FC2ブログ

「そばに居たい」。

「神田とアレンが似たもの同士」から アレンの本体はネアであるという仮定を進めて行くと。

神田にとってのアルマは アレンにとってはマナ である、

という話に行き着きます。

分かりにくいので年表にして並べました。
(「○年前」の数字は、北米支部ノア襲撃からアレン・ウォーカー教団離脱に至る数日間を基準点0とした大雑把なものです)

blog_import_507b8256e9c67.jpeg

まず上の神田。

①本体は“あの人”と「恋人」同士の関係。⇒②共にエクソシストとして人生を終える。⇒③二十年後、互いの正体を知らぬままセカンド被験体のユウとアルマとして邂逅。⇒④「友人」関係。過酷な実験に晒されながらも仲間がいる幸せをかみしめる日々。⇒⑤辛い断絶。ユウがやむなくアルマを斬殺。⇒⑥再会するが関係はエクソシストvs.AKUMAとして再度戦う。⇒⑦嵐の果てようやく全貌が明らかになる。⇒⑧変わらない絆を確かめつつも死別。


下のアレン。※あくまで仮定ですが

①本体(ネア)はマナと「兄弟」。⇒②ネアがノア覚醒。運命に抗いノアファミリーと戦うが敗れ兄弟死別。⇒③二十数年後、蘇った“アレン”と歳をとったマナ。互いの正体を知らぬまま邂逅。⇒④「親子」として旅の生活。幸福な時間。⇒⑤辛い断絶。アレンがAKUMAにしたマナを破壊。⇒⑥再会するが関係はエクソシストvs.千年伯爵。再度戦い。⑦“千年伯爵”は“アレン”の中の14番目メモリーに気付きつけ狙い始める。全貌はまだ・・・


ざっとこんな感じ。アルマがまだ人間である被験体時代(9年前)ユウに斬られた事を自分で「破壊」と表現していたのに違和感があったんですが、アレンのケースと比較させるためのヒント・・・と思っては穿ちすぎでしょうか。


ネアが復活して“アレン”となり マナの傍に行く所までは仕組まれていたとはいえ、やはり神田本体とあの人との関係のように無意識にも惹かれあう運命的なものを強く感じます。
実際 アレンは自分とマナとの関係を知らぬまま、その意志で彼との同行を決めたので。

魂のパートナーと再会を果たして共に暮らせた短い日々
それが、世間一般の「幸福」の尺度からは大きく外れたものであっても 
今なおアレンと神田にとって、最も大切な記憶になっているんですよねぇ


ただ ここは強調しておきたいですが。現在の神田ユウが本体とは全く別人格であることが間違っていないのと同様、
アレンもまた、今の人生の主役として 自分の人格をたやすくネアには譲らないでもらいたいですね。

それは一旦崩壊寸前の危機を経て、エクソシストにしてくれた師匠の導きと自身の血の滲むような努力で 復活させ育ててきたものですから。



関連記事

コメント

Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
30位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」