FC2ブログ

第227夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・秘密と亡骸」②

★ アレンの暴言

「僕としたことがまんまと引っかかりましたよジョニー」「神田も… キミたちやっぱり教団の追手だったんですね」

神田の横で余裕の笑顔を浮かべるティエドール元帥と目が合ったとたん 臨戦態勢に入りこんな酷いセリフを吐くアレン。
もちろん本心からじゃないですよね。 今さら神田とジョニーがアレンを騙して近付いていたなんて。

ただ、自分の傍を決して離れようとしない彼らから いつか隙を見て逃げなければとは思い詰めていた。
そこへ最強クラスのティエドール元帥までやって来られて これ以上様子をうかがうのも限界だ、強行突破以外に道はないと一気に全員を切り離す覚悟に出たがゆえの暴言ですよね。


それには全く意を介さず 冷静にアレンの説得を続ける神田。

アレン捕獲のため人海戦術で投入された探索部隊、街全体をカバーする巨大結界、さらにクロウリーとチャオジーが追手の戦力としてここに向かっているという…

だから脱出の手伝いをしてやると続けたかった神田の言葉を待たず、全力で斬りかかるアレン。
「クロウリーとチャオジー」のくだりが、火に油を注いだようでした。
大切な仲間を誰一人巻き込みたくなくて教団を離れたのに、ここでグズグズしているうちにどんどん逃げ場がなくなっていく。


そこへ突然アレンを襲うノアの侵蝕の発作

セオリー通り、イノセンスが発動不能に陥り 床に倒れ込みながらもまだ「平気ですっ」と虚勢を張る姿が痛々しいです(´;ω;`)

「神田もジョニーも もう教団に帰ってくださいよ」
「僕にとって今一番迷惑なのは 僕に関わったせいで傷つかれることなんです!」
「今の僕は誰も守れない」
「自分の始末で精一杯で ふつうの人間のジョニーとか 寿命を削ってる神田とか…っ」 「そんな壊れやすいもの… 自分のそばに置いておきたくないんですよ!!!」


うん ここ全部本当ですね。嘘は言ってない(^^;

ただ一つ気になるのは、自分を本気で気遣う相手に 本人が一番悩み苦しんでいるであろう(しかもどうしようもない)事実を突き付けるなどは これまでのアレンなら絶対しなかっただろうということ。
それって “自分をなくす”レベルで彼が心身共に追い詰められているということで。 
実際 頼みの綱の戦闘能力すら危うくなっていてはね。

一瞬訪れる沈黙。 
夢中だったとはいえ 二人を傷付けたことに気付き、改めて自己嫌悪に陥るアレン。


この手の“暴言”には覚えがありますね。 
北米支部襲撃事件の時、やはり「アルマを壊す」ことだけに集中しようとしていた神田の前に立ちふさがったアレンに、切羽詰まった彼が浴びせた言葉。
「アルマをAKUMAにしたのはお前だろ」 「支部を潰し第三使徒を化物にしたのも ノアのくせに教団にいるお前のせいだろ」
「全部お前のせいだろが ノア野郎おっ」 「お前さえいなければ…!!」


その痛みすら踏み越えて神田とアルマを救いに行ったアレンがいたから、今の神田が存在する。 
今度は神田の番。

D.Gray-manのねぇ・・・ こういった人の間を巡り巡っていく運命というか絆というか 素敵過ぎて言葉もないです。

恩返しという面でも、償いという面でも ここが正念場ですね。 これからも期待してます! 神田さん。


今日はここまで。



関連記事

『ジャンプSQ.3月号』定例報告。<電子版より>

何かと私事にかまけて『SQ.CROWN 2018WINTER』号のDグレ感想も進まず このSQ.定例報告も発売から一日遅れになってしまいましたが、とりあえずサクサク行きます。
今月は4日が日曜日のため、『ジャンプSQ.3月号』はいつもより2日早い発売日でした。


結論から申しまして、今回 めぼしいDグレ関連情報はありませんでした。

SQ.増刊誌の『ジャンプSQ.CROWN(ジャンプスクエアクラウン)』という誌名も今号で終わりますが、広告ページでは後継誌の『RISE』(4月発売予定)情報はもちろん 『SQ.CROWN』終了自体にも触れていません。 今まで通りの体裁で 発売中の『ジャンプSQ.CROWN WINTER』号の案内が掲載されているだけでした。

この中で電子版SQ.も宣伝していますが、宣伝文句が「ジャンプSQ.を定期購読すると ジャンプSQ.CROWNが無料で読める!!」っていうのはそろそろどうなんでしょう… 
今すぐ申し込めば(契約は3カ月単位)今号のスクエアクラウンが付いてくるので、ぎりぎりセーフかしら (^^;
それよりも 次からはクラウンの代わりにライズが付くことになるのか否かとか そっちの情報が欲しかったですが…

次を待ちます!


さて。 
雑誌『RISE』の告知の方はありませんでしたが、「クラウン新人漫画賞」から呼名が変わる「ジャンプSQ.RISE(スクエアライズ)新人漫画賞」の募集は大きく載っています。
詳細が公式サイトに上がっていますので 御興味があればこちらでご覧ください。
確約されたゲスト審査員の中に「星野桂」先生のお名前があるだけでも だいぶ今後への安心材料になるんではないでしょうかw


ほかデジタル特典としましては『血界戦線』が再録。
今月は前回に引き続きコミックス3巻収録の「震撃の血槌(ブラッドハンマー)」


連載作品では 「ふたりぼっち戦争」と「青の祓魔師」が双方とも物語の核心部分に触れていて、(個人的感想ですが)Dグレみが最高だったとだけ(笑)
初めの着想は似通っていたかもしれませんが それぞれに完成されたまったく別の物語として楽しませてもらえて。
「話作り」の大切さは漫画賞の講評でも毎度強調されているところですが やっぱり第一線の漫画家さんの技量は凄いんだなと感服した次第です。


書くことがなさ過ぎて 脱線気味の定例報告でしたがこれで終わります。
ブログの滞っている感想記事も、なるべく早く上げるようにしますね。
次号、『ジャンプSQ.4月号』の発売日は3月2日(金)になります。

ではまた!


関連記事
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ