FC2ブログ

再度「妖の王」の話。 (ネタバレ注意)

前回記事では『ミラクルジャンプNo.14』の紹介が目的だったので「妖の王」の内容に触れませんでしたが、
殊にラストの種明かしが個人的にウケたので、少し話がしたくなりました。

ストーリー解説ではありません。 
あくまで読まれた方が対象です。







もう少し下まで。

  ↓















和菓子屋の少女の名が最後に明かされますが「雲井 かごめ」とのこと。

ここであらためて彼女の正体の種明かしなわけですね。
「かごめ」は漢字で書くと「篭目」or「籠目」。
どちらの文字にせよ“たけかんむり”の下に「竜(龍)」の字が含まれています。


さらに「篭目」とは竹で編んだカゴの網目のことですが この文様自体に魔除けの力があるとされ、
典型的な六つ目編みの篭目を図象化したものは「篭目紋(かごめもん)」といい伊勢神宮の石灯籠等にも刻まれています。

以下「篭目」とその下「篭目紋」  ※ 両画像はwikipedia「籠目」のページから引用。

籠目50

籠目紋50

篭目紋は上向きと下向きの正三角形2つを組み合わせた形。 六芒星。
陰陽を表したシンボルという見方から、男女融合の象徴ともなっています。
二人の「めおと」設定はこれに掛かってくるのかな。


苗字「雲井」の由来は 和歌などに見る「雲居」のことでしょう。
空の、雲が群がっているところ。 転じて大空だとか、遠く隔たった場所、の意味にも。


ですから「くもい かごめ」というと、聴いた感じでは華奢な女の子にお似合いの可愛らしい印象ですが 
はなから強大な力を秘めた竜の存在を暗示していた・・・ということになりますか。





そして、異人の「お客さん」。
「ハールーン」という名はどこから来たのか・・・見当の付く方いらっしゃったら教えて下さい(笑)
結局彼の方は普通の人間だったというどんでん返しですが、竜と関わったため不老不死の身になったのかな。
「1,200年」などの数字も意味ありげですが 済みません分かりません^^;

とにかく彼も既にケタ違いの長命ですし額や瞳に「三つ巴」の印が浮き出たりで、もう普通とは言えませんね。


この「三つ巴」も伝統文様です。
流れる水、稲光、雲、を示すなど諸説ありますが 竜との関連が強いですね。

この印を聖書の黙示録の「666」と関連付けた面白いお話をされているブログ記事を見かけましたので御紹介。
http://ameblo.jp/amezisto0214/entry-11407413488.html

そこでは、一般に欧米で「呪われた獣の数字」として忌み嫌われる「666」も 見方が変われば正反対の意味を持つものになる話がされています。

善悪のイメージが始終ひっくり返されるD.Gray-man世界も似たようなものですよね(^_^;)

生まれながら「666」イメージが付いて回る中、どうしてか『太陽』の象徴が繰り返し出てくる神田さんを思い出します。
視野を広げれば将来にも希望が持てるってことかしら・・とか 考えると嬉しかったりねwww





この読切作品は「昨年中に暖めていた企画」という説明でしたが、そういえば去年の干支(えと)は辰(タツ)でしたよ。

まあ偶然かも知れませんが、ひょっとして2012年向けの企画で用意していたものが諸事情で出せなくなったのかも。

先生の体調悪化から休載が年5回に上った中でも、新作アニメの企画はスタートしてしまいましたしね。

(ハールーンさんが大福のヤケ食いシーンから剣で鬼を斬り捨てる所までずっと左手に湯呑を握ってた筈ですが、
鬼からかごめちゃんを庇うコマともう一箇所で消えているのがちょっと気になりました・・・この辺が余裕の無さか。
でもそんな些細な間違い探しより、めそめそしながら豆大福をほおばるお兄さんがかわいくてツボでしたね///)



※追記1 

リンクの【pixiv】いしころさんが「妖の王」の感想画を出されていて、それを見てからやっと思い出しましたが(ダメだー^^;)和菓子屋でごろごろ寝そべっていた猫、Dグレ第1夜に登場した猫だったんですね! AKUMAの毒に中(あた)って粉々にされちゃった子・・・
星野先生の優しさにちょっと感動。



※追記2

ハールーン情報頂きました!(モノクロロさん)
・・てか「ハールーン」でGoogle検索したら山のように出てきたわ_(:3 ∠)_
連休中は余裕がないとか言いつつ手を抜き過ぎでした。 皆さんに教わりながら、なんとかやって行けております・・・

さて。 実在の人物で超有名どころでしたね
アラビアンナイトにも、ドラえもん映画(1991)にも出てた(笑)

ハールーン・アッ=ラシード(アラビア語:هارون الرشيد‎ ​ Hārūn al-Rashīd, 766年 - 809年)は、アッバース朝第5代カリフ(在位786年 - 809年)。 即位にあたっての名はアッ=ラシード・ビッ=ラー・アブー・ジャアファル・ハールーン(al-Rashīd bi-Allāh Abū Jaʻfar Hārūn)であるが、古くからこのハールーン・アッ=ラシードの通称で親しまれてきた。 その治世はアッバース朝の最盛期にあたり、『千夜一夜物語』などで全盛期のアッバース朝に君臨した帝王として語り継がれている。 (wikipedia記載より抜粋)

この時代の実質「王様」ですよ。
「1,200年前」設定にもピッタリ合います。 弱冠20歳で即位、43歳で退いた後の消息はイマイチ不明。
そのまま放浪の旅の途中で出会った竜と恋に落ちたってことでいいんじゃないですか^^;
そんな背景を持った偉い人が、今はたった一人の少女の反応に一喜一憂してるとかなかなかチャーミング(死語)。
「お兄さん」なんて言ってしまいましたが、肉体年齢はエドガー博士(45歳没)くらいでOK?
かごめちゃんにとってはお父さん世代になりそうですが。 まあよろしいんでは。

もっとこのお話は続けられそうですね! 
続編読切の形で 折を見て出してもらえたら嬉しいです。










やっと楽しい作品を読めて、一息つくことができました。

これからもDグレ再開まで頑張って待てそうです。 

それではこれで。


関連記事

コメント

Re: モノクロロさんへ。

モノクロロさん初めまして。 どうも有益情報感謝致します。
ちっとも長くないですよ。できるだけ沢山お話くださったほうが嬉しいです。
コメント欄だけで話を済ますと、ここには気付かずに終わる人も出そうなので お返事は記事に追記の形にしました。
そちらも是非ご覧下さい。
コメントありがとうございました!

はじめまして!

久々に星野先生の漫画が読めてテンションが上がりました!

ハールーンというと、ハールーン=アッラシードという名前が思い浮かびます。アッバース朝の第5代カリフ(イスラム教の指導者的な立場)で、千夜一夜物語の登場人物でもあります。確かに、何だかアラビアンな名前ですよね。大福を頬張ってる時の独り言もアラビア語っぽい?

長々とすみません(汗)
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで収録)。 2016年7月から9月まで、新作TVアニメシリーズ「D.Gray-man HALLOW(ディーグレイマン ハロウ)」がTV東京系列で放映されました。詳細はアニメ公式HP http://dgrayman-anime.com/ ◇◇◇ 星野桂先生あてファンレターの送り先は以下の通り。      ↓  
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

FC2カウンター
延べ来場者数
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
40位
アクセスランキングを見る>>
『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
著作権解説 (ももちーさん)
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ