第218夜(2)「A.Wをたずねて・“D"」

狂った伯爵に追いまくられるアレン。
まだネタバレは途中なんですが、先月ファインダーの受けた連絡(アレンとジョニーが一緒に駅へ向かっているという内容)通りの状況にこれから至るというのは、やっぱり無理じゃないかな。
もしあれがノアの罠(本命は神田とティエドール)だったとしても こっちの彼らの心配は余りしてませんけどね。
むしろ、神田の臨界点突破というまたとない見せ場を期待しちゃっていいですか? 
頑張ってー(^^)




アレンと伯爵の対峙場所からさほど遠くない地点。 懸命にアレンを探し走り回るジョニーがいた。
逃走したアレンの姿はとっくに見失ったが 彼との距離だけは手錠の電流が教えてくれる。
あとは方角の見当をつけて進むだけ。

めくらめっぽうな試行錯誤の跡が 彼のボロボロの姿から見て取れた。
「傍に行く」とアレンに宣言したのはまだ昨夜のこと。 ここで絶対離れるわけにはいかない。

[ジョニー] 「手錠から電流が出ない・・・ こっちの方角だな」 「オマエは神田に知らせに行って」
走る足は止めず、ジョニーは自分のゴーレムに命令した。
そして、彼が路地から表に出ようとした瞬間。

ゴガァ
大音響と共にすぐ目前のビル壁が 突如現れた怪物の手によって削り取られた。
その場に思わず立ちすくむ彼が見たのは
[ジョニー] 「アレンッ    伯爵!?」

巨大化した千年伯爵が振るっている両腕の攻撃を、イノセンスの使えないアレンが 野生動物のような身のこなしだけで辛くも切り抜けている。
だが アレンは飛んでくる伯爵の右手をひらりとかわした瞬間、最も恐れていた人を視界に捉えてしまった。
[アレン] 「!?  くるな ジョニー!!」
伯爵から気がそれた その一瞬に、大きな左手がアレンをさらう。
そのまま彼はもがく間もなく建物の壁に全身を打ち付けられた。
ぐぎゃ

正確には煉瓦の壁ではなく窓枠部分だった事が幸いしたが。

[千年伯爵] 「ネ」「ア」
伯爵が壁から手を離すと同時、ドサ とアレンの身体が落下した。

[千年伯爵] 「ネ」「ア」伯爵の皮の顔面中央、ぱっくり割れた隙間から ぼろぼろと涙を流す中年男の顔が覗いている。
そして気を失って動かないアレンに手を伸ばしかけた時・・・

[ジョニー] 「アレン!!」

その場に飛び込んできたジョニーがアレンを抱えさらって行った。
目標物を見失い、伯爵の上体は勢いよく建物に突っ込んだ。
ガシャアアアア

ジョニーはアレンを抱き止めたま、勢いで硬い瓦礫まみれの石畳を滑っていく。
[ジョニー] 「いたっ」
とっさの判断で柄にもない大胆な行動に出たが、アレンをかばいつつ振り返るジョニーはもう顔面蒼白。
[ジョニー] 「あわわわわわわわわ」

[アレン] 「ジョ   ジョニ・・・・・・」
アレンが意識を取り戻したが、ダメージがひどく身体は動かない。
[アレン] 「僕から・・・   はなれろ・・・」
[ジョニー] 「だだだめだ! いっ一緒に 逃げるんだだッ」
[アレン] 「やめ・・・ろ」

ジョニーはぶるぶる震えながらも 自分より長身のアレンを何とか担ごうと力を振り絞る。
前にも橋の下で倒れた彼をおぶった事はあるが、今は自分も怪我を負っているうえ恐怖で腰が抜けそうだ。
[ジョニー] 「ぐぬうううう ----- っっ」 「ぐぉおーっっ」
[アレン] 「ジョニ・・・」 「やめろ・・・・・・」


そんな2人を 千年伯爵の中の男は呆然と見つめていた。

[アレン] 「ジョニー・・・」
[ジョニー] 「いやだ 一緒だ!!」 「一緒に逃げるんだ」


その台詞が、男の記憶の底から 忌まわしい過去の光景を蘇えらせた。
倒れた弟を傍に抱き寄せながら泣いている 若い自分の姿。
2人の周囲を ちらちら冷たい雪が舞う。

----- ・・・ァ -----  ----- ネア -----  ----- ネア -----

----- ごめん・・・ -----  ----- ごめんよ ネア・・・っ -----


[千年伯爵] 「ダ   誰ダ・・・!?」
ジョニーは アレンの腕を肩に回したまま振り返った。
そこで千年伯爵の怒りに満ちた視線を痛いほど感じる。
[ジョニー] 「は・・・  伯爵・・・・・・っ」


男にとって眼前の2人はそのまま 兄弟で地獄の逃避行を続けた、過去の自分達の姿だった。
弟を抱いたまま、悲痛な声をふり絞り懇願する。
----- もう やめて・・・っ -----

「千年伯爵」の憤(いきどお)りは最高潮に達した。 
[千年伯爵] 「オオオオ前ハ」「誰ダァああァァアアアアアァアア」

カァッ

その咆哮は衝撃波となって、ジョニーとアレンを襲った。 
吹き飛ばされる2人。
[ジョニー] 「うわぁっ」




次からがいよいよ本番ですね。 続きますよ。

今回もジョニーが頑張りましたよね・・・ 嬉しい(*^_^*)
旅立ちを見送ってくれた仲間の想いも一緒ですから。
「アレン・ウォーカー」が消えてしまわないように、これからもずっと傍で名前を呼んであげてください。 
お願いします!





関連記事

0 Comments

まだコメントはありません