FC2ブログ

呟きから(3)

今日は、何といってもDグレファンには無視のできない「6月6日」ですよねえ(´o`;)
(・・・ま、仮想19世紀末の人が本日をもって二十歳を迎えるわけでもないですけど)←←←

PixivやTwitterは 日付変更時からオメデトウの嵐ですよ。

ここは特に何も(-_-;) いつものことで~~~ m(__)m スミマセヌ!



こんなんで埋め合わせになるだろうか、今朝の呟きを1コだけ。



キャンピー  ‏@ripvansf   2013年6月6日6時8分
「藍(あお)く どこまでもどこまでも 憎らしいほどキレイなこの空を」
「あお」に、藍色(あいいろ)の「藍」の字を当てたのは、彼が記憶を辿るイメージを繋げる為だったんでしょうね。
副題『アイ=「藍(空)」⇒「愛(あの人)」⇒「“I”(本体)」 の記憶
神田ユウさんハピバ❤




関連記事

コメント

Re: すどうさんへ。

すどうさんこんばんは~!
(更新がまた止まっちゃってどうも(^^ゞ・・・ 来月位まで 自宅の一部改装等あって慌しくなります)

> 自分も学校で友達と「神田ハピバ」で乾杯しましたww
リア友とそんなお楽しみがあるなんていいですね!
連載が止まっちゃってるのは寂しいですが まだまだ巷のDグレ熱は冷めていないと思います。
年末のアレンの誕生日も、これ位盛り上がりますように!!

本日もありがとうございました。

過ぎてしまいましたが
自分も学校で友達と「神田ハピバ」で乾杯しましたww

Re: yukuさんへ。

yukuさんどうもお久しぶりです!( ´ ▽`)ノ

> アイには、「I(本体)」の意味もあったとわ

実はここは私の発案ではなくて・・(^^ゞ
副題の『アイの記憶』には「愛」と「I」を引っ掛けているんじゃないかという話は、私も(出所不明ですが)何かの折に他所から漏れ聞いたものです。

で、最近それに加えて気付いた事は あの第191夜冒頭の、瓦礫の中に立ったユウのモノローグ。

一度目の「やっと瞳に映ったのは、青い大きな空だった」が、
二度目で「藍(あお)く どこまでもどこまでも」とわざわざ置き換えた意図は何なのかと。
ここの意訳で当てた「藍」の字は、本来「あお」とは読まず「藍色(あいいろ)」の「あい」と読むべき字です。

それで、これら「藍」「愛」「I」は、演出上(身も蓋もないわw)一連の流れで見せようとしていたのかなあと。

『アイの記憶』の回の後ろから3ページ目に印象的なコマがありますよね。
倒れたユウの本体が、藍い空に(=届かないあの人に)向かって 腕を差し伸べている・・・
つまり、冒頭の空の「藍」から始まり 最後はこの一幅の絵に3つの「アイ」が凝集しているじゃありませんかというね(笑)


> 神田さんは藍色がよく似合いそうです。

その通りです。御覧になってなかったかも・・・ファンブック『キャラグレ』掲載の星野先生の御回答ですが。
Q.「神田のイメージカラーは?」
A.「青です。JC20巻カバーの髪の色がそうです。 明るすぎず暗すぎず・・・紺色っぽい青かな」
20巻の髪色を紺に分類するかはともかく、「藍色」なら外来の「インディゴ」と異なるやや黄味を帯びた青なんですよね。


> キャンピーさん考察を読んで以来、「太陽=オレンジカラー」のイメージもありましたが

話、逸れてないですよ~w 神田自身がオレンジ色の太陽では、いかにも似合いませんよねwww
説明が拙かったですが 本体時代を含め、神田のベースカラーは青が正解です。

太陽のシンボルが出てくるのはこの23巻の表紙絵(=ウェイト版タロット『太陽』)に象徴されるように、神田が 自分が何者であったかを悟り戻ってくる所だけに集中しています。
表紙絵以外では 第207夜ラスト・彼が再び現れた広場のオベリスク(=太陽神のシンボル)
それと次の 第208夜「起きろ 六幻」のコマ(=ウェイト版タロット『剣10』の中の遠景の夜明け)

つまり新生神田ユウとして蘇った彼は、太陽の昇った真昼の空の如くのパワーアップということで宜しいでしょうか。


久しぶりに妄想話が過ぎました^^;(懐かしいなー) 長々お付き合いありがとうございます! ではまた。

神田さんハピバ

おおっ・・・!アイには、「I(本体)」の意味もあったとわv-12
その発想は、なかったとです

神田さんは藍色がよく似合いそうです。
キャンピーさん考察を読んで以来、「太陽=オレンジカラー」のイメージもありましたが、やはり、どちらかというと、イメージ的には暗い色って感じです(話逸れちゃってゴメンナサイ)
Secre

最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
37位
アクセスランキングを見る>>
御賛同頂ければ☆

FC2Blog Ranking

『ブログ村』参加カテゴリ
『ブログ村』PV
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログバナー(※ここのです)
月別アーカイブ
プロフィール

キャンピー

Author:キャンピー
Yahoo!ブログから移動して'12年10月25日オープン。
それ以前の日付記事は旧ブログからの訂正版です。

生年:不明。35年前には存ざ(ry
BD/Btype:8月某日(Leo)/AO型
身長:160cm
体重:標準(自称)
家族:5人。夫と子供3人(男・男・男)
好物:漫画はDグレでお腹一杯。

<他ツイフィールまで> http://twpf.jp/ripvansf
   

Dグレの応援お願いします。
漫画「D.Gray-man」は、2004年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ27号(6月14日号)』で連載を開始し、2009年『少年ジャンプ22,23合併号』(第186夜)まで掲載。 以降2009年『赤マルジャンプ9月20日号」に第187夜掲載を経た後、第188夜からは同年11月発売の月刊『ジャンプSQ.2009年12月号』で連載再開。そこから2013年刊行の『SQ.2013年2月号』の第218夜までを掲載。 同年『SQ.4月号』誌上で編集部より「再開未定の一時休載」告知。 2年半の長期休載を経て、2015年7月17日発売の季刊誌『ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)』に場を移し連載が再開しました。 その後、掲載誌は2018年4月16日発売号より『SQ.RISE(スクエアライズ)』とタイトルを変えてリニューアル。現在も継続中です。 コミックスは2013年11月に24巻発売(第218夜まで収録)・2016年6月3日に25巻発売(第222夜まで)・2019年2月4日に26巻発売(第230夜まで)。      <星野桂先生のインスタグラムアカウント(@Katsura_5600)も現在元気に更新中>   
巡回先リンク
順不同です。更新状況その他都合で変更あり。
FC2カウンター
延べ来場者数
Dグレサイト検索エンジン
Dグレファンの個人運営サイトが多数紹介されています。検索に便利。ただし訪問先では各所のルールに従って管理人さんに失礼のないようにしましょう。 
「ディーグレイマン ナビ」 「ディーグレイマン サーチ」