FC2ブログ

「アレン・ウォーカーのイノセンス」についての疑問。

本編の感想記事があまり進んでないので 気分転換に別ネタでも。



▽ アレン

Dグレのメインメンバー4人は占星術的にちょうど四分できるのですが(下図参照)、それぞれにタロットのスートも対応します。
さらに これと彼らのイノセンスを関連付けようとすると、アレン・ウォーカーがだいぶ違和感ありというか… 
(神田とラビの六幻と鉄槌を、剣と棒に当てるのは問題なさそうですが。 リナリーについては後述します)

「ペンタクル」といったら、左腕よりは左目の方じゃないですか。

※ ちなみにアレンの左目を上下からはさむ 額の星と、頬の傷についておさらい。
  真下に角がくるペンタクルはデビルスターとして忌まれ、山羊の顔(左右の耳+二本の角+あごを5つの突起とした)に見立てられることもあり。
  また 頬の“ち”の字に似た傷は、惑星記号中の土星の印です。




ティーンズイノセンス
適合イノセンス誕生日スート
タロット/トランプ
アレン・ウォーカー左腕(クラウン・クラウン)12/25 山羊ペンタクル (土)/ ♦
神田ユウ六幻6/6 双子剣 (風)/♠
リナリー・リーダークブーツ2/20 魚杯 (水)/♥
ラビ鉄槌8/10 獅子棒 (火)/♣
 


まず、「左腕」がアレンのイノセンスであることには疑問の余地がないですね。
初期型の頃は肩から長く伸び、命を刈る“死神の大鎌”にも似た動きでしたが(アポの影響大?)、いったん分解されたのち彼の意志を汲んで再構築されたクラウン・クラウンは、装備のマントといい退魔ノ剣といい より“命を守る”方向に進化を遂げたのでした。

しかし、上の図ではこの左腕より もしかしたら「左目」の方がメインだったのでは?という気がしてきます。
いちおう第7夜で「イノセンスは ひとつにつきひとりの使徒(適合者)を選ぶ」という説明があるものの、そのことと ひとりの人間が複数のイノセンスから選ばれることとは矛盾しませんしね。

左目にはこれまでも、それっぽい兆候はありました。 通常のイノセンスには見られないイレギュラーなものばかりですが…
・ダークマターから救えずに壊れていく魂を見ると血の涙を流すとか。
・潰されても復活するとか(アレンの左腕が同様)。
・結界内で無力化されたところに肉体がイノセンスで傷つくと、アレンの中のノアが活性化したりとか(⇒平時は左目がノアを抑える働きをしていた、ということでは?)。

まあもし本当にアレンの左目がイノセンスだったとした場合、入団初日に彼の体を念入りに調べたヘブラスカや 実際にその左目をつぶしてみせたロード達がなぜそんな大事なことに気付けなかったのか?? やや疑問は残りますけどね。
アレンを教団に送り込んだクロス師匠が、誰にも勘付かれないようなカムフラージュを事前に施していた…とか?(安直)

とりあえず 「イノセンス」であるなら この先まだ進化の余地があるのかも… 期待したいと思います。



▽ リナリー

「杯」スートの彼女がなんで「黒い靴」なんだー、、という所は実はアレンより前から悩みの種でしたが、今のところ「ビールブーツ」に落ち着いておりまして(我ながら強引すぎてどうなの、って感じですがww)。
彼女のイノセンスも「靴」と書いて読みは“ブーツ”ですし、元は戦勝記念の祝杯に由来を持つというこれは 天駆ける勝利の女神にもお似合いかなと。

ただ今回“アレンの左目イノセンス疑惑”を考えているうち、ひょっとしたらリナリーの“手”にもその可能性はあるかしらなんて(チラッとですが)思いました。
やはり例の “イノセンスが結晶化を遂げた二人とも、同じ経過(リナリーの手の中で液状化したイノセンスを飲む)を辿っている”話が気になるんですよね。 
むしろ靴を無理やり杯に見立てるより、こっちのエピソードの方が自然かなって(笑)

それが念頭にあると リナリーが特に手のお手入れに気を使っている話なども意味ありげに見えてきてww
妄想は楽しいですな。



それではこのへんで。



関連記事
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」