FC2ブログ

第230夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・灯火と涙痕」①

▽ 『SQ.RISE 2018 AUTUMN』 表紙

今季『SQ.RISE』。
D.Gray-manが表紙絵担当ということで 発売日前も公式ツイートを載せた告知記事を興奮気味に出しましたが、やはり実際に分厚い雑誌を手に取った時の満足感は格別ですね。 付録も嬉しい♡

本編のページ数は、扉を入れて35頁でした。
これで、コミック25巻収録後の第223夜からこの第230夜まで トータル175頁です。
早くも新刊情報(26巻が2019年2月発売予定)が公式ツイッターから出まして、あと3カ月半が待ち遠しいですね。

IMG_20181020_115907260_15.jpg

こうして見るとあらためて、ティムが徐々に大きくなったり突然小さくなったりする謎が気になります。 どんな意味があるんだろう… 本編で早く種明かしをして欲しいです。
この表紙絵の感想は 上述記事であれこれ言ってますのでここでは省略。



▽ 星野先生巻末コメント

「買ったばかりのスマホが大雨の日、車に轢かれて大破。残骸を拾いながら保障に入っておけば良かったと思った」<星野>
お約束の通常運行。 先生、よほどショックが後を引いたんでしょう…お気の毒。 (「(損害)補償」なら変換違いです)(^^;



▽ 図書カードプレゼント

て、それだけじゃなく他にも多数賞品が控えていますがw 
今回の絵柄、Dグレは表紙絵と同柄を(200名)、他「血界戦線」(200名)と、Mr.Clice(100名)です。
応募には雑誌版の綴込みハガキが必要です。
アンケートに答えてDグレアピールの方も宜しくお願いします!



▽ アレンフィギュア広告 (別顔パーツ公開) P364

もう販売予約受付期限が11月11日と迫っていますので 最後のアピールになりますか。
堂々カラーの1ページ広告です。
ホームページはこちら。

税込18,800円   2019年6月発売予定

これまでモノクロ画像で詳細の判別が難しかった「別顔パーツ」をカラーで掲載。
アレンの瞳は金色で縦長の瞳 (以前想像していた「縦長」はなかろう、という予想は外れですw)

ただ、肌色はそのままでした。 なので“ノア化”とは別物ですね。
 「妖しい雰囲気」という解説付きですが、ノアメモリーが覚醒しかけた時のようなおぞましさは微塵もないです。 むしろいい笑顔じゃないの(笑)
これは ノアの能力も手中にしたアレン+ネアの最終形態かも知れませんよね。 クラウン・クラウンもそのままですから。

傍らで元気に飛び回るティムの姿が嬉しいです。 いつか現実になりますように。



▽ 副題・扉絵

「アレン・ウォーカーに別れを告げる」シリーズは、「○○と○○」というスタイルが定着したようで。
第230夜は「A.Wに別れを告げる・灯火(ともしび)と涙痕」。 今回は特に解釈の必要がないくらいそのままの意味でした。

アレンにとって「ホーム」の仲間の存在は、文字通り 暗闇で灯火を目にした時のような安心感の象徴だったんですね。
でもそれに縋ろうとすればきっと辛い結末が待っていると 何度も繰り返した痛い記憶を胸に 諦めモードのアレン。
既に失われた「大切なもの」を想い出し涙が止まらない…

アオリは「双(なら)ぶ心 (曲げない決意、譲らない覚悟)」
「双子」の「双」の字を使って「なら(ぶ)」と。
Dグレはこういった難しい読みをさせるタイトルが多いですね💧 いかにも“らしい”ですが。 
わざわざこの字を選んだところに、アレンと神田が「似た者同士」と指摘されたエピソードを思い出します。

「曲げない決意」とは、マナとの約束を胸に どこまでも歩みを止めないアレンの心境でしょう。
「譲らない覚悟」の方は、いかなる障害も乗り越えて アレンの行く末を見届けようとする神田。

今回幕間に投入された扉絵(モノクロ)がまた素敵です。
“アレンの楽譜”をバックにしたアレンと神田。 アレンが正位置、神田は隣り合って真逆。
神田がこのモチーフ(奏者の資格)に絡むのは珍しいですね。 

神田の視線は、遠くの何かを凝視しているようなアレンを やや意識しているように見えます。
これから始まる 奏者の資格の運命に絡めとられたアレンの半生を、一緒に追体験するということかな…

そういえば、この構図。 正位置が神田・逆向きがアレンという 20巻(アルマ編)のカバー絵に似ているかも。

ただ、アルマ編の時のアレンのように 術にかかって主役の視点と同化するわけじゃなさそう。
これから神田独自の視点が何を捉えるのか…楽しみにしております。




次回は本編に行きます。
一旦これで。

関連記事

『D.Gray-man 26』の発売が来年(2019年)2月と発表されました。

今日は嬉しい『SQ.RISE』の発売日でそっちを先にと思っていましたが方針転換。
まずはこちらを御覧ください。




まだ3カ月半も先ですが本当に大丈夫ですか小菅さんww 希望をありがとうございます。


因みに私のこれまでの関連ツイートも貼っておきますね。 
ツリーの先までどうぞ。 今回第230夜は35ページの掲載でした。





明るいニュースで嬉しいです!!  それではまた~(=゚ω゚)ノ
関連記事

第229夜「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」③

次号発売目前でようやく動き出すこの泥縄加減… 感想記事ももっと気楽に上げなくては、と反省しきり(苦笑)


● 神田ユウを育てた人

教団の包囲網から無事脱出を果たし 月明りの田園地帯をゆっくり進んでいく馬車。
御者台のティエドール元帥は、昼間から続くイノセンスの長時間発動に やや疲れた様子でため息をついた。 
そこに 幌からジョニーがひょっこり顔を出し、瓶を抱えて元帥の隣席に納まった。 星が綺麗だと歓声を上げるジョニー。
[ティエドール] 「科学班はいつも地下にこもってるもんねぇ」 
「ダメだよ ちゃんと美しいものを見なきゃ   世界とのつながりを感じられないと 人は目的を見失う」


神田の師匠のフロワ・ティエドールという人物、ファンブックのパラメーターなど見ると出来過ぎなくらいの優等生ですが、実際そうなんだから仕方ないですね(笑) 

彼だって第一線で戦う元帥という立場上 ノア相手の戦況が悪化の一途なのは実感しているでしょうし、自分の所属する黒の教団がこれまで行ってきた非道の数々についても知らないわけがなく… 
それでもなお むしろ反発するかのように 若い研究者に“世界の美しさ”について説くしたたかさには頭が下がります。

本人からウザがられるほど「ユーくん」に絡むのも、もうこの子を決して一人にはさせないという彼流の決意だったかな、と。
元帥が神田にどれほど目をかけ 一流の戦士に鍛え上げるのと同じくらい自制心や他者への思いやりといった心の成長も促してきたかは、今の神田を見れば分かりますよね。

だから 失踪先から愛弟子が無事帰還したと聞いた時は本当に嬉しかったろうなと思います。
そんな神田の頼みごとを聞いてやる代わりにおまえも元帥になれとかww 恩着せがましいですが(素直じゃないよね)、本心は無条件で彼らに協力したかったんじゃないでしょうか。 
だってあの神田が他人のためにこれほど必死になる姿なんて、元帥も初めて見たんでは?


あと、今回ようやくティエドール自身の口からこの言葉を聞けたのも嬉しかったです。
「ウォーカーくんは第二使徒(神田たち)のために辛い役回りを引き受けてくれたからね」

あの時のことで、ティエ師が何も思わなかった筈はない…と信じてはいましたが、やっぱりこうでなくちゃ。


今回はラストでアレンと神田が揃って逐電してしまい、現在メンバー中最も危機的状況なのはジョニーなんですが。
教団からはいまだ指名手配中ですしね(汗)
9年前、やはり極秘実験の被験体として危機に陥っていた神田とマリを、一年後には当然のように教団のエクソシストに迎えさせた彼の手腕をまた期待したいですね。 
とりあえずジョニーも 独りで放り出されるようなことにならなくて良かったです(;^_^A



● 情報共有

ふと ハワード・リンク監査官が生きていた事実を思い出すジョニー。

本来でしたら アレンが最も懐いていた人物だし、殺人の嫌疑がかけられたアレンの身の潔白もこれで晴らせると 良い事づくめなニュースのはずですが。
今度ばかりは、アレンに伝えるべきかどうか悩みますよね(ノアと一緒だった、目撃後すぐ姿を消したなど挙動が怪しすぎ)。
リンクに会ったのが前日の晩で、ジョニーより時間があったはずの神田すらアレンにこの話をしていない理由は そこでしょう。 
今自分の事だけで一杯一杯のアレンには、なかなか言い出しづらいですよね。 
話を詳しく聞かせたとしても、悩み事を増やすだけ。

リンクの生存は、神田の記憶を覗いたアポクリフォスも知ってしまって気掛かりですが(リンク自身はその事に気付いていないので)、逆にアポクリフォスの正体を物陰からリンクが見ていたことはアポも知らず。
このへんの齟齬が以後の伏線になるかどうかも興味深いですね。
ただノアに連れ去られたアポの安否も分かりませんし、暫くこっちは保留ですか… 



● 咎落ちのルール

幌の外にいる元帥とジョニーの会話はアレンの耳にも届いていた。 
--- 教団のみんながアポクリフォスを知れば… --- 
--- アレと対峙したら エクソシストはイノセンスに疑心を抱くかもしれない。 僕や神田が抱いたように ---
--- イノセンスとの共存ができなくなれば エクソシストは咎落ちになる ---


アレンのこの発言が間違っているとは思えませんが、咎落ちについてはもう一度整理したい重要項目ですね。
この感想文の中に収めるのは分量的にも難しかったので、別記事にしたいと思います。 のちほど。



● 奏者

放心したように無表情のアレンを しかめっ面の神田が見守っている。

アレンの中では 教団を離脱したあの晩の記憶が蘇っていた。
かつてないほど巨大化して 北米支部でもアポに襲われた独房でも 身を挺して僕を守ってくれたティム
--- 連れてくるべきじゃなかった  あの時おいていくべきだったんだ ---
--- なのに僕は 孤独になるのが怖くて ---

景色は一転、サーカス犬の“アレン”の墓の前。
「涙が枯れちゃってるのかな」というあの時のマナの言葉。 幼かった僕は反発心しか湧かなかったけど、今ならあの人の気持ちが分かる… そうなんだ。  おともだち…

微かな 囁くような歌声に ハッとした神田が顔を上げると、既にアレンの周囲に方舟ゲートが開いていた。
まばゆい光とともにうなりを上げるゲート
その中にかき消えそうなアレンの姿を追って 神田も怒号と共に姿を消した。


まず「鉄壁の檻」と言われるティエドール元帥のイノセンスも 方舟ゲートの前にはザルだったことに驚きwww
アレンの方舟ゲートも、ノアの結界や鴉の呪符は破れなかったのにね~~ このへん原理原則をどう理解したらいいか難しいです。

現在ティムを失くしているアレンですが 特に問題もなくゲートを開けていた事実にも??
「アレン ティムキャンピー フタツガ奏者ノシカク」と言われていましたよね。
もしかしたら、あの瓶の中で砂状になっているティムキャンピーもまだ「存在」を失ってはいないというサインでしょうか。

たとえば、ティキにバラバラにされた時のアレンのイノセンスも アレンの周囲で形を成さないまま意志は残してアレンを守ろうとし続けました。 あんな感じ?

そもそもノアでもないアレンの意志で方舟が使えるのは何故?
ティムキャンピーが“二人の主人”を繋ぐ役目を果たしているからだったりして。
早くティムが元の形に戻れますように。


さて。先行公開で次回の冒頭が5ページほど出てしまっていましたが、ひとまずそこは考えないことにして。
消えた二人(アレンと神田)の行き先は?

私の想像では アレンが行こうとしていたのは、ネアと話ができそうな場所… 方舟の秘密部屋かなと思っていました。
アレンが意識を保ったまま影の人物と会話らしきものを交わせたのは、あそこだけでしたので。

アレンとしても ネアのことをもっとよく知れば何かが変えられるかも、という思いは前からありましたし。
戻せるものならティムを元通りにしてやりたい… それができそうな人物候補として師匠以外ならネアしか浮かばないのでは?
また、夢の「師匠」が行くよう指示していたキャンベル邸にも急がねばならず… あそこを確実に知っているのもネア。
ということで。


次の第230夜、何が起こるか本当に楽しみです♡   それではまた!



関連記事

『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の書影が公開されました。

日付を跨いでしまいましたが、今晩ようやく次号SQ.RISEの表紙及びその他情報が 公式HPにアップされました。



掲載誌でDグレの表紙絵なんて、一昨年(2016年)の夏号以来なので久しぶりですねー(*´▽`*)  手放しで嬉しいです。
                           ↑
(訂正) …とか、のっけからマヌケ発言でしたが 誌名が「SQ.CROWN」から「SQ.RISE」に衣替えした前々回も、アレンさんが表紙でしたよね!←←  最近ボケが激しくてごめんなさい。m(__)m

付録のクリアファイルもD.Gray-manらしいですが、こちらは表紙に画像が出ていないので買うまでのお楽しみかな?


幼少時代の自分を優しい眼差しで見つめるアレン。
夏のジャンプ展vol.3に展示されていた絵にも 時間差の本人が並んでいましたが(最近のブームですか)、今度の表紙絵の雰囲気的にはこちらを思い出しますよね…
       ↓

IMG_20181015_234538645_10.jpg [画像は『Noche』27頁に再録・小説版1巻のポスター絵]

この絵で泣いている小さいアレンは、時期的にはマナを亡くした直後でしょう。まだ伯爵に出会う前の。
この世でたった一人の大事な人を失って…
そしてそれを慰めるように下から見つめる大きくなった彼。 といってもこちらのアレンもまだ入団前後の雰囲気ですよね。
黒の教団のエクソシストとして、一番希望に燃えていた輝かしい時代。 実際“ホーム”で多くの仲間を得るわけですが。

対して 上のSQ.RISEの表紙絵は一転、小さい方のアレンは新しい伴侶を得て幸せそうです。
それを愛おし気に見下ろす大きな彼の優しい眼差し…という所は共通ですが、前者と比べずっと複雑な表情を湛えていますね。
前髪がペンタクルを出した左分けになってるので、時期は少なくとも会見で14番目とマナの事実を聞かされ その師匠も失踪した後でしょう。 
2年足らずの間にこれほど喜怒哀楽数えきれないほどの体験を経て、今なお侵蝕の苦難と闘っていれば、アレンだって大人びてきて当然です。 
今の彼にとっても 初めてティムと友達になった時の幸せな記憶が心の支えになっているんでしょうか。

現在はその“支え”すら失くすという悲劇の真っ只中ですが、どうかティムも “ふたり”の主人の為に早く復活できますように!

発売日の19日を、首を長くして待ってます。




さて。 その前に 全然進まなかった前回の感想も残ってましたね(何度目)  急がなくちゃww
それではまた。


関連記事

『ジャンプSQ.2018年11月号』(電子版)定例報告。

最初に「D.Gray-man」掲載誌『SQ.RISE 2018 AUTUMN』予告のこと。

発売日は10月19日(金)になりました。
春のリニューアル号(16日発売)は別として、前回の夏号も19日の発売でしたから 今後『SQ.RISE』は「19日発売」に落ち着くのかも知れません。(断言するのはまだ早い感じですが)

今回は嬉しいことにDグレが表紙です。 売り場で迷うことはありませんね(笑)
そして付録もDグレ。 クリアファイルだそうです。 
ただ 表紙も付録も絵柄の公開はまだ。 SQ.公式サイトでの発表をお待ちください。
Dグレ関連でこれ以上の情報はありません。 「センターカラー」の文字もないので、カラー扉ではなさそうです。

とにかく本編が待ち遠しいですね。あと半月の辛抱!!

今度のSQ.RISEには、「ふたりぼっち戦争」の連載をされていた肘原先生の読切「HUNGER」もあるとか。楽しみにしておりますv


また、今月『SQ.』には星野桂先生が審査員を務めた8月期「RISE新人漫画賞」の結果発表もありました。
今回は審査員特別賞が2本・編集部特別賞が1本。

星野先生の総評
「作画にエネルギーを感じた作品が多かったです。 反面、キャラクター設定のバックボーンに欠けるものが多く共感を得にくいのではないでしょうか。 ストーリーを動かすのはキャラクターであり、そのキャラクターを動かすものが足りないと感じました。」

各特別賞と最終候補の計7作品のそれぞれに、星野先生のアドバイスが載っています。
こちら、SQ.公式サイトにも近々UPされますので 是非ご覧下さいね。


※ 追記 (10/4 17:00)
お待たせ。 関連記事がUPされましたので、赤字のリンクからどうぞ。


デジタル版特典の 復刻「血界戦線」は、「人狼大作戦(チェイン・ポッシブル)」でした。


次の『ジャンプSQ.12月号』の発売は11月2日(金)。
表紙と付録(クリアファイル)は「青の祓魔師」です。


御報告はここまで。 それではこれで。
関連記事

次の『SQ.RISE』の発売日についてですが。

以前ツイッターの方でも2度ほど呟きましたが、いつも頼りにしていた集英社公式S-MANGAサイトの発売予定表から 現在「雑誌」項目ページが無くなってしまっています。

そろそろ…ということで次号ライズの告知記事を当てしていらした方には申し訳ないですが、まだ分からないです。

そんなわけで。
現在当てになる公式情報源は 『ジャンプSQ.』公式サイトor 『ジャンプSQ.』公式twitterアカウントor RISE発売予定月(1,4,7,10)に発刊される『ジャンプSQ.』誌上の予告 くらいですね。
どれが一番早く出るかは分かりませんが… ちなみに明日10/4が『SQ.』の発売日。



S-MANGA(旧称「集英社マンガネット」)サイト、数年前まで3カ月先の予定表まで出ていたのですが(当時は「集英社ブックナビ」でも予定表が出ていたのでよくそちらと往復していましたね…今は見ることができません)、最近はそれも一月前に短縮されてしまい、それでも最も早い公式情報源として重宝させて頂きました。

情報源が減ってしまいやや心許ないですが、そもそもあちこちに分散していて探し歩く状況自体が望ましくはありませんね。
今後はさらにSQ.公式サイトやツイッターからの より正確で速やかな発信を期待したいところです。

とりあえず次号『SQ.RISE 2018 AUTUMN』の発売日も 明日には判明するでしょう。
『SQ.RISE 2018 SPRING』が4/16(月)、『SQ.RISE 2018 SUMMER』が7/19(木)でしたので第3週のどこかになるのは間違いないと思われます。

御報告は以上。 それではまた。


関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリスマスカレンダー
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
25位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ