唐突にティモシーの話とか。

前回記事のコメントレス(返事)でツキカミさんの事を出したので、ちょっとティモシーが気になってきて。
“怪盗G”編など読み直しておりました。
(Dグレが『スクエア』に来る前のストーリー把握が、私 存外いい加減だったりしますんで)

2月号付録のイラストカードにもしっかり登場していますが、彼も入団前とは別人のようですね。
ちょっとした空き時間には、必ずティムキャンピーをオモチャにしながら アレンに引っ付いていた彼。
最近は、アレンのことをどう呼んでいたんでしょう。
まだ幼い彼にとって、アレンが最も“なりたい大人”のモデルだったりしたのかな・・・・・・


孤児院時代のティモシーは、
虐待環境からは救い出され、優しい院長やエミリアらの庇護も受けて 同じような境遇の仲間も一緒。 
以前より遥かにマシになったとは言え、自分の未来の展望がちっとも描けず、焦っていた感じでした。
これまで自分に関わった大人は、額の玉と共に忘れられない苦い記憶しかくれなかった父を筆頭に ロクでもない人間ばかり。

今は大切な家族のような院長先生や仲間達を守りたくて、秘密で「怪盗G」を始めたけれど。

それを機に出会った世の大人達も、普段は威張ってるくせ正体不明の敵には慌てふためくばかり。まったくだらしない。
かえって 彼の失望を深める残念な見本にしかならなかった。


その閉塞感を最初にブチ壊して目を覚まさせてくれたのが、アレンだったのではないかと思います。
「キミ 最ッ低だよ」

不満の矛先を他人にばかり向け 自分の事は全くお留守になっていた事に気付かされた、特大の一発。
アレンも 相手が小さな子供だと知ってたらこんな台詞はなかったと思いますけどね(^_^;)

どれほど得体の知れない奴が相手だとしても、己(おのれ)の信念は曲げない。 言うべき時には言う。
そうした言葉だけでなく、AKUMAらと命懸けの戦いの末撃退して ティモシー達を救い、実際に 心の強さを証明してみせた。
(こういう大人になら なりたい。 こんなカッコいい仕事が オレも出来るようになりたい。)

自分にもその資質があることを知らされ、ツキカミさんの姿はそのまま“大人になったオレ”を見せてくれて、すっかり彼の心は固まったんでしょうね。

(そういえば、おまけマンガで花嫁姿のエミリアと一緒の図があったけど。 結構彼としては真剣じゃないかと思いました。
 AKUMAに襲われて絶体絶命の修羅場で 自分のために立ち上がってくれた彼女には、あの時本気で惚れたと思いますよ。
 まあ楽しみにしてましょうw)


でも。 そのアレンが 遂に体内のノアに負けてしまい、大好きなリンクまで殺して逃走・・・・・・

彼がこの話にショックを受けなかった筈がないですが、周囲の大人達以上に こんな憶測には惑わされず、出会った当初の気持ちを思い出しては アレンを信じ続けてくれていると思います。


いつかティモシーの方が、自分の能力をフルに発揮してアレンの窮地を救ってくれる展開が見たいですね。





追記:ついででタロットの話。 ※こっちがオマケのはずだったけどカテゴリー「TAROT」に移しちゃいました(笑)


ティモシーの誕生日は5月7日。 (前回総選挙では蝋花と同着 25位でしたよ(^^))
タロットカードで該当するのは『ペンタクル6』

一応“義賊”の怪盗Gをやっていた彼にふさわしく、貧者にお金を恵んであげている人物が描かれています。      

P6.jpg 

彼はもう片方の手には天秤ばかりを持っています。
これは他人に恵んだだけのものをまた得られることを意味しているそうで。

またこのカードは、人助けの仕事に従事することも暗示しているとか・・・  ティモシーの就活バッチリでしたね!(^^)


参考:『タロット教科書』☆第1巻/タロット・ワークブック☆(マルシア・マシーノ著)



関連記事

0 Comments

まだコメントはありません