまいましたが、遅くなりました!(^^;

最新刊『季刊エス』(12/15発売)のこと。 こちらになんと星野先生のイラストエッセイが載っているんですよ。
私は掲載をこの告知ツイートで知りましたが、並んだタイトルの 左から2行目に「星野桂」の文字が…
   ↓


内容は、お気に入りの文具について語った“エッセイ”が2頁とか。 「D.Gray-man」についてはまったく触れていません。 
なので、「文具」全般にそこまで執着がない方にはお勧めしづらいですね。

私は 星野先生の所だけ見れれば良かったので本の値段(税込1,350円)で二の足を踏みましたが、先に読んだ方々の感想が概ね良好でしたので結局買うことにしました。
購入先はAmazonです。 こちら電子版は無く、「雑誌」版のみの発行です。


▽ 雑感

タイトルは、「机上のカツラ」とかw シリーズにして欲しいなあ。
ページの端々まで食い入るように探しましたが、「第1回」とか「次回に続く」といった記載はないので単発企画ですかね~
(そこは分からずじまいでした)
この見開き2頁に注がれた 先生の溢れんばかりの文具愛をもってすれば、毎号連載も楽々行けそうですが。

星野先生の文具マニアぶりは 過去のインスタアカウントやついこの間のトークショーでも周知のことですので今更ですが、まずは内容よりもこの「2ページ」の構成に度肝を抜かれました。

説明のために描かれたリアルな筆記具や鉛筆削り器、エンブレム等々のイラストの隙間をビッシリ埋めている解説文もまた 全て手書き文字なんですよ。
ですので「活字」は ノドの部分に小さく入った作者プロフィールの一行以外、どこにもありません。 この“視界一杯星野先生ワールド”な雰囲気は貴重ですね!(#^.^#)

そして今回は愛猫コロと共に様々なシーンの先生の「自画像」も入っているんですが、私の星野先生イメージが7年前のジャンフェスのあたり(スレンダーボディに長めのボブヘア)で止まっていたので こっちもかなり新鮮でした。

コミカルで丸っこい糸目キャラ。何となく昔見た高橋留美子先生の自画像が浮かびました… 
画集やファンブックでずっとお馴染みだった「Continue」の白点君似スタイルは御卒業でしょうか。
(もっとも最近の「星野先生」は段ボールと同化しつつありましたがww)

ヘアスタイルは後ろに刈上げが入るくらいのショートボブなんですね。 とてもお洒落ですが、もしかしてずっと苦労されている頸椎や腰に負担のかからないための配慮かも…などと。(※個人の感想です) 
長く伸びた髪はそれだけで結構な重さですから。

そして語る語る・・・

右半分の丸1ページは 現在はまり中の「鉛筆」愛に捧げられています。
殊にお気に入りは トンボ鉛筆の《MONO100 2B》とか。 
書き心地など実用面にとどまらずフォルムについても端から端まで徹底分析です。やっぱり絵描きさん持ち前の観察眼に並ならぬ熱意が加わると凄いものですね(嘆息)

ついには御贔屓の 「伊東屋池袋店ペンコーナー」で名入れ鉛筆を作ってもらってるとか、お母様お手製の“MONO100”マフラーを愛用されているとか。 一度はまれば脇目もふらず突っ走る愛が素敵です。

見開きの左側は「外出時の筆記具」について。
理想は「出して・描いて・ポッケにしまうまでの一連の動作が一切の不安やストレスなく流れるように早くできること」なんだそうで
結論はスイス製ボールペンの「カランダッシュ849」なんだそうです。 ほぇぇ

それぞれ細字・中字・太字で描いた時の、詳しい感想が載っています。
比較用に試し書きの線もくるくる…  綺麗に並んだよどみない描線を前に、「かく」ことのプロはやっぱり違うなあ、と感服のみ。


以上、たいへんに濃いー「2ページ」を 存分に楽しませて頂きました。
ティムのカットも嬉しかったです💛

今更ですが今号の雑誌のテーマは「フェティシズム」となっておりまして。
特集された先生方のコーナーはどれもいい加減な気分で踏み込んだ門外漢がたじろぐほどのド迫力を放っていましたが(なにしろ「愛」ですからね!)
ぱっと見 星野先生のコーナーは異質なようでいて、これもまた紛れもなくテーマ通りだったなあと納得したのでありました。


今回はここまで。


関連記事

2018新春ごあいさつ。



関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ