FC2ブログ

第235夜「A.Wに別れを告げる・赤腕と犬」②

必要とあらば敵方(14番目)すら取り込んでしまえる柔軟なイノセンスサイドに比べ、常にイノセンスへの憎悪をむき出しにするばかりのノアにずっといい印象がなかったんですが(いやもちろん他にも突っ込み所は山ほどありますが!!(^^;)
僅かずつ彼らの事情が見えてきて、先入観は大敵だなとあらためて思いました。
何にせよ 情報が増えて考察の自由度が格段に上がる感触がたまらないですよね!

そういえば26巻の「談話室」でワイズリーの言っていた「ネアはノアメモリーをもっておらぬ」の真意も測りかね保留にしていましたが、彼がマナとセットであることを考えると“千年伯爵レプリカ疑惑”で説明がつくのかも…

つまりネアだけでなく現在の千年伯爵(マナ)もまた 第一使徒に数えられながら“正当な”ノアメモリーはもたず、そのことはロードとワイズリー以外の使徒には秘密にされているとかですね。
グレイログの千年伯爵パーソナルデータに「メモリー」の記載がないのもそのせいかと思います。

もちろんマナもネアも その強大な力の源である“何か”の持ち主であることは確かですし、そのそれぞれが宿主とは別の意志を持って動いている様子も見うけられますが。 
それらの呼び名がないのも不便なので、ここでは今後 「疑似メモリー」とでも呼ぶことにします。

仮定をざっと

・どこか他所の星に高度な文明を持つノアとイノセンスとの大戦争があった
・星ごと崩壊の憂き目にあったノアは、辛くも12人分の情報と記憶を「メモリー」に移植し方舟で宇宙に脱出

・7,000年前の地球にメモリーの宿主に適した高等生物(第一人類)を発見、ここで「13人」の「使徒」となって地上に「出現」
・彼らは新天地で平和な文明国家を築いていこうとするが 程なくしてイノセンスが襲来。 同様に人類に取り憑いた彼らと開戦
・千年伯爵が斃(たお)されノア側が大敗を喫す
・その報復として、ノアは空中から洪水を起こし地上の第一人類を全滅させる。 イノセンスは力を失い各地に飛散

・この時点で方舟奏者はロードだけになってしまったが、彼女は次期復讐戦に向け 兵器化させるための新しい千年伯爵と、自分たちの容れ物となる新人類(超能力を存分に発揮するノア遺伝子と イノセンスが容易に取り憑けない体質をもつ)を作り出す。

雑ですが今はこんなところで。

3巻でロードがイノセンスは偽物の神で自分たちの神こそ本物発言をしていましたが、自分たちを「使徒」名乗りつつ彼らが従うべき神はどこにいるのかと長いこと疑問でした。
でもイノセンス側とのバランスから言っても ここは単純に“ノアメモリーが彼らの神”という見方で良さそうですね。 
その「神」に絶対服従の宿主が「使徒」という話。
突然現れて好き放題にやっているとしか見られていない14番目などは 「使徒」と呼ばれないわけで。





▽ 本編

冒頭は前回に引き続き クロスとロードの会話シーン。

いったんロードの中から噴き出た憎悪の念は 落ち着くどころかさらに激しさを増した。
[ロード] 「ニク  イ…   憎」 「コの苦シみヲ 知ラぬ モノに なに
ロードの右顔面は目に見えない強い力で歪められ、口元は奥歯が見えるほど引き攣れて 耳まで届くようだった。

その恐ろしい形相を真顔で見つめ返し、なおも対話を試みるクロス。
「その苦しみを知るおまえ達が 今度はこの世界を滅ぼすのか?    ノ ア よ
[ロード] ソの為に造ッタ世界ダッ

[クロス] 「大昔の腐った亡霊に説いたところで無駄か…」

今度は 低くしゃがんで両の掌で、形を崩した彼女の両頬を包み込むと “彼女自身”へと話しかけた。
[クロス] 「ロード・キャメロット」
 

「亡霊(ノア)に操られるな   戦え」 
「本当はマナを助けたいと思ってるんじゃないのか」
「おまえもこの世界に生まれた人間だろう」 「ノアの憎しみに取り憑かれて利用されているだけだ」
「負けてはいかん  己を救う術を探すんだ」

彼女の目から涙が流れ、「じゃあ 殺して」 という言葉だけを最後に その姿は消えてしまった。
「バカたれ…」   
「愚かだよおまえらは どいつもこいつも…」



このやり取りから漠然とですが クロスはロードを宿主以前から知る間柄というわけではないのかな…?と感じました。
(「おまえもこの世界に生まれた人間だろう」とかね… ちょっとよそよそしいような)
もちろん科学知識も含めノアの事情には最も詳しい人物なので、宿主としての苦しさを理解し その裏付けがあった上での親身な励ましというか。

逆にそれだけ、色々誤解の多い人ですが、人として肝心なところは外していない人間味に溢れる素敵なお方だなあ♡と
変な所で嬉しくなってしまいましたよ。(#^.^#)

捨て台詞の「どいつもこいつも」
ここでは、彼の頭にネア坊主の憎たらしい顔がよぎったに相違ないかと。
死んでもあきらめずに出てきて復活戦かよ…というところ。 
それに付き合ってる自分にも矛盾を感じてなお苛立っているのでしょうか。



そして、ロードの頬を両手で包むようにして瞳を見つめ 真剣に話しかけるシーン。
「ああ同じだ…」と私の頭に浮かんでいたのはここでした。
ネアは 「千年公」の中に囚われた兄の「マナ」だけに訴えます。

P1270078inyou1.jpg (25巻219夜)

普通の人間として幸せに暮らしていた故郷の記憶。 母さまにつけてもらった名前。
でも、マナを呼び戻すことはできず 最後は(千年公に)「おまえを 破壊(ころ)しに行く」と。
(救う手だてはそれしかないから)

ロードの「殺して」もまったく同じ意味なのでしょうが、どうにも切ないですよ。

しかし。
ノアの一族の中にあらかじめ“裏切り者を粛正する”役を担ったもの(第二使徒=裁)がいるということは、過去にもノアメモリーの支配を逃れた者はいたんでしょうか。
少なくとも その可能性が完全にゼロではないことを示しています。

… いっそ一族揃って離反とかしたら面白いのに()

どうにもこじれまくったこの世界、どちらかの勝敗を決めるだけではきっと悲劇は終わらないですよね。




続きは次回。


関連記事

第235夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・赤腕と犬」①

本日発売の『ジャンプSQ.RISE 2020WINTER』号、「D.Gray-man」は嬉しい巻頭カラーです。
見開きのカラー扉がまた期待以上で素敵 (´∀`゚q)  
これなら絶対雑誌版も買ってアンケート出します。 図書カード、当たりますように!!! ←下心の塊


掲載は、扉絵を含む本編が41頁でした。 これはいいペース♪
これで、26巻以降(第231夜~)を合わせ146頁になりました。
前巻が本編合計175ページなので、次の27巻まであと30ページあれば足りる計算です

しかし今回、ペン入れが終わっていない箇所がけっこう目立ちましたよね。
最近の星野先生は以前に増して御多忙(愛猫の看護・他誌のコラム連載等)のようで、ストーリー的にも 犬のアレンの辛いエピソード回にさしかかり 何かと御負担が大きかったのではと…。

次巻は年内には出る、くらいの緩い期待でおります。 
今後も続く長丁場。 お体だけはお大事に…



▽ 巻末コメント

「病のコロの為自宅で注射をうたねばならなくなったのですが コロに針を刺すくらいなら私の体に刺したい」<星野>

本当に御心労が・・  インスタでは鷽替え行事のお話もされてましたが、湯島天神の御利益がきっとありますように。



▽ 扉絵

2ページにわたり、左が正位置で新団服姿のアレン・ウォーカー、右が逆位置のネア=D=キャンベル。
全体に色味を抑えた中で、主人公のペンタクル・左目・ネクタイやコートの裏地など「赤」の効かせ方が抜群のセンス。
こうしてみると、アレンさんもだいぶ肩幅がしっかりしてきましたよね ^ ^

[Put their hand over their heart.]
アレンもネアも、右の手を左胸の上に置くポーズ(アメリカ国家に忠誠を誓う時などやりますね)ですが これはどういう意味で?

個人的解釈ですが、ここでは各々我がに忠実に、信じた道をまっすぐ進む決意…とでもいいましょうか。
そういえば同じポーズ 以前も見た記憶が、と思ったらあれでしたね。 一昨年ジャンプ展でお会いしたWアレンさん。

IMG_20180714_110709_15.jpg

今はアレンも教団の団服でないのが感慨深いですね。しみじみ…

ネアの方は、指を服地に食いこむほど強く置き 目は閉じた様子で何やら痛々しい…、死者を悼んでいる風でもあります。 
彼の服の伯爵テイストはやはり 兄と同じ素材の持ち主ということで宜しいですか。
ティムに言った「これが最後の旅」とは、相討ち覚悟で兄の魂を救いにいく決意と見ましたが、彼の本心が早く知りたいですね。



▽ サブタイトル

今回は「赤腕と犬」  ……… いよいよです。

アオリ
「光と闇が流転する   正と邪は、気まぐれに その姿形を変える」




本編は次から。

あ、雑誌版も買えたら付録の画像も追加します。
では、いったんここで。



さて無事雑誌版も手に入りましたので追記。(1/27 14:40)

▽ 今季付録

加工2

たいへん心苦しいですが「テニスの王子様」は守備範囲外でして (;^_^A

ただこのマスクケースは今時ほんと助かる…  映画チケットなんかも入りますしね!
デザインが控えめで目立ちにくい?ので、持ち歩きにも抵抗が少ないかと  

有難く使わせていただきます♡ m(__)m



追記その2(1/27 14:50)
星野先生の本日のインスタ投稿。
この投稿をInstagramで見る

コロの回復を祈ってくださるメッセージ嬉しいです。ありがとうございます🍡 先日監修したとあるグッズがものすんごい感動する素晴らしい出来で、はしゃいでたら担当K氏に「公式発表までインスタに上げちゃだめですよ!」と釘を刺されました。わ、わかってますよ、そんなん・・・(上げてぇぇ) 春になったら告知できそうなのでそしたら裏話などできたらなぁと思います。春以降にも色々・・・色々お知らせありますので、お知らせの大安売りができるんじゃないかなと、楽しみに頑張っていきたい今日この頃。 #ふでdeまんねん #マルチ8 #セーラー万年筆 #ぺんてる #esダイアリー #手帳 #手帳の中身 #文具沼

hoshino katsura(@katsura_5600)がシェアした投稿 -



前々からおっしゃっていた「嬉しいお知らせ」、まずはグッズ公開が間近だそうで楽しみです。

それと、グッズ以外にも「嬉しいお知らせ」が大安売りって何なんだ…www
むしろこっちの方が気になりますよね。

いずれにしても 今年の「D.Gray-man」供給はご安心ください沢山ありますよと。

速報ありです。   先生の精一杯のお心遣い、感謝です!

関連記事

第234夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・監視者」②

〇 柱

ふと、クロスは マナを囲む人垣の中にロードの姿を発見した。
ロードもまたその気配を察し二人の目が合った・・ 瞬間、少女の体はかき消え 同時に音もたてずクロスのすぐ隣に現れた。

まるで旧友同士のように慣れた挨拶を交わす二人だが、それからは互いに視線を合わせることもなく会話が続く。 
[ロード]「まぁだ律義にネアの言葉を信じてるのぉ?」
[クロス]「マナを連れ戻しに来たのか?」
[ロード]「ブブー ざぁんねん不正解~~ ちょっと様子見に来ただけぇ」 「今の状態の千年公を連れて帰っても意味がないもん」
「彼自身が思い出して 千年伯爵に戻るまで待つしかないんだぁ」

[クロス]「今のあいつを見て憐れだと思わないのか」 
「あれはもう壊れかけてる  おまえらノアがそうした」 「家族のフリをして何千年も あいつを利用してきた」
「そんなに柱が憎いか」

それまでじっとクロスの言葉を聞き流していたロードだが、最後のワードには強く反応した。

--- 「柱」 ---   --- いつか千年伯爵(マナ)が成るといわれているもの ---

とたんに強い発作が襲い それを抑えようと必死のロードを見下ろしながら、クロスは冷たく言い放った。
「“柱”と耳にしただけでノアメモリーが疼くか」

[ロード]「平気だよ どうぞ 話せば?」
今度はしっかり彼女を見据え 話題を続けるクロス。
「じゃあ言わせてもらうが おまえたちはこの世界に存在してないものに復讐している」

[ロード]「また不正解~   “柱”は存在した。 ボクらノアは体験したんだ」
[クロス]「同じ運命を辿るとは限らん 混同するな」 「ここはお前らがいた世界じゃない」
 
[ロード]「アハッ それ7000年前にいってほしかったなぁ~~」 
「けど」  「ボクらは帰る場所を永遠に失った   その事実は消えない!」

「ノアの記憶(メモリー)を持った者しかわからないよ  あの絶望は」
「ある日突然 現れて   すべてが消える」

彼女の脳裏には、巨大な光の柱の下 細粒となって雲消霧散していく街のビル群の光景が広がっていた。

--- 地上と空を突き破るように巨大な   あの「柱」が ---

ロードのいつものカムフラージュは解け その肌は黒く戻り額に聖痕が浮かびあがった。
愛らしい少女の顔の右半分だけが、深い憎悪を湛えて醜く引き攣れている。

そのただならぬ様子に思わずたじろぐクロスに、ロードは言った。

[ロード]「キミは 世界が終わるのをみたこと ないでしょお?」



クロスとロード
劇中でニアミスはあったものの 実際に二人が出会って会話する場面はこれまで一切なく、今度が初めてなんですよね。 
この時を待ってましたよ。
ほんの数ページながら、発する言葉のどれもが重く見えて省略できず ほぼ全文書き写すような形になってしまいました。

敵同士のくせ割と仲良さげ…? と思ったのも束の間、双方相手の実力は認めているだけに 無暗につっかかるような真似はしない大人の対応ということですね。
そんな中でもお互いこれだけは言っておかねば気が済まない、という緊張感をはらんだジャブの応酬が楽しい(語弊)


意外だったのは、ロードにも メモリーの持つ憎悪の感情に引きずられ飲まれそうな描写があったことでした。
何となく勝手なイメージからですが、彼女は他のノアとは一線を画し そういうことは超越した存在のように思っていたので。

でも一族のこれほどまでに強い想いを担った自覚が常にあれば、彼らの命運を左右する千年伯爵の出現を ただじっと待っていたわけがなく。
つまり、前話でマナを精神的に追いつめていたあの千年伯爵の夢は、彼女が意図して見せていた可能性が高いと思いました。 

さらには、その夢とほぼそっくりのロケーションでアレン・ウォーカーの人格も危機に立たされていましたが、あちらも同様ですね。
ほぼすべて彼女が仕掛けた罠だったという解釈です。


物語の根幹をなすノアメモリーというものの正体はいまだに判明していませんが、わずかに片鱗を見せたような。
少なくとも 元から肉体を持たず他の生物に憑依する精神生命体なんてことはなくて、普通に肉体を有し 外見上は私たちの現実世界と似た構造の高度な文明を築いていたが、それを丸ごと消し去るほどの規模でイノセンスから攻撃を受けたということのようです。

「帰る場所を失った」ということは、星ごと消滅してしまったのかな?
イノセンスの方が、平和に暮らしていたノアの星を蹂躙した宇宙生命だったのかもしれない

12メモリーの元となった数少ないノアの住人だけがこの時生き延び(と言っていいのか) 肉体すらも失いながら各々の自我と記憶を「メモリー」という形に保存、再起を誓って方舟で逃亡を図った末ついに新天地(地球)に降り立ったと。

ノア達はそこの原住民(第一人類)に憑依することで再び肉体を獲得し、新たに文明を発展させていこうとした。
しかし しつこく彼らを追って地球にやってきたイノセンスとの新たな戦いが始まり とうとうリーダー(千年伯爵)が斃され

・・・まあここらへんの妄想は時間もないし情報不足なので次の機会に。


これで 異常なまでにイノセンスを毛嫌いし憎悪するノア側の事情も分かってきました。
“滅びの絶望を体験した者たち”という話から、これまでのことも色々納得がいくような。
方舟戦の この場面ですとか。
      ↓
P1240080s.jpg (引用画像:12巻第115夜)


アレンのイノセンスが発する強い「気」に当たった瞬間 ティキ・ミックが感じた奇妙な「体が死んだ感触」
かつてあの柱(イノセンス)に殺された時の感覚が まざまざと蘇ったように思います。

この後に続き、いつもの飄々としたスタイルの彼にはふさわしくないほど異常なキレ方を示したティキですが、これはアレンの「説教」が面白くなかったとかでは絶対ないと思いますね(^^;


さらにこの12巻といえば、シンクロ率が臨界点を超え とうとう退魔ノ剣を振るうようになったアレンに ロードが目を見張って
「視てる? 千年公」 
「あれは--- 貴方が悪魔に為損なった 彼(か)のピエロだよ」
 (第118夜)
というセリフが忘れられません。

今回のクロス発言を聞く限り、イノセンスへの対抗策として「柱」にされる人物候補はずっと千年伯爵だけだったようですが。
かつてネアが生きていた時代には、千年公の代わりに彼を捕らえて柱にする計画があったのかもしれませんね。
マナと同等の「千年伯爵」になりうる素材を持つ者として…

しかしネアが死んでしまったことによりその計画も頓挫。

なんてことがあったとしたら、 あれれ?  マナはネアを殺して喰ってる場合ではなかったんじゃ?
それともうっかり死んでしまったものはもう使えないので 仕方なく有効活用ってことです?←


ともかく、クロスとロードが話をしているこの時代 ネアは死んでしまって復活などありえないというのが共通認識のようで、
(= ロードの「まだ律義にネアの言葉(復活)を信じて」いるのか?という問い)
だからこそ「柱」候補はそっくりそのまま千年公(マナ)へと戻ったんでしょう。
後の千年伯爵も、方舟戦の頃はネアの再来など露ほども思わず「奏者の資格」だけが独り歩きをしているという解釈をしていましたよね。


しかし、たしかに「彼のピエロ」はアレン・ウォーカーの中で復活していた。
どうも自分が柱候補であることを知らないらしい千年公はともかく、ワイズリーなどは
「イノセンスを斬り落として我らのモノになってもらう」 (23巻第211夜)
という不穏な発言もしていましたね。

ネア復活を受け、現在はまた千年公に代わり アレン・ウォーカーがノア達の「柱」候補と目されているんだろうと思います。



バタバタして何か書き残しているかもしれませんが、今日はここまでとします。
次回が楽しみですね!
ではまた。



関連記事

第234夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・監視者」①

▽ サブタイトル

「監視者」
今回はアレンの昔語りの場を離れ、同時期 同じ街の中にいたクロス・マリアンとロードに焦点を当てます。
ここにいう「監視者」とは、マナ=ウォーカーというターゲットを それぞれの目的から見守り続ける彼らなのでしょう。


アオリ
「紐解かれる かつての別離(わかれ) ------」



▽ 本編


〇 遺言

大勢の人出で賑わう公園の一角。 
クロス・マリアンは 群衆を見下ろす石段の踊り場で、紫煙をくゆらせながら物思いに耽っていた。

その視線の先で 愛犬アレンと一緒の芸に拍手喝采を浴びるマナを捉えながら、
頭の中に去来するのは 昔 マナに見守られつつ命を終えようとしていたネアの言葉…

------ 待ってろ  必ずマナのもとに行く    「アレン」が目印だ ------

------ それまで 立ち止まるな ------


--- その言葉を遺してネアは死んだ --- 
--- マナに喰われて消滅した ---
--- 今 目の前にいる男は そのことを忘却して 失ったネアを探し歩いている ---

--- ( いや  完全に忘れてしまっているわけではないか… 「アレン」という単語だけは微かに覚えてるのかもしれん)
拾った犬に「アレン」て名付けるくらいだしな ---


大喜びの観客に 宣伝ビラとともに屈託のない笑顔を振りまくピエロマナ。
見ているクロスの脳裏には、あの黄金色の楽園に遊ぶ幼い兄弟の記憶がよぎり 切なさに胸が痛んだ。

--- あの頃みたいに笑えるんだな   今のおまえは --- 



読後にモヤっと: その一

どうにも気になってしかたないのは 当時のクロスの心境でして。 
マナにはイノセンスを不用意に近付けられぬ特別な事情があるということでしたが(前回)、千年伯爵の影に怯えながらの一人旅でもう相当神経がすり減った様子の彼を 何らケアするでもなく、ただ他人事のように離れて観察しているのはなぜなのか。
それでいてマナの「笑顔」は気にしているというね…  
クロス自身に 「冷血漢」の一言で片付けられない深い訳がありそうですが…


読後にモヤっと: その二

さて このマナの滂沱の泣き顔の美しいシーンに水を差すようですが、クロスが実際に目撃してたってことではなさそうな
ネアの遺言を預かったという誰かからの情報をもとに組み立てた 再現映像といったところではないでしょうか?
(だってこの後マナが伯爵化してネアを喰ったなんて、クロスにしろティムにしろ 目前でそんなことを許す筈ないと思いますよ)

もしかしたらクロスとしても 聞いた話にどこか腑に落ちないものを感じて、繰り返し反芻していたのかもしれません。

そもそもネアがマナに対して自信ありげに「“必ず”」と宣言しているのも、引っ掛かるんですよねえ
あの35年ぶりに目覚めた彼の復活直後の言動を見るに、どうも彼が主体となって用意周到な復活計画を立てていたようには見えないですもん。 

「“必ず”」のワードから浮かぶのは、むしろネアの記憶にあったかの問題シーンですよね。
そちらじゃ ネアの方がそう言われる立場になっていて。
PB110079kakou.jpg (引用画像:25巻第215夜より)

そして両シーンのどちらでもネアは瀕死状態なんですが(笑)  
そんな彼を途中で放ったまま 人物達が入れ替わっていたと考えるのは無理がありますね。

もしこの二つのシーンが両立できないとすれば、どちらがより真実に近いかというと やはり当の御本人(ネア)の記憶の方が確かではないかと思います。


ここら辺の議論では、『灰色ノ記録』訂正文のこの箇所も気になりますよね。
 → 『ジャンプSQ.』公式サイト 「お詫びと訂正」記事の末尾
●P181/「ネアをとりまく勢力図」
【誤】ネアとクロスの間の「密約」の矢印→【正】「密約」の矢印は不要

P1130078seiryoku.jpg (引用画像:『灰色ノ記録』P181)

※「密約」の内容が実際何だったかは いまだ劇中で確定していませんが、一応ここでは 師弟会見で述べられた
「オレは“14番目”が死ぬ時マナを見守り続けることを奴と約束した」「そうしていればいつか必ずマナの元に帰ってくると…」
(17巻 第166夜)だったと仮定します。

ネア・クロス間の「密約」は確かに存在した
しかし直接結ばれたものではなく
(= 彼らをつなぐ矢印が消滅)、
つまり「約束」の内容が第三者を介して伝えられたものであったと解釈できるかと。

会見ではクロスが あたかも自分もそこに立ち会ったかのように話したのは、第三者の存在を中央庁に悟られたくないためではないか?
(たとえば枢機卿に化けて潜伏しているあいつとか。 断罪者の銃口を向けられるまで信頼していたような口ぶりでしたし)  

・・・という想像でした。 


こうした細切れの情報追加で 少しずつ真相が見えてきそうな感じ()はありますが、まだ道のりは遠そうですね。
なにしろ こっちを詰めれば詰めるほど、「マナがネアを喰う」場面が宙ぶらりんになってしまって。
本当に喰われたんですか???  
(最初に戻る)



〇 悲劇の足音

同じ公園広場には、ガーベイサーカス団の宣伝活動で コジモたちも来ていた。
やはりピエロの装束に身を包みジャグリングを披露しているのだが、その技術でも見た目の華やかさでも マナとの実力差は明らかで、観客の反応も まばらな拍手が関の山だった。

コジモと組んでビラ配りをしていた同僚までが マナの芸ばかり絶賛するわ、意地悪そうな笑いをコジモに向けて そろそろサーカス団の花形の座も危ないんじゃないかと煽る始末。
コジモの行き場をなくしたイラつきは、徐々にマナへの憎悪へ形を変えていく。


このへんのイメージを、タロットに例えるなら「剣の7」ですかね。
カードには 遠くのテントの様子をうかがいながらこっそり剣の束を盗み出そうとしている人物の絵が描かれています。

そう思えば…レベルですが この男の帽子や装束、コジモに余計なことを言って状況を悪くしていた人のそれと似ているようなw

大意は 噂話・良くない企み・秘かに進むダメージ など。


RWS Tarot Swords07.jpg
パメラ・コールマン・スミス (-1951) - Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より(下部 NOTE 節を参照)。en:File:Swords07.jpgより移入。, パブリック・ドメイン, リンクによる




いやあ・・ まだまだと思っていましたが 来週月曜の発売日を前に『SQ.RISE 2020WINTER』の先行公開が始まりましたね。
感想記事は残りあと1回。 Dグレの先行公開が来る前になるべく終えたいですが さ~て間に合うかな(笑)


それでは一旦これで。


関連記事

「アレン・ウォーカーのイノセンス」についての疑問。

本編の感想記事があまり進んでないので 気分転換に別ネタでも。



▽ アレン

Dグレのメインメンバー4人は占星術的にちょうど四分できるのですが(下図参照)、それぞれにタロットのスートも対応します。
さらに これと彼らのイノセンスを関連付けようとすると、アレン・ウォーカーがだいぶ違和感ありというか… 
(神田とラビの六幻と鉄槌を、剣と棒に当てるのは問題なさそうですが。 リナリーについては後述します)

「ペンタクル」といったら、左腕よりは左目の方じゃないですか。

※ ちなみにアレンの左目を上下からはさむ 額の星と、頬の傷についておさらい。
  真下に角がくるペンタクルはデビルスターとして忌まれ、山羊の顔(左右の耳+二本の角+あごを5つの突起とした)に見立てられることもあり。
  また 頬の“ち”の字に似た傷は、惑星記号中の土星の印です。




ティーンズイノセンス
適合イノセンス誕生日スート
タロット/トランプ
アレン・ウォーカー左腕(クラウン・クラウン)12/25 山羊ペンタクル (土)/ ♦
神田ユウ六幻6/6 双子剣 (風)/♠
リナリー・リーダークブーツ2/20 魚杯 (水)/♥
ラビ鉄槌8/10 獅子棒 (火)/♣
 


まず、「左腕」がアレンのイノセンスであることには疑問の余地がないですね。
初期型の頃は肩から長く伸び、命を刈る“死神の大鎌”にも似た動きでしたが(アポの影響大?)、いったん分解されたのち彼の意志を汲んで再構築されたクラウン・クラウンは、装備のマントといい退魔ノ剣といい より“命を守る”方向に進化を遂げたのでした。

しかし、上の図ではこの左腕より もしかしたら「左目」の方がメインだったのでは?という気がしてきます。
いちおう第7夜で「イノセンスは ひとつにつきひとりの使徒(適合者)を選ぶ」という説明があるものの、そのことと ひとりの人間が複数のイノセンスから選ばれることとは矛盾しませんしね。

左目にはこれまでも、それっぽい兆候はありました。 通常のイノセンスには見られないイレギュラーなものばかりですが…
・ダークマターから救えずに壊れていく魂を見ると血の涙を流すとか。
・潰されても復活するとか(アレンの左腕が同様)。
・結界内で無力化されたところに肉体がイノセンスで傷つくと、アレンの中のノアが活性化したりとか(⇒平時は左目がノアを抑える働きをしていた、ということでは?)。

まあもし本当にアレンの左目がイノセンスだったとした場合、入団初日に彼の体を念入りに調べたヘブラスカや 実際にその左目をつぶしてみせたロード達がなぜそんな大事なことに気付けなかったのか?? やや疑問は残りますけどね。
アレンを教団に送り込んだクロス師匠が、誰にも勘付かれないようなカムフラージュを事前に施していた…とか?(安直)

とりあえず 「イノセンス」であるなら この先まだ進化の余地があるのかも… 期待したいと思います。



▽ リナリー

「杯」スートの彼女がなんで「黒い靴」なんだー、、という所は実はアレンより前から悩みの種でしたが、今のところ「ビールブーツ」に落ち着いておりまして(我ながら強引すぎてどうなの、って感じですがww)。
彼女のイノセンスも「靴」と書いて読みは“ブーツ”ですし、元は戦勝記念の祝杯に由来を持つというこれは 天駆ける勝利の女神にもお似合いかなと。

ただ今回“アレンの左目イノセンス疑惑”を考えているうち、ひょっとしたらリナリーの“手”にもその可能性はあるかしらなんて(チラッとですが)思いました。
やはり例の “イノセンスが結晶化を遂げた二人とも、同じ経過(リナリーの手の中で液状化したイノセンスを飲む)を辿っている”話が気になるんですよね。 
むしろ靴を無理やり杯に見立てるより、こっちのエピソードの方が自然かなって(笑)

それが念頭にあると リナリーが特に手のお手入れに気を使っている話なども意味ありげに見えてきてww
妄想は楽しいですな。



それではこのへんで。



関連記事

『ジャンプSQ.2020年2月号』定例報告。

例によって電子版からの御報告。
雑誌版は見ておりませんので、そちらだけの掲載情報に気付かれた方は そっと教えて頂けると助かります。


表紙その他
アニメ化が発表されたばかり(オンエア時期未定)の2作品、「憂国のモリアーティ」と「怪物(けもの)事変」の主人公が共演。
上にはやや小さめでw「ワールドトリガー」の遊真も出ています。

巻頭カラーは「ワールドトリガー」。 見開きの扉絵は13部隊の隊長が勢揃いで圧巻。
こちらも開始時期こそまだですが、続編アニメの情報が出ています。 
制作・放映は前作同様 東映アニメーションとTV朝日系列、主要キャストも続投だそう。

原作者・葦原大介先生の巻末コメントはもっぱら本編関連。
「カラーに時間を食いすぎたため、今回は1話のみになります。今年もどうぞよろしくお願いいたします」<葦原>

あとこの巻末ページでは、南郷晃太先生と晴智先生が顔文字で何かやってますがわからない…www


次号『SQ.3月号』は、表紙とセンターカラーで登場・特別読切「DEATH NOTE」(87頁)が目玉です。
(昨年 期間限定でネームが公開されたあの話題作ですね^^)

発売日は2月4日(火)、雑誌版税込630円。 電子版も同日発売。



『SQ.RISE』関連

いよいよ次号・2020年冬号の発売月になりました。
発売日は既にお伝えしたとおりで 1月27日(月)です。

表紙は順当に「血界戦線 Back 2 Back」
「D.Gray-man」が巻頭カラー

アオリ文は「迫る“目覚め”------  物語の核心が語られる!!
第235夜も楽しみですね。


こちらは雑誌版が税込760円。(電子版同日発売)
付録には、「新テニスの王子様」の、チケットホルダーとしても使える可愛め柄の「マスクケース」が付きます。


以上。 今日はここまでです。



関連記事

あけましておめでとうございます。

今年はかなりゆっくりめのスタートとなりましたが、また一年間 どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_20200103_065705209_HDR15p.jpg 2020年1月3日7:00頃撮影


「D.Gray-man」連載につきましても 現在特に不安要因は見当たらず、本編はますます楽しみな展開になってきました。
引き続き地道に応援を続けたいと思います。


今日は『SQ.2月号』の発売もあるのでまた来ますね。
それでは一旦これで。


関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
21位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」