Archive: 2018年12月12日  1/1

第230夜「A.Wに別れを告げる・灯火と涙痕」②

アポクリフォスが現れた晩 リナリーの前から姿を消した時と同じように、またもアレンは仲間を振り捨てて逃亡を図りました。頼みの綱だったティムまでアポクリフォスの犠牲になったと知り、アレンの心はまた3ケ月前に引き戻されてしまったんでしょうか。彼の脳裏にはティキ・ミックの「ただ周りに混乱と争いをバラまいてる」 「おまえこそ一番タチが悪いんじゃないのか」という残酷なセリフが ふたたび呪いのように鳴り響いてい...

  • 2
  • 0